川口春奈映画一覧

川口春奈が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「桜蘭高校ホスト部」のネタバレあらすじ結末

桜蘭高校ホスト部の紹介:2012年日本映画。「映画 桜蘭高校ホスト部 」は、人気漫画を原作とした映画です。最初TBSでドラマ化されました。富豪の子息ばかりが通う桜蘭高校に、庶民でありながら成績優秀で奨学金をもらって通うこととなった女子高生が、桜蘭高校のホスト部の高価な壺を誤って割ってしまったことから、男性としてホスト部の一員として活動することになってしまいます。そのことで巻き起こる騒動をドラマに引き続き映画でも描いています。
監督:韓哲 出演者:川口春奈(藤岡ハルヒ)、山本裕典(須王 環)、竜星涼(猫澤 梅人)、中村昌也(銛之塚 崇)、千葉雄大(埴之塚 光邦 )、市川知宏(九瀬 猛 )、鈴木勝大(垂水隼人)、杉咲花(伽名月麗子)、ほか

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のネタバレあらすじ結末

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらの紹介:2011年日本映画。「もしドラ」の愛称で大ヒットとなった岩崎夏海の同名小説を映画化したもので、病に倒れた親友の代わりに万年弱小の野球部マネージャーになった女子高生が、ピーター・F・ドラッカーの書いたマネジメント本を手に部の改革を進めていく姿を描いた青春ドラマです。
監督:田中誠 出演者:前田敦子(川島みなみ)、瀬戸康史(浅野慶一郎)、峯岸みなみ(北条文乃)、池松壮亮(柏木次郎)、川口春奈(宮田夕紀)、大泉洋(加地誠)ほか

「にがくてあまい」のネタバレあらすじ結末

にがくてあまいの紹介:2016年日本映画。それぞれ乗り越えられずにいる過去を抱えた野菜嫌いのキャリアウーマンとベジタリアン教師のゲイ男性の物語です。野菜を通じて近づき過去を乗り越えていく二人の姿はほっこりと温かい気持ちになります。
監督:草野翔吾 出演:川口春奈(江田マキ)、林遣都(片山渚)、淵上泰史(立花アラタ)、桜田ひより(青井ミナミ)、真剣佑(馬場園あつし)、ほか

「一週間フレンズ。」のネタバレあらすじ結末

一週間フレンズ。の紹介:2016年日本映画。葉月抹茶のベストセラーコミック「一週間フレンズ。」を実写化した青春ラブストーリー。毎週月曜日になると友人の記憶を全て忘れてしまうという記憶障害を抱える女子高生 藤宮香織と、彼女に想いを寄せるクラスメイトの長谷祐樹が織り成す恋模様を描く。
監督:村上正典 出演:川口春奈(藤宮香織)、山崎賢人(長谷祐樹)、松尾太陽(桐生将吾)、上杉柊平(九条一)、高橋春織(山岸沙希)、ほか

「POV 呪われたフィルム」のネタバレあらすじ結末

POV(ピーオーヴィ) 呪われたフィルムの紹介:2012年日本映画。志田未来の冠番組にゲストとして川口春奈を招いた。番組の企画で視聴者からの心霊映像を検証するコーナーに入るのだが、そこに映された映像が後に二人を恐怖のどん底に突き落とすのだった。
監督: 鶴田法男 出演:志田未来、川口春奈

「絶叫学級」のネタバレあらすじ結末

絶叫学級の紹介:2013年日本映画。学校に伝わる都市伝説である「黄泉」の話を聞き願い事をする加奈だったのだが、黄泉の都市伝説では願いと引き換えに大事なものを失ってしまう。というものだった。誰よりも可愛くなりたい!と願う加奈に暗い陰が忍び寄っていた。
監督:佐藤徹也 出演:川口春奈(荒樹加奈)、広瀬アリス(高見沢リオ)、松岡茉優(香取絵莉花)、栗原類(後藤アキラ)、山本美月(黄泉)、ほか

「ボクたちの交換日記」のネタバレあらすじ結末

ボクたちの交換日記の紹介:2013年日本映画。放送作家・鈴木おさむのベストセラー小説『芸人交換日記 ~イエローハーツの物語~』を元にして制作された映画。キャッチコピーは「夢は叶うと、信じてた」で、売れないお笑いコンビが、一発逆転・一躍人気を得ようと交換日記を始める二人の若者の青春を描いた作品です。たくさんの若手芸人たちがエキストラとして出演したことでも話題になりました。
監督:内村光良 出演:伊藤淳史(田中)、小出恵介(甲本)、長澤まさみ(久美)、木村文乃(麻衣子)、川口春奈(サクラ)、佐々木蔵之介(川野)、ほか

「幕末高校生」のネタバレあらすじ結末

幕末高校生の紹介:2013年日本映画。スマートフォンアプリ「体感ヒストリー」をきっかけに先生と生徒3人が江戸時代末期へとタイムスリップ。高校教師と生徒たちが、勝海舟や西郷隆盛などと対面しつつ現代へと戻ろうと奔走する。
監督:李闘士男 出演:玉木宏(勝海舟)、石原さとみ(川辺未香子)、柄本時生(高瀬雅也)、川口春奈(森野恵理)、千葉雄大(沼田慎太郎)、谷村美月(千代)、ほか

「クリーピー 偽りの隣人」のネタバレあらすじ結末

クリーピー 偽りの隣人の紹介:2016年公開日本映画。第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を獲った前川裕原作の小説「クリーピー」を映画化した作品。実際に起きた事件、北九州一家殺人事件をモデルにしたとも言われる。新居に越してきた高倉夫婦はある日から隣に住む西野という奇妙な男に不信感を覚え始める。同じ頃、昔の同僚の願いで六年前に起きた一家失踪事件を調べることになる。そこで唯一の生存者である娘の早紀に会う。事件の話しを聞く内ある一人の男の存在が浮き彫りになった。そしてある日隣に住む西野の娘の口から衝撃の言葉が出てくる。あの人お父さんじゃない、知らない人です。
監督:黒沢清 出演:西島秀俊(高倉幸一)、竹内結子(高倉康子)、川口春奈(本多早紀)、東出昌大(野上)、香川照之(西野)ほか

「好きっていいなよ。」のネタバレあらすじ結末

映画好きっていいなよ。の紹介:2014年日本映画。葉月かなえによる漫画作品が原作。通称「好きなよ。」2012年10月から12月までテレビアニメが放送され、2014年7月に実写映画化。興行収入11億円を記録し主演の福士蒼汰は第38回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
監督:日向朝子 出演:橘 めい役「川口春奈」、黒沢 大和役「福士蒼汰」、足立梨花、永瀬匡、西崎莉麻、山本涼介、八木アリサほか

TOP↑