中村獅童映画一覧

中村獅童が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ICHI」のネタバレあらすじ結末

ICHIの紹介:2008年日本映画。綾瀬はるかさんが女版座頭市として、盲目の女剣士を演じる時代劇です。綾瀬はるかさんの他にも大沢たかおさん、中村獅童さんなど豪華キャスト。そしてアクションにも注目の作品となっています。
監督:曽利文彦 出演:綾瀬はるか(市)、中村獅童(万鬼)、窪塚洋介(虎次)、利重剛(喜八)、佐田真由美(美津)、杉本哲太(盲目の男)、横山めぐみ(十馬の母)、柄本明(長兵衛)、竹内力(伊蔵)、大沢たかお(十馬)、ほか

「阿修羅のごとく」のネタバレあらすじ結末

阿修羅のごとくの紹介:2003年日本映画。綱子、巻子、滝子、咲子の四姉妹は、父親・恒太郎に愛人と子どもがいたことを知り、集まって話し合います。母親・ふじに知られないように、どうすれば善いのか答えがでません。当の二人は何事も無く老後を過ごす夫婦にしか見えません。4姉妹の長女は不倫、次女は夫に女の気配、三女は、更新所の男に求める愛され、四女はボクサーとの恋愛に振り回されています。それぞれが、父親の浮気をきっかけに互いの抱える不安を知ることになります。気づいていても、面に出さない、心に阿修羅を持ち続ける女たち・ホームコメディー映画。
監督:森田芳光 出演者:大竹しのぶ(三田村綱子(長女))、黒木瞳(里見巻子(次女))、深津絵里(竹沢滝子(三女))、深田恭子(神内咲子(四女))、小林薫(里見鷹男)、中村獅童(勝又静男)、ほか

「隣人13号」のネタバレあらすじ結末

隣人13号の紹介:2004年日本映画。小学生時代に赤井という同級生にいじめられた十三が大人になり、多重人格者となり別の人格が赤井に復讐するという内容です。ラストはタイムスリップのように小学生時代に戻り、夢落ちか妄想かとも取れる結末になっています。
監督:井上靖雄 出演者:中村獅童(13号)、小栗旬(村崎十三)、新井浩文(赤井トール)、吉村由美(赤井のぞみ)、石井智也(関肇)、松本実(死神)、三池崇史(金田)ほか

「日本で一番悪い奴ら」のネタバレあらすじ結末

日本で一番悪い奴らの紹介:2016年日本映画。日本の警察における不祥事である稲葉事件をもとにした作品。道警に就職が決まった諸星要一は先輩の村井定夫に手柄が欲しいならヤクザと手を組めと教えられた。自ら名前を売り情報を集め拳銃を押収した。そしてヤクザの黒岩勝典と出会う。ヤクザと警察で手を組むことになった。元運び屋山辺太郎と盗難車を売る外国人アクラム・ラシードも仲間になり違法行為をし拳銃を押収していった。諸星はどんどん手柄を上げていく。
監督:白石和彌 出演:綾野剛(諸星要一)、YOUNG DAIS(山辺太郎)、植野行雄(アクラム・ラシード)、中村獅童(黒岩勝典)、ピエール瀧(村井定夫)、ほか

「銀の匙 Silver Spoon」のネタバレあらすじ結末

銀の匙 Silver Spoonの紹介:2013年日本映画。「鋼の錬金術師」で一世を風靡した荒川弘先生の最新作、「銀の匙」を実写映画化。作者本人が農家出身であるため、農家の実情に迫ったリアリティある作品に仕上がっている。
監督:吉田恵輔 出演:中島健人(八軒勇吾)、広瀬アリス(御影アキ)、市川知宏(駒場一郎)、吹石一恵(富士先生)、上島竜兵(校長先生)、黒木華(南九条あやめ)、哀川翔(アキの叔父)、竹内力(アキの父)、中村獅童(中島先生)

「BECK」のネタバレあらすじ結末

BECK(ベック)の紹介:2010年日本映画。ハロルド作石の同名人気漫画を映画化したものです。バンドに青春の全てを賭けた若者たちの群像が描かれています。
監督:堤幸彦 出演者:水嶋ヒロ(南竜介)、佐藤健(田中幸雄(コユキ))、桐谷健太(千葉恒美)、中村蒼(桜井裕志(サク))、向井理(平義行)ほか

「起終点駅 ターミナル」のネタバレあらすじ結末

起終点駅 ターミナルの紹介:2015年日本映画。直木賞作家・桜木紫乃の短編小説の映画化で、北海道釧路市を舞台に、重い過去を背負った弁護士が若い女性との出会いを通じて、人生の終点を始発に変えて生きる希望を取り戻していく姿を描いています。
監督:篠原哲雄 出演者:佐藤浩市(鷲田完治)、本田翼(椎名敦子)、尾野真千子(結城冴子)、中村獅童(大下一龍)、和田正人(森山卓士)ほか

「LOVE理論」のネタバレあらすじ結末

LOVE理論の紹介:2013年日本映画。どんな女でも落とせるという無敵の恋愛マスターが、モテない恋愛の落ちこぼれ達に独自の恋愛理論を指南する恋愛指南ドラマ。水野敬也の本が原作となっており、笑って楽しめる内容となっています。
監督:西古屋竜太 出演者:中村獅童(水野愛也)、浜野謙太(今田聡)、秋山竜次(西田明)、塩谷瞬(太田悠介)、橋本奈々未(新垣結美)、ほか

「デスノート Light up the NEW world(詳解版)」のネタバレあらすじ結末

デスノート Light up the NEW worldの紹介:2016年日本映画。デスノートシリーズの前作から10年経った、正統続編としての新作デスノートは、原作にある、「人間世界に持ち込める死神ノートは6冊のみ」を使って、デスノート保有者同士のバトルロワイアルが行なわれる?そんな予感のする映画です。東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が共演、夜神月とLの死から10年後の情報社会が舞台となる。
監督:佐藤伸介 出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、ほか

「デスノート Light up the NEW world」のネタバレあらすじ結末

デスノート Light up the NEW world(デスノート ライトアップザニューワールド)の紹介:2016年日本映画。大ヒットを記録したジャンプ漫画原作の「デスノート」実写映画最新作。キラを名乗る大量殺人から10年、平和を取り戻したと思われたこの地上に再び惨劇が繰り返されることになる。繁華街で起きたデスノートによる大量殺人、その容疑者は犯行の途中で死んでしまった。そしてそのデスノートに付く一人の死神から伝えられたのは今地上にデスノートが6冊存在する、ということだった。
監督:佐藤信介 出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、川栄李奈(青井さくら)、松山ケンイチ(L・竜崎)、中村獅童(リューク)、藤原竜也(夜神月)、戸田恵梨香(弥海砂(ミサミサ))、船越英一郎(御厨賢一)、松坂桃李(ベポ)、ほか

「日輪の遺産」のネタバレあらすじ結末

日輪の遺産の紹介:2010年日本映画。『鉄道員』で直木賞を受賞した浅田次郎が「若書き」と評する長編小説 日輪の遺産(1993年)を原作にした映画。キャッチコピーは「いつか、この国が生まれかわるために」、「浅田文学の原点。復興に信念を貫いた4人の男と20人の少女たちの運命。」で、第2次世界大戦終戦末期に、マッカーサーの財宝を巡る極秘作戦を遂行した陸軍将校たちと20名の少女たちの運命が描かれた作品。監督は『半落ち』(2004年)などの佐々部清、脚本は『あなたへ』(2012年)などの青島武です。
監督:佐々部清 出演:堺雅人(真柴司郎/近衛第一師団・少佐)、中村獅童(望月庄造(座間五百一連隊・曹長))、福士誠治(小泉重雄/東部軍経理部・主計中尉)、森迫永依(久枝)、土屋太鳳(スーちゃん)、ミッキー・カーチス(マイケル・エツオ・イガラシ/元在日アメリカ軍司令)、ジョン・サヴェージ(ダグラス・マッカーサー/連合国軍最高司令官)、八千草薫(金原久枝)、ほか

「鬼神伝」のネタバレあらすじ結末

鬼神伝の紹介:2010年日本アニメ映画。京都に住む中学生の純はある日神社で不思議な生き物を目撃する。そしてそれから逃げる内にケガをしてしまい逃げ込んだある寺の住職に手当をしてもらう。目が覚めた純は自分のいる場所に違和感を感じた。そこは遥か昔の京都、人と鬼が争う平安時代だった。源雲と名乗るその住職は純にこの地を守るため協力してほしと頼む。そのために封印しているおろちを復活させてほしいと。
監督:川崎博嗣 出演:天童純(小野賢章) 水葉(石原さとみ) 源雲(中村獅童) 源頼光(近藤隆)ほか

「男たちの大和 YAMATO」のネタバレあらすじ結末

男たちの大和 YAMATOの紹介:2005年日本の戦争映画で、終戦60周年を記念して制作されました。辺見じゅんよる『決定版 男たちの大和』を原作にとしています。太平洋戦争末期において、連合国軍による沖縄諸島侵攻を食い止めるための菊水作戦における戦艦大和の乗組員の生き様が描かれた作品です。
監督:佐藤純彌 出演: 反町隆史( 森脇庄八)、中村獅童(内田守)、松山ケンイチ(神尾克己)、内野謙太(西哲也)、渡哲也(伊藤整一)、余貴美子(サヨ)、鈴木京香(内田真貴子)、仲代達矢(現代:神尾克己)ほか

「硫黄島からの手紙」のネタバレあらすじ結末

硫黄島からの手紙の紹介:2006年アメリカ映画。第二次世界大戦での硫黄島の戦いを日本側からの視点で描いた作品です。アメリカ側の視点で描いた作品に「父親たちの星条旗」という映画があります。監督やスタッフはそのときのメンバーのままで制作されています。硫黄島で死闘を繰り広げた日本軍将兵たちと、祖国に残された家族らの想いが描かれています。ストーリーは彼らが家族へと向けた手紙を基に展開されています。
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙(栗林忠道)、二宮和也(西郷昇)、加瀬亮(清水洋一)、中村獅童(伊東海軍大尉)、谷田陸軍大尉(坂東工)ほか

「いま会いにゆきます」のネタバレあらすじ結末

いま、会いにゆきますの紹介:2004年日本映画。死んだはずの妻と再会し、奇妙な共同生活を送るという同名小説「いま、会いにゆきます」の映画化。「雨の季節になったら会いに行きます」。第28回日本アカデミー賞優秀主演女優賞などを受賞しています。
監督:土井裕泰 出演:竹内結子(秋穂澪)、中村獅童(秋穂巧)、武井証(秋穂佑司)、浅利陽介(高校時代の巧)、平岡祐太(高校生の佑司)、大塚ちひろ(高校時代の澪)、美山加恋(小学生の佑司の同級生)ほか

1 2
TOP↑