石橋杏奈映画一覧

石橋杏奈が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「22年目の告白 私が殺人犯です」のネタバレあらすじ結末

22年目の告白-私が殺人犯です-の紹介:2017年日本映画。韓国で大ヒットを飛ばした映画「殺人の告白」を藤原竜也と伊藤英明のW主演でリメイク。キャッチコピーは「すべての国民が、この男に狂わされる。」。2017年のある日、日本全国民が震撼する。その日、会見に現れたのは一人の男(藤原竜也)。彼は一冊の本を手に衝撃的な言葉を口にした。「22年前に起きた5人の連続殺人、その犯人だ」と。男の名前は曾根崎雅人、いつまでたっても警察が捕まえず時効を迎えたため自ら公の場に姿を現し、22年目の告白を行った。そしてその日から全国民が彼に惑わされることになる。そんな彼を険しい顔で見つめるのは警察官であり、かつて彼を捕まえ損ねた牧村刑事(伊藤英明)。
監督:入江悠 出演:藤原竜也(曾根崎雅人)、伊藤英明(牧村航)、夏帆(岸美晴)、野村周平(小野寺拓巳)、石橋杏奈(牧村里香)、竜星涼(春日部信司)、早乙女太一(戸田丈)、ほか

「赤い糸」のネタバレあらすじ結末

赤い糸の紹介:2008年日本映画。学生の淡い恋心を描いたある事実がきっかけで、すれ違っていく切ないラブストーリー。物語と同世代に大人気となったケータイ小説を元に作られた。
監督:村上正典 出演:南沢奈央(竹宮芽衣)、溝端淳平(西野敦史)、木村了(高橋陸)、岡本玲(山岸美亜)、石橋杏奈(田所麻美)、桜庭ななみ(中川沙良)、ほか

「妖怪人間ベム」のネタバレあらすじ結末

妖怪人間ベムの紹介:2012年日本映画。2011年にテレビ放映された実写版「妖怪人間ベム」の続編となる今作は、人間になることを夢見る3人の妖怪人間ベム・ベラ・ベロが、製薬会社の新開発薬品に関する陰謀と会社に復讐を誓う哀しき女性の争いに巻き込まれます。
監督:狩山俊輔 出演者:亀梨和也(ベム)、杏(ベラ)、鈴木福(ベロ)、北村一輝(夏目刑事)、観月ありさ(上野小百合)ほか

「ヘルタースケルター」のネタバレあらすじ結末

ヘルタースケルターの紹介:2012年日本映画。岡崎京子原作の同名漫画を沢尻エリカ主演で実写化した作品です。全身に美容整形手術を施し、誰もが羨む美貌と人気を手にしたファッションモデルが、手術の副作用とライバルの出現により精神を蝕まれていく姿が描かれています。
監督:蜷川実花 出演者:沢尻エリカ(りりこ)、水原希子(吉川こずえ)、寺島しのぶ(羽田美知子)、綾野剛(奥村伸一)、大森南朋(麻田誠)ほか

「陽だまりの彼女」のネタバレあらすじ結末

陽だまりの彼女の紹介:2013年日本映画。人気小説「陽だまりの彼女」を原作とした映画です。嵐の松本潤と女優の上野樹理が温かい映像美とともに好演しています。結末が驚くものなので、その結末までの過程が無理のないように自然に描かれています。特に前半の二人の恋模様がCDのプロモーション画像のようにとてもきれいなものなので、後半の衝撃的な動きのある展開に涙してしまいます。しかし結末は希望をもたせ、人の縁に終わりがないことに気付かされ少し安心したような気持ちになります。
監督:三木孝浩 出演:松本潤(奥田浩介)、上野樹理(渡来真緒)、新藤春樹(玉山鉄二)、老女(夏木マリ)、谷村美月(峰岸ゆり)、塩見三省(渡来幸三)ほか

「百瀬、こっちを向いて。」のネタバレあらすじ結末

百瀬、こっちを向いて。の紹介:2013年日本映画。15年ぶりに行った母校で再会した先輩。話している中、もう昔のことになってしまった存在である百瀬に対して思い出す二人。
監督: 耶雲哉治 出演者:早見あかり(百瀬陽)、竹内太郎(15歳/相原ノボル) 、 向井理(30歳/相原ノボル)、石橋杏奈(18歳/神林徹子)、 工藤阿須加(宮崎瞬)ほか

「婚前特急」のネタバレあらすじ結末

婚前特急の紹介:2011年日本映画。5人の彼氏と付き合う女性が、たった一人の運命の人を探して奮闘するラブコメディー。ヒロインを演じる吉高由里子がとってもキュート。物語の予想外の結末に、最後まで目を離せません。
監督:前田弘ニ 出演者:吉高由里子(チエ)、浜野謙太(田無)、杏(トシコ)、石橋安奈(社長令嬢)ほか

TOP↑