リーアム・ニーソン映画一覧

リーアム・ニーソンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「誘拐の掟」のネタバレあらすじ結末

誘拐の掟の紹介:2014年アメリカ映画。だらしない風貌だが刑事のマットは酒に溺れ、重大な判断ミスをしてしまい辞職する。酒を断ち、探偵の真似事をする彼に、断酒会で出会った男が仕事を頼んでくる。その仕事は妻を誘拐され惨殺されたその男の弟が犯人を捜して欲しいという依頼だった。彼はその依頼を通し、過去の罪を継ぐない、自分の新たな一歩を踏み出す為に奔走する。リーアム・ニーソン主演の重厚なクライムスリラー映画。
監督:スコット・フランク 出演者:リーアム・ニーソン(マット・スカダー)、ダン・スティーヴンス(ケニー・クリスト)、デヴィッド・ハーバー(レイ)、アストロ(TJ)、ダニエル・ローズ・ラッセル(ルシア)、ほか

「K-19」のネタバレあらすじ結末

K-19の紹介:2002年アメリカ,イギリス,ドイツ映画。冷戦時代の1961年にソ連の原子力潜水艦「K-19」が北海のグリーンランド付近で実際に起こした事故を映画化したドラマです。
監督:キャスリン・ビグロー 出演者:ハリソン・フォード(アレクセイ・ボストリコフ)、リーアム・ニーソン(ミハイル・ポレーニン)、ピーター・サースガード(ヴァディム・ラドチェンコ)、クリスチャン・カマルゴ(パベル・ロクテフ)、ジョージ・アントン(コンスタンティン・ポリアンスキー)ほか

「容疑者 (1987年)」のネタバレあらすじ結末

容疑者の紹介:1987年アメリカ映画。ワシントンで発生した殺人事件の真相を巡り、容疑者とされた障害を持つホームレスを救おうとする女性弁護士と、彼女を献身的に支える陪審員の愛と闘いの日々を描いた法廷サスペンスです。
監督:ピーター・イエーツ 出演者:シェール(キャスリン・ライリー)、デニス・クエイド(エディ・サンガー)、リーアム・ニーソン(カール・ウェイン・アンダーソン)、ジョン・マホーニー(マメシュー・ヘルムズ判事)、ジョー・マンテーニャ(チャーリー・ステラ検事)ほか

「ホーンティング」のネタバレあらすじ結末

ホーンティングの紹介:1999年アメリカ映画。シャーリー・ジャクソンのホラー小説「山荘奇談」の2度目のリメイク版。初めて映画化されたのは1963年で「たたり」というタイトルであった。
監督:ヤン・デホン 出演者: リリ・テイラー(エレノア、愛称、ネル)、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ(セオ)、オーウェン・ウィルソン(ルーク)、リーアム・ニーソン(マロー博士)

「判決前夜 ビフォア・アンド・アフター」のネタバレあらすじ結末

判決前夜/ビフォア・アンド・アフターの紹介:1995年アメリカ映画。殺人の容疑をかけられた少年の家族が、これまでの平穏な生活から一変して真実と彼の保身の狭間で葛藤し、再び家族の絆を取り戻すまでを描く。
監督:バーベット・シュローダー 出演:メリル・ストリープ(キャロリン)、リーアム・ニーソン(ベン)、エドワード・ファーロング(ジェイコブ)、アルフレッド・モリナ(パノス)

「ガンシャイ」のネタバレあらすじ結末

ガンシャイの紹介:2000年アメリカ映画。トラウマを抱えながらおとり捜査を続ける麻薬取締局の伝説的捜査官。死の恐怖に怯えながらも恋人やセラピー仲間の助けで切り抜けるまでを描いたコメディ。サンドラ・ブロックが製作・主演を兼ねる。
監督:エリック・ブレイクニー 出演:サンドラ・ブロック、リーアム・ニーソン、オリヴァー・プラット、ホセ・ズニーガ、リチャード・シフ、マイケル・デロレンツォ、ポール・ベン=ヴィクター、メアリー・マコーマック、ほか

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

特攻野郎Aチーム THE MOVIEの紹介:2010年アメリカ映画。米軍特殊部隊ハンニバル率いるAチームは特殊任務に就かせたら最強。抜群の知能と行動力を買われ、偽装紙幣の原版をイラクのフセイン政権残党から奪取することになる。無事に原版を回収したものの、パイクなる私兵の裏切りで原版は強奪され、将軍殺害の汚名を着せられる。チームの汚名を返上するため、ハンニバルはCIAの手を借り脱獄。チームメンバーのフェイス、B.A.、マードックとともにパイクの元へ向かう。
監督:ジョー・カーナハン 出演:リーアム・ニーソン(ハンニバル(ジョン・スミス大佐))、ブラッドリー・クーパー(フェイス(テンプルトン・ペック))、クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン(B.A.(B・A・バラカス))、ジェシカ・ビール(ソーサ)、ほか

「クロエ」のネタバレあらすじ結末

クロエの紹介:2009年アメリカ,カナダ,フランス映画。夫の不倫を疑う妻が、その確証を得るために娼婦クロエに夫を誘惑するよう依頼したことで家庭崩壊へと追い詰つめられていく。フランス映画「恍惚」をリメイクした官能サスペンス。
監督:アトム・エゴヤン 出演:ジュリアン・ムーア(キャサリン・スチュアート)、リーアム・ニーソン(デビッド・スチュアート)、アマンダ・セイフライド(クロエ)、マックス・シエリオット(マイケル・スチュアート)、ほか

「シンドラーのリスト」のネタバレあらすじ結末

シンドラーのリストの紹介:1993年アメリカ映画。スピルバーグ監督初のモノクロ作品で、ホロコーストの実態を詳細に描き、批評家から絶賛を浴びた。アカデミー賞では、作品、監督、脚色、撮影など7部門で受賞。長年オスカーと縁のなかったスピルバーグにとって記念すべき初の受賞となった。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:リーアム・ニーソン(オスカー・シンドラー)、ベン・キングズレー(イザック・シュターン)、レイフ・ファインズ(アーモン・ゲート )、キャロライン・グッドール(エミリエ・シンドラー)ほか

「沈黙 -サイレンス-」のネタバレあらすじ結末

沈黙 -サイレンス-の紹介:2017年アメリカ映画。遠藤周作の小説「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督が映画化。キリシタン弾圧の中で棄教したとされる師、フェレイラを捜すために、同僚のガルぺと共に日本に密航した宣教師ロドリゴ。彼の前に繰り広げられるおぞましいキリシタン迫害。しかし、神は「沈黙」を続けるままである。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:アンドリュー・ガーフィールド(ロドリゴ神父)、アダム・ドライヴァー(ガルペ神父)、浅野忠信(通辞)、窪塚洋介(キチジロー)、リーアム・ニーソン(フェレイラ神父)、イッセー尾形(井上筑後守)ほか

「夫たち、妻たち」のネタバレあらすじ結末

夫たち、妻たちの紹介:1992年アメリカ映画。2組の夫婦の関係を皮肉な目で描いたコメディ・ドラマ。この映画の公開間際にアレンの浮気が発覚、おかげで1982年の「サマー・ナイト」以来続いてきたミア・ファローとのコンビ関係はこれで終わりとなった。
監督:ウディ・アレン 出演:ウディ・アレン(ゲイブ)、ミア・ファロー(ジュディ)、ジュディ・デイヴィス、ジュリエット・ルイス、リーアム・ニーソン、ほか

「ダーティハリー5」のネタバレあらすじ結末

ダーティハリー5の紹介:1988年アメリカ映画。サンフランシスコの刑事ハリー・キャラハン(クリント・イーストウッド)を主人公にしたアクション映画『ダーティハリー』シリーズの第5作目で最後の作品。前作から5年、ハリーは愛用の44マグナム・S&W-M29を手にし、死亡予想ゲーム「デッド・プール」に則り展開される連続殺人事件の解決に挑戦します。
監督:バディ・ヴァン・ホーン 出演:クリント・イーストウッド(ハリー・キャラハン)、パトリシア・クラークソン(サマンサ・ウォーカー)、エヴァン・C・キム(アル・クアン)、リーアム・ニーソン(ピーター・スワン)、デヴィッド・ハント(ハーラン・ルーク)、ジム・キャリー(ジョニー・スクエアーズ)、ほか

「フライト・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

フライト・ゲームの紹介:2014年アメリカ,フランス映画。家庭の問題から酒に溺れるビルの仕事は航空保安官である。人生に苛立ちながらも彼は任務の為に飛行機に搭乗するが、彼の携帯電話に奇妙なメッセージが届く。ハイジャックとも取れるそのメッセージを探る内にビルはハイジャック犯に仕立て上げられ、飛行機は未曾有の危機と混乱に襲われる。飛行機という密室でショートメッセージが不気味に不安を掻き立てるサスペンス映画。
監督:ジャウマ・コレット=セラ 出演者:ビル・マークス(リーアム・ニーソン)、ジェン・サマーズ(ジュリアン・ムーア)、ベッカ(クイン・マッコルガン)、ナンシー(ミシェル・ドッカリー)、マレニック(シェー・ウィガム)、ジャック・ハモンド(アンソン・マウント)、ザック・ホワイト(ネイト・パーカー)、トム・ボーウェン(スクート・マクネイリー)ほか

「ラブ・アクチュアリー」のネタバレあらすじ結末

ラブ・アクチュアリーの紹介:2003年アメリカ映画。クリスマスも近付くロンドンを舞台に19人の男女が織り成す九つの愛の物語。実力派俳優陣が、友情、家族愛、恋愛が複雑に絡み合った人間関係と溢れる愛を笑いと涙で演じ切る。
監督:リチャード・カーティス 出演:ヒュー・グラント(英国首相デヴィッド)、リーアム・ニーソン(ダニエル)、エマ・トンプソン(カレン)、アラン・リックマン(ハリー)、コリン・ファース(ジェイミー)、ほか

「ギャング・オブ・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

ギャング・オブ・ニューヨークの紹介:2002年アメリカ映画。1862年、南北戦争中のアメリカ。大量に流入する移民と、戦争でイギリスから独立を勝ち取ったスコットランド移民の確執が血生臭い闘争に発展する。ニューヨークですら忘れ去られた歴史を掘り起こす長編映画。名監督スコセッシがハーバート・アズベリーの『ギャング・オブ・ニューヨーク』から着想を得て、長い時間を掛けて脚本を書き上げ、ディカプリを主演にすえ製作した。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:アムステルダム・ヴァロン(レオナルド・ディカプリオ)、ジェニー・エヴァディーン(キャメロン・ディアス)、ビル・“ザ・ブッチャー”・カッティング(ダニエル・デイ=ルイス)、ヴァロン神父(リーアム・ニーソン)、ウォルター・“モンク”・マクギン(ジョン・C・ライリー)、ジョニー・シロッコ(ヘンリー・トーマス)ほか

1 2
TOP↑