最新映画一覧

「キング・アーサー」のネタバレあらすじ結末

キング・アーサーの紹介:2017年イギリス,オーストラリア,アメリカ映画。アーサー王の伝説をもとにした作品。叔父ヴォーティガンによって王である父親を殺されたアーサーは一人生き延び、スラムで逞しく育つ。そんな彼が伝説の聖剣であるエクスカリバーを岩から抜くと彼は自分の宿命を思い出し、ヴォーディガンへの復讐を誓う。
監督:ガイ・リッチー 出演:チャーリー・ハナム(アーサー)、ジュード・ロウ(ヴォーティガン)、エリック・バナ(ユーサー王)、ジャイモン・フンスー(ベディヴィア)、アストリッジ・ベルジェ・フリスペ(メイジ)ほか

「ハクソー・リッジ」のネタバレあらすじ結末

ハクソー・リッジの紹介:2016年オーストラリア,アメリカ映画。第二次大戦中、沖縄の前田高地(ハクソーリッジ)で銃を持たずに衛生兵として働き、多くの兵士を救った実在の二等兵の半生を描く。メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンを取り、アカデミー賞では6部門でノミネート。編集賞と録音賞の2つのオスカーを獲得した。
監督:メル・ギブソン 出演:アンドリュー・ガーフィールド(デズモンド・ドス)、サム・ワーシントン(グローヴァー大尉)、テリーサ・パーマー(ドロシー・シュッテ)、ヴィンス・ヴォーン(ハウエル軍曹)、ヒューゴ・ウィーヴィング(トム・ドス)、ほか

「こどもつかい」のネタバレあらすじ結末

こどもつかいの紹介:2016年日本映画。こどもつかいの紹介:行方不明になり帰ってきた子供と接触すると3日後に死ぬという噂が広がる。呪いをかけられてしまった尚美と恋人の駿也は呪いを解くために奮闘する。「呪怨」を手がけた清水崇監督の2017年公開のホラー作品。こどもつかいを演じる滝沢秀明の17年ぶりの映画出演も話題。
監督:清水崇 出演:滝沢秀明(こどもつかい)、有岡大貴(新聞記者・江崎駿也)、門脇麦(保育士・原田尚美)、尾上寛之(近藤創)、中野遥斗(笠原蓮)、西田尚美(小松洋子)、ほか

「パーソナル・ショッパー」のネタバレあらすじ結末

パーソナル・ショッパーの紹介:2016年フランス映画。女優キーラのパーソナル・ショッパーとしてパリで働くモウリーンは三か月間、あるサインが送られるのを待っていた。前作『アクトレス〜女たちの舞台〜』に続いてクリステン・スチュワートを起用したオリヴィエ・アサイヤス監督が第69回カンヌ国際映画祭で監督賞に輝いた作品。
監督:オリビエ・アサイヤス 出演者:クリステン・スチュワート(モウリーン)、ラース・アイディンガー(インゴ)、自グリッド・ブアジズ(ララ)、ノラ・フォン・ヴァルトシュテッテン(キーラ)、アンデルシュ・ダニエルセン・リー(アーウィン)

「新宿スワンII」のネタバレあらすじ結末

新宿スワンIIの紹介:2017年日本映画。スカウトマンが増えた新宿でバーストと渋谷のスカウトパラサイツが縄張り争いをしていた。そんな中バースト社長が島を増やすと言いだす。横浜進出だ。横浜には白鳥龍彦と関玄介が行くことになった。横浜には関の因縁の相手で横浜を仕切る滝正樹、突然バーストから姿を消した洋介がいるという。そして滝が仕切る横浜ウィザードと新宿バーストの戦いが始まる。
監督:園子温 出演:綾野剛(白鳥龍彦)、浅野忠信(滝マサキ)、伊勢谷友介(真虎)、深水元基(関玄介)、金子ノブアキ(葉山豊)、ほか

「20センチュリー・ウーマン」のネタバレあらすじ結末

20センチュリー・ウーマンの紹介:2016年アメリカ映画。1979年の南カリフォルニア。ドロシアの息子のジェイミーが思春期を迎える。女一人の子育てに不安をもった彼女は二人の若い女性に助けを求める。進歩的で、自由に生きてきたドロシアも若者との考え方の違いやフェミニズムの台頭にとまどう。ドロシアは監督のマイク・ミルズの母親を基に作られたキャラクター。
監督:マイク・ミルズ 出演者:アネット・ベニング(ドロシア)、エル・ファニング(ジュリー)、グレタ・ガーウィグ(アビー)、ルーカス・ジェイド・ズマン(ジェイミー)、ビリー・クラダップ(ウィリアム)

「追憶」のネタバレあらすじ結末

追憶の紹介:2017年日本映画。監督・降旗康男、撮影・木村大作という日本映画界の巨匠が9年ぶりにタッグを組んで製作したヒューマン・サスペンス映画です。北陸を舞台に、過去に傷を持つ三人の男が、ある殺人事件に刑事・容疑者・被害者として相まみえる姿を、周囲の人間模様も絡めて描き上げています。
監督:降旗康男 出演者:岡田准一(四方篤)、小栗旬(田所啓太)、柄本佑(川端悟)、長澤まさみ(四方美那子)、木村文乃(田所真理)、安藤サクラ(仁科涼子)、吉岡秀隆(山形光男)ほか

「ポッピンQ」のネタバレあらすじ結末

ポッピンQの紹介:2016年日本映画。東京に引っ越すことになった小湊伊純は反対し卒業式前日喧嘩をしてしまう。当日学校と逆の電車に乗り知らない町に来た。そこで不思議な石を拾い、奇妙な境に来てしまう。そこはポッピン族がクラス時の谷だった。同じく欠片を拾った日岡蒼、友立小夏、大道あさひ、都久井沙紀と出会う。世界の時は歪み始めていた。境とポッピン族を救うため勇気のダンスを特訓するのであった。東映アニメーション60周年記念作品。
監督:宮原直樹 声の出演:瀬戸麻沙美(小湊伊純)井澤詩織(日岡蒼)種崎敦美(友立小夏)小澤亜李(大道あさひ)黒澤ともよ(都久井沙紀)

「おとなの恋の測り方」のネタバレあらすじ結末

おとなの恋の測り方の紹介:2016年フランス映画。別れた元夫ブルーノと弁護士事務所を経営しているディアーヌは、携帯を忘れたことをきっかけに建築士のアレクサンドルと知り合います。ディアーヌは知的でユーモアに溢れるアレクサンドルに惹かれるも、アレクサンドルが自分よりもずっと身長が低いと言う事が頭の隅にあり周囲の目が気になってしまう。ディアーヌの恋の行方が気になるロマンティックコメディ。
監督:ローラン・ティラール 出演者:ジャン・デュジャルダン(アレクサンドル)、ビルジニー・エフィラ(ディアーヌ)、セドリック・カーン(ブルーノ)、セザール・ドンボワ(ベンジー)、エドモント・フランキ(モニク)、他

「昼顔」のネタバレあらすじ結末

昼顔の紹介:2017年日本映画。2014年放送のテレビドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(全11話)の続編として製作された劇場版「昼顔」。不倫に手を出してしまった紗和と裕一郎は、お互い2度と会わず、連絡先、会話すらしてはいけないと誓約書を書かされる。それから3年後、偶然再会した2人は許されない行為と分かっていながら再び惹かれ合っていく。映画版「昼顔」ではテレビドラマに引き続き紗和を上戸彩、裕一郎を斎藤工が演じる。
監督:西谷弘 出演:上戸彩(木下紗和)、斎藤工(北野裕一郎)、伊藤歩(北野乃里子)、平山浩行(杉崎尚人)ほか

「22年目の告白-私が殺人犯です-」のネタバレあらすじ結末

22年目の告白-私が殺人犯です-の紹介:2017年日本映画。韓国で大ヒットを飛ばした「殺人の告白」を藤原竜也と伊藤英明のW主演でリメイク。キャッチコピーは「すべての国民が、この男に狂わされる。」2017年のある日、日本全国民が震撼する。その日会見に現れたのは一人の男。彼は一冊の本を手に衝撃的な言葉を口にした。22年前に起きた5人の連続殺人、その犯人だと。男の名前は曾根崎雅人、いつまでたっても警察が捕まえに来ず時効を迎えたため自ら公の場に姿を現した。そしてその日から全国民が彼に惑わされることになる。そんな彼を険しい顔で見つめるのは警察官でありかつて彼を捕まえ損ねた牧村刑事(伊藤英明)。
監督:入江悠 出演:藤原竜也(曾根崎雅人)、伊藤英明(牧村航)、夏帆(岸美晴)、野村周平(小野寺拓巳)、石橋杏奈(牧村里香)、竜星涼(春日部信司)、早乙女太一(戸田丈)、ほか

「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」のネタバレあらすじ結末

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命の紹介:2016年アメリカ,チリ,フランス映画。アメリカのジョン・F・ケネディ元大統領の夫人だったジャクリーン・ケネディ。最愛の夫の暗殺事件からの4日間、彼女が取った行動とは…。かつてジャッキーの愛称で親しまれた元ファーストレディの知られざる姿に迫った歴史ドラマです。
監督:パブロ・ラライン 出演:ナタリー・ポートマン(ジャクリーン・”ジャッキー”・ケネディ)、キャスパー・フィリップソン(ジョン・F・ケネディ)、グレタ・ガーウィグ(パメラ・ターナー)、ピーター・サースガード(ロバート・F・ケネディ)、マックス・カセラ(ジャック・ヴァレンティ)ほか

「セトウツミ」のネタバレあらすじ結末

セトウツミの紹介:2016年日本映画。原作者・此元和津也による、大阪の高校生2人が川辺でただ会話劇を繰り広げるだけの漫画を映画化。監督は、「まほろ駅前多田便利軒」などを手がける大森立詞。出演者は、今旬の俳優、菅田将暉・池松壮亮がダブル主演を努めます。
監督:大森立詞 出演:池松壮亮(内海想)、菅田将暉(瀬戸小吉)、中条あやみ(樫村一期)、成田瑛基(鳴山)

「僕らのごはんは明日で待ってる」のネタバレあらすじ結末

僕らのごはんは明日で待ってるの紹介:2016年日本映画。瀬尾まいこのベストセラー小説「僕らのごはんは明日で待ってる(ぼくごは)」を映画化したもので、中学生の時に兄を亡くしてから心を閉ざした高校生の少年が、同級生の女子との交際を経て成長していく7年間を描いた青春ラブストーリーです。
監督:市井昌秀 出演者:中島裕翔(葉山亮太)、新木優子(上村小春)、美山加恋(鈴原えみり)、岡山天音(塚原優介)、片桐はいり(山崎真喜子)ほか

「イップ・マン3 継承」のネタバレあらすじ結末

イップ・マン 継承の紹介:2016年中国,香港映画。ブルース・リーの師匠として知られる伝説の武術家、イップ・マン。ドニー・イェンが主演するシリーズ第3弾はマイク・タイソンをゲストに迎え、犯罪のはびこる1959年の香港を舞台に愛する家族を守るために闘うイップ・マンの姿を描いています。
監督:ウィルソン・イップ 出演者:ドニー・イェン(イップ・マン)、リン・ホン(ウィンシン)、マックス・チャン(チョン・ティンチ)、パトリック・タム(マー・キンサン)、マイク・タイソン(フランク)ほか

1 2 3 4 5 6 7 13
TOP↑