神木隆之介映画一覧

神木隆之介が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「太陽」のネタバレあらすじ結末

太陽の紹介:2015年日本映画。前川知大が主宰する劇団イキウメの読売演劇大賞グランプリ受賞作品である同名舞台劇を映画化した近未来SFサスペンスです。謎のウィルスにより人類の大半が死滅した日本を舞台に、新人類と旧人類に分れた人類が巻き起こす騒動を二人の男女の視点から描いています。
監督:入江悠 出演者:神木隆之介(奥寺鉄彦)、門脇麦(生田結)、古川雄輝(森繁富士太)、水田航生(佐々木拓海)、村上淳(奥寺克哉)ほか

「メアリと魔女の花」のネタバレあらすじ結末

メアリと魔女の花の紹介:2017年日本映画。スタジオジブリで活躍した米林宏昌監督のスタジオポノック移籍後作品第一弾。大叔母シャーロットの住む土地へと越して来たメアリはある晩森の中で不思議な出会いを果たす。それは青く光る美しい花「夜間飛行」。それは不思議な力を持つ花でメアリに一晩だけ魔法の力を授けるものだった。同時に目覚めた魔法の箒と共に大空へと飛び立ったメアリは魔法大学へと辿り着く。しかしその大学の校長には裏の顔があった。主題歌はSEKAI NO OWARI 「RAIN」。
監督:米林宏昌 声優: 杉咲花(メアリ)、神木隆之介(ピーター)、天海祐希(マダム・マンブルチューク)、小日向文世(ドクター・デイ)、満島ひかり(赤毛の魔女)、佐藤二朗(フラナガン)、遠藤憲一(ゼベディ)、渡辺えり(バンクス)、大竹しのぶ(シャーロット)、ほか

「20世紀少年 最終章 ぼくらの旗」のネタバレあらすじ結末

20世紀少年 最終章 ぼくらの旗の紹介:2009年日本映画。邦画史上初めて3部作で実写映画化した浦沢直樹原作の「20世紀少年」の最終章。原作とは少々異なる展開をしているが、「ともだち」とケンヂ達の激しい戦いを最後まで余す事なく描き出している。
監督:堤幸彦 出演:唐沢寿明(矢吹丈/ケンヂ)、豊川悦司(オッチョ)、常盤貴子(ユキジ)、香川照之(ヨシツネ)、平愛梨(カンナ)、ほか

「3月のライオン 後編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 後編の紹介:2017年日本映画。3月のライオン前編の続編。中学生にしてプロ棋士になった桐山零。家族との確執はいまだ綺麗に無くなったわけではなかったが確実に前に進みつつあった。しかしある時零が身を寄せていた家族のひなたが学校でいじめに合っているのが発覚。同時期に零は将棋のトーナメント師子王戦が始まろうとしていた。自身の腕を磨きながらひなたを守ろうと躍進する。しかし零の熱血は暴走を始めてしまう。原作者羽海野チカの同名人気コミックの実写化後編。監督は実写映画「るろうに剣心」の大友啓史。
監督:大友啓史 出演:神木隆之介(桐山零)、有村架純(幸田香子)、倉科カナ(川本あかり)、染谷将太(二海堂晴信)、佐々木蔵之介(島田開)、加瀬亮(宗谷冬司)、伊藤英明(後藤正宗)、ほか

「桐島、部活やめるってよ」のネタバレあらすじ結末

桐島、部活やめるってよの紹介:2012年日本映画。日本アカデミー賞を多数受賞した作品。バレー部のスター・桐島が部活をやめることをきっかけに、高校生の日常の変化が時間軸を交差しながら描かれる。
監督: 吉田大八 出演: 神木隆之介(前田涼介)、橋本愛(東原かすみ)、東出昌大(菊池宏樹)、山本美月(飯田理沙)、松岡茉優(野崎沙菜)、清水くるみ(宮部実果)、大後寿々花(沢島亜矢)、太賀(小泉)、落合モトキ(寺島)、浅香航大(友弘)

「3月のライオン 前編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 前編の紹介:2017年日本映画。「3月のライオン」は羽海野チカの漫画を原作にした映画。将棋を題材とした漫画で、プロ棋士である青年が最初は孤独だったものの、いろいろな人と関わりを持つことによって成長していく物語。原作漫画はとても評価が高く、漫画大賞他数々の賞を受賞。また先行してNHKでアニメ化されている。映画はストーリーがテンポ良く運び、原作やアニメの世界観に近いものがあります。この話は主人公だけでなく、周囲の人物達の生き様や心情を良く描いているのが特徴です。内容は素晴らしく、心を揺さぶられる作品です。
監督:大友啓史 出演者:神木隆之介(桐山零)、有村架純(香田香子)、豊川悦司(幸田柾近)、倉科カナ(川本あかり)、清原果耶(川本ひなた)、染谷将太(二階堂晴信)、島田開(佐々木蔵之介)、伊藤英明(後藤政宗)、ほか

「インストール」のネタバレあらすじ結末

インストールの紹介:2004年日本映画。受験戦争に嫌気がさし、不登校になった朝子。ある日、マンションのごみ捨て場で少年と出会う。その少年と仲良くなった朝子は、少年からインターネットで売春婦のアルバイトをやるように誘われる。インターネットで男たちとチャットをしながら、お金を稼いでいく2人だった。「生き甲斐」について、若者たちの視点から切り込んだ、綿矢りさ原作の映画。
監督:片岡K 出演者:上戸彩(野沢朝子)、神木隆之介(青木かずよし)、中村七之助(コウイチ)、菊川怜(モモコ先生)、田中好子(野沢毬恵)ほか

「ピアノの森」のネタバレあらすじ結末

ピアノの森の紹介:2007年日本映画。挫折、嫉妬など楽器を演奏する人間の複雑な心情がうまく描かれており、その負の感情を超えた少年の友情が描かれています。改めてクラシック音楽素晴らしさにの涙腺を刺激する作品になっています。
監督 :小島正幸 声の出演:上戸彩(一ノ瀬海)、神木隆之介(雨宮修平)、池脇千鶴(一ノ瀬怜子)、福田麻由子(丸山誉子)、宮迫博之(阿字野壮介)、ほか

「君の名は。」のネタバレあらすじ結末

君の名は。の紹介:2016年8月26日公開。映画「君の名は。」は新海誠が監督を務めるアニメ映画で前作「言の葉の庭」から3年ぶりの新作。東京に憧れる田舎暮らしの宮水三葉と東京の街で父と暮らす高校生の立花瀧。出会ったこともない2人がある日夢の中でお互いの身体が入れ替わっていることに気付く。戸惑いながらもお互いの生活を体験する2人、しかし、ある日を境にその入れ替わりは無くなってしまう…。主題歌はRADWINPSの『前前前世』。 公開3ヶ月で興行収入200億円を突破、邦画歴代2位の興行収入。中国やタイなど海外でも公開され歴代邦画興行収入トップになっています。
監督:新海誠 声優:神木隆之介(立花瀧)、上白石萌音(宮水三葉)、長澤まさみ(奥寺ミキ)、市原悦子(一葉/祖母)、成田凌(勅使河原克彦)、悠木碧(名取早耶香)、島崎信長(藤井司)ほか

「脳内ポイズンベリー」のネタバレあらすじ結末

脳内ポイズンベリーの紹介:2015年日本映画。水城せとなの原作コミックを映画化。年下の男の子を好きになってしまった、ヒロイン・櫻井いちこと、その脳内にいる思考たちを擬人化した、新感覚・ラブストーリー。
監督:佐藤祐市 出演:真木よう子(櫻井いちこ)、西島秀俊(理性/議長(吉田))、古川雄輝(早乙女)、成河(越智さん)、吉田羊(ネガティブ(池田))、ほか

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」のネタバレあらすじ結末

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ(トゥー ヤング トゥー ダイ! わかくしてしぬ)の紹介:2016年日本映画。不慮の事故により一足先に地獄へ落ちた大助。そこでバンドを結成しているというキラーK達に出会いバンドの加入を勧められる。しかし大助にはやらなければいけないことがあった。生き返って憧れのあの子と再会するのだ。そうして地獄と現世を行き来するうち次第に大助の心境に変化が現れる。
監督:宮藤官九郎 出演:神木隆之介(大助)、長瀬智也(キラーK)、森川葵(ひろ美)、桐谷健太(COZY)、清野菜名(邪子)ほか

「ZOO」のネタバレあらすじ結末

ZOOの紹介:2004年日本映画。人気作家乙一の同名短編小説集から5編を選出し、映画化した作品。5人の監督が多彩な演出で1編ずつを担当するコンピレーション・ムービーである。恐怖、戦慄、愛情を描くそれぞれの物語には、予想だにしないラストが待ち受ける。
監督:金田龍(「カザリとヨーコ」)、安達正軌(「SEVEN ROOMS」)、水﨑淳平(「陽だまりの詩(シ)」)、小宮雅哲(「SO-far そ・ふぁー」)、安藤尋(「ZOO」) 出演者:小林涼子(「カザリとヨーコ」ヨーコ/カザリ)、市川由衣(「SEVEN ROOMS」リミコ)、鈴木かすみ(「陽だまりの詩(シ)」私)、神木隆之介(「SO-far そ・ふぁー」ボク)、村上淳(「ZOO」男)ほか

「ハウルの動く城(2004)」のネタバレあらすじ結末

ハウルの動く城の紹介:2004年スタジオジブリ映画。この作品は、スタジオジブリ制作の長編アニメーションで、児童書「魔法使いハウルと火の悪魔」を原作として作られた作品です。帽子屋の娘ソフィーは、ある日荒地の魔女に呪いをかけられ、老婆になってしまいます。ソフィーは、魔法使いハウルの動く城へと入り込み、掃除婦と言い張って、城で暮らすことになります。ソフィーの呪いは解くことができるのか、そしてハウルと火の悪魔カルシファーの秘密とは?
監督:宮崎駿 声の出演:ソフィー(倍賞千恵子)、ハウル(木村拓哉)、荒地の魔女(美輪明宏)、マルクル(神木隆之介)、カルシファー(我修院達也)ほか

「借りぐらしのアリエッティ」のネタバレあらすじ結末

借りぐらしのアリエッティの紹介:2010年日本映画。借りぐらしのアリエッティは、児童書「床下の小人たち」を原作として作られた、スタジオジブリの長編アニメーション映画です。「借り」をして暮らす小人達の掟は、決して人間に見つかってはいけないこと。アリエッティは、初めての借りで、少年に見つかってしまいます。家族を守りたいアリエッティと、彼女を守りたい少年の思いは、事件を起こしながらも、次第に惹かれて行きます。2人の関係はどうなっていくのか。自分の家にも小人がいたのなら、と思わず考えてしまう作品です。
監督:米林宏昌 声優:アリエッティ(志田未来)、翔(神木隆之介)、ホミリー(大竹しのぶ)、スピラー(藤原竜也)、ハル(樹木希林)ほか

「バクマン。」のネタバレあらすじ結末

映画バクマン。の紹介:2014年日本映画。大場つぐみ、小畑健原作の人気マンガ「バクマン。BAKUMAN。」の実写映画版。画力のある高校生の真城最高(通称・サイコー/佐藤健)が、些細な出来事がきっかけで、ストーリー構成力に長けている、高木秋人(通称・シュージン/神木隆之介)とタッグを組み、漫画の頂点である、「週刊少年ジャンプ」での連載を目指す、愛と青春と勝利の物語。
監督:大根仁 出演:真城最高(ましろ もりたか)/佐藤健、高木秋人(たかぎ あきと)/神木隆之介、亜豆美保/小松菜奈、川口たろう/宮藤官九郎、服部哲/山田孝之ほか

1 2
TOP↑