イアン・マッケラン映画一覧

イアン・マッケランが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ゴールデンボーイ」のネタバレあらすじ結末

ゴールデンボーイの紹介:1998年アメリカ映画。スティーヴン・キングの同名小説を映画化したサスペンスで、スポーツ万能で成績優秀な高校生が潜伏中のナチス戦犯との出会いを機に“悪”に目覚める過程を描いています。
監督:ブライアン・シンガー 出演者:ブラッド・レンフロ(トッド・ボーデン)、イアン・マッケラン(アーサー・デンカー/クルト・ドゥサンダー)、デヴィッド・シュワイマー(エドワード・フレンチ)、マージョリー・ラヴェット(アグネス・ボーデン)、ブルース・デイヴィソン(リチャード・ボーデン)ほか

「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」のネタバレあらすじ結末

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件の紹介:2015年イギリス映画。数々の難事件に挑んできた名探偵シャーロック・ホームズ。93歳になり隠遁生活を送るホームズは、30年前に自分が探偵業から引退するきっかけになった未解決事件に決着を付けるため、新たな助手の少年と共に最後の推理に挑む推理ミステリーです。
監督:ビル・コンドン 出演者:イアン・マッケラン(シャーロック・ホームズ)、マイロ・パーカー(ロジャー・マンロー)、ローラ・リニー(マンロー夫人)、ハティ・モラハン(アン・ケルモット)、真田広之(梅崎タミキ)ほか

「美女と野獣(2017年実写)」のネタバレあらすじ結末

美女と野獣の紹介:2017年アメリカ映画。ディズニーアニメの名作「美女と野獣」を忠実に再現した実写版映画最新作。美しい心を持つ女性ベルと野獣の恋の行方を描く。オリジナルの魅力を損ねることなく、ストーリーとキャラクター描写に更に厚みを持たせて、美女と野獣がなぜ惹かれあったのか、観客が納得できる作りになっています。
監督:ビル・コンドン 出演:エマ・ワトソン(ベル/美女)、ダン・スティーヴンス(王子/野獣)、ルーク・エヴァンス(ガストン)、ケヴィン・クライン(モーリス)、ジョシュ・ギャッド(ル・フウ)、ユアン・マクレガー(ルミエール)、ほか

「ウルヴァリン:SAMURAI」のネタバレあらすじ結末

ウルヴァリン:SAMURAIの紹介:2013年アメリカ映画。X-MEN6作目。人気アメコミ実写シリーズXメンのスピンオフ映画で、今作ではウルヴァリンが日本で体験した出来事をテーマにした作品となっており、日本で実際に撮影が行われました。
監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:ヒュー・ジャックマン、TAO、福島リラ、真田広之、イアン・マッケランほか

「X-MEN:ファイナルディシジョン」のネタバレあらすじ結末

X-MEN:ファイナルディシジョンの紹介:2006年アメリカ映画。Xメンシリーズ3作目で、今作ではミュータントと人間の攻防、ならびにジーンの覚醒という盛りだくさんの内容で最終章にふさわしい作り方をしています。
監督:ブレット・ラトナー 出演:パトリック・スチュワート、ヒュー・ジャックマン、イアン・マッケラン、ハル・ベリーほか

「X-MEN2」のネタバレあらすじ結末

映画X-MEN2のネタバレあらすじ紹介:2003年アメリカ映画。人気シリーズX-MEN2作目の映画。前作XMENを超える制作費で作られた本作XMEN2は、評判もよく大ヒットを記録します。今回はウルヴァリンの過去を垣間見ることができ、より深まったストーリーが堪能できます。
監督:ブライアン・シンガー XMEN2の出演者:パトリック・スチュワート(チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX))、ヒュー・ジャックマン(ローガン(ウルヴァリン))、イアン・マッケラン(エリック・レーンシャー(マグニートー)ほか

「ホビット 決戦のゆくえ」のネタバレあらすじ結末

ホビット 決戦のゆくえ(第3部)の紹介:2014年アメリカ/ニュージーランド映画。大ヒットのファンタジーシリーズ「ロード・オブ・ザ・リング」の原作者J・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』を映画化した、“ホビット”シリーズ三部作の第3作にして完結編です。13人のドワーフ族とともに冒険の旅に出たホビット族の男ビルボが、ドワーフの国を奪った邪悪な竜に戦いを挑みます。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ)、イアン・マッケラン(ガンダルフ)、リチャード・アーミティッジ(トーリン・オーケンシールド)、オーランド・ブルーム(レゴラス)、ベネディクト・カンバーバッチ(スマウグの声/サウロン)、イアン・ホルム(年老いたビルボ・バギンズ)ほか

「ホビット 竜に奪われた王国」のネタバレあらすじ結末

ホビット 竜に奪われた王国(第2部)の紹介:2013年アメリカ/ニュージーランド映画。大ヒットのファンタジーシリーズ「ロード・オブ・ザ・リング」の原作者J・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』を映画化した、“ホビット”シリーズ三部作の第2作です。13人のドワーフ族とともに冒険の旅に出たホビット族の男ビルボが、ドワーフの国を奪った邪悪な竜に戦いを挑みます。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ)、イアン・マッケラン(ガンダルフ)、リチャード・アーミティッジ(トーリン・オーケンシールド)、オーランド・ブルーム(レゴラス)、ベネディクト・カンバーバッチ(死人遣い(ネクロマンサー)/スマウグの声(二役))ほか

「ホビット 思いがけない冒険」のネタバレあらすじ結末

ホビット 思いがけない冒険(第1部)の紹介:2012年アメリカ/ニュージーランド映画。大ヒットのファンタジーシリーズ「ロード・オブ・ザ・リング」の原作者J・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』を映画化した、“ホビット”シリーズ三部作の第1作です。「ロード・オブ・ザ・リング」三部作から約60年前を舞台に、小人ホビット族の男ビルボが13人のドワーフ族と共に邪悪な魔物と戦うため冒険の旅に出ます。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ)、イアン・マッケラン(ガンダルフ)、ケイト・ブランシェット(ガラドリエル)、ヒューゴ・ウィーヴィング(エルロンド)、クリストファー・リー(サルマン)、イアン・ホルム(年老いたビルボ・バギンズ)ほか

「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」のネタバレあらすじ結末

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還の紹介:2003年アメリカ・ニュージーランド映画。J・R・R・トールキン原作の小説『指輪物語』を実写映画化したファンタジー超大作シリーズ三部作の第3弾にして完結編です。悪の冥王サウロンの指輪を破壊するため、壮絶な冒険を繰り広げてきたフロドら旅の仲間たちは最後の決戦に挑みます。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:イライジャ・ウッド(フロド・バギンズ)、ショーン・アスティン(サムワイズ・“サム”・ギャムジー)、イアン・マッケラン(ガンダルフ)、ヴィゴ・モーテンセン(アラゴルン)、オーランド・ブルーム(レゴラス)、アンディ・サーキス(ゴラム)ほか

「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」のネタバレあらすじ結末

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔の紹介:2002年アメリカ・ニュージーランド映画。J・R・R・トールキン原作の小説『指輪物語』を実写映画化したファンタジー超大作シリーズ三部作の第2弾です。悪の冥王サウロンの指輪を破壊するための旅を続けるフロドら仲間たちは、やがて各部族の壮絶な戦いに巻き込まれていきます。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:イライジャ・ウッド(フロド・バギンズ)、ショーン・アスティン(サムワイズ・“サム”・ギャムジー)、イアン・マッケラン(ガンダルフ)、ヴィゴ・モーテンセン(アラゴルン)、オーランド・ブルーム(レゴラス)、アンディ・サーキス(ゴラム)ほか

「ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間」のネタバレあらすじ結末

ロード・オブ・ザ・リングの紹介:2001年アメリカ・ニュージーランド映画。J・R・R・トールキン原作の小説『指輪物語』を実写映画化したファンタジー超大作シリーズ三部作の第1弾です。絶大な魔力を秘めた“指輪”を破壊することを運命づけられたホビット族のフロドは、仲間たちと共に壮絶な冒険の旅に出発します。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:イライジャ・ウッド(フロド・バギンズ)、ショーン・アスティン(サムワイズ・“サム”・ギャムジー)、イアン・マッケラン(ガンダルフ)、ヴィゴ・モーテンセン(アラゴルン)、オーランド・ブルーム(レゴラス)、アンディ・サーキス(ゴラム)ほか

「ダ・ヴィンチ・コード」のネタバレあらすじ結末

ダ・ヴィンチ・コードの紹介:2006年アメリカ映画。全世界で爆発的なヒットを飛ばしたダン ブラウンが書いた小説、ダ・ヴィンチ・コードの映画版で、こちらも全世界で大ヒットを記録し、最後の晩餐といった名画の謎解きといった内容により多くの論争を巻き起こした作品です。
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリーナほか

TOP↑