ジェイソン・ステイサム映画一覧

ジェイソン・ステイサムが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ワイルド・スピード ICE BREAK」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード ICE BREAKの紹介:2017年アメリカ映画。ワイルドスピード8作目。キューバでレティとハネムーン中だったドムの元にサイファーという女が現れ仕事を手伝うよう言う。断れない条件を突きつけられたドムは何よりも大切なファミリーを裏切るのだった。そしてドムを必死で取り戻そうとするファミリーたちの想いは届くのだろうか。
監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:ヴィン・ディーゼル(ドム)、ドウェイン・ジョンソン(ホブス)、ミシェル・ロドリゲス(レティ)、ジェイソン・ステイサム(デッカード)、シャリーズ・セロン(サイファー)ほか

「キラー・エリート」のネタバレあらすじ結末

キラー・エリートの紹介:2011年オーストラリア,アメリカ映画。この作品は、エベレスト登頂に成功したこともある元SAS(英国特殊部隊)隊員のラナルフ・ファインズ自身が実際に暗殺されかけたエピソードを元に執筆した小説『The Feather Men』を原作にした映画です。キャッチコピーは「彼らは、実在する」で、引退を決心した凄腕殺し屋が、昔の相棒を助け出すために新たな作戦に挑むサスペンス・アクション映画です。
監督:ゲイリー・マッケンドリー 出演:ダニー・ブライス(ジェイソン・ステイサム)、スパイク・ローガン(クライヴ・オーウェン)、ハンター(ロバート・デ・ニーロ)、デイヴィス(ドミニク・パーセル)、マイアー(エイデン・ヤング)ほか

「バトルフロント」のネタバレあらすじ結末

バトルフロントの紹介:2013年アメリカ映画。チャック・ローガンの犯罪小説を原作としています。バイオレンスだけではなく、娘を想う親の気持ちも丁寧に描かれており、見応えがあります。主人公は自分の仕事に使命感を持って働いていましたが、そのことで家族が危険にさらされてしまいます。大変だけど、使命を持っている仕事を続けるのか、それとも家族を犠牲にするくらいなら、すっぱりと仕事えを辞めた方が良いのか考えさせられます。
監督: ゲイリー・フレダー 出演: ジェイソン・ステイサム(フィル・ブローカー)、ジェームズ・フランコ(モーガン・“ゲイター”・ボーダイン)、ウィノナ・ライダー(シェリル・マリー・モット)、ケイト・ボスワース(キャシー・ボーダイン・クルム)、レイチェル・レフィブレ(スーザン・ハッチ)ほか

「アドレナリン2:ハイ・ボルテージ」のネタバレあらすじ結末

アドレナリン2:ハイ・ボルテージの紹介:2009年アメリカ映画。前作「アドレナリン」でヘリから墜落したチェリオスは、意識不明のまま拉致され、心臓を人工心臓に入れ替えられてしまう。人工心臓は充電し続けないといけない為、あらゆる手段を用いて身体に電気を通し続ける。チェリオスは持ち去られた心臓を取り戻すことが出来るのか、銃弾入り混じっての追跡劇が始まる。
監督:マーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー 出演:ジェイソン・ステイサム(シェブ・チェリオス)、エイミー・スマート(イヴ)、クリフトン・コリンズ・Jr(エル・ウロン)、エフレン・ラミレス(ヴィーナス)、ほか

「アドレナリン」のネタバレあらすじ結末

アドレナリンの紹介:2006年アメリカ,イギリス映画。殺し屋のシェブ・チェリオスが寝ている間に中国製の怪しい薬をもられてしまう。その薬の効果により、常にアドレナリンを出さないと死んでしまう特異体質になる。あらゆる方法でアドレナリンを出し続けながら、薬をもったリッキーを殺すため町中を捜し始める。
監督:ネヴェルダインテイラー 出演:ジェイソン・ステイサム(シェブ・チェリオス)、エイミー・スマート(イヴ)、ホセ・パブロ・カンティージョ(リッキー・ベローナ)、エフレン・ラミレス(ケイロ)、ほか

「SAFE/セイフ」のネタバレあらすじ結末

SAFE/セイフの紹介:2012年アメリカ映画。薄幸の天才少女を救うため、元凄腕刑事のジェイソン・ステイサムが鍛えられた肉体と銃撃センスで、ロシアン・マフィア、チャイニーズ・マフィア、悪徳警官たちをなぎ倒す痛快アクション映画。
監督:ボアズ・イェーキン 出演:ジェイソン・ステイサム(ルーク・ライト)、キャサリン・チェン(メイ)、ジェームズ・ホン(ハン・ジャオ)、クリス・サランドン(トラメロ市長)、ジョセフ・シコラ(ヴァシリー)、ほか

「メカニック:ワールドミッション」のネタバレあらすじ結末

メカニック:ワールドミッションの紹介:2016年アメリカ映画。殺し屋を引退し平穏に暮らしていたビショップだったがある日彼の元に殺しの依頼人が尋ねて来る。断った彼だったが人質をとられ、やむなく依頼を受けることとなった。依頼内容は3人の人物を事故に見せかけて殺すというものでビショップは淡々と成功させていく。
監督:デニス・ガンゼル 出演:ジェイソン・ステイサム(ビショップ)、トミー・リー・ジョーンズ(マックス)、ジェシカ・アルバ(ジーナ)ほか

「セルラー」のネタバレあらすじ結末

セルラーの紹介:2004年アメリカ映画。突然犯人一味に誘拐された生物教師が、電話を頼りに外部へ連絡し、奮闘する姿を描いたクライムサスペンス映画となり、アカデミー賞受賞女優のキムベイシンガーが演じています。
監督 :デヴィッド・R・エリス 出演:キム・ベイシンガー(ジェシカ・マーティン)、クリス・エヴァンス(ライアン)、ウィリアム・H・メイシー(ボブ・ムーニー巡査部長)、ジェイソン・ステイサム(イーサン)ほか

「ローグ アサシン」のネタバレあらすじ結末

ローグ アサシンの紹介:2007年アメリカ映画。アジアのアクションスターであるジェットリーと現代のアクションスターであるジェイソン・ステイサムが2度目の共演を果たした映画で、彼らのアクション対決がみられます。
監督:フィリップ・G・アトウェル 出演者:ジェット・リー、ジェイソン・ステイサム、ジョン・ローン、デヴォン・青木ほか

「ザ・ワン」のネタバレあらすじ結末

ザ・ワンの紹介:2001年アメリカ映画。中国が誇る武術家であり、ハリウッド俳優のジェットリーの本格的SF映画で、今作ではパラレルワールドで自分とまったく同じ人と戦うという作品になっています。
監督:ジェームズ・ウォン 出演:ジェット・リー、カーラ・グギーノ、デルロイ・リンドー、ジェイソン・ステイサムほか

「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のネタバレあらすじ結末

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション(原題:The Expendables 3)の紹介:2014年アメリカ映画。シルベスタースタローンをはじめとするハリウッドアクションスターが勢ぞろいした映画エクスペンダブルズシリーズ3作目で、今作では今までの傭兵たちとともに戦う若い傭兵が加えられ、一層のアクションが炸裂する。自らを“消耗品”と名乗る最強傭兵軍団エクスペンダブルズが活躍する。
監督:パトリック・ヒューズ 出演:シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、アントニオ・バンデラス、ジェット・リー、アーノルド・シュワルツェネッガー、ハリソン・フォード、メル・ギブソンほか

「エクスペンダブルズ2」のネタバレあらすじ結末

エクスペンダブルズ2の紹介:2012年アメリカ映画。90年代に活躍したアクションスターが勢ぞろいした作品の第2弾で、今作では懐かしのジャン クロード ヴァン ダムが最強の敵として現れます。
監督:サイモン・ウェスト 出演:シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレンほか

「エクスペンダブルズ」のネタバレあらすじ結末

エクスペンダブルズの紹介:2010年アメリカ映画。ハリウッドのアクションスターが勢ぞろいして制作された一大アクション巨編で、80年代に活躍したアクションスターがスクリーンで大暴れします。
監督:シルヴェスター・スタローン 出演:シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレンほか

「ワイルド・スピード SKY MISSION」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード SKY MISSION(スカイミッション)の紹介:2015年アメリカ映画。人気カーアクション映画ワイルドスピードシリーズ7弾で、スカイミッション撮影中にブライアン・オコナー役のポール・ウォーカーが交通事故で亡くなりワイルドスピードの撮影が一時中断されましたが代役として実弟がつとめました。今作ではゴッドアイと呼ばれる監視システムをめぐる物語と、オーウェンの兄であるショウの復讐物語が軸となります。
監督:ジェームズ・ワン 出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス、ジェイソン・ステイサムほか 主題曲:See You Again (feat. Charlie Puth) ・Wiz Khalifa

「トランスポーター3 アンリミテッド」のネタバレあらすじ結末

トランスポーター3 アンリミテッドの紹介:2008年フランス映画。リュックベンソン制作によるサスペンス・アクション大作シリーズ、トランスポーター3作目。新たな依頼主により愛車から20m離れると爆発する仕掛けのブレスレットをはめられてしまった運び屋フランクは死と隣り合わせの危機に追い込まれながら究極のミッションに挑んでいく様子を描く。今作でもジェイソン・ステイサムによるキレキレのアクションがこれでもかというほど炸裂します。
監督:オリヴィエ・メガトン 製作: リュック・ベッソン、スティーヴ・チャスマン 出演:ジェイソン・ステイサム、ナタリア・ルダコーワ、フランソワ・ベルレアン、ロバート・ネッパーほか

1 2
TOP↑