マーティン・スコセッシ監督映画一覧

マーティン・スコセッシ監督のネタバレあらすじ一覧です。マーティン・スコセッシ監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、マーティン・スコセッシ監督作品の一覧です。

「シャーク・テイル」のネタバレあらすじ結末

シャーク・テイルの紹介:2004年アメリカ映画。会社に多額の借金があるオスカーはアンジーから大きな真珠をもらい一攫千金を狙い馬券にしてしまう。賭けに負けクラゲに捕まるオスカー。そこで優しいベジタリアンのサメレニーと出会う。逃げろと言うが兄弟サメのフランキーに襲われるがフランキーが事故に遭い亡くなってしまう。オスカーは自分がサメを倒したと嘘をつきスターになるのだったが…。
声優:ウィル・スミス(オスカー)、ジャック・ブラック(レニー)、ロバート・デ・ニーロ(ドン・リノ)、レネー・ゼルウィガー(アンジー)、アンジェリーナ・ジョリー(ローラ)、マーティン・スコセッシ(サイクス)、ジギー・マーリー(アーニー)、ダグ・E・ダグ(バーニー)、ほか

「カジノ」のネタバレあらすじ結末

カジノの紹介:1995年アメリカ映画。ニコラス・ピレッジのノンフィクション小説を基に、1970年代から80年代にかけてマフィアが支配していた頃のラスベガスを、ある一人の天才ギャンブラーの視点から描いた作品です。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:ロバート・デ・ニーロ(サム・“エース”・ロススティーン)、シャロン・ストーン(ジンジャー・マッケンナ)、ジョー・ペシ(ニコラス・“ニッキー”・サントロ)、ジェームズ・ウッズ(レスター・ダイアモンド)、ドン・リックルズ(ビリー・シャーバー)ほか

「夢」のネタバレあらすじ結末

の紹介:1990年日本,アメリカ映画。黒澤明監督が実際に見たという夢を元にした幻想的な作品。幼い男の子が狐の嫁入りを目撃する「日照り雨」、桃の木の化身達が美しく舞う「桃畑」など、8編のオムニバス形式をとっている。また、監督自身の人生を表現した作品とも言われる。
監督:黒澤明 出演者:寺尾聰(「雪あらし」以降の私)、倍賞美津子(私の母)、原田美枝子(雪女)、いかりや長介(鬼)、マーティン・スコセッシ(ゴッホ)ほか

「キング・オブ・コメディ」のネタバレあらすじ結末

キング・オブ・コメディの紹介:1983年アメリカ映画。妄想と現実の区別がつかないルパート。最後のシーンは観た人の感じ方で物語のラストが変わると思います。ストーカーが起こす強烈な出来事ひとつひとつがインパクトを与える衝撃的な作品です。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ルパート・パプキン)、ジェリー・ルイス(ジェリー・ラングフォード)、ダイアン・アボット(リタ)、サンドラ・バーンハード(マーシャ)、マーティン・スコセッシ(TVディレクター)

「アフター・アワーズ」のネタバレあらすじ結末

アフター・アワーズの紹介:1985年アメリカ映画。平凡な会社員の青年が、謎の美女と知り合ったのをきっかけに迷い込んだ真夜中の不思議な町。そこで出会う奇妙な人々。そして、次々と起こる不可解な出来事。なんとかして家に帰ろうともがく青年の、悪夢のような一夜を描く。巨匠マーティン・スコセッシ監督作品。カンヌ国際映画祭・監督賞に輝いた、ブラック・ユーモア冴えわたるサスペンス・コメディ。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:グリフィン・ダン(ポール)、ロザンナ・アークェット(マーシー)、テリー・ガ―(ジュリー)、ヴァ―ナ・ブルーム(ジューン)、ジョン・ハード(トム)、リンダ・フィオレンティーノ(キキ)、ヴィクター・アルゴ(ダイナー店主)ほか

「ヒューゴの不思議な発明」のネタバレあらすじ結末

ヒューゴの不思議な発明の紹介:2011年アメリカ映画。パリ、モンパルナス駅に住み、父の形見である自動人形を修理する孤児ヒューゴ。彼は、玩具屋を営む老人ジュルジュと知り合う。そのジュルジュと自動人形は、彼が葬り去った過去と深い繋がりがあった。人形が二人を縁で結び、人生を再生させるハートフルドラマ映画。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)、ジュルジュ(ベン・クングズレー)、イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)、ジャンヌ(ヘレン・マックロリー)、ヒューゴの父(ジュード・ロゥ)ほか

「沈黙 -サイレンス-」のネタバレあらすじ結末

沈黙 -サイレンス-の紹介:2017年アメリカ映画。遠藤周作の小説「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督が映画化。キリシタン弾圧の中で棄教したとされる師、フェレイラを捜すために、同僚のガルぺと共に日本に密航した宣教師ロドリゴ。彼の前に繰り広げられるおぞましいキリシタン迫害。しかし、神は「沈黙」を続けるままである。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:アンドリュー・ガーフィールド(ロドリゴ神父)、アダム・ドライヴァー(ガルペ神父)、浅野忠信(通辞)、窪塚洋介(キチジロー)、リーアム・ニーソン(フェレイラ神父)、イッセー尾形(井上筑後守)ほか

「グッドフェローズ」のネタバレあらすじ結末

グッドフェローズの紹介:1990年アメリカ映画。ギャング映画の傑作。マーティン・スコセッシ監督としては「レイジング・ブル」以来の実話もので、久しぶりに力のこもった作品となり、批評家の絶賛を浴びた。トミーを演じたジョー・ペシがアカデミー助演男優賞を受賞。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レイ・リオッタ(ヘンリー・ヒル)、ロバート・デ・ニーロ(ジェームズ・“ジミー”・コンウェイ)、ジョー・ペシ、ロレイン・ブラッコ、ポール・ソルヴィノ、ほか

「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のネタバレあらすじ結末

エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事の紹介:1993年アメリカ映画。1921年ピュリッツァー賞を受賞したE・ウォートンの同名小説を巨匠M・スコセッシが映画化。19世紀末のニューヨーク社交界。厳格で閉鎖的な社交界という空間の中で、婚約者がいる青年と離婚寸前の伯爵夫人が背徳の恋に落ちていきます。悩み葛藤する純粋すぎる2人の愛は、社交界の掟に飲み込まれていきます。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:ダニエル・デイ=ルイス(ニューランド・アーチャー)、ミシェル・ファイファー(エレン・オレンスカ)、ウィノナ・ライダー(メイ・ウェランド)、ジェラルディン・チャップリン(ミセス・ウェランド)、マイケル・ガフ(ヘンリー・ヴァン・デル・ライデン)ほか

「ケープ・フィアー」のネタバレあらすじ結末

ケープ・フィアーの紹介:1991年アメリカ映画。1962年の「恐怖の岬」をリメイクしたサイコスリラー。監督のスコセッシは、怪奇映画のベテラン監督でもあるフレディ・フランシスを撮影監督に迎え、色々と演出上のアドバイスを求めたという。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:ロバート・デ・ニーロ(マックス)、ニック・ノルティ(サム)、ジェシカ・ラング(レイ)、ジュリエット・ルイス(ダニエル)、ほか

「ミーン・ストリート」のネタバレあらすじ結末

ミーン・ストリートの紹介:1973年アメリカ映画。スコセッシ監督の長編第3作。乏しい予算で製作された自主映画同様の作品ながら批評家からの絶賛を浴び、スコセッシは一躍新進監督として注目を集めた。脚本を書いたマーディック・マーティンは後の「レイジング・ブル」でもスコセッシに協力する。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:ロバート・デ・ニーロ(ジョニー・ボーイ)、ハーヴェイ・カイテル(チャーリー)、エイミー・ロビンソン(テレサ)、ほか

「アリスの恋」のネタバレあらすじ結末

アリスの恋の紹介:1974年アメリカ映画。「ミーン・ストリート」で一躍若手監督として認められたスコセッシ監督が、エレン・バースティンからの依頼で演出した女性映画。スコセッシとしては珍しい題材だが、優れた指導力で生き生きとした演技を引き出し、バースティンはアカデミー賞主演女優賞を獲得。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:エレン・バースティン(アリス・ハイアット)、クリス・クリストファーソン(デヴィッド)、ビリー・グリーン・ブッシュ(ドナルド)、ジョディ・フォスター(オードリー)、ほか

「タクシードライバー」のネタバレあらすじ結末

タクシードライバーの紹介:1976年アメリカ映画。当時、新進気鋭のスコセッシ監督がポール・シュレイダーのオリジナル脚本を得て、ニューヨークに生きる孤独な青年が狂気じみた犯罪へと駆られてゆく姿を描いた傑作。カンヌ映画祭でパルムドールを受賞。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:ロバート・デ・ニーロ(トラヴィス・ビックル)、シビル・シェパード(ベッツィー)、ピーター・ボイル(ウィザード)、ジョディ・フォスター(アイリス)、ほか

「レイジング・ブル」のネタバレあらすじ結末

レイジング・ブルの紹介:1980年アメリカ映画。マーティン・スコセッシ監督の代表作のひとつ。自らの暴力を抑えることの出来ないボクサーの半生を徹底したリアリズムで描く。メーキャップに頼らず、体重を増やして役柄になりきったロバート・デ・ニーロがアカデミー賞を獲得。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:ロバート・デ・ニーロ(ジェイク・ラモッタ)、キャシー・モリアーティ(ビッキー・ラモッタ)、ジョー・ペシ(ジョーイ・ラモッタ)、ほか

「シャッターアイランド」のネタバレあらすじ結末

シャッターアイランドの紹介:2009年アメリカ映画。連邦保安官のテディは精神病院で囚人が脱獄したため、調査するためにシャッターアイランドへ乗り込む。テディは次第に病院で陰謀が企てられた可能性に気付くが…。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ(テディ・ダニエルズ)、マーク・ラファロ(チャック・オール)、ベン・キングズレー(ジョン・コーリー医師)、ミシェル・ウィリアムズ(ドロレス・シャナル)、エミリー・モーティマー(レイチェル・ソランド)、マックス・フォン・シドー(ジェレマイアー・ネーリング医師)、ほか

1 2
TOP↑