ジャン・レノ映画一覧

ジャン・レノが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ラスト・クライム 華麗なる復讐」のネタバレあらすじ結末

ラスト・クライム 華麗なる復讐の紹介:2017年フランス映画。初対面のキャロラインとキャロルは、父親パトリックの死で自分たちが異母姉妹だと知ります。そんな2人の前に現れた、死を偽装した稀代の大泥棒である父親は娘たちをある計画に巻き込みます。生物学的には親子である3人は、騙し騙されている内に家族の絆が芽生え始めていきます。主演は、日本でもお馴染みのフランス人俳優ジャン・レノです。
監督:パスカル・ブルデュー 出演者:ジャン・レノ(パトリック)、リーム・ケリシ(キャロライン)、カミール・シャムー(キャロル)、パスカル・ドゥモロン(ロマン)ほか

「フライボーイズ」のネタバレあらすじ結末

フライボーイズの紹介:2006年フランス,アメリカ映画。第一次世界大戦で、アメリカが参戦を決めかねていた最中、アメリカからフランス空軍に志願した男達がいた。彼らの友情、苦悩を乗せて、戦闘機は、大空へと旅立つ。
監督:トニー・ビル 出演:ジェームズ・フランコ(ブレイン・ローリングス)、ジャン・レノ(ジョルジュ・セノール)、マーティン・ヘンダーソン(リード・キャシディ)、ジェニファー・デッカー(ルシエンヌ)、ほか

「おかしなおかしな訪問者」のネタバレあらすじ結末

おかしなおかしな訪問者の紹介:1992年フランス映画。魔女のたくらみによって婚約者の父親を殺めてしまった中世の騎士。時を遡って惨事を食い止めようとするが、魔術師の手違いで20世紀に送られてしまい、元の時代に戻ろうと奔走する。
監督:ジャン=マリー・ポワレ 出演:ジャン・レノ、クリスチャン・クラヴィエ、ヴァレリー・ルメルシェ、マリ=アンヌ・シャゼル、イザベル・ナンティ、ほか

「フレンチ・キス」のネタバレあらすじ結末

フレンチ・キスの紹介:1995年アメリカ映画。出張先のパリで恋に落ち、別れを告げてきた婚約者を奪い返すためにカナダから渡仏した女性が、偶然知り合ったフランス人男性とともに奮闘するラブ・コメディ。
監督:ローレンス・カスダン 出演:メグ・ライアン、ケヴィン・クライン、ティモシー・ハットン、ジャン・レノほか

「クリムゾン・リバー」のネタバレあらすじ結末

クリムゾン・リバーの紹介:2000年フランス映画。フランス、アルプスの麓で、近くにあるゲルノンの大学図書館司書が変死体で発見される。捜査を横目に関係者が次々と殺され、それにはこの周辺で行われていた忌まわしい因習が深く関わってきていた。その頃遠く離れたのザルザックでは少女の墓が荒される。捜査を進めるとその先にはゲルノンで起きた忌まわしい何かが関わっている事が判り、担当する刑事はゲルノンに向かう。二つの事件、二人の刑事が合流するとき、事件の全容が解明される。ジャン・レノ主演のサスペンス・ミステリー映画。
監督:マチュー・カソヴィッツ 出演:ジャン・レノ(ピエール・ニーマンス警視)、ヴァンサン・カッセル(マックス・ケルケリアン警部補)、ナディア・ファレス(フェニー・フェレイラ)、ドミニク・サンダ(アンドレ)ほか

「RONIN」のネタバレあらすじ結末

RONINの紹介:1998年アメリカ映画。ベルリンの壁が崩壊、アメリカとソ連の冷戦も終結し、イギリスとアイルランドの争いも終わりが見えた始め、多くのスパイ、工作員達がその生きる場を失いつつあった。そんな時、ロシアの高官が機密を横流しするという情報を得て、それを横取りしようと画策する者が居た。その為に、仕事からあぶれた荒事師達は集められた。ジャン・レノ、デニーロ競演の陰謀と裏切りの交錯するクライムサスペンス映画。
監督:ジョン・フランケンハイマー 出演:サム(ロバート・デ・ニーロ)、ヴィンセント(ジャン・レノ)、ディアドラ(ナターシャ・マケルホーン)、グレゴール(ステラン・スカルスガルド)、スペンス(ショーン・ビーン)、ラリー(スキップ・サダス)、シーマス(ジョナサン・プライス)ほか

「黄色い星の子供たち」のネタバレあらすじ結末

黄色い星の子供たちの紹介:2010年フランス,ドイツ,ハンガリー映画。1942年、フランス・ヴィシー政権下で起きた最大規模のホロコースト、ヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件(ヴェル・ディヴ事件)の真実を描く。激しい戦争と迫害の中、懸命に生きたユダヤ人たちの物語。
監督:ローズ・ボッシュ 出演:メラニー・ロラン(アネット・モノ)、ジャン・レノ(ダヴィッド・シェインバウム医師)、ガド・エルマレ(シュメル・ヴァイスマン)、ラファエル・アゴゲ(スラ・ヴァイスマン)、ユゴ・ルヴェルデ(ジョー・ヴァイスマン)ほか

「シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ」のネタバレあらすじ結末

シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこその紹介:2012年フランス映画。昔気質の三ツ星レストランのシェフが星を維持するために若いシェフと共に奮闘するハートフルコメディ。主演の2人が日本人に変装して日本語を話す姿は必見。
監督 :ダニエル・コーエン 出演:ジャン・レノ、ミカエル・ユーン、ラファエル・アゴゲ、ジュリアン・ボワッスリエほか

「ニキータ」のネタバレあらすじ結末

ニキータの紹介:1990年フランス映画。警官殺しの不良娘ニキータは、政府の暗殺者として美しく変貌しています。ニキータは仮の身分を装い、恋人と幸せな生活を送りつつ、任務を完璧にこなしていきます。しかし、月日が経つにつれて、そんな二重生活に綻びが生じ始めます。リュック・ベッソンが一躍有名になった作品です。後に、ハリウッドで「アサシン 暗殺者」というタイトルでリメイクされました。
監督:リュック・ベッソン 出演者:アンヌ・パリロー(ニキータ)、ジャン=ユーグ・アングラード(マルコ)、チェッキー・カリョ(ボブ)、ジャンヌ・モロー(アマンド)、ジャン・レノ(掃除人ヴィクトル)ほか

「ホテル・ルワンダ」のネタバレあらすじ結末

ホテル・ルワンダの紹介:2004年イギリス,イタリア,南アフリカ映画。20世紀後半に起こったルワンダ虐殺。その中を大勢の人々と共に逃げ延びたルワンダ人がいた。実話を元に描かれたヒューマンドラマ。
監督:テリー・ジョージ 出演:ドン・チードル(ポール・ルセサバギナ)、ソフィー・オコネドー(タチアナ・ルセサバギナ)、ニック・ノルティ(オリバー大佐)、ジャン・レノ(テレンス社長)、ファナ・モコエナ(ビジムング将軍)

「LEON – レオン」のネタバレあらすじ結末

LEON レオンの紹介:1994年フランス、アメリカ映画。孤独な殺し屋と家族を失った少女の二人の間に生まれる純愛と、バイオレンス・アクションを描いた作品。日本でのキャッチコピーは「凶暴な純愛」。世界的に大ヒットとなり、リュック・ベッソン監督の代表作となりました。主演を務めたジャン・レノの出世作でもあり、この作品が映画デビューとなったナタリー・ポートマンも脚光を浴びました。
監督:リュック・ベッソン 出演:ジャン・レノ(レオン・モンタナ)、ナタリー・ポートマン(マチルダ・ランドー)、ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンスフィールド)、ダニー・アイエロ(トニー)ほか

「レオン 完全版」のネタバレあらすじ結末

レオン 完全版の紹介:1994年アメリカ映画。孤独な殺し屋レオンと家族の愛に飢えた少女が、少女の家族が麻薬密売組織に皆殺しにあったのをきっかけに知り合い、一緒に復讐への道を歩むうちに互いを大事な存在だと思うようになる。
監督:リュック・ベンソン 出演:ジャン・レノ(レオン)、ナタリー・ポートマン(マチルダ)、ダニー・アイエロ(トニー)、ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンフィールド)ほか

「レオン」のネタバレあらすじ結末

レオンの紹介:1994年フランス、アメリカ映画。殺し屋レオンふとしたきっかけで少女マチルダと同居を始める、その生活の中でレオンの心境にもある変化が訪れる。殺し屋と少女の複雑な関係を描いたラブストーリー。
監督:リュック・ベッソン 出演:ジャン・レノ(レオン・モンタナ)、ナタリー・ポートマン(マチルダ・ランドー)、ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンスフィールド)、ダニー・アイエロ(トニー)ほか

「GODZILLA/ゴジラ(1998年)」のネタバレあらすじ結末

GODZILLA/ゴジラ(1998年)の紹介:1998年アメリカ映画。1998年に日本のゴジラをモチーフに、アメリカで制作されたアメリカ版「GODZILLA」。突如、ニューヨークのマンハッタンに謎の巨大生物が出現する。市民はパニックに陥り、巨大生物により街たちまち瓦礫の山と化していく。
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:マシュー・ブロデリック、マリア・ピティロ、ハンク・アザリア、ジャン・レノ、ケヴィン・ダンほか

「ミッション:インポッシブル」のネタバレあらすじ結末

ミッションインポッシブルの紹介:1996年アメリカ映画。ミッションインポッシブルシリーズ1作目。アメリカのテレビドラマ、スパイ大作戦をトム・クルーズ主演で映画化した作品です。テレビドラマを大幅にアレンジした痛快なアクション大作に仕上げることで、ミッションインポッシブルは大ヒットを記録します。
監督:ブライアン・デ・パルマ、 出演:トム・クルーズ、ジョン・ヴォイド、エマニュエル・べアール、ジャン・レノほか

TOP↑