邦画・日本映画一覧

「七人の侍」のネタバレあらすじ結末

七人の侍の紹介:1954年日本映画。大金が得られるわけでもない、名誉が得られるわけでもない。ただ、腹一杯米が食える。たったそれだけの報酬しか得られなくとも、侍たちは己の正義を信じ、命を懸けて農民を守る決意をした。戦国時代の貧しい農村を舞台に野盗となった野武士に立ち向かうべく農民に雇われた侍たちの闘いを描く。
監督 :黒澤明 出演:志村喬、稲葉義男、宮口精二、千秋実、加東大介、木村功、三船敏郎ほか

「L change the WorLd (デスノート)」のネタバレあらすじ結末

L change the WorLd(エルチェンジザワールド)の紹介:2008年日本映画。大ヒットした「デスノート」「デスノート the Last name」の天才探偵Lを主人公とするスピンオフ作品。キラによる犯罪者大量殺人の解決を頼まれた「L」は、「97%」の割合でキラは日本に居ると断言し日本へと旅立った。「L」が日本に旅立って120日後、タイのバンナム村で疫病が蔓延していたのだ。自らの命と引き換えにキラとの勝負に決着を付けた「L」は最後の時を過ごしていた、そこへ助けを求める少年がチェンマイからやって来るのである。
監督:中田秀夫 出演者:松山ケンイチ、福田麻由子、鶴見辰吾、工藤夕貴、高嶋政伸ほか

「デスノート the Last name」のネタバレあらすじ結末

デスノート the Last nameの紹介:2006年日本映画。「デスノート」の後編。また後編で登場するデスノートには、前篇で公開されていなかった掟が足されています。ライトは彼女の死を切っ掛けに、「キラ対策本部」に入る事に成功し、「L」との直接対決に挑むのだ。だが「L」だけはまだ、ライトがキラだと疑っているのである。そこにキラ信者であるミサが「死神の目」を手に入れ、ライトに近づいてきたのである。
監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、リューク(声優)中村獅童、レム(声優)池畑慎之介 ほか

「デスノート」のネタバレあらすじ結末

デスノートの紹介:2006年日本映画。そのノートに名前を書くだけで人が殺せるという「デスノート」、ある雨の日に一冊のノートを拾った「夜神月」は、そのノートの魅力に取り憑かれていくのである。そのノートの落とし主は死神デュークだったのだ。
監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、香椎由宇、リューク声優・中村獅童、鹿賀丈史、細川茂樹ほか

「時をかける少女(アニメ版)」のネタバレあらすじ結末

時をかける少女(アニメ版)の紹介:2006年日本映画。細田守監督の「時をかける少女」は同名のドラマ、映画、小説など多数製作され、タイムトラベラーとなった女の子が主人公。細田守アニメは1983年の実写版映画「時をかける少女」の20年後の世界が舞台として描かれる。
監督:細田守 声の出演:仲里依紗, 石田卓也, 板倉光隆, 原沙知絵, 谷村美月, 垣内彩未, 関戸優希ほか

「おおかみこどもの雨と雪(細田守監督)」のネタバレあらすじ結末

おおかみこどもの雨と雪の紹介:2012年日本映画。不思議な青年と出会った花は、何か同じものを感じお互い惹かれあい愛し合うようになるが、その青年は実は「オオカミ男」の末裔であった事を知る花であったが、それでも彼と一緒に居たいと思う気持ちが勝ち、おおかみおとこの子供の「雪」と「雨」を産むのである。しかし、彼はある雨の日に死んでしまう。そこから、花と雪と雨の苦難に満ちた物語が始まる。
監督:細田守 声優:花(はな)/宮崎あおい、おおかみおとこ/大沢たかお、雪(ゆき)/黒木華、少年期の雨(あめ)/西井幸人、幼年期の雨(あめ)/加部亜門、ほか

「風の谷のナウシカ」のネタバレあらすじ結末

風の谷のナウシカの紹介:1984年日本映画。宮崎駿によるスタジオジブリ長編アニメ。巨大産業文明が崩壊してから1000年、広がりつつある腐った海(腐海)と瘴気を出す有害植物、そして腐海を守る蟲達により、人間の住む場所は次から次へと失われていった。そして今日もまた森が腐海に飲み込まれ町が一つ消えていった。
監督:宮崎駿 声の出演:ナウシカ/島本須美、アスベル/松田洋治、クシャナ/榊原良子、ユパ/納谷悟朗、大ババ/京田尚子、ミト/永井一郎 ほか

「嫌われ松子の一生」のネタバレあらすじ結末

映画嫌われ松子の一生の紹介:2006年日本映画。中谷美紀主演で映画化した奇想天外な女の一生物語。他殺死体となって発見された松子の部屋の整理に訪れた甥の笙が叔母の半生を辿る。
監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、木村カエラ、蒼井そら、木村カエラほか

「アウトレイジ」のネタバレあらすじ結末

アウトレイジの紹介:2010年日本映画。アウトレイジシリーズ1作目。欲望と裏切り渦巻くヤクザ社会を舞台に豪華キャストの競演で描くバイオレンスアクション。ヤクザの世界で生き残りを賭けた男たちの壮絶な権力闘争が描かれる。全員悪人!とタイトルが銘打たれているほど出演者は全員悪人、性格も悪人のキャラクターしか出てこない。2017年10月にシリーズ3作目「アウトレイジ 最終章」が公開。
監督:北野武 出演:ビートたけし、椎名桔平、加瀬亮、小日向文世、北村総一朗、塚本高史、中野英雄、杉本哲太、石橋蓮司、三浦友和、國村隼ほか

「仄暗い水の底から」のネタバレあらすじ結末

映画仄暗い水の底からの紹介:2001年日本映画。離婚調停中で娘・郁子の親権を争っている最中の主人公・淑美は、生活の安定を調停で主張するため古びた中古マンションへ引っ越しすが入居当初から不可解な現象に悩まされる。何度も戻ってくる赤い子供用バッグ。誰もいない空間に話しかける我が子。淑美親子を追うように広がって行く天井の雨漏り…。やがて淑美は過去に行方不明になったという少女『美津子』にたどり着きます。
監督:中田秀夫 原作:鈴木光司 出演:黒木瞳、小日向文世、小木茂光、徳井優、水川あさみ、

「おおかみこどもの雨と雪」のネタバレあらすじ結末

おおかみこどもの雨と雪の紹介:2012年日本映画。2人の子供と母親の姿を描くファンタジーアニメ。おおかみ男と恋に落ちおおかみ子供の姉弟を授かった女性の奮闘と子供たちの成長の13年の物語を描く。
原作:細田守 監督:細田守 声優:宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、西井幸人、大野百花、加部亜門ほか 主題歌:アン・サリー、高木正勝『おかあさんの唄』

「サマーウォーズ」のネタバレあらすじ結末

サマーウォーズの紹介:2009年/日本映画。ひょんなことから田舎の一族と夏休みを過ごすことになった17歳の高校生 健二が仮想空間に端を発した世界崩壊の危機に立ち向かう姿を家族の絆を軸に迫力のアクション満載で描くアニメ映画。ネット空間に現れた人工知能「ラブマシーン」がネットの世界のみならず、現実世界に対しても多大な混乱を巻き起こします。それに立ち向かうのは高校生の健二、夏希と陣内家一族。人工知能という強敵を相手に、健二たちは混乱を収めることができるのでしょうか。大ヒットアニメ映画「君の名は。」を手がけた細田守監督作品。主題歌(エンディングテーマ曲)は山下達郎の「僕らの夏の夢」。
監督:細田守 脚本:奥寺佐渡子 声優:神木隆之介(小磯健二)、桜庭ななみ(篠原夏希)、谷村美月(池沢佳主馬)、斎藤歩(陣内侘助)、横川貴大(佐久間敬)、信澤三恵子(陣内万理子)ほか 音楽:松本晃彦 主題歌:山下達郎『僕らの夏の夢』

「箱入り息子の恋」のネタバレあらすじ結末

箱入り息子の恋の紹介:2013年日本映画。星野源の映画初主演作品。市役所に勤務する真面目な35歳の男性が目が不自由な女性と代理見合いで知り合い、両家の両親から反対されても付き合いを続けていくファンタジーな物語。
監督:市井昌秀 出演者:星野源、夏帆、平泉成、森山良子、大杉漣ほか

「横道世之介」のネタバレあらすじ結末

映画 横道世之介の紹介:2013年日本映画。1980年代の東京を舞台に、大学進学で九州から上京した若者とその周囲の人たちの青春像を、16年後の悲しい後日談を交えて切なく描いた力作。
監督:沖田修一 出演:高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、綾野剛、伊藤歩ほか。

「ビリギャル」のネタバレあらすじ結末

映画ビリギャルの紹介:2015年日本映画。中高一貫の女子校で、タバコが見つかり停学になった女子高生の話から始まる。。停学中に入った塾講師との出会いが彼女の人生を変え、慶応義塾大学に受かるまでのサクセスストーリー。
監督:土井 裕泰 原作:坪田信貴 出演:有村架純(工藤さやか)、伊藤淳史(坪田義孝)、野村周平(森玲司)、大内田悠平(工藤龍太)、奥田こころ(工藤まゆみ)、あがた森魚(峰岸誠)、安田顕(西村隆)ほか

1 99 100 101 102 103 104 105 106
TOP↑