最新映画一覧

「疾風ロンド」のネタバレあらすじ結末

疾風ロンドの紹介:2016年日本映画。2013年に発表され、あっという間に100万部を超える大ヒットとなった作品。主人公の主任研究員が働く医科学研究所で開発されてしまった、危険な違法生物兵器「K-55」が同研究所から盗みだされてしまう。それを4日間で探し出すことができるだろうか。ドキドキがとまらないスリル満点?!とコメディが交じり合う「笑撃?!サスベンス」 原作は、数多くのミステリー作品を書かれている作家・東野圭吾の長編小説「疾風ロンド」。主人公の泰鵬医科学研究所主任「栗林和幸」を演じるのは「テルマエ・ロマエ」など数々の作品に出演し個性的で存在感大な俳優、阿部寛、舞台となるスキー場でパトロール隊員・根津昇平には、関ジャニ∞の大倉忠義。その根津と共に栗林をサポートするのがスノーボード選手、瀬利千晶を元AKB48の大島優子が演じる。
監督:吉田照幸 原作:東野圭吾 出演:阿部寛(栗林和幸)、大倉忠義(根津昇平)、大島優子(瀬利千晶)、ムロツヨシ(ワダハルオ)、堀内敬子(折口真奈美)、戸次重幸(葛原克也)、濱田龍臣(栗林秀人)、志尊淳(高野誠也)ほか

「聖の青春」のネタバレあらすじ結末

聖の青春(さとしのせいしゅん)の紹介:2016年日本映画。原作は大崎善生さんの「聖(さとし)の青春」。18年まで実在した天才棋士・・村上聖(1969~1998年:享年29歳)のフィクションを交えた、最後の4年間を映画化。幼少期からの難病と闘いながら棋士の道へと進んだ村山の壮絶な人生を描く。羽生善治など同世代の棋士との闘いや、周りの人たちの愛を通して描かれる。
監督:森義隆 出演:松山ケンイチ(村山聖)、東出昌大(羽生善治)、染谷将太(江川貢)、安田顕(橘正一郎)、竹下景子(村山トミコ)、リリー・フランキー(森信雄)、ほか

「この世界の片隅に」のネタバレあらすじ結末

この世界の片隅にの紹介:2016年日本映画。広島出身こうの史代のコミック「この世界の片隅に」を映画化したドラマアニメ。舞台は戦時中の広島。のんびりとした性格の主人公のすずは、呉に嫁ぎ、ささやかな幸せを感じながら生活していた。ところが、時代と共にどんどん戦争は激化していき、すずのささやかな幸せが崩れていってしまう。すずはどのように生きていくのか、家族愛とはなんなのか、戦争の中で見つけていく希望の物語。
監督:片渕須直 声の出演:のん(北條(浦野)すず)、細谷佳正(北條周作)、稲葉菜月(黒村晴美)、尾身美詞(黒村径子)、小野大輔(水原哲)、ほか

「新感染 ファイナル・エクスプレス」のネタバレあらすじ結末

新感染 ファイナル・エクスプレスの紹介:2016年韓国映画。韓国が生んだ初のゾンビ映画で、今作では実写映画初監督となるヨンサンホ監督のもと、すべての役者が熱演しており、韓国では「釜山行き」という題名で大ヒットを記録しました。感染した人間を凶暴化させるという謎のウイルスが韓国の高速鉄道KTXの車両内で拡散、乗客たちは生き残りをかけて決死のサバイバルを繰り広げることになる。
監督:ヨン・サンホ 出演:コン・ユ(ソグ)、チョン・ユミ(ソギョン)、マ・ドンソク(サンファ)、キム・スアン(スアン)、チェ・ウシク(ヨングク)、アン・ソヒ(ジニ)、キム・ウィソン(ヨンソク)、ほか

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」のネタバレあらすじ結末

ジャックリーチャー NEVER GO BACK(ネバーゴーバック)の紹介:2016年アメリカ映画。2012年に公開された「アウトロー(原題:JACK REACHER)」の続編。元アメリカ軍秘密捜査官のジャック・リーチャーは自分と連絡を取った直後に元同僚が逮捕された事から、軍内に不審な動きがある事を察し、自分の命を狙われながらも同僚を助け出しこの一連の黒幕を暴こうと奮闘する。
監督:エドワード・ズウィック 出演:トム・クルーズ(ジャック・リーチャー)、コビー・スマルダース(ターナー少佐)、アルディス・ホッジ(エスピン)ほか

「ネオン・デーモン」のネタバレあらすじ結末

ネオン・デーモンの紹介:2016年フランス・アメリカ・デンマーク映画。両親を失った16歳の自立したモデル、ジェシーはトップモデルを目指して、華やかな世界へと足を踏み入れた。名女優、ダコタ・ファニングの妹エル・ファニングがダークな世界に飛び込んだ小悪魔で自立心ある少女を熱演!
監督ニコラス・ウィンディング・レフン 出演:エル・ファニング(ジェシー)、キアヌ・リーブス(ハンク)、カール・グルスマン(ディーン)、クリスティーナ・ヘンドリックス(ロバータ・ホフマン)、ジェナ・マローン(ルビー)、ほか

「ミュージアム」のネタバレあらすじ結末

ミュージアムの紹介:2016年日本映画。スリラー漫画「ミュージアム」の実写化映画。ある雨の日、犬に食い殺されるという猟奇的殺人事件が発生する。捜査を担当する刑事の沢村はその現場を見て驚愕する。しかし事件はそれだけでは終わらなかった。最初の事件から数日後別の場所で殺人事件が発生する。二つの事件の鍵となるのはそれぞれの現場で見つかった紙と被害者の接点。その後見つかった事実から沢村の妻遥の身に危険が迫っていることが分かった。
監督:大友啓史 出演:小栗旬(沢村久志)、尾野真千子(沢村遥)、野村周平(西野純一)、丸山智己(菅原剛)、田畑智子(秋山佳代)、松重豊(関端浩三)、妻夫木聡(カエル男)、ほか

「女が眠る時」のネタバレあらすじ結末

女が眠る時の紹介:2016年日本映画。ベルリン国際映画祭で賞を取ったウェイン・ワン監督の下に、日本を代表する俳優陣が集結した。ビートたけしは自作映画以外での主演は約12年ぶりである。狂気的な愛を目の当たりにし、自分を見失っていく男の姿を描くミステリー。
監督: ウェイン・ワン 出演: ビートたけし(佐原)、西島秀俊(清水健二)、忽那汐里(美樹)、リリーフランキー(店主)、小山田サユリ(綾)ほか

「ボクの妻と結婚してください。」のネタバレあらすじ結末

ボクの妻と結婚してください。の紹介:2016年日本映画。原作は放送作家・樋口卓治さんの小説「ボクの妻と結婚してください。」で、2012年に講談社から単行本が刊行されました。テレビ業界で奮闘する放送作家がある日余命宣告を受け、「人生最期の企画」を家族に残すため奔走する様子を描く。
監督:三宅喜重 出演:織田裕二(三村修治)、吉田羊(三村彩子)、原田泰造(伊東正蔵)、込江海翔(三村陽一郎)、森カンナ(片岡喜子)、小堺一機(俵屋三幸)、大杉漣(荒城伊知郎)、高島礼子(知多かおり)、ほか

「コウノトリ大作戦!」のネタバレあらすじ結末

コウノトリ大作戦!の紹介:2016年アメリカ映画。原題はSTORKS(コウノトリ達)。赤ちゃんはコウノトリが連れて来る、という寓話をドタバタ喜劇にしたアニメーション。荷物宅配業を請け負っているコウノトリ達の元へ、弟を欲しがる少年からの手紙が届きます。封鎖したはずの工場で赤ちゃんが産まれ、行きがかり上、赤ちゃんを連れて逃げ出すコウノトリのジュニアと、かつて同じ工場で産まれた18歳の少女チューリップ。この事実を隠蔽したいコウノトリの社長ハンターから、無事に逃げ切り少年のもとに赤ちゃんが届けられるのか。全篇コメディの中にも、家族を持つことの素晴らしさが伝わる作品です。
監督:ニコラス・ストーラー、ダグ・スウィートランド 声の出演:アンディ・サムバーグ(ジュニア)、ケルシー・グラマー(ハンター)、ケイティ・クラウン(チューリップ)、ほか

「続・深夜食堂」のネタバレあらすじ結末

続・深夜食堂の紹介:2016年日本映画。今回の映画は「続」ということで、「深夜食堂」の映画として2作目。安倍夜郎のマンガを映画化。「深夜食堂」で、食はオマケ。むしろ、ゲストキャラクターにドラマがあり、マスターは、それを見守り、料理をふるまうだけ、そんな、どこにでもあるような日常を切り取った話です。
監督:松岡錠司 出演:小林薫(マスター)、河井青葉(赤塚範子)、池松壮亮(高木清太)、キムラ緑子(高木聖子)、小島聖(木村さおり)、佐藤浩市(石田)、オダギリジョー(小暮)、ほか

「ブリジット・ジョーンズの日記3 ダメな私の最後のモテ期」のネタバレあらすじ結末

ブリジットジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期の紹介:2016年イギリス,フランス,アメリカ映画。仕事ではテレビ局のプロデューサーとして充実しているがプライベートでは一人身のブリジット、ある日ジャックと運命的な出会いをするが同じ頃にマークとも再会する。二人と同時に関係を持っていたブリジットだがしばらくして妊娠していることが発覚し、二人の父親候補の間で揺れ動く。2001年の映画ブリジットジョーンズの日記シリーズ3作目。
監督:シャロン・マグワイア 出演:レニー・ゼルウィガー(ブリジット)、コリン・ファース(マーク)、パトリック・デンプシー(ジャック)ほか

「殿、利息でござる!」のネタバレあらすじ結末

殿、利息でござる!の紹介:2016年日本映画。貧困に喘ぐ宿場町を救うため東奔西走する庶民達の姿を、実話を元に描いた作品。1766年、仙台藩吉岡宿は貧しさから夜逃げが相次いでいた。何とか町の未来を繋ぎたい男達は、大金を藩に貸し利息を得るという前代未聞の奇策に出る。笑いあり、涙ありの人情時代劇。仙台市出身のフィギュアスケート選手羽生結弦が特別出演したことでも話題を集めた。
監督:中村義洋 出演者:阿部サダヲ(穀田屋十三郎)、瑛太(菅原屋篤平治)、妻夫木聡(浅野屋甚内)、竹内結子(とき)、寺脇康文(遠藤幾右衛門)、千葉雄大(千坂仲内)、羽生結弦(伊達重村)ほか

「デスノート Light up the NEW world(詳解版)」のネタバレあらすじ結末

デスノート Light up the NEW worldの紹介:2016年日本映画。デスノートシリーズの前作から10年経った、正統続編としての新作デスノートは、原作にある、「人間世界に持ち込める死神ノートは6冊のみ」を使って、デスノート保有者同士のバトルロワイアルが行なわれる?そんな予感のする映画です。東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が共演、夜神月とLの死から10年後の情報社会が舞台となる。
監督:佐藤伸介 出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、ほか

「デスノート Light up the NEW world」のネタバレあらすじ結末

デスノート Light up the NEW world(デスノート ライトアップザニューワールド)の紹介:2016年日本映画。大ヒットを記録したジャンプ漫画原作の「デスノート」実写映画最新作。キラを名乗る大量殺人から10年、平和を取り戻したと思われたこの地上に再び惨劇が繰り返されることになる。繁華街で起きたデスノートによる大量殺人、その容疑者は犯行の途中で死んでしまった。そしてそのデスノートに付く一人の死神から伝えられたのは今地上にデスノートが6冊存在する、ということだった。
監督:佐藤信介 出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、川栄李奈(青井さくら)、松山ケンイチ(L・竜崎)、中村獅童(リューク)、藤原竜也(夜神月)、戸田恵梨香(弥海砂(ミサミサ))、船越英一郎(御厨賢一)、松坂桃李(ベポ)、ほか

1 9 10 11 12 13 14 15
TOP↑