マリリン・モンロー映画一覧

マリリン・モンローが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ナイアガラ」のネタバレあらすじ結末

ナイアガラの紹介:1953年アメリカ映画。ちょっと遅れたハネムーンを楽しむはずだった若い夫婦。だが、宿泊先で出会った繊細な夫と不貞の妻のカップルのせいで、全く予期しなかった恐怖に突き落とされる。ナイアガラ瀑布と不貞の妻を演じるマリリン・モンローの二大スペクタクル付きのサスペンス映画。「モンロー・ウォーク」が披露された作品。
監督:ヘンリー・ハサウェイ 出演者:マリリン・モンロー(ローズ・ルーミス)、ジョセフ・コットン(ジョージ・ルーミス)、ジーン・ピータース(ポリー・カトラー)、ケイシー・アダムス(レイ・カトラー)

「アスファルト・ジャングル」のネタバレあらすじ結末

アスファルト・ジャングルの紹介:1950年アメリカ映画。ジョン・ヒューストン監督の傑作で、いわゆるフィルム・ノワールの代表作のひとつとされている。室内での銃の早撃ち場面が鮮烈。まだ脇役だったマリリン・モンローの演技が光っている。
監督:ジョン・ヒューストン 出演:スターリング・ヘイドン(ディックス)、ジーン・ヘイゲン(ドール)、ルイス・カルハーン(エメリッヒ)、サム・ジャッフェ(ドク)、マリリン・モンロー(アンジェラ)

「お熱いのがお好き」のネタバレあらすじ結末

お熱いのがお好きの紹介:1959年アメリカ映画。ビリー・ワイルダー・コメディの代表作で、多くの映画に影響を与えた。ゲイのキャラクターを取りあげたことでも先駆的な作品とされている。映画の最後のセリフは古典的な名文句となった。
監督:ビリー・ワイルダー 出演:マリリン・モンロー(シュガー)、トニー・カーティス(ジョー)、ジャック・レモン(ジェリー)、ジョージ・ラフト(スパッツ・コロンボ)

「イヴの総て」のネタバレあらすじ結末

イヴの総ての紹介:1950年アメリカ映画。ジョセフ・L・マンキーウィッツ監督が演劇界の裏側を暴露した名作。監督自身が手がけた脚本は「映画史上最も優れたシナリオ」と呼ばれることも多い。アカデミー賞では、作品、監督、脚本、助演男優、衣裳デザイン賞(白黒)、録音の各部門を制覇した。
監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ 出演:ベティ・デイヴィス(マーゴ・チャニング)、アン・バクスター(イヴ・ハリントン)、ジョージ・サンダース、ゲイリー・メリル、マリリン・モンロー、ほか

TOP↑