前田敦子映画一覧

前田敦子が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「散歩する侵略者」のネタバレあらすじ結末

散歩する侵略者の紹介:2017年日本映画。黒沢清監督が、劇団イキウメの舞台を原作に侵略SFに取り組む。とある町で人知れず三体の侵略者が活動を始める。彼らは、人間の体を乗っ取り、別の人間からある概念を奪うことによって人間のもつ様々な概念を学んでいく。全く別人になってある日帰ってきた夫を松田龍平が、彼に困惑しながら夫婦の暮らしを作り直す妻を長澤まさみが、侵略者に独占取材するジャーナリストを長谷川博己がそれぞれ演じる。
監督:黒沢清 出演者:長澤まさみ(加瀬鳴海)、松田龍平(加瀬真治)、高杉真宙(天野)、恒松祐里(立花あきら)、前田敦子(明日美)、満島真之介(丸尾)、長谷川博己(桜井)、ほか

「伝染歌」のネタバレあらすじ結末

伝染歌の紹介:2007年日本映画。ヨーロッパに伝わる自殺ソングをテーマにした日本映画で、原作は秋元康で若きAKB48のメンバーが女子高校生役で出演しています。伝染する自殺ソングの恐怖を描いた都市伝説ホラーです。
監督:原田眞人 出演者:松田龍平(長瀬陸)、大島優子(夏野あんず)、秋元才如(松田朱里)、小嶋陽菜(キリコ)、前田敦子(高橋香奈)、堀部圭亮(望月薫)ほか

「エイトレンジャー2」のネタバレあらすじ結末

エイトレンジャー2の紹介:2014年日本映画。エイトレンジャーとダーククルセイドとの闘いから5年が経った2040年、大鶴市長が進める「ゼロ・プロジェクト」によって犯罪発生率は0%という記録を達成し、エイトレンジャー達は街の救世主として祭り上げられ、裕福な生活をするようになっていました。しかしその中には渋沢(レッド)の姿はなく、犯罪発生率0%の陰で行方不明事件が多発していました。前作「エイトレンジャー」の続編でヒロインは前田敦子さんが担当しています。
監督:堤幸彦 出演:渋谷すばる(渋沢薫・レッド)、横山裕(横峯誠・ブラック)、村上信五(村岡雄貴・ナス)、丸山隆平(丸之内正悟・オレンジ)、安田章大(安原俊・ブルー)、錦戸亮(錦野徹朗(イエロー)、大倉忠義(大川良介・グリーン)、前田敦子(西郷純)、ベッキー(鬼頭桃子)、ほか

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のネタバレあらすじ結末

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらの紹介:2011年日本映画。「もしドラ」の愛称で大ヒットとなった岩崎夏海の同名小説を映画化したもので、病に倒れた親友の代わりに万年弱小の野球部マネージャーになった女子高生が、ピーター・F・ドラッカーの書いたマネジメント本を手に部の改革を進めていく姿を描いた青春ドラマです。
監督:田中誠 出演者:前田敦子(川島みなみ)、瀬戸康史(浅野慶一郎)、峯岸みなみ(北条文乃)、池松壮亮(柏木次郎)、川口春奈(宮田夕紀)、大泉洋(加地誠)ほか

「もらとりあむタマ子」のネタバレあらすじ結末

もらとりあむタマ子の紹介:2013年日本映画。大学を卒業後、就職もせずに、実家でダラダラと過ごしている主人公の心の変化を綴ったヒューマン・ドラマ。自堕落な生活をしながらも、少しずつ変わろうとする主人公の姿を思わず応援してしまうような作品となっています。
監督:山下敦弘 出演者:前田敦子(坂井タマ子)、康すおん(坂井善次(父))、鈴木慶一(坂井啓介)、中村久美(坂井よし子)、富田靖子(曜子)、ほか

「あしたの私のつくり方」のネタバレあらすじ結末

あしたの私のつくり方の紹介:2007年日本映画。傷つきたくがないために偽りの自分を演じてしまう思春期の少女たちが、傷つき悩みながらも本当の自分を模索し、成長していく過程を描いた作品。真戸香の小説が原作となっています。
監督:市川準 出演:成海璃子(大島寿梨)、前田敦子(花田日南子)、高岡蒼甫(田村博之)、近藤芳正(古垣賢一)、奥貫薫(日南子の母)、ほか

「苦役列車」のネタバレあらすじ結末

苦役列車(くえきれっしゃ)の紹介:2012年日本映画。「友ナシ、金ナシ、女ナシ。この愛すべきろくでナシ」人生の最底辺を、ぶっきらぼうに這いつくばりながら生き抜く、芥川賞受賞の西村賢太の同名私小説を映画化!
監督:山下敦弘 出演:森山未來(北町貴多)、高良健吾(日下部正二)、前田敦子(桜井康子)、マキタスポーツ(高橋岩男)、田口トモロヲ(古本屋の店長)、ほか

「モヒカン故郷に帰る」のネタバレあらすじ結末

モヒカン故郷に帰るの紹介:2015年日本映画。バンド活動に行き詰った永吉は恋人との結婚報告のために故郷の島へ帰る。七年の不在を埋め合わせるべく始めたモヒカンの親孝行はうまく行くのか?
監督:沖田修一 出演者:松田龍平(田村永吉)、柄本明(田村治)、前田敦子(会沢由佳)、もたいまさこ(田村春子)、千葉雄大(田村浩二)ほか

「イニシエーション・ラブ」のネタバレあらすじ結末

イニシエーション・ラブの紹介:2015年日本映画。キャッチコピーは、『最後の5分、全てが覆る。あなたは必ず、2回観る。』その特性から実写化不可能と言われていた乾くるみの小説『イニシエーション・ラブ』が、映画化した。
監督:堤幸彦 出演者:松田翔太(鈴木)、前田敦子(成岡繭子(マユ))、木村文乃(石丸美弥子)、三浦貴大(海藤)、前野朋哉(梵ちゃん)ほか

「クロユリ団地(2013)」のネタバレあらすじ結末

クロユリ団地の紹介:2013年日本映画。幽霊が出ると噂のクロユリ団地に引っ越してきた女性。彼女の隣に住む老人が孤独死したことにより、恐怖に襲われることとなる。監督はハリウッドを席巻した「リング」シリーズの中田秀夫。
監督:中田秀夫 出演:二宮明日香(前田敦子)、笹原忍(成宮寛貴)、ミノル(田中奏生)、磯崎(高橋昌也)、二宮武彦(並樹史郎)、二宮佐智子(西田尚美)、二宮聡(佐藤瑠生亮)ほか

「さよなら歌舞伎町」のネタバレあらすじ結末

さよなら歌舞伎町の紹介:2014年日本映画。ラブホテルの店長である徹はプロミュージシャンを目指す彼女に一流ホテルで働いていると嘘をついている。そんな徹が働く歌舞伎町のラブホテルに集う5組の男女の人生が交錯する1日を描いた群像劇。
監督:廣木隆一 出演:染谷将太(高橋徹)、前田敦子(飯島沙耶)、イ・ウヌ(イ・ヘナ)、ロイ(アン・チョンス)、樋井明日香(高橋美優)ほか

「クロユリ団地」のネタバレあらすじ結末

クロユリ団地の紹介:2013年日本映画。『クロユリ団地』は「リング」「仄暗い水の底から」の中田秀夫監督。前田敦子、成宮寛貴の主演で老巧化した団地が舞台のホラー作品。13年前から謎の死が続いているクロユリ団地に知らずに引っ越してきた女性・明日香は、隣の部屋から響いてくる不気味な音に悩む。そして隣の部屋で孤独死した老人を発見してから周囲で恐ろしい出来事が続発するようになる。遺品整理にやってきた笹塚の助けを借りながら老人が伝えようとしていた事実を探っていく。
監督:中田秀夫 企画:秋元康 出演:前田敦子 成宮寛貴 勝村政信 西田尚美 田中奏生 高橋昌也 手塚理美

TOP↑