宮沢りえ映画一覧

宮沢りえが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「阿修羅城の瞳」のネタバレあらすじ結末

阿修羅城の瞳の紹介:2005年日本映画。原作・劇団☆新感線の“中島かずき”、演出・“いのうえひでのり”で「いのうえ歌舞伎」と呼ばれるシリーズの演目名で、正式名称『阿修羅城の瞳 BLOOD GETS IN YOUR EYES』という舞台劇を映画化したものです。キャッチコピーは「宿命の恋が、最強の敵か」で、SFXを駆使して描いた絢爛豪華な映像美の中で、“鬼”と“鬼殺し”との悲恋と壮烈な戦いを描いたファンタジー・アクション・ホラー映画です。
監督:滝田洋二郎 出演:市川染五郎(病葉出門)、宮沢りえ(つばき)、大倉孝二(俵蔵)、皆川猿時(滝次)、二反田雅澄(奥田庄兵衛)、桑原和生(伊藤喜四郎)、内藤剛志(国成延行)、渡部篤郎(安倍邪空)、ほか

「うつつ」のネタバレあらすじ結末

うつつの紹介:2001年日本映画。突然見知らぬ女性にあなたの奥さんは私の夫と不倫をしていると言われた隆一は、その女の魅力に魅かれどんどん罠にはまってゆくというサスペンス映画です。
監督:当摩寿史 出演:佐藤浩市(池島隆一)、大塚寧々(池島公美子)、小島聖(斉藤陽一郎)、宮沢りえ(小原幾子)、大杉漣(長田勤)、ほか

「オリヲン座からの招待状」のネタバレあらすじ結末

オリヲン座からの招待状の紹介:2007年日本映画。浅田次郎の短編小説を映画化したもので、昭和30年代と現代の京都を舞台に、時代に翻弄されながらも映画館「オリヲン座」を守ろうとした男女の姿を、常連だった少年少女のエピソードも交えて描いた作品です。
監督:三枝健起 出演者:宮沢りえ(豊田トヨ)、加瀬亮(仙波留吉)、宇崎竜童(豊田松蔵)、田口トモロヲ(三好祐次)、樋口可南子(三好良枝)ほか

「魔女の宅急便(実写版)」のネタバレあらすじ結末

魔女の宅急便(実写版)の紹介:2014年日本映画。魔女として生きることを決めたキキは13歳の満月の夜、両親の元を離れ故郷を旅立った。辿り着いたある港街は自然も美しくたくさんの人で賑わっている。キキは相棒の黒猫ジジと共にこの街での生活を決めることにした。そこで出会った一人の女性おソノに住む場所を紹介してもらいキキは空飛ぶ「宅急便」を始めることにする。しかし上手くは事は運ばなかった。角野栄子原作「魔女の宅急便」を実写映画化。監督はホラー映画「呪怨」などを製作した清水崇。
監督:清水崇 出演:キキ(小芝風花) とんぼ(広田亮平) ジジ(寿美菜子)  おソノ(尾野真千子) フクオ(山本浩司) すみれ(吉田羊) ナヅル(新井浩文) タカミ・カラ(YURI) ラジオDJ(LiLiCo) イシ先生(浅野忠信) オキノ(筒井道隆) コキリ(宮沢りえ) 

「トイレのピエタ」のネタバレあらすじ結末

トイレのピエタの紹介:2015年日本映画。手塚治虫が死の間際に遺した原案メモを元に映画化した作品で、野田洋次郎(RADWIMPS)の俳優デビュー作にして初主演作です。余命わずかなフリーターと女子高生の純粋で切実なラブストーリーです。
監督:松永大司 出演者:野田洋次郎(園田宏)、杉咲花(宮田真衣)、リリー・フランキー(横田亨)、大竹しのぶ(園田智恵)、宮沢りえ(橋本敬子)ほか

「湯を沸かすほどの熱い愛」のネタバレあらすじ結末

湯を沸かすほどの熱い愛の紹介:2016年日本映画。銭湯「幸の湯」を営む幸野双葉は夫が蒸発し、1人娘の安澄を育てながらパートで働く主婦です。しかしある日、体調不良で仕事中倒れてしまい、病院で診察を受けるとステージ4の末期がんであることがわかり、余命2ヶ月という宣告をされてしまいます。治療の施しようもない中、双葉はやっておくべきことをやると決めて動き出します。主演は宮沢りえさんで、娘役が杉咲花さんです。杉咲さんはこの映画で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞しています。
監督:中野量太 出演:宮沢りえ(幸野双葉)、杉咲花(幸野安澄)、篠原ゆき子(酒巻君江)、駿河太郎(滝本)、伊東蒼(片瀬鮎子)、松坂桃李(向井拓海)、オダギリジョー(幸野一浩)、ほか

「謎解きはディナーのあとで」のネタバレあらすじ結末

映画 謎解きはディナーのあとでの紹介:2013年日本映画。東川篤哉原作の小説『謎解きはディナーのあとで』を元にしたテレビドラマシリーズの映画版です。ドラマの続編という形になっていますが、テレビドラマ版「謎解きはディナーのあとで」を見てない人でも楽しめる内容になっています。シンガポールでロケが行われましたが、主に舞台は豪華客船の中でストーリが展開されています。驚くような話しの展開はありませんが、カンの良い人には分かってしまいますが、最後に少しびっくりするようなことがあります。嵐の櫻井翔と北川景子が笑えるポイントを含ませながら好演しています。あまり考えずにエンターテイメントとして楽しめる映画となっています。
監督:土方政人 出演:櫻井翔(影山)、北川景子(宝生麗子)、椎名桔平(風祭京一郎)、中村雅俊(藤堂卓也)、桜庭ななみ(藤堂凛子)、要潤(石川天明)ほか

「たそがれ清兵衛」のネタバレあらすじ結末

たそがれ清兵衛の紹介:2002年日本映画。幕末の庄内地方海坂藩の井口清兵衛は妻に先だたれ、老母の世話と二人の娘の養育養と借金返済の為、質素な生活をしていた。自分の身形を気遣うことなく、いつしかたそがれ清兵衛とあだ名されていた。そんな清兵衛に藩命に逆らった者への常位打ちが命じられる・・人情剣客時代劇です。
監督:山田洋次 出演:真田広之(井口清兵衛)、宮沢りえ(飯沼朋江)、小林稔侍(久坂長兵衛)、大杉漣(甲田豊太)、岸惠子(晩年の以登)他

「紙の月」のネタバレあらすじ結末

紙の月の紹介:2014年日本映画。乾いた日常を送っていたある契約銀行員のずれた欲望によってやらかしてしまう嘘や詐欺を描いた作品。直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化した紙の月。第27回東京国際映画祭コンペティション部門などで受賞。
監督:吉田大八 出演:宮沢りえ(梅澤梨花)、池松壮亮(平林光太)、大島優子(相川恵子)、小林聡美(隅より子)、田辺誠一(梅澤正文)、近藤芳正(井上佑司)ほか

「ぼくらの七日間戦争」のネタバレあらすじ結末

ぼくらの七日間戦争の紹介:1988年日本映画。本作は1988年公開の原作 宗田理、監督 菅原比呂志が贈る、宮沢りえ初主演、感動の一大エンターテイメント。管理教育に反発した中学生たちが、インチキな大人たちに宣戦布告!します。主題歌はTM NETWORKが飾る『SEVEN DAYS WAR』。
監督:菅原比呂志 出演:宮沢りえ(中山ひとみ)、五十嵐美穂(橋口純子)、安孫子里香(堀場久美子)、工藤正貴(相原徹)、菊池健一郎(菊地英治)、佐野史郎、三宅裕司ほか

TOP↑