ナオミ・ワッツ映画一覧

ナオミ・ワッツが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「21グラム」のネタバレあらすじ結末

21グラムの紹介:2003年アメリカ映画。1人の男が起こした事故がきっかけで、出会うはずのなかった3人が絡み合い、時間軸が交差しながら展開する衝撃の作品。
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演: ナオミ・ワッツ(クリスティーナ)、ショーン・ペン(ポール)、ベニチオ・デル・トロ(ジャック)、シャルロット・ゲンスブール(メアリー)、メリッサ・レオ(マリアンヌ)

「ケリー・ザ・ギャング」のネタバレあらすじ結末

ケリー・ザ・ギャングの紹介:2003年オーストラリア,イギリス,フランス映画。19世紀後半のオーストラリアに実在した伝説のアウトロー、ネッド・ケリーの波乱に満ちた生涯を映画化した伝記映画です。流刑者の子としていわれなき差別や迫害を受けてきたケリーは仲間と共に立ち上がるのですが…。
監督:グレゴール・ジョーダン 出演者:ヒース・レジャー(ネッド・ケリー)、オーランド・ブルーム(ジョセフ・“ジョー”・バーン)、ナオミ・ワッツ(ジュリア・クック)、ジョエル・エドガートン(アーロン・シェリット)、ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ヘア)ほか

「ヴィンセントが教えてくれたこと」のネタバレあらすじ結末

ヴィンセントが教えてくれたことの紹介:2014年アメリカ映画。酒とギャンブルが好きな上に偏屈な毒舌家のヴィンセントは、ひょんなことから隣に引っ越してきたシングルマザーの息子オリヴァーのシッターをすることになります。いじめられっ子のオリヴァーと嫌われ者のヴィンセントとの交流と成長をユーモラスに描いたハートウォーミング・ドラマ。
監督:セオドア・メルフィ 出演者:ビル・マーレイ(ヴィンセント)、メリッサ・マッカーシー(マギー)、 ジェイデン・リーベラー(オリヴァー)、ナオミ・ワッツ(ダカ)ほか

「ダイバージェントNEO」のネタバレあらすじ結末

ダイバージェントNEOの紹介:2015年アメリカ映画。ヴェロニカ・ロスの大ヒット小説を映画化した2014年公開の「ダイバージェント」の続編で、人類は性格診断により「勇敢」「高潔」「無欲」「平和」「博学」のいずれかのテリトリーに分類されている近未来のシカゴを舞台に、いずれにも属さない異端者とされた主人公たちがこの世界の謎を解き明かそうとするSFアクションです。
監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演者:シェイリーン・ウッドリー(ベアトリス・“トリス”・プライアー)、テオ・ジェームズ(トビアス・“フォー”・イートン)、マイルズ・テラー(ピーター・ヘイズ)、ナオミ・ワッツ(イブリン・ジョンソン=イートン)、ケイト・ウィンスレット(ジェニーン・マシューズ)ほか

「ステイ」のネタバレあらすじ結末

ステイの紹介:2005年アメリカ映画。精神科医のサムはある日、ヘンリーという患者に自殺予告をされます。ヘンリーを救おうと彼について調べるサムでしたが、サムの身に説明がつかない出来事が次々と起こり始めます。
監督:マーク・フォースター 出演者:ユアン・マクレガー(サム・フォスター)、ライアン・ゴズリング(ヘンリー・レサム)、ナオミ・ワッツ(ライラ)、ボブ・ホスキンス(レオン・パターソン)ほか

「ドリームハウス」のネタバレあらすじ結末

ドリームハウスの紹介:2011年アメリカ映画。「そこには、今でも幸せな家族が暮らしているはずだった」というキャッチコピーのサイコスリラー映画。会社を辞めて愛する家族と一緒に引っ越してきた新居、しかし、その家は過去未解決の父親以外全員が殺されたという一家惨殺事件の家でした。そのことを知った夫がその事件の真相に挑んでいく姿、そして最後には家族の愛情の深さを描いた作品です。
監督:ジム・シェリダン 出演:ダニエル・クレイグ(ウィル・エイテンテン)、ナオミ・ワッツ(アン・パターソン)、レイチェル・ワイズ(リビー)、マートン・ソーカス(ジャック・パターソン)、イライアス・コティーズ(ボイス)、ほか

「ムービー43」のネタバレあらすじ結末

ムービー43の紹介:2013年アメリカ映画。ある映画製作会社に一人の男が現れる。男はその会社のプロデューサーにいくつかの映画の脚本を持参していた。しかしそのどれもが酷い出来でプロデューサーはことごとく却下。しかしそれが男をある行動に駆り立ててしまう。ヒュー・グラント、ケイト・ウィンスレットを始めとする豪華俳優陣が集結したコメディ。
監督:ピーター・ファレリー、グリフィン・ダン、ブレット・ラトナー、スティーブン・ブリル、エリザベス・バンクス、ジェームズ・ガン、ウィル・グラハム 出演:ケイト・ウィンスレット、ヒュー・ジャックマン、クリス・プラット、アンナ・ファリス、エマ・ストーン、ユマ・サーマン、クリステン・ベル、ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、ジョシュ・デュアメル、リチャード・ギア、クロエ・グレース・モレッツ、ナオミ・ワッツ、テレンス・ハワード ほか

「ダイアナ」のネタバレあらすじ結末

ダイアナの紹介:2013年イギリス映画。1997年に亡くなった元イギリス皇太子妃ダイアナの人生を描いた伝記映画。交通事故死するまでの最後の2年間にスポットを当て、1人の女性としてのダイアナの葛藤と喜び、そして計り知れない苦悩を綴った作品。
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演者:ナオミ・ワッツ(ダイアナ)、ナヴィーン・アンドリュース(ハスナット・カーン)、キャス・アンバー(ドディ・アルファイド)、ジェラルディン・ジェームズ(ウーナ・トッフォロ)、チャールズ・エドワーズ(パトリック・ジェフソン)ほか

「愛する人」のネタバレあらすじ結末

愛する人の紹介:2009年アメリカ,スペイン映画。37年もの間、離れ離れになった母娘が、お互いを想いあう気持ちをドラマチックに描いた感動のヒューマン・ドラマ。ラストに描かれる衝撃の結末と母と子の深い絆に、涙なしでは見られない、心揺さぶられる作品となっています。
監督:ロドリゴ・ガルシア 出演者:ナオミ・ワッツ(エリザベス)、アネット・ベニング(カレン)、ケリー・ワシントン(ルーシー)、ジミー・スミッツ(パコ)、デヴィッド・モース(トム)、サミュエル・L・ジャクソン(ポール)、ほか

「J・エドガー」のネタバレあらすじ結末

J・エドガーの紹介:2011年アメリカ映画。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバー(J・エドガー)の知られざる半生記。隠し通した真実と愛を描く。
監督:クリント・イーストウッド 出演:レオナルド・ディカプリオ(J・エドガー・フーバー)、ナオミ・ワッツ(ヘレン・ギャンディ)、アーミー・ハマー(クライド・トルソン)、ジョシュ・ルーカス(チャールズ・リンドバーグ)、ジュディ・デンチ(アニー・フーバー)、ほか

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

ヤング・アダルト・ニューヨークの紹介:2014年アメリカ映画。作品作りに行き詰まっていたドキュメンタリー監督のジョシュは、若いジェイミーと交流するうちに突破口を開いたかのように見えたのだが……
監督:ノア・バームバック 出演:ベン・スティラー(ジョシュ)、ナオミ・ワッツ(コーネリア)、アダム・ドライヴァー(ジェイミー)、アマンダ・サイフリッド(ダービー)、チャールズ・グローディン(ブライトバート)、アダム・ホロヴィッツ(フレッチャー)、ほか

「マルホランド・ドライブ」のネタバレあらすじ結末

マルホランド・ドライブの紹介:2001年アメリカ映画。デヴィッドリンチ監督が描く、ミステリー仕立ての映画で、ハリウッドへやってきた二人の女性に襲う不可解な出来事が時間を追って展開されていきます。
監督:デヴィッド・リンチ 出演:ナオミ・ワッツ(ベティ・エルムス/ダイアン・セルウィン)、ローラ・エレナ・ハリング(リタ/カミーラ・ローズ)、アン・ミラー(ココ)、ジャスティン・セロー(アダム・ケシャー)ほか

「美しい絵の崩壊」のネタバレあらすじ結末

美しい絵の崩壊の紹介:2013年オーストラリア,フランス映画。互いの息子と関係を持ってしまった親友のリルとロズ。いつか飽きるだろうと思っていた四人の関係は思わぬ方転がり始める。
監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:ナオミ・ワッツ、ロビン・ライト、ゼイビア・サミュエル、ジェームズ・フレッシュビル、ベン・メンデルソーンほか

「バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のネタバレあらすじ結末

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の紹介:2014年アメリカ映画。長回しのような撮影スタイルを取り、なおかつ過去のヒーロー映画の栄光にすがる主人公をマイケルキートンというバットマン俳優に演じさせるという面白さ、そして脚本の面白さが好評を呼び、アカデミー賞を始め多くの賞を受賞した作品です。
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演者:マイケル・キートン、エドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツほか

「キングコング(2005年)」のネタバレあらすじ結末

映画 キング・コングの紹介:2005年アメリカ・ニュージーランド映画。1933年製作の映画史に残る伝説的作品『キング・コング』をロード・オブ・ザ・リングシリーズのピーター・ジャクソン監督が忠実にリメイクしたアクション・アドベンチャー。映画撮影のために地図には乗らない伝説の島へと向かった撮影クルーたち。しかしそこはキングコングの住処である髑髏島だった。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:ナオミ・ワッツ(アン・ダロウ)、ジャック・ブラック(カール・デナム)、エイドリアン・ブロディ(ジャック・ドリスコル)、コリン・ハンクス(プレストン)、カイル・チャンドラー(ブルース・バクスター)、ジェイミー・ベル(ジミー)ほか

TOP↑