ケヴィン・スペイシー映画一覧

ケヴィン・スペイシーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「評決のとき」のネタバレあらすじ結末

評決のときの紹介:1996年アメリカ映画。若き白人弁護士ジェイクは、黒人労働者のカールの裁判を担当する事になりました。カールは自分の幼い娘をレイプし瀕死に追いやった白人男性二人を復讐として射殺したのです。人種差別が根付く土地での裁判はジェイクにとって不利を極めます。白人至上主義KKKからの脅迫や暴力を受けながらも仲間達と共に戦い、ついにはカールを無罪にするまでの物語です。
監督:ジョエル・シューマカー 原作:ジョン・グリシャム 出演:マシュー・マコノヒー(ジェイク・タイラー・ブリガンス)、サンドラ・ブロック(エレン・ロアーク)、サミュエル・L・ジャクソン, (カール・リー・ヘイリー)、ケヴィン・スペイシー(ルーファス・バックリー)、ドナルド・サザーランド(ルシアン・ウィルバンクス)、オリヴァー・プラット(ハリー・レックス・ボナー)、ほか

「月に囚われた男」のネタバレあらすじ結末

月に囚われた男の紹介:2009年イギリス映画。月でAIとの単独任務として3年間ヘリウム3を発掘し地球に送る契約をルナ産業と交わしたサムは、任期を終わりを間近に控えながらも事故にあってしまいます。このことから月面基地に隠されたルナ産業の秘密が明らかになっていきます。
監督:ダンカン・ジョーンズ 出演者:サム・ロックウェル(サム・ベル)、ケヴィン・スペイシー(ガーティー)、ドミニク・マゲリゴット(テス・ベル)、カヤ・スコデラリオ(イヴ・ベル)ほか

「L.A.コンフィデンシャル」のネタバレあらすじ結末

L.A.コンフィデンシャルの紹介:1997年アメリカ映画。ガイ・ピアーズとラッセル・クロウの出世作であるこの作品。真逆のタイプの警官二人が助け合いながら事件を解決するストーリーは最高に面白いです。キム・ベイシンガーの美しさも必見です。
監督:カーティス・ハンソン 出演者:ケヴィン・スペイシー(ジャック・ヴィンセンズ刑事)、ラッセル・クロウ(バド・ホワイト巡査)、ガイ・ピアーズ(エド・クリスリー警部補)、キム・ベイシンガー(リン・ブラッケン)、ジェームズ・クロムウェル(ダドリー・スミス警部)ほか

「交渉人」のネタバレあらすじ結末

交渉人の紹介:1998年アメリカ映画。この作品のキャッチコピーは「IQ180の駆け引き」で、殺人と横領の濡れ衣を着せられた人質交渉人が自らの無実を訴えるため、警察ビルに人質をとり立て籠もり、自ら指名したもう一人の優秀な人質交渉人との緊迫した交渉・駆け引きの中で、次第に真実が明らかになっていく様子を描いたアクション・サスペンス映画です。
監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:サミュエル・L・ジャクソン(ダニー・ローマン)、ケヴィン・スペイシー(クリス・セイビアン)、デヴィッド・モース(アダム・ベック)、ロン・リフキン(グラント・フロスト)、ほか

「ラスベガスをぶっつぶせ」のネタバレあらすじ結末

ラスベガスをぶっつぶせの紹介:年アメリカ映画。マサチューセッツ大学の卒業生、学生たちがラスベガスで行ったカードカウンティング事件から着想を得て制作された映画で、スリリングなカジノでのやり取りが映像化され、アメリカでは大ヒットを記録しました。
監督 :ロバート・ルケティック 出演:ジム・スタージェス(ベン・キャンベル)、ケイト・ボスワース(ジル・テイラー)、ローレンス・フィッシュバーン(コール・ウィリアムス)、ケヴィン・スペイシー(ミッキー・ローザ教授)、アーロン・ヨー(チョイ)ほか

「バグズ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

バグズ・ライフの紹介:1998年アメリカ映画。虫の世界を舞台に、ディズニー・ピクサーで制作されたフルCG作品です。アリと、アリを虐げるバッタとの関係を断ち切ろうと、空回りをしまくる主人公と、サーカス一座が行動を引き起こします。主人公は、仲間達をバッタの脅威から救うことができるのでしょうか。
監督:ジョン・ラセター/アンドリュー・スタントン 出演:フリック(デイブ・フォーリー/宮本充)/ホッパー(ケヴィン・スペイシー/壌晴彦)/アッタ姫(ジュリア・ルイス=ドレイファス/土井美加)/ドット姫(ヘイデン・パネッティーア/須藤祐実)/スリム(デヴィッド・ハイド・ピアース/伊藤和晃)ほか

「アメリカンビューティー」のネタバレあらすじ結末

アメリカンビューティーの紹介:1999年アメリカ映画。アメリカの一家族の崩壊をイギリス人監督であるサムメンデスが描いた映画で、ケヴィンスペイシーが父親役として熱演しています。
監督:サム・メンデス 出演者:ケヴィン・スペイシー、アネット・ベニング、ゾーラ・バーチ、ウェス・ベントリーほか

「アウトブレイク」のネタバレあらすじ結末

アウトブレイクの紹介:1995年アメリカ映画。アフリカの小さな村で原因不明のウィルスにより、傭兵部隊と村人たちが犠牲となる。その後、カリフォルニアの小さな村でウィルスが猛威を振るう。ウィルスによって壊滅状態になった人々を助ける事は出来るのか、また軍事の最終手段とは?
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演者:ダスティン・ホフマン、レネ・ルッソ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・スペイシー、キューバ・グッディングほか

「ユージュアル・サスペクツ」のネタバレあらすじ結末

ユージュアル・サスペクツの紹介:1995年アメリカ作品。5人の犯罪者の歯車の狂い始めた犯罪計画の顛末を卓越した構成で描いた衝撃の結末のサスペンス・ミステリー。
監督:ブライアン・シンガー 出演:スティーヴン・ボールドウィン、ガブリエル・バーン、チャズ・パルミンテリ、ケヴィン・ポラック、ピート・ポスルスウェイト、ケヴィン・スペイシーほか

「ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女」のネタバレあらすじ結末

ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女の紹介:1990年アメリカ作品 実在した女流作家、アナイス・ニンの1931年から1932年までの日記をもとに、製作された映画。アナイス・ニンは銀行家の夫ヒューゴーの仕事の都合で、パリの一軒家に引っ越してくる。アナイスは少女のころから日記を持ち歩き、日々の出来事を日記に書くのが、趣味だった。そこで、後に有名な小説「北回帰線」を執筆することになる作家ヘンリー・ミラーとその妻ジューンと出会う。自由人の2人に惹かれるアナイスは、知らない世界を見せてもらい人としても成長していく。
監督:フィリップ・カウフマン 出演:フレッド・ウォード、ユマ・サーマン、マリア・デ・メディロス、リチャード・E・グラント、ケビン・スペイシーほか

TOP↑