キャシー・ベイツ映画一覧

キャシー・ベイツが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「アバウト・シュミット」のネタバレあらすじ結末

アバウト・シュミットの紹介:2002年アメリカ映画。仕事一筋できた男が定年退職を迎えて手持ち無沙汰になり、直後に妻も亡くして喪失感と孤独に打ちのめされながらも、再び希望の光が灯るまでを描く。
監督:アレクサンダー・ペイン 出演:ジャック・ニコルソン(ウォーレン・シュミット)、キャシー・ベイツ(ロバータ・ハーツェル)、ホープ・デイヴィス(ジーニー・シュミット)、ダーモット・マローニー(ランドール・ハーツェル)、ハワード・ヘッセマン(ラリー・ハーツェル)、ほか

「ギリーは幸せになる」のネタバレあらすじ結末

ギリーは幸せになる(別題:ギリー・ホプキンズの不機嫌な日常)の紹介:2016年アメリカ映画。アメリカの児童作家キャサリン・パターソンの小説「ガラスの家族」を映画化した感動のヒューマン・ドラマ。里親をたらいまわしにされた少女ギリーが、優しい家族に巡り会ったことで徐々に心を開いていく。しかし小さな過ちが、ある事件を巻き起こしてしまう。主演はカナダ出身の新進女優ソフィー・ネリッセ。さらにキャシー・ベイツ、グレン・クローズ、オクタヴィア・スペンサーという3大アカデミー賞女優の豪華共演も話題に。
監督:スティーヴン・へレク 出演者:ソフィー・ネリッセ(ギリー・ホプキンズ)、キャシー・ベイツ(メイム・トロッター)、グレン・クローズ(ノニー・ホプキンズ)、オクタヴィア・スペンサー(ハリス先生)、ビル・コッブス(ランドルフ)、ジュリア・スタイルズ(コートニー)、ビリー・マグヌッセン(エリス)ほか

「母の贈りもの」のネタバレあらすじ結末

母の贈りものの紹介:1993年アメリカ映画。脚本家パトリック・ダンカンが少年時代の想い出を元に書き下ろしたもので、6人の子供を女手一つで育て上げてきたシングルマザーの女性が、困難を乗り越えて家族の絆を深め、一軒の家を手にするまでを描いた人間ドラマです。
監督:トニー・ビル 出演者:キャシー・ベイツ(フランシス・レイシー)、エドワード・ファーロング(シェーン)、スーン・テック・オー(ムーン)、T・J・ローサー(クレイグ)、クラリサ・レシッグ(リン)ほか

「シャーロットのおくりもの(2006年)」のネタバレあらすじ結末

シャーロットのおくりものの紹介:2006年アメリカ映画。1匹の子ブタをめぐって人間の少女と賢くて心優しいクモが奇跡を起こすファンタジー。アニメにもなったロングセラー児童書を実写版で映画化。
監督:ゲイリー・ウィニック 出演: ダコタ・ファニング(ファーン・エラブル)、ジュリア・ロバーツ(クモのシャーロット)、スティーヴ・ブシェミ(ネズミのテンプルトン)、ケヴィン・アンダーソン(Mr.エラブル)、エシー・デイヴィス(Mrs.エラブル)、キャシー・ベイツ(牛のビッツィー)、ロバート・レッドフォード(馬のアイク)、ほか

「フライド・グリーン・トマト」のネタバレあらすじ結末

フライド・グリーン・トマトの紹介:1991年アメリカ映画。ファニー・フラッグの小説「フライド・グリーン・トマト・アット・ザ・ホイッスル・ストップ・カフェ」の映画化。違う時代にそれぞれ生きる女性達の人生を交差させながら、ドラマチックに描く感動ストーリー。中年の危機と人生の虚しさに襲われ、毎日を味気なく過ごす40代の主婦エヴリンが、80才を過ぎても快活でポジティヴな老女ニニーと出会い、生きる意味を取り戻していく。ニニー役のジェシカ・タンディは、アカデミー助演女優賞にノミネートされている。
監督:ジョン・アヴネット 出演:キャシー・ベイツ(エヴリン・カウチ)、ジェシカ・タンディ(ニニー・スレッドグッド)、メアリー・スチュアート・マスターソン(イジ―・スレッドウッド)、メアリー=ルイーズ・パーカー(ルース・ジェイミソン)、クリス・オドネル(バディ・スレッドグッド)、シシリー・タイソン(ジプシー)ほか

「黙秘」のネタバレあらすじ結末

黙秘の紹介:1995年アメリカ映画。原作は、スティーヴン・キングの長編小説「ドロレス・クレイボーン」。アメリカはメイン州の小さな島で暮らすドロレスに、富豪の未亡人ベラ殺害の容疑がかかる。ドロレスと長年疎遠だった一人娘セリーナは、その知らせを聞いてニューヨークから駆けつける。しかし、ドロレスは何かを隠していて、それは18年前に死んだセリーナの父親の恐ろしい秘密にも関係していた。「ショーシャンクの空に」と並ぶ、キング原作によるノン・ホラーの傑作。
監督:テイラー・ハックフォード 出演者:キャシー・ベイツ(ドロレス)、ジェニファー・ジェイソン・リー(セリーナ)、ヴジュディ・パーフィット(ベラ)、クリストファー・プラマー(マッケイ警部)、デヴィッド・ストラザーン(ジョー)、エリック・ボゴシアン(ピーター)ほか

「ミッドナイト・イン・パリ」のネタバレあらすじ結末

ミッドナイト・イン・パリの紹介:2011年スペイン,アメリカ映画。パリを舞台に、小説家を夢見る主人公が、憧れの時代にタイムスリップする様子を描いた幻想的なファンタジー。作中に描かれるパリの美しさに、まるで自分もタイムスリップしたかのような気分に浸れるお洒落な映画となっています。
監督:ウディ・アレン 出演者:キャシー・ベイツ(ガートルード・スタイン)、エイドリアン・ブロディ(サルバドール・ダリ)、マリオン・コティヤール(アドリアナ)、レイチェル・マクアダムス(イネズ)、マイケル・シーン(ポール)、オーウェン・ウィルソン(ギル)、ほか

「私だけのハッピー・エンディング」のネタバレあらすじ結末

私だけのハッピー・エンディングの紹介:2011年に製作されたケイト・ハドソン主演のアメリカ映画。キャリアウーマンとして充実した毎日を送っていたマーリーは、本気の恋愛だけはしない主義。そんなある日、検診のために訪れた病院で、余命わずかなガンを宣告される。
監督:ニコール・カッセル 出演:ケイト・ハドソン(マーリー・コーベット)、ガエル・ガルシア・ベルナル(ジュリアン・ゴールドスタイン医師)、ウーピー・ゴールドバーグ(ゴッド)、キャシー・ベイツ(ヴェバリー・コーベット)、ほか

「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」のネタバレあらすじ結末

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声の紹介:2014年アメリカ映画。歌の才能を見抜かれたステットは、母親の死をきっかけに合唱団へ入ることに。戸惑いながらも歌い始める少年の心を豊かに描き出す。
監督:フランソワ・ジラール 出演:ギャレット・ウェアリング(ステット)、ダスティン・ホフマン(カーヴェル)、キャシー・ベイツ(校長)、エディ・イザード(ドレイク)、ケヴィン・マクヘイル(ウーリー)、ほか

「レボリューショナリー・ロード」のネタバレあらすじ結末

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまでの紹介:2008年アメリカ,イギリス映画。フランクは妻エイプリルと二人の子どもに囲まれ平凡だが幸せな毎日を送っていました。しかし仕事を辞めてパリへ移住しようと決めた時から、その歯車は狂い始めていたのです。
監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ(フランク・ウィーラー)、ケイト・ウィンスレット(エイプリル・ウィーラー)、キャシー・ベイツ(ヘレン・ギヴィングス夫人)、マイケル・シャノン(ジョン・ギヴィングス)、キャスリン・ハーン(ミリー・キャンベル)、デヴィッド・ハーバー(シェップ・キャンベル)、ほか

「地球が静止する日」のネタバレあらすじ結末

地球が静止する日の紹介:2008年アメリカ映画。ある日、宇宙から地球に謎の球体が飛来、中から出て来た男は地球を救いに来たと言う。その意味がわかる時、男と共に出て来たロボットが行動を起こす。宇宙から圧倒的な科学力が地球を守る為に文明を滅ぼしていく。人類はこの未曾有の危機に変化せず滅んでしまうのか?1951年製作の傑作SF映画『地球の静止する日』をキアヌ・リーブス主演でリメイクした作品。
監督:スコット・デリクソン 出演者:クラトゥ(キアヌ・リーブス)、ヘレン・ベンソン(ジェニファー・コネリー)、ジェイコブ・ベンソン(ジェイデン・スミス)、レジーナ・ジャクソン(キャシー・ベイツ)、マイケル・グレイニア(ジョン・ハム)、カール・バーンハート(ジョン・クリーズ)ほか

「ミザリー」のネタバレあらすじ結末

ミザリーの紹介:1990年アメリカ映画。小説家のポール・シェルダンは雪山で事故を起こし、重傷を負う。死にかけのポールを救ったのは元看護師のアニー・ウィルクス。アニーはポールの「一番のファン」を自称し、ポールが完結させた「ミザリー」シリーズの続きを書くように迫る・・・常軌を逸したファン心理と監禁され虐待を受ける恐怖を描くホラー映画。
監督:ロブ・ライナー 脚本:ウィリアム・ゴールドマン 出演者:ジェームズ・カーン(ポール・シェルダン)、キャシー・ベイツ(アニー・ウィルクス)ほか

「P.S. アイラヴユー」のネタバレあらすじ結末

P.S. アイラヴユーの紹介:2007年アメリカ映画。最愛の夫ジェリーを脳腫瘍で亡くしてからもジェリーとの日々を忘れられない。そんなとき、ホリーの30歳の誕生日に、亡き夫から消印のない手紙が届く。それからホリーのもとにプレゼントやアドバイスが次々に届けられていく。
監督: リチャード・ラグラヴェネーズ 出演者:ヒラリー・スワンク(ホリー・ケネディ)、ジェラルド・バトラー(ジェリー・ケネディ)、リサ・クドロー(デニース・ヘネシー)、キャシー・ベイツ(パトリシア・ライリー)ほか

「タイタニック」のネタバレあらすじ結末

タイタニックの紹介:1997年アメリカ映画。タイタニック号が沈没して84年の歳月がすぎた。タイタニック号と共に沈んだとされるダイヤモンド「碧石のハート」の捜索のために、海底深く沈んでしまったタイタニック号の調査が行われていた。しかし、タイタニック号から出てきたのは皆が待ち望んだダイヤではなく、その身にダイヤのみを付けた女性の絵が出てきた。この女性の絵画の発見をテレビを通して伝えると、一人の老女から「その絵のモデルは私よ」という連絡が入り、その老女の口から、タイタニック沈没の中にあった誰も知らない話を始まることとなる…
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:レオナルド・ディカプリオ(ジャック・ドーソン)、ケイト・ウィンスレット(ローズ)、キャシー・ベイツ(モリー・ブラウン)、バーナード・ヒル(エドワード・J・スミス船長)、ヴィクター・ガーバー(トーマス・アンドリュース )、グロリア・スチュアート(ローズ・カルバート(現代))ほか

TOP↑