桐谷美玲映画一覧

桐谷美玲が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ツナグ」のネタバレあらすじ結末

ツナグの紹介:2012年日本映画。「ツナグ」とは死者とその縁ある者を1度だけ対面させる仲介人です。その「ツナグ」の見習いとしての歩美と師匠であり、祖母でもあるアイ子は3名からの依頼を受けます。1人目は母の死をめぐって家族との間に溝ができた男性、2人目は親友の死に対して聞きたいことがあるという女子高生、3人目は結婚の約束をした女性を探す男性です。歩美は見習いとして「ツナグ」の仕事をこなしていきますが、見習いから正式に「ツナグ」を継承する際、自分の父親の死について秘密を知ります。直木賞作家で辻村深月さんの小説を映画化した作品です。主人公に松坂桃李さん、祖母役に樹木希林さんが演じています。
監督:平川雄一朗 出演:松坂桃李(渋谷歩美)、樹木希林(渋谷アイ子)、佐藤隆太(土谷功一)、桐谷美玲(日向キラリ)、橋本愛(嵐美砂)、ほか

「逆転裁判」のネタバレあらすじ結末

逆転裁判の紹介:2011年日本映画。その日ナルホド君は事務所で上司である綾里千尋の死体を発見する。すぐに容疑者として捕まったのは彼女の妹綾里真宵。目撃者の証言と綾里千尋の残したダイイングメッセージが決め手となった。しかし疑問を感じた新米弁護士ナルホド君は真宵の弁護を担当することに、そして進む裁判の中で裏にさらなる事件が潜んでいることを知る。人気ゲーム「逆転裁判」を成宮寛貴主演で実写映画化。監督は「クローズZERO」の三池崇史。
監督:三池崇史 出演:成宮寛貴(成歩堂龍一)、斎藤工(御剣怜侍)、桐谷美玲(綾里真宵)、中尾明慶(矢張政志)、大東駿介(糸鋸圭介)、ほか

「新しい靴を買わなくちゃ」のネタバレあらすじ結末

新しい靴を買わなくちゃの紹介:2012年日本映画。頼まれてついていったフランス旅行で一人の日本人に偶然出会い、恋に落ちていきます。大人の3日間の恋愛を描きます。
監督:北川悦吏子 出演:中山美穂(アオイ)、向井理(セン)、桐谷美玲(スズメ)、綾野剛(カンゴ)、ほか

「暗殺教室~卒業編~」のネタバレあらすじ結末

暗殺教室~卒業編~の紹介:2016年日本映画。週刊少年ジャンプ連載の松井優征による人気コミックの実写映画版の続編。地球を破壊する力を持ちながら、中学校の教師となった謎の生物、殺せんせーと政府からその暗殺を依頼された中学生たちが繰り広げるユニークな攻防を描く。
監督:羽住英一郎 出演者:山田涼介(潮田渚)、二宮和也(死神)、菅田将暉(赤羽業)、山本舞香(茅野カエデ)、椎名桔平(烏間惟臣)ほか

「女子ーズ」のネタバレあらすじ結末

女子ーズ(じょしーず)の紹介:2014年日本映画。地球の平和を守るため、ひょんなことから戦闘員として結成させられた5人の女の子たち「女子―ズ」が、恋に仕事に翻弄されながらも、邪悪な怪人達と戦う様子をゆるーく描いたアクション・コメディ。
監督:福田雄一 出演者:桐谷美玲(女子・レッド/赤木直子)、藤井美菜(女子・ブルー/青田美佳)、高畑充希(女子・イエロー/黄川田ゆり)、有村架純(女子・グリーン/緑山かのこ)、山本美月(女子・ネイビー/紺野すみれ)、大東駿介(成瀬輝彦)、安田顕(皆川)、岡田義徳(課長)、ほか

「100回泣くこと」のネタバレあらすじ結末

100回泣くことの紹介:2013年日本映画。この作品は、中村航の恋愛小説を原作に、恋愛映画の名手とも呼ばれ、『余命1ヶ月の花嫁』などの廣木隆一の監督映画。キャッチコピーは「ずっと、ずっと、好きと誓った…」で、主人公がバイク事故に遭い、その事故以前の1年間の記憶を失ってしまい、自分の恋人だった佳美のことも忘れてしまうというオリジナル設定となり、涙を誘う純愛ストーリー映画となっています。
監督:廣木隆一 出演:大倉忠義(藤井秀一)、桐谷美玲(沢村佳美)、ともさかりえ(中村夏子)、忍成修吾(ムース/武藤圭介)、波瑠(バッハ/小川恵子)、ほか

「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」のネタバレあらすじ結末

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像の紹介:2014年日本映画。海堂尊原作のチームバチスタの小説を映像化したシリーズの最終章となる作品。医療ミステリーとしてはいつもどおり良くできていて、驚く展開も待ち受けています。死因究明システムの一大改革に取り組む主人公たちは、過去の医療ミス、薬剤の副作用、医療界の癒着など重い話と絡んで、殺人事件の闇に襲われます。見ている方は気が重くなりますが、同時にとても考えさせられます。いつもシリーズで強気だった厚労省の白鳥は若き日の自分の研修医としての過ちに苦しめられます。多くの命を救うためには早く新しい薬を認可したいところですが、急ぐあまりその副作用に苦しめられる現実もあります。考えさせられるテーマがベースにありますが、医療ミステリーとしてのエンターテインメント性もある作品です。
監督:篠原哲雄 出演者: 伊藤淳史(田口公平)、仲村トオル(白鳥圭輔)、桐谷美玲(別宮葉子)、松坂桃李(滝沢秀樹)、西島秀俊(速水晃一)、栗山千明(桜宮すみれ)、生瀬勝久(東堂文昭)、ほか

「君に届け(実写版)」のネタバレあらすじ結末

映画 君に届けの紹介:2010年日本映画。主人公の黒沼爽子(多部未華子)は、長い黒髪と独特の雰囲気から、「貞子」と呼ばれている。そんな彼女を気になるようになった、風早翔太(三浦春馬)。そんな二人の、どストレート青春ムービー。
監督:熊澤尚人 出演:多部未華子(黒沼爽子)、三浦春馬(風早翔太)、蓮佛美沙子(吉田千鶴)、桐谷美玲(胡桃沢梅)、夏菜(矢野あやね)、青山ハル(真田龍)、金井勇太(城ノ内宗一)ほか

「ヒロイン失格」のネタバレあらすじ結末

映画 ヒロイン失格の紹介:2015年日本映画。女子高生の松崎はとり(桐谷美玲)は、幼馴染の寺坂利太(山崎賢人)に愛の告白をしてもらうヒロインを妄想していたのですが、急に現れた安達未帆(我妻三輪子)にあっさりと彼を横取りされてしまいます。そんな彼女にアタックして来たのが、プレイボーイの弘光廣祐(坂口健太郎)でした。4人の男女の恋の行方はどうなるのか・今人気の俳優出演のラブコメディー映画、ヒロイン失格です。
監督:英勉 出演:桐谷美玲(松崎はとり)、山崎賢人(寺坂利太)、坂口健太郎(弘光廣祐)、福田彩乃(中島杏子)、我妻三輪子(安達未帆)ほか

「君に届け」のネタバレあらすじ結末

映画 君に届けの紹介:2010年日本映画。小学生の頃、遊具の土管の穴から出て来た爽子を見て子供達が、「貞子」にそっくりだと言われたのが爽子の運の尽きとなる。その日から「貞子」とあだ名が付けられ、みんなから恐れられる様になってしまった。高校生になった爽子の前に、ある日風早翔太が現れた事から爽子の運命の歯車が回り始める。
監督:熊澤尚人 出演:多部未華子(黒沼爽子)、三浦春馬(風早翔太)、夏菜(矢野あかね)、蓮佛美沙子(吉田千鶴)、桐谷美玲(胡桃沢梅)ほか

「魔法のiらんど teddy bear」のネタバレあらすじ結末

魔法のiらんど teddy bearの紹介:2008年日本映画。家や学校のことで悩んで道を外れそうになっていた晴奈(桐谷美鈴)は、記憶がなくなっていく病気を抱えた成也(賀来賢人)に助けられる。別れた後に成也の病気のことを知った晴奈は再び成也と一緒にいることを決め、成也と共に病気と闘っていく。人を想う、愛することはなにかを恋愛や友情を通して伝えてくれる物語。
監督:横山一洋 出演:桐谷美玲、賀来賢人、芳賀優里亜ほか

「暗殺教室」のネタバレあらすじ結末

映画 暗殺教室(あんさつきょうしつ)の紹介:2015年日本作品。同タイトルマンガ『暗殺教室』の映画1作目。月を破壊した謎の生物 殺せんせーが、ある学校の落ちこぼれ学級の担任となり、生徒たちを自分を殺すための暗殺者として育てる中で、人間力も育てる学園青春ストーリー「暗殺教室」。
監督:羽住英一郎 原作:松井優征 出演者:山田涼介(潮田渚)、椎名桔平(烏間惟臣)、菅田将暉(赤羽業)、山本舞香(茅野カエデ)、橋本環奈(自律思考固定砲台)、加藤清史郎(イトナ)、二宮和也(殺せんせー)ほか

TOP↑