ジェイミー・ベル映画一覧

ジェイミー・ベルが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ジェーン・エア(2011年)」のネタバレあらすじ結末

ジェーン・エアの紹介:2011年イギリス,アメリカ映画。イギリス人作家シャーロット・ブロンテの同名の作品を映画化した恋愛映画です。孤児として育ち、フランス語の家庭教師として屋敷にやってきたジェーンエアが、困難を乗り越え屋敷の主人であるロチェスターと結ばれるまでの日々を描きます。
監督:キャリー・ジョージ・フクナガ 出演者:ミア・ワスコウシカ(ジェーン・エア)、マイケル・ファスベンダー(エドワード・ロチェスター)、ジェイミー・ベル(セント・ジョン)ほか

「崖っぷちの男」のネタバレあらすじ結末

崖っぷちの男の紹介:2011年アメリカ映画。濡れ衣を着せられた元警察官が無実を証明するため組織に立ち向かっていくサスペンスムービー。ニューヨークの高級ホテルの21階。1人の男が窓の縁に立ち、投身自殺を図ろうとしていた。彼を巡りホテル周辺は大混乱に陥るが、それこそが男の計画の始まりだった。
監督:アスガー・レス 出演者:サム・ワーシントン(ニック・キャシディ)、エリザベス・バンクス(リディア・マーサー)、ジェイミー・ベル(ジョーイ・キャシディ)、アンソニー・マッキー(マイク・アッカーマン)、エド・ハリス(デイヴィッド・イングランダー)ほか

「父親たちの星条旗」のネタバレあらすじ結末

父親たちの星条旗の紹介:2006年アメリカ映画。年老いた葬儀社の社長が倒れた。彼は硫黄島で星条旗を立てた英雄の一人とされた元衛生兵だった。双方にとって地獄だった硫黄島、資金難に喘ぐ国が取ったプロパガンダ活動。死に際にすら語らなかった星条旗に翻弄された戦争の記憶を、その息子が彼の戦友達から聞き取り、辿る事で知る、戦争の真実を描く戦争映画。『硫黄島からの手紙』と対になるアメリカ側の視点。2016年、ドクことブラットリーが写真に写って居なかったという事が証明されたが、映画公開の時点で既に考慮されて居たような雰囲気もある。
監督:クリント・イーストウッド 出演者:ライアン・フィリップ(ジョン・“ドク”・ブラッドリー)、ジェシー・ブラッドフォード(レイニー・ギャグノン)、アダム・ビーチ(アイラ・ヘイズ)、ジェイミー・ベル(ラルフ・“イギー”・イグナトウスキー)、バリー・ペッパー(マイク・ストランク)、ポール・ウォーカー(ハンク・ハンセン)、ほか

「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」のネタバレあらすじ結末

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密の紹介:2011年アメリカ映画。世界中で愛されるベルギー生まれのコミック『タンタンの冒険』が、スピルバーグによってエンタテインメント溢れる作品に仕上げられています。巧みなモーションキャプチャの手法と、随所に見られるコミックのモチーフから、スピルバーグの敬愛が感じられる、原作ファンも納得の出来です。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演者:ジェイミー・ベル(タンタン)、アンディ・サーキス(ハドック船長/フランソワ・ド・アドック)、ダニエル・クレイグ(サッカリン/レッド・ラッカム)ほか

「ジャンパー」のネタバレあらすじ結末

ジャンパーの紹介:2008年アメリカ映画。ある日事故を切っ掛けに空間跳躍能力を持つ事に目覚めた少年デヴィットは、そのまま事故を装って失踪する。銀行から盗みを働くなど、その力を悪用してリッチな生活を続けていたが、ある日、彼を暗殺しようとする謎の一団狙われる。その一団は彼をジャンパーと呼び、世界の何処であろうとも執拗に追い続けてくるきた。逃避行が世界をまたに駆ける為、撮影場所が世界中に渡り、日本でも撮影が行われた。
監督:ダグ・リーマン 出演:デヴィット・ライス(ヘイデン・クリステンセン)、ミリー・ハリーズ(レイチェル・ビルソン)、ローランド・コックス(サミュエル・L・ジャクソン)、グリフィン・オコナー(ジェイミー・ベル)、メアリー・ライス(ダイアン・レイン)ほか

「ファンタスティック・フォー(2015)」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・フォー(2015年)の紹介:2015年アメリカ映画。アメリカンコミックスの中でも有名なファンタスティックフォーを題材にした映画で、クロニクルで彗星のごとく現れたジョシュトランク監督が制作した作品となります。
監督 :ジョシュ・トランク 出演:マイルズ・テラー(リード・リチャーズ/Mr.ファンタスティック)、ケイト・マーラ(スー・ストーム/インビジブル・ウーマン)、マイケル・B・ジョーダン(ジョニー・ストーム/ヒューマン・トーチ)、ジェイミー・ベル(ベン・グリム/ザ・シング)、トビー・ケベル(ビクター・フォン・ドゥーム/Dr.ドゥーム)、レグ・E・キャシー(Dr.ストーム)ほか

「スノーピアサー」のネタバレあらすじ結末

スノーピアサーの紹介:2013年韓国、アメリカ、フランス映画。韓国のポン ジュノ監督がフランスのコミックをもとに映画化した作品で、階級社会の列車で反乱を企てる人々を描きます。監督にとっては初めての英語作品となりました。
監督:ポン・ジュノ 出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、コ・アソン、ジェイミー・ベルほか

「キングコング(2005年)」のネタバレあらすじ結末

映画 キング・コングの紹介:2005年アメリカ・ニュージーランド映画。1933年製作の映画史に残る伝説的作品『キング・コング』をロード・オブ・ザ・リングシリーズのピーター・ジャクソン監督が忠実にリメイクしたアクション・アドベンチャー。映画撮影のために地図には乗らない伝説の島へと向かった撮影クルーたち。しかしそこはキングコングの住処である髑髏島だった。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:ナオミ・ワッツ(アン・ダロウ)、ジャック・ブラック(カール・デナム)、エイドリアン・ブロディ(ジャック・ドリスコル)、コリン・ハンクス(プレストン)、カイル・チャンドラー(ブルース・バクスター)、ジェイミー・ベル(ジミー)ほか

「リトル・ダンサー」のネタバレあらすじ結末

リトル・ダンサーの紹介:2000年公開イギリス映画 (原題:Billy Elliot : ビリーエリオット) ふとしたきっかけでバレエに目覚めてしまった少年ビリー。「バレエは女のやるもの」と大激怒する職人気質の炭鉱夫の父親。初めはお互いに理解し合えない二人が、かけがえのない大切な親子の絆をつかみ、ビリーの夢を叶えるまでを丁寧に描いていく。
監督:スティーブン・ダルドリー  脚本:リー・ホール  出演:ジェイミー・ベル、アダム・クーパー

TOP↑