最新映画一覧

「シャークネード4」のネタバレあらすじ結末

シャークネード4(フォース)の紹介:2016年アメリカ映画。サメと嵐が襲ってくる映画シリーズ、シャークネード4作目で、今作では嵐を制御する機械が完成するも、嵐が放射能を浴びてしまい、再びその嵐に立ち向かうというストーリーが展開されます。
監督:アンソニー・C・フェランテ 出演:アイアン・ジーリング、タラ・リード、ライアン・ニューマン、ほか

「高慢と偏見とゾンビ」のネタバレあらすじ結末

高慢と偏見とゾンビの紹介:2016年アメリカ映画。1813年にジェーンオースティンが書いた小説「高慢と偏見」を元に、セス・グレアム=スミスが書いた小説「高慢と偏見とゾンビ」を映画化した本作では、5人の娘と貴族の男たちがゾンビと戦うストーリーが展開されます。
監督:バー・スティアーズ 出演:リリー・ジェームズ(エリザベス・ベネット)、サム・ライリー(ミスター・ダーシー)、ジャック・ヒューストン(ジョージ・ウィカム)、ベラ・ヒースコート(ジェイン・ベネット)、ダグラス・ブース(ビングリー)、ほか

「バースデーカード」のネタバレあらすじ結末

バースデーカードの紹介:2016年日本映画。亡くなった母が生前に書いたバースデーカードが毎年娘に届く。バースデーカードを通して母娘の深い絆を描く人間ドラマ。普通の女の子が1人の女性として成長し幸せを掴むまでの過程描いています。
監督:吉田康弘 出演:橋本愛(鈴木紀子(17-25歳))、ユースケ・サンタマリア(鈴木宗一郎)、須賀健太(鈴木正男)、中村蒼(立石純)、木村多江(石井沙織)、谷原章介(谷原章介)、洞口依子(美津代)、宮崎あおい(鈴木芳恵)、ほか

「ネイバーズ」のネタバレあらすじ結末

ネイバーズ(The Neighbor)の紹介:2016年アメリカ映画。あるカップルが覗き込むいつものスコープに、隣人が映り込み、その隣人が恋人を拉致したため隣人の家に侵入するも、そこには驚くべきことが隠されていたというストーリーの映画です。
監督:マーカス・ダンスタン 出演者:ジョシュ・スチュワート、アレクサンドラ・エスソー、ルーク・エドワード、ビル・イングヴァルほか

「セル」のネタバレあらすじ結末

セル(原題:Cell)の紹介:2016年アメリカ映画。スティーブン・キング原作小説の映画化。ジョン・キューザックとサミュエル・L・ジャクソンが出演するパニックスリラー映画で、ある日突然携帯電話を使っていたために凶暴化した人々と、その人たちから逃走しようとする人々の恐怖が描かれます。
監督:トッド・ウィリアムズ 原作:スティーブン・キング 出演:ジョン・キューザック(クレイトン/クレイ)、サミュエル・L・ジャクソン(トーマス/トム)、イザベル・ファーマン(アリス)、オーウェン・ティーグほか

「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」のネタバレあらすじ結末

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄の紹介:2016年カナダ製作映画。ハロウィンの夜、マイクは息子のチャーリーを近所の祭りへ連れ出した。仕事の昇進も決まり有頂天だった彼は妻クリステンを説得し既に夜遅かったがチャーリーとハロウィンの夜を楽しもうとしていた。しかし少し目を離した隙にチャーリーは忽然と姿を消す。それはただの失踪ではなく謎の存在が絡んだ不可思議な事件だった。ニコラス・ケイジ主演のハロウィンを舞台にしたホラー。
監督:ウーリー・エデル 出演:ニコラス・ケイジ(マイク・ローフォード)、サラ・ウェイン・キャリーズ(クリスティン)、ヴェロニカ・フェレ(ハンナ)、ジャック・フルトン(チャーリー)、ほか

「スター・トレックBEYOND」のネタバレあらすじ結末

スター・トレック BEYOND(スタートレックビヨンド)の紹介:2016年アメリカ映画。スター・トレックシリーズ13作目で、リブート版3作目。長い任務の途中立ち寄ったヨークタウン。その周辺で一人の女性が遭難しているのを発見する。彼女の仲間を助けるため未知の惑星へと駆り出されたのはキャプテンカーク率いるエンタープライズ号。しかしそこに待ち受けるのは無数の小型船の数々だった。敵の攻撃を受けその惑星に墜落したエンタープライズ。そこで一人の原住民と会うことになる。スタートレックシリーズのリブート作3作目。主演は前2作から引き続きクリス・パイン。製作にJ・J・エイブラムスが参加。
監督・ジャスティン・リン 出演・ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン) スポック(ザカリー・クイント) レナード・マッコイ(カール・アーバン) ウフーラ(ゾーイ・サルダナ) モンゴメリー・スコット(サイモン・ペッグ) ヒカル・スールー(ジョン・チョー) パヴェル・チェコフ(アントン・イェルチン)ほか

「マネーモンスター」のネタバレあらすじ結末

マネーモンスターの紹介:2016年アメリカ映画。人気司会者ゲイツの番組放送中に男が銃を持って乱入。8億ドルの損失が出たアイビス社へ原因追究を求めます。
監督:ジョディ・フォスター 出演:ジョージ・クルーニー(リー・ゲイツ)、ジュリア・ロバーツ(パティ)、ジャック・オコンネル(カイル)、ドミニク・ウェスト(ウォルト)、カトリーナ・バルフ(ダイアン)、ジャンカルロ・エスポジート(パウエル)、ほか

「GANTZ:O(ガンツ:オー)」のネタバレあらすじ結末

GANTZ:O(ガンツオー)の紹介:2016年日本映画。ある日加藤は通り魔に刺し殺されてしまう。死んだはずの彼が辿りついたのは黒い球体が置かれたどこにでもある普通の部屋だった。死んだはずの人間達が謎の星人と壮絶な死闘を繰り広げる……。奥浩哉先生が週刊ヤングジャンプで2000年から13年間連載し、累計発行部数2100万部を売り上げた漫画「GANTZ」でシリーズ最凶ミッションと言われ、原作ファンでも一番人気の高い大阪ミッションの完全3DCG映画です。
監督:川村泰 声の出演:小野大輔(加藤勝)、M・A・O(山咲杏)、郭智博(西丈一郎)、早見沙織(レイカ)、池田秀一(鈴木良一)、ケンドーコバヤシ(岡八郎)、レイザーラモンRG(室谷信雄)、ほか

「何者」のネタバレあらすじ結末

何者の紹介:2016年日本映画。「桐島、部活やめるってよ」で知られる朝井リョウの直木賞受賞作「何者」が原作。就職活動を通して自分が何者かを模索する学生たちを描く青春映画。ある目的を持ち集まった5人、それは「就活」。拓人もまたそんな5人の内の一人だった。日々就活に追われるあまり次第に周りが見えなくなる。そんな彼らの逃げ道の一つとして使われるのがSNS。情報を収集し発散させる、そうやって何かを得ようとしていた。しかしそれは時に情報となり凶器となり疑問へと変わる。
監督:三浦大輔 出演:佐藤健(二宮拓人)、有村架純(田名部瑞月)、二階堂ふみ(小早川理香)、菅田将暉(神谷光太郎)、岡田将生(宮本隆良)、山田孝之(サワ先輩)、ほか

「JUKAI-樹海-」のネタバレあらすじ結末

JUKAI-樹海-の紹介:2016年アメリカ映画。日本で教師の仕事をしている双子の妹が青木ヶ原の樹海で行方不明になり、捜索のために日本へ発ったサラ。日本で知り合った雑誌記者のエイデン、ガイトのミチと共に樹海へ向かうが・・・。日本を舞台に描いたホラー・サスペンス。
監督:ジェイソン・ザダ 出演:ナタリー・ドーマー(サラ/ジェス)、テイラー・キニー(エイデン)、小澤征悦(ミチ)、オーエン・マッケン(ロブ)、ほか

「グッドモーニングショー」のネタバレあらすじ結末

グッドモーニングショーの紹介:2016年日本映画。テレビのワイドショーを舞台にしたコメディー映画。中井貴一演じる番組メインキャスターが巻き込まれる災難だらけの1日を、情報番組vs報道番組のいざこざや、激しい視聴率競争など、テレビ業界の裏事情を盛り込んで描かれる。
監督:君塚良一 出演:中井貴一(澄田真吾)、長澤まさみ(小川圭子)、志田未来(三木沙也)、池内博之(秋吉克己)、吉田羊(澄田明美)、松重豊(黒岩哲人)、時任三郎(石山聡)、ほか

「ジェイソン・ボーン」のネタバレあらすじ結末

ジェイソン・ボーンの紹介:2016年アメリカ映画。CIAのパソコンがある人物からハッキングを受けた。盗まれた情報はある極秘の作戦。それはジェイソン・ボーンに関するものだった。過去の苦悩に悩まされ隠れて生きるジェイソン・ボーン。再び彼は表の世界に引きずり出され闘いを余儀なくされる。その彼を追うのは新しくCIAに配属された新人リー。彼女はジェイソンを追う傍ら長官であるデューイに不信感を抱く。
監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン(ジェイソン・ボーン)、ジュリア・スタイルズ(ニッキー・パーソンズ)、アリシア・ヴィカンダー(ヘザー・リー)、ヴァンサン・カッセル(アセット)、トミー・リー・ジョーンズ(ロバード・デューイ)、ほか

1 12 13 14 15 16
TOP↑