邦画・日本映画一覧

「借りぐらしのアリエッティ(詳解)」のネタバレあらすじ結末

借りぐらしのアリエッティの紹介:2010年日本映画。スタジオジブリアニメ。小人のアリエッティは父と母の三人暮らし、人間の家の床下にひっそりと暮らしていた。しかし「決して人に姿を見られてはいけない」という掟が小人達にはあったのだ。夜になるとこっそりと人間の家に忍び込み、生活に必要な物を少しずつ借りていた。
監督:米林宏昌 出演者:アリエッティ(声)志田未来、ホミリー(声)大竹しのぶ、ポッド(声)三浦友和、スピラー(声)藤原竜也、翔(声)神木隆之介ほか

「愛おしき隣人」のネタバレあらすじ結末

愛おしき隣人 スウェーディッシュ・ラブ・ストーリーの紹介:2007年スウェーデン、フランス、ドイツ、デンマーク、ノルウェー、日本映画。北欧の町のちょっと風変わりな人々の日常を垣間見る、ブラック・コメディー。また明日があるからと、今日もバーの鐘が鳴る。
監督:ロイ・アンダーソン 出演:ジェシカ・ランバーグ、エルザベート・ヘランダー、ビヨルン・イングランド、レイフ・ラーソン、オリー・オルソンほか

「武士の家計簿」のネタバレあらすじ結末

武士の家計簿の紹介:2010年日本映画。激動の幕末を、算術の力で生き抜いた主人公と、それを支えた家族の絆を描いた作品。実話をもとにしており、借金返済に奔走する猪山家の人々を、ときにユーモラスに、あたたかい目線で描いた感動作です。
監督:森田芳光 出演 :堺雅人(猪山直之)、仲間由紀恵(お駒)、松坂慶子(直之の母)、中村雅俊(直之の父)、伊藤祐輝(直之の子、元服後)、大八木凱斗(直之の子、元服前)ほか

「ハチミツとクローバー」のネタバレあらすじ結末

映画 ハチミツとクローバーの紹介:2006年日本映画。美大に通う5人の大学生の、甘酸っぱい恋と友情を描いた青春ラブストーリー。登場人物全員が片思いをしているといっても過言ではなく、片思いをしている人必見のキラキラしたラブストーリーです。
監督:高田雅博 出演者:櫻井翔(竹本)、蒼井優(はぐみ)、伊勢谷友介(森田)、加瀬亮(真山)、関めぐみ(山田)、堺雅人(花本先生)ほか

「みんな!エスパーだよ!」のネタバレあらすじ結末

映画 みんな!エスパーだよ!の紹介:2015年日本映画。童貞高校生エスパー・鴨川嘉郎と愉快な仲間たちの友情や戦いを園子温監督・染谷将太主演で描いた2013年の人気ドラマ「みんな!エスパーだよ」の映画化。劇場版の今回は鴨川嘉郎と仲間たちを襲う新たな危機を描く。
監督:園子温 出演:鴨川嘉郎(染谷将太)、平野美由紀(池田エライザ)、浅見紗英(真野恵里菜)、永野輝光(マキタスポーツ)、浅見隆広(安田顕)、ほか

「Shall we ダンス?」のネタバレあらすじ結末

Shall we ダンス?(シャルウィダンス?)の紹介:1996年日本映画。社交ダンスをテーマとしたハートフルコメディー。平凡なサラリーマンが、社交ダンスに生きがいを見出していく姿を面白おかしく描かれています。興業的にも大成功をおさめ、この映画をきっかけに社交ダンスブームが巻き起こりました。
監督:周防正行 出演:役所広司(杉山)、舞(草刈民代)、竹中直人(ダンス教室の仲間)、渡辺えり子(ダンス教室の仲間)、草村礼子(たま子先生)、原日出子(杉山の妻)ほか

「着信アリFinal」のネタバレあらすじ結末

着信アリFinalの紹介:2006年日本映画。韓国へと修学旅行に来ていた学生たちの元に、死の予告電話が鳴り始める。その着信の電話を受けとった者は、誰かに転送すれば助かるというものであった。転送すれば死なないと分かった生徒達は、自分だけは助かろうと恐ろしい行動に出る。
監督:麻生学 出演:堀北真希、黒木メイサ、板尾創路、チャン・グンソクほか

「下妻物語(2004年)」のネタバレあらすじ結末

下妻物語の紹介:2004年日本映画。下妻を舞台に、ロリータとヤンキーという意表をつく組み合わせの2人が、奇妙な友情で結ばれていく様子を描いた作品。ロリータ娘の桃子を演じる深田恭子とヤンキーのイチゴを演じる土屋アンナが等身大の女子高生の姿を好演し、面白くて最期にはほろっと泣ける感動の青春映画です。
監督:中島哲也 出演:深田恭子(桃子)、土屋アンナ(イチゴ)、宮迫博之(桃子の父)、篠原涼子(桃子の母)ほか

「フラガール」のネタバレあらすじ結末

フラガールの紹介:2006年日本映画。常盤ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生の軌跡を描いた、実話をもとにした感動作。男性優位の炭鉱の町で、フラダンスを通じて女性の自己実現を成し遂げたフラガール達の若い生命力と希望に満ち溢れる姿は、新しい時代の幕開けを感じさせ、観るものに爽やかな感動を与えます。第30回日本アカデミー賞最優秀賞作品賞受賞作品。
監督:李相日 出演:蒼井優(紀美子)、松雪泰子(まどか)、山崎静代(小百合)、豊川悦司(紀美子の兄)、岸部一徳(吉本)、富司純子(紀美子の母)ほか

「君に届け」のネタバレあらすじ結末

映画 君に届けの紹介:2010年日本映画。小学生の頃、遊具の土管の穴から出て来た爽子を見て子供達が、「貞子」にそっくりだと言われたのが爽子の運の尽きとなる。その日から「貞子」とあだ名が付けられ、みんなから恐れられる様になってしまった。高校生になった爽子の前に、ある日風早翔太が現れた事から爽子の運命の歯車が回り始める。
監督:熊澤尚人 出演:多部未華子(黒沼爽子)、三浦春馬(風早翔太)、夏菜(矢野あかね)、蓮佛美沙子(吉田千鶴)、桐谷美玲(胡桃沢梅)ほか

「おくりびと」のネタバレあらすじ結末

映画 おくりびとの紹介:2008年日本映画。死という誰にでも起こりうる最期の時に立ち会う納棺師という職業をテーマに、おくりびと(納棺師)として働く主人公の葛藤や成長を描いた映画。生と死、家族の絆、愛する人との別れについて、深く考えさせられる名作です。おくりびとは第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品です。
監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘(大悟)、広末涼子(大悟の妻)、山崎努(社長 佐々木)、余貴美子(事務員)ほか

「着信アリ2」のネタバレあらすじ結末

着信アリ2の紹介:2005年日本映画。一年前にTV放送された「死の予告電話」の話や着信音は、今や誰からも忘れ去られていた。幼稚園で働いていた杏子は友達のまどかと共に、彼氏の尚人が働く中華店へと遊びにきていた。友人の携帯から「死の予告電話」の着信音が鳴り出し、事件は始まってしまった。
監督:塚本連平 出演:ミムラ、吉沢悠、瀬戸朝香、ピーター・ホーほか

「着信アリ」のネタバレあらすじ結末

着信アリの紹介:2004年日本映画。自分の携帯から電話がかかってくるという「死の予告電話」があると噂があった。単なる噂話と思っていた由美達であったが、友人の一人の携帯から知らない着信音が流れて消えた。携帯の表示には「着信アリ」と書かれていた。そこから次々と「死の予告電話」の恐怖が広がっていく。
監督:三池崇史 原作:秋元康 出演:柴咲コウ、堤真一、吹石一恵、岸谷五朗、松重豊ほか

「花嫁吸血魔」のネタバレあらすじ結末

花嫁吸血魔の紹介:1960年日本映画。ホームドラマの女王・池内淳子が若き日に挑んだホラー映画。美女が毛むくじゃらの怪物に変身するという奇怪なアイディアが公開当時(1960年)に話題を呼んだ野心作です。
監督 :並木鏡太郎 出演:池内淳子、天草博子、瀬戸麗子、三田泰子、矢代京子、寺島達夫、高宮敬二、五月藤江ほか

「猛吹雪の死闘」のネタバレあらすじ結末

猛吹雪の死闘の紹介:1959年日本映画。雪崩で恋人を失った元オリンピック スキー選手の粕谷五郎が、雪山に迷い込んできた三人の宝石強盗を相手に死闘を繰り広げる山岳活劇作品。
監督 :石井輝男  出演:宇津井健、三原葉子、菅原文太、大友純、宗方祐二、星輝美、小森敏、村山京司ほか

TOP↑