高良健吾映画一覧

高良健吾が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「月と雷」のネタバレあらすじ結末

月と雷の紹介:2016年日本映画。作家・角田光代の小説を『海を感じるとき』の安藤尋監督により映画化。主演を初音映莉子が演じ、静かな生活を望んでいた主人公の前に、父の愛人の息子が現れることで、徐々に変化が現れていきます。
監督:安藤尋 出演:初音映莉子(泰子)、高良健吾(智)、藤井武美(佐伯亜里砂)、黒田大輔(山本信太郎)、市川由衣(吉村)、村上淳(泰子の父)、木場勝己(岡本)、草刈民代(直子)、ほか

「おにいちゃんのハナビ」のネタバレあらすじ結末

おにいちゃんのハナビの紹介:2010年日本映画。巨大花火大会“片貝まつり”で知られる新潟県小千谷市片貝町を舞台に、実話に基づいて製作されたヒューマンドラマです。白血病を患った妹の療養のため新潟県に移り住んだ兄が、妹のために一世一代の大花火を打ち上げようと奮闘します。
監督:国本雅広 出演者:高良健吾(須藤太郎)、谷村美月(須藤華)、宮崎美子(須藤登茂子)、大杉漣(須藤邦昌)、早織(岡崎佳代)ほか

「蛇にピアス」のネタバレあらすじ結末

蛇にピアスの紹介:2008年日本映画。金原ひとみの芥川賞受賞作を映画化した作品です。龍の入れ墨と蛇のようなスプリット・タンを持つ男と出会った少女が自らも入れ墨などの肉体改造にのめり込んでいく姿を描いています。主演・吉高由里子の大胆なヌードや過激な濡れ場が話題となりました。
監督:蜷川幸雄 出演者:吉高由里子(ルイ)、高良健吾(アマ)、ARATA(シバ)、あびる優(マキ)、ソニン(ユリ)ほか

「蜜のあわれ」のネタバレあらすじ結末

蜜のあわれの紹介:2016年日本映画。室生犀星の幻想文学『蜜のあわれ』を映画化。登場人物の「老作家」は室生犀星自身の投影とも言われている。老作家は無邪気で愛くるしい少女赤子と仲睦まじく暮らしていた。しかし彼女には秘密があった。赤子の正体は金魚だったのだ。老作家と金魚、そして老作家に思いを寄せる幽霊の三角関係を美しくエロティックに描いた幻想ロマンス。
監督:石井岳龍 出演者:二階堂ふみ(赤井赤子)、大杉漣(老作家)、真木よう子(田村ゆり子)、高良健吾(アクタガワ)、永瀬正敏(辰夫)ほか

「きみはいい子」のネタバレあらすじ結末

きみはいい子の紹介:2014年日本映画。中脇初枝の短編集の映画化作品で、新米教師や母親、老人らからの視点を通じて「児童虐待」や「いじめ」などというテーマを見つめ直すヒューマンドラマです。
監督:呉美保 出演者:高良健吾(岡野匡)、尾野真千子(水木雅美)、池脇千鶴(大宮陽子)、高橋和也(大宮拓也)、喜多道枝(佐々木あきこ)ほか

「悼む人」のネタバレあらすじ結末

悼む人の紹介:2014年日本映画。天童荒太の直木賞受賞作を映画化。旅をしながら、人が亡くなった場所を歩き「誰に愛され、誰を愛したでしょう。どんなことで感謝されたでしょうか」と悼む青年の物語。
監督:堤幸彦 出演:高良健吾(坂築静人)、石田ゆり子(奈儀倖世)、井浦新(甲水朔也)、椎名桔平(蒔野抗太郎)、貫地谷しほり(坂築美汐)、麻生祐未(沼田響子)、大竹しのぶ(坂築巡子)、平田満(坂築鷹彦)ほか

「ふきげんな過去」のネタバレあらすじ結末

ふきげんな過去の紹介:2015年日本映画。『ジ、エクストリーム、スキヤキ』で映画監督デビューを果たした前田司郎の監督作品第2作目。死んだはずの伯母の出現により、変わっていく18歳の女子高校生の、ひと夏の物語を描いた作品。
監督:前田司郎 出演者:小泉今日子(未来子)、二階堂ふみ(果子)、高良健吾(康則)、板尾創路(タイチ)、黒川芽以(レイ)ほか

「白夜行」のネタバレあらすじ結末

白夜行の紹介:2010年日本映画。舞台やドラマ化されてきた東野圭吾の人気小説「白夜行」を映画化。殺人事件に関係する人々の複雑な人間関係を軸に、19年にも及ぶ男女の狂おしい愛を描く。あっさり解決したかのように見えた事件は、あまりにも暗く陰湿な事実に包まれていて、少女を守るために生きてきた哀しい少年を苦しめていた事件だった。
監督:深川栄洋 出演:堀北真希(唐沢雪穂)、高良健吾(桐原亮司)、姜暢雄(笹塚一成)、緑友利恵(川島江利子)、粟田麗(栗原典子)、ほか

「百日紅~Miss HOKUSAI~」のネタバレあらすじ結末

百日紅~Miss HOKUSAI~の紹介:2015年日本映画。葛飾北斎の娘で絵師でもあるお栄が、葛飾応為として才能を開花させていくまでを、芸術家ならではの映像美で描き出す。杉浦日向子の代表作の一つ「百日紅」をアニメ映画化した群像劇。
監督:原恵一 出演:杏(お栄)、松重豊(葛飾北斎)、濱田岳(池田善次郎)、高良健吾(歌川国直)、美保純(こと)、ほか

「フィッシュストーリー」のネタバレあらすじ結末

フィッシュストーリーの紹介:2009年日本映画。伊坂幸太郎の短編小説を原作にした作品です。1970年代の売れないパンクバンドの曲を中心に、様々な登場人物が交錯し、やがて地球の滅亡をも救うという時空を超えた奇想天外な展開。劇中に登場するバンド「逆鱗」は出演者たちによって実際にCDアルバム「FISH STORY」を発表し、デビューをしました。
監督:中村義洋 出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、ほか

「ノルウェイの森」のネタバレあらすじ結末

ノルウェイの森の紹介:2010年日本映画。直子はかつての親友の死を乗り越えられずにいた。そんな直子をワタナベは支えたいと寄り添う。1987年発刊のベストセラーで村上春樹の代表作「ノルウェイの森」を映画化。亡くなった親友の恋人との関係を通して主人公の青年の愛と性、生と死を描く。
監督:トラン・アン・ユン 原作:村上春樹 出演:松山ケンイチ(ワタナベ)、菊地凛子(直子)、水原希子(緑)、高良健吾(キズキ)、霧島れいか(レイコ)、初音映莉子(ハツミ)、ほか

「武士の献立」のネタバレあらすじ結末

武士の献立の紹介:2013年日本映画。武士の献立は江戸時代を背景にした「包丁侍」にスポットを当てた日本映画です。「包丁侍」とは剣術ではなく、料理の腕で大名や将軍家を支える武士のことです。題名からして男性が主人公と想像しますが、その「包丁侍」を支える妻が主人公の物語です。主人公を演じるのは女優の上戸彩で、映画の主演が8年ぶりということで話題ともなりました。主人公は女性でありながら、大名や将軍家の胃袋を掴むすばらしい料理の腕を持っており、嫁いだ先の「包丁侍」として生きる夫のために料理の指南をします。この夫がいまいち「包丁侍」としての職務に身が入らず、彼女のことも最初のうちは冷たく当たります。あまりにも主人公の女性が献身的に尽くしているにも関わらず、それに応えようとしない夫にかなりの時間いらいらしてしまいますが、最終的には彼女の愛は報われるので、見終わると満足した気持ちになります。厳しい時代を生き抜かなければいけなかった人々の知恵と情熱を感じ取れることができます。
監督:朝原雄三  出演者: 上戸彩(舟木春)、高良健吾(舟木安信)、西田敏行(舟木伝内)、余貴美子(舟木満)、成海璃子(今井佐代)、柄本佑(今井定之進)、夏川結衣(真如院)、緒方直人(大槻伝蔵)、鹿賀丈史(前田直躬)ほか

「武士の献立(2013年)」のネタバレあらすじ結末

武士の献立の紹介:2013年日本映画。料理上手の腕を見込まれて加賀藩の包丁侍の家に嫁いだヒロインが、持ち前の料理の腕を発揮し、活躍する姿を描いた心温まる人情ドラマ。実在する加賀料理の指南書「料理無言抄」を題材にした作品です。
監督:朝原雄三 出演者:上戸彩(舟木春)、高良健吾(舟木安信)、余貴美子(舟木満)、成海璃子(今井佐代)、柄本佑(今井定之進)、夏川結衣(お貞の方~真如院)、緒形直人(大槻伝蔵)、鹿賀丈史(前田土佐守直躬)、西田敏行(舟木伝内)、ほか

「シンゴジラ」のネタバレあらすじ結末

シンゴジラの紹介:2016年日本映画。シンゴジラは日本版ゴジラとしては12年ぶりの映画化作品で、ゴジラシリーズ第29作目。ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。目的も正体も分からないその生物ゴジラに翻弄される日本。そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つける。しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていた。
監督:庵野秀明(総監督) 樋口真嗣(監督・特技監督) 出演:矢口蘭堂(長谷川博己) 赤坂秀樹(竹野内豊) カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ) 大河内清次(大杉漣) 東竜太(柄本明) 志村祐介(高良健吾)ほか

「苦役列車」のネタバレあらすじ結末

苦役列車(くえきれっしゃ)の紹介:2012年日本映画。「友ナシ、金ナシ、女ナシ。この愛すべきろくでナシ」人生の最底辺を、ぶっきらぼうに這いつくばりながら生き抜く、芥川賞受賞の西村賢太の同名私小説を映画化!
監督:山下敦弘 出演:森山未來(北町貴多)、高良健吾(日下部正二)、前田敦子(桜井康子)、マキタスポーツ(高橋岩男)、田口トモロヲ(古本屋の店長)、ほか

1 2
TOP↑