松本潤映画一覧

松本潤が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ナラタージュ」のネタバレあらすじ結末

ナラタージュの紹介:2017年日本映画。島本理生の同名恋愛小説を嵐の松本潤と有村架純のダブル主演で映画化したラブストーリーです。高校教師とかつての教え子との禁断の愛を、教え子の回想という形で描いています。
監督:行定勲 出演者:松本潤(葉山貴司)、有村架純(工藤泉)、坂口健太郎(小野玲二)、市川実日子(葉山美雪)、瀬戸康史(宮沢慶太)ほか

「最後の約束(2009年)」のネタバレあらすじ結末

最後の約束の紹介:2009年日本。嵐の5人が出演する作品。5人が一つの目的を持ってそれぞれの役目を果たし、最後の約束が果たされるよう見届けます。時限爆弾が仕掛けられているというビルの中で、ドキドキしながら、そして嵐の5人を楽しみながら見れる作品です。
出演:大野智(益子 悟)、櫻井翔(富澤友紀夫)、相葉雅紀(棚田 昭)、二宮和也(山際修司)、松本潤(後藤 望)、ほか

「陽だまりの彼女」のネタバレあらすじ結末

陽だまりの彼女の紹介:2013年日本映画。人気小説「陽だまりの彼女」を原作とした映画です。嵐の松本潤と女優の上野樹理が温かい映像美とともに好演しています。結末が驚くものなので、その結末までの過程が無理のないように自然に描かれています。特に前半の二人の恋模様がCDのプロモーション画像のようにとてもきれいなものなので、後半の衝撃的な動きのある展開に涙してしまいます。しかし結末は希望をもたせ、人の縁に終わりがないことに気付かされ少し安心したような気持ちになります。
監督:三木孝浩 出演:松本潤(奥田浩介)、上野樹理(渡来真緒)、新藤春樹(玉山鉄二)、老女(夏木マリ)、谷村美月(峰岸ゆり)、塩見三省(渡来幸三)ほか

「僕は妹に恋をする」のネタバレあらすじ結末

僕は妹に恋をするの紹介:2006年日本映画。人気漫画である「僕は妹に恋をする」を原作とした映画です。嵐の松本潤の初主演映画として話題になりました。主人公である青年が妹に恋をしてしまうというタブーに踏み込んだ内容の作品です。そのことにより周囲を巻き込んで起こるトラブルや複雑な関係を描いています。主に映画を見た人たちは嵐の松本潤のファンである人が多かったと思われますが、詩的な映像美を好む人や青年期の感情の揺れ動きを感じ取りたい人にもおすすめの映画です。
監督:安藤尋 出演:松本潤(結城 頼)、榮倉奈々(結城 郁)、平岡祐太(矢野 立芳)、小松彩夏(楠 友華)、浅野ゆう子(結城 咲)ほか

「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY」のネタバレあらすじ結末

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPYの紹介:2004年日本映画。前作「ピカンチ☆ LIFE IS HARDだけどHAPPY 」の続編映画です。前作から3年の月日が経っている設定です。前作では「大人になる」のを拒んでいた5人ですが、時の流れに流されて自分たちが嫌っていた大人への扉を開けてしまった状態の5人を描いています。作風は前回と同様におもしろくせつなく、5人の成長を描いています。この作品は大野智が演じる春彦の出番が多く彼を中心に物語が進みます。逆に他のドラマ出演で忙しかった松本潤の出演時間は短いものとなっています。それでも5人のゆるぎない友情は違和感なく感じることができる作品です。
監督:堤 幸彦 出演:相葉雅紀(岡野瞬)、松本潤(二葉廉太郎)、二宮和也(恩田琢磨)、大野智(貴田春彦)、櫻井翔(鴨川忠)、井ノ原快彦(鴨川かもめ)ほか

「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」のネタバレあらすじ結末

ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPYの紹介:2002年日本映画。人気アイドル嵐がまだブレイクする前の5人揃って出演している映画です。先輩であるV6の井ノ原さんが自身の青春時代を描いた作品です。品川区の巨大マンモス団地である八潮団地に暮らす5人の友情と青春を描いています。5人が全く性格も境遇も違う団地に住む青年を好演しています。
監督:堤 幸彦 出演:相葉雅紀(岡野瞬)、松本潤(二葉廉太郎)、二宮和也(恩田琢磨)、大野智(貴田春彦)、櫻井翔(鴨川忠)、井ノ原快彦(鴨川かもめ)ほか

「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」のネタバレあらすじ結末

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESSの紹介:2008年日本映画。かの有名な「隠し砦の三悪人」を元に制作されていますが、ストーリーはオリジナルで別の作品として認識して見た方が良い作品です。主人公に嵐の松本潤を起用し、現代的で分かりやすくアレンジされています。「隠し砦の三悪人」をオマージュしている人にとっては少々もの足りない作品となったと評価されていますが、気楽に見れる娯楽作品としては適した映画とも言えます。全体的に自由でのびのびと制作されており、若い層には見やすい内容となっています。
監督:樋口真嗣 出演:松本潤(武蔵)、長澤まさみ(雪姫)、阿部寛(真壁六郎太)、椎名桔平(鷹山刑部)、宮川大輔(新八)、高嶋政宏(本庄久之進)、國村隼(長倉和泉)ほか

「黄色い涙」のネタバレあらすじ結末

黄色い涙の紹介:2007年日本映画。人気アイドルグループ嵐が主演を務めた映画。嵐の5人が1960年代の夢を追いかける若者たちを演じています。「夢を叶える人」と「夢を叶えられなかった人」の違いがシビアに描かれています。シビアに描かれているものの、昭和の色濃い風情や友情をやさしく温かく表現をしています。嵐が主演ですが、村丘栄介を演じた二宮和也を中心に話しは進んでいきます。テレビドラマでは1974年に放映されているので、それを監督がオマージュして作り上げていますので、アイドルが主演ですが大変芸術性の高い映画になっています。
監督:犬童一心 出演:二宮和也(村岡栄介)、相葉雅紀(井上章一)、大野智(下川圭)、櫻井翔(向井竜三)、松本潤(勝間田祐二)、香椎由宇(時江)ほか

「花より男子ファイナル」のネタバレあらすじ結末

花より男子ファイナルの紹介:2008年日本映画。TBSの大ヒットドラマ「花より男子」の完結編である映画です。見事結ばれたヒロインのつくしと道明寺司ですが、結婚式を前に様々なトラブルに見舞われます。ラブコメディでありながら、アクションも見所癌あります。様々な困難を乗り越えて、二人は無事に結婚できるのかが描かれています。
監督:石井康晴 出演:井上真央(牧野つくし)、松本潤(道明寺司)、松田翔太(西門総二郎)、阿部力(美作あきら)、加賀まりこ(道明寺)、AKIRA(謎の男)ほか

「東京タワー」のネタバレあらすじ結末

東京タワーの紹介:2004年日本映画。原作は江國香織の恋愛小説です。禁断の恋模様を2つのカップルに焦点を当てて描いています。美しく愛に溺れるカップルと日常の憂いと欲望から始まったカップルを対照的に描いています。映像の美しさもこだわっており、大人の女性がじっくり見るような作品となっています。
監督:源 孝志 出演:黒木瞳(浅野詩史)、岡田准一(小島徹)、松本潤(大原耕二)、寺島しのぶ(川野喜美子)、余貴美子(小島陽子)ほか

TOP↑