ケヴィン・ベーコン映画一覧

ケヴィン・ベーコンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「トレマーズ」のネタバレあらすじ結末

トレマーズの紹介:1989年アメリカ映画。地中を進む謎の巨大生物に襲われるパニックSF映画。地中から襲い掛かる怪物に、便利屋のコンビ、ヒロインがアイデアを駆使して立ち向かう。果たして生き残ることが出来るのか。
監督:ロン・アンダーウッド 出演:ケヴィン・ベーコン(ヴァル(ヴァレンタイン)・マッキー)、フレッド・ウォード(アール・バセット)、フィン・カーター(ロンダ・ルベック)、マイケル・グロス(バート・ガマー)、ほか

「フットルース」のネタバレあらすじ結末

フットルースの紹介:1984年アメリカ映画。アメリカのとある田舎町。ある事件をきっかけにダンスをはじめとする娯楽が迫害されてきた保守的で閉鎖的なこの町に、大都会からひとりの転校生レンが現れ、やがて町を変えるべくガールフレンドや仲間たちとともに動き出していきます。
監督:ハーバート・ロス 出演者:ケヴィン・ベーコン(レン)、ロリ・シンガー(アリエル)、ジョン・リスゴー(ムーア牧師)、サラ・ジェシカ・パーカー(ラスティ)、クリス・ペン(ウィラード)ほか

「イン・ザ・カット」のネタバレあらすじ結末

イン・ザ・カットの紹介:2003年アメリカ映画。他人とのかかわりを避け、空想の中で欲求を満たす生活を送る大学講師の女性が、猟奇殺人の容疑者を目撃したことで事件に巻き込まれていく官能サスペンス。
監督:ジェーン・カンピオン 出演:メグ・ライアン(フラニー)、マーク・ラファロ(マロイ)、ジェニファー・ジェイソン・リー(ポーリーン)、ケヴィン・ベーコン(ジョン・グラハム)、ほか

「ブラック・スキャンダル」のネタバレあらすじ結末

ブラック・スキャンダルの紹介:2015年アメリカ映画。実在した悪名高きギャング、ジェームズ・”ホワイティ”・バルジャーの半生を映画化。1970年代。FBI捜査官コノリーはマフィア壊滅のため、幼馴染みで裏社会に精通しているバルジャーに協力を依頼します。情報を提供する見返りにFBIの後ろ盾を得たバルジャーは、抵抗勢力を倒し犯罪王にのし上がっていくことになります。ギャングとFBIの協定は、アメリカ史上最大の汚職事件へと変貌していきます。バルジャーを演じたカメレオン俳優J・デップの怪演はひと際異彩を放ちます。
監督:スコット・クーパー 出演者:ジョニー・デップ(ジェームズ・”ホワイティ”・バルジャー)、ベネディクト・カンバーバッチ(ビリー・バルジャー)、ジョエル・エドガートン(ジョン・コノリー)、ロリー・コクレイン(スティーヴン・フレミ)、ケヴィン・ベーコン(チャールズ・マグワイア)ほか

「ア・フュー・グッドメン」のネタバレあらすじ結末

ア・フュー・グッドメンの紹介:1992年アメリカ映画。当時隣国にして敵国であったキューバ、グアンタナモ米軍基地にて一等兵が死亡する。調査の結果、米軍で禁じられていたコードRと呼ばれる兵士間懲罰が実行された気配があり、軍部上層部はその被告兵士の弁護士に、司法取引専門のキャフィを選ぶ。しかし被告は命令に服しただけだと無罪を主張、裁判となり、初めての法廷弁護でキャフィは、兵士の義務と前線勤務兵の倫理に挑む事になる。同名の舞台劇を、若手有望俳優人とベテラン俳優で映画化した軍事法廷映画。
監督:ロブ・ライナー 出演者:ダニエル・キャフィ(トム・クルーズ)、ネイサン・R・ジェセップ(ジャック・ニコルソン)、ジョアン・ギャロウェイ(デミ・ムーア)、サム・ワインバーグ(ケヴィン・ポラック)、ジョナサン・ケンドリック(キーファー・サザーランド)、ジャック・ロス(ケヴィン・ベーコン)ほか

「13日の金曜日」のネタバレあらすじ結末

13日の金曜日の紹介:1980年アメリカ映画。アメリカを代表するホラー映画の一つで、1980年代から始まったシリーズは、2000年代まで続く大人気コンテンツとなり、ホラー映画の代名詞ともなりました。
監督 :ショーン・S・カニンガム 出演:ベッツィ・パルマー(ヴォーヒーズ夫人)、エイドリアン・キング(アリス)、ハリー・クロスビー(ビル)、ローリー・バートラム(ブレンダ)、マーク・ネルソン(ネッド)、ケヴィン・ベーコン(ジャック)、ジャニーヌ・テイラー(マーシー)、アリ・レーマン(ジェイソン)ほか

「インビジブル(2000年)」のネタバレあらすじ結末

インビジブルの紹介:2000年アメリカ映画。HGウェルズの小説、透明人間を下敷きにパールヴァーホーヴェン監督が制作した映画で、透明になった人間の狂気をアクション満載で描きます。
監督:ポール・ヴァーホーヴェン 出演:ケヴィン・ベーコン(セバスチャン・ケイン)、エリザベス・シュー(リンダ・マッケイ)、ジョシュ・ブローリン(マシュー(マット)・ケンジントン)、キム・ディケンズ(サラ・ケネディ)、ジョーイ・スロトニック(フランク・チェイス)ほか

「インビジブル」のネタバレあらすじ結末

インビジブルの紹介:2000年アメリカ映画。国防省からの依頼で生物を透明にし、そこから元の姿へと復元する研究をしていたセバスチャン達は、透明化には成功したものの元の姿に戻すのに苦戦していた。そんなある日、セバスチャンは復元の成功のカギを掴む。しかしそれは恐怖の始まりであった。
監督:ポール・バーホーベン 出演者:ケヴィン・ベーコン、エリザベス・シュー、ジョシュ・ブローリン、キム・ディケンズ、ジョーイ・スロトニックほか

「X-MEN:ファーストジェネレーション」のネタバレあらすじ結末

X-MEN:ファーストジェネレーションの紹介:2011年アメリカ映画。超人気アメコミ原作の映画X-MENシリーズ5作目。「X-MEN:ファーストジェネレーション」はX-MENの序章ともいうべき作品であり、過去のX-MENシリーズからすべての人物が若返り、ミュータントの誕生秘話が描かれています。ウルヴァリンもチョイ役で登場します。
監督:マシュー・ヴォーン キャスト:ジェームズ・マカヴォイ(チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX)、マイケル・ファスベンダー(エリック・レーンシャー/マグニートー)、ケヴィン・ベーコン(セバスチャン・ショウ)、ローズ・バーン(モイラ・マクタガート)、ジャニュアリー・ジョーンズ(エマ・フロスト)、ほか

「アポロ13」のネタバレあらすじ結末

アポロ13の紹介:1995年アメリカ映画。アポロ13号は実話に基づいて1995年に作られた映画。アポロ13号は1970年4月11日に現地時間の13時13分に打ち上げられます。13という数字は不吉な数字として敬遠される事も多く、ジムの妻が「どうして13号なの?」と嫌がりますが、ジムは「12の次だからさ」とサラッと言ってのけ妻の不安を気にも止め無かった。しかし、打ち上げられた「アポロ13号」には次々と困難が降り注ぐ。果たして乗組員3人は無事、地球に帰れるのか?「生存率10%」に望みをかけアポロ13号とヒューストンの帰還作戦が繰り広げられる。
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、ケヴィン・ベーコン、ゲイリー・シニーズ、ビル・パクストン、エド・ハリスほか

TOP↑