最新映画一覧

「斉木楠雄のΨ難」のネタバレあらすじ結末

斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)の紹介:2017年日本映画。ピンクの頭に不思議なアンテナ、生まれた時から超能力を操る青年斉木楠雄。ただ普通の生活を送りたいだけなのに、彼の周りは常に騒々しい。そしてそんな彼の生活に追い打ちをかけるように学園祭が始まろうとしていた。週刊少年ジャンプで人気の同名漫画『斉木楠雄のΨ難』が同じく漫画原作で大ヒットを飛ばした「銀魂」の監督福田雄一で実写映画化。脱力系超能力ムービーとしてスクリーンに登場する。
監督:福田雄一 出演:山崎賢人(斉木楠雄)、橋本環奈(照橋心美)、新井浩文(燃堂力)、吉沢亮(海藤瞬)、笠原秀幸(灰呂杵志)、賀来賢人(窪谷須亜蓮)、ムロツヨシ(蝶野雨緑)、佐藤二朗(神田品助)、内田有紀(斉木久留美)、田辺誠一(斉木國春)、ほか

「ミックス。」のネタバレあらすじ結末

ミックス。の紹介:2017年日本映画。「リーガルハイ」などで知られる脚本家、吉沢良太待望の最新作。新垣結衣、瑛太ら豪華キャストで送る卓球ラブコメディ。元天才卓球少女の主人公、富田多美子は、恋人の会社の卓球部のエース江島晃彦を同じく会社の卓球部の小笠原愛莉に寝取られてしまう。田舎へ逃げ帰った多美子は、打倒江島愛莉ペアを目指し、全日本卓球選手権大会男女混合ダブルスの部に出場することを決意する。
監督:石川淳一 出演:新垣結衣(富田多美子)、瑛太(萩原久)、瀬戸康史(江島晃彦)、永野芽郁(小笠原愛莉)、広末涼子(吉岡弥生)、佐野勇斗(佐々木優馬)、遠藤憲一(落合元信)、落合美佳(田中美佐子)

「アナベル 死霊人形の誕生」のネタバレあらすじ結末

アナベル 死霊人形の誕生の紹介:2017年アメリカ映画。娘アナベルを亡くした人形師は娘の存在をまた感じたいと、人形を作る。しかしその人形に宿った魂はアナベルでは無く邪悪な悪魔の魂であった。12年間その人形を封印していたが、一人の少女が封印の扉を開けてしまった時悪魔の魂は人間を襲い始める。
監督:デビッド・F・サンドバーグ 出演:タリタ・ベイトマン(ジェニス)、ルル・ウィルソン(リンダ)、ステファニー・シグマン(シスターシャーロット)、アンソニー・ラパリア(サム)ほか

「ロキシー」のネタバレあらすじ結末

ロキシーの紹介:2016年アメリカ映画。アメリカの田舎町で出会った若い男女、偶然に出会った二人は恋に落ちますが、対立し分かれます。やがて、二人はお互いの家族の悲劇に出会い、壮絶な結末を迎えます。謎、銃撃、リベンジ、そして悲劇の恋を描きます。
監督:ゲイリー・マイケル・シュルツ 出演:ゾーイ・クラヴィッツ(ロキシー )、エミール・ハーシュ(ヴィンセント)、エモリー・コーエン(JC )、ゾーイ・ドゥイッチ(ケイト)、スコット・メスカディ(シュガー)、ほか

「婚約者の友人」のネタバレあらすじ結末

婚約者の友人の紹介:2016年フランス,ドイツ映画。戦死した婚約者の墓標の前で涙を流す青年、彼は婚約者の友人だと言う。しかし彼にはアンナと婚約者の両親には明かせない秘密があった。第1次世界大戦後のドイツが舞台となり、戦死した青年の友人と名乗る男と、遺族や残された婚約者の交流を描くドラマ。
監督:フランソワ・オゾン 出演:ピエール・ニネ(アドリアン)、パウラ・ベーア(アンナ)、エルンスト・シュトッツナー(ハンス)、マリー・グルーバー(マグダ)、ヨハン・フォン・ビューロー(クロイツ)、アントン・フォン・ルケ(フランツ)、ほか

「恋と嘘」のネタバレあらすじ結末

恋と嘘の紹介:2017年日本映画。無料マンガアプリ「マンガボックス」で連載され、人気を博した「恋と嘘」。夏にはアニメ化までされた今作が遂に待望の実写映画化。舞台は少子化の進んだ近未来の日本。これ以上の少子化に歯止めをかけるため、政府は「超・少子化対策法案」を施行していた。この政策は国民の遺伝子情報等を分析し、国が科学的に最良の結婚相手を決めるというもの。しかし、この政策は少子化が改善される反面、16歳にその相手を知らせる政府通知がいた以降、それ以外の相手とは自由に恋愛ができなくなってしまうという不自由で束縛された面もあった。そして、ついに主人公の仁坂葵のもとにも政府通知が届く。しかし、葵には政府通知の相手の他に既に恋人がいた。
監督:古澤健 出演:森川葵(仁坂葵)、北村匠海(司馬優翔)、佐藤寛太(高千穂蒼佑)、浅川梨奈(小夏)、田辺桃子(秋帆)、遠藤章造(仁坂遥一)、三浦理恵子(仁坂真理恵)、徳井義実(四谷大輔)、木下ほうか(高千穂匠社)、中島ひろこ(高千穂香澄)

「女神の見えざる手」のネタバレあらすじ結末

女神の見えざる手の紹介:2016年フランス,アメリカ映画。ロビーストとは企業などから依頼を受け、政治家に働きかけ、法律などを実現する人たちを言います。トランプ大統領はその影響力を懸念しています。エリザベスはやり手のロビースト、ロビー会社に勤めています。ある日、拳銃業界からの銃の所持に有利なロビー活動の依頼を断ります。エリザベスはライバル社に移籍し、銃を規制する政治活動を行ったことから、拳銃業界、政治家、元の会社と対立することになります。アメリカで社会問題化する、ロビー活動と銃の規制をあつかった社会派ドラマです。
監督;ジョン・マッデン 出演:ジェシカ・チャステイン(エリザベス・スローン)、マーク・ストロング(ロドルフォ・シュミット)、ググ・ンバータ=ロー(エズメ・マヌチャリアン)、アリソン・ピル(ジェーン・モロイ)、マイケル・スタールバーグ(パット・コナーズ)、ほか

「エル ELLE」のネタバレあらすじ結末

エル ELLEの紹介:2016年フランス映画。『ロボコップ』『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン監督が、『ベティ・ブルー / 愛と激情の日々』の原作者、フィリップ・ジャンの小説を映画化。一人の女性が強姦被害を受けていながら、全く回りに共感されない異色な女性をイザベル・ユペールが演じています。
監督:ポール・ヴァーホーヴェン 出演者:イザベル・ユペール(ミシェル)、ローラン・ラフィット(パトリック)、アンヌ・コンシニ(アンナ)、シャルル・ベルリング(リシャール)、ビルジニー・エフィラ(レベッカ)、ジョナ・ブロケ(ヴァンサン)

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」のネタバレあらすじ結末

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の紹介:2017年アメリカ映画。平和を願い、人類との共存を望んでいたエイプ(猿)のカリスマ的リーダー、シーザーの願いは、前作「猿の惑星 新世紀(ライジング)」で裏切り者のコバによって打ち砕かれた。シーザーはエイプのグループを率いて森へ撤退したが、人間の軍隊は猿を絶滅させるために彼らを後を追う。シーザーは森の秘密基地で聖戦を指揮しているという噂が囁かれ、強力な軍隊を統率している大佐がシーザーの抹殺をもくろむ。大佐によってけしかけられた大規模な戦争。シーザーの怒りと大佐の狂気が交錯し”聖戦”の火ぶたは切られた。猿と人類が未来を切り開く希望の地を目指して最後の死闘を繰り広げ、オリジナル版『猿の惑星』へとつながっていく。前2作に続いてシーザーを演じるのはアンディ・サーキス。大佐に扮するのは2度のアカデミー賞ノミネートを誇る個性派俳優ウディ・ハレルソン。雄大な自然の風景と、最先端のデジタルテクノロジーで、シリーズ最大のスケールを体感することができる作品。
監督:マット・リーヴス 出演:アンディ・サーキス(シーザー)、ウディ・ハレルソン(大佐)、カリン・コノヴァル(モーリス)、テリー・ノタリー(ロケット)、マイケル・アダムスウェイト(ルカ)、スティーヴ・ザーン(バット・エイプ)、ガブリエル・チャバリア(プリーチャー)、アミア・ミラー(ノバ)ほか

「ハイドリヒを撃て!」のネタバレあらすじ結末

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の紹介:2016年チェコ,イギリス,フランス映画。古くはフリッツ・ラング監督の『死刑執行人もまた死す』(1943年)によってあつかわれた1942年のハイドリヒ暗殺事件。冷酷さから「金髪の野獣」とあだ名されたナチスNo.3の男の暗殺の顛末をレジスタンスの悲劇的最期に至るまで描いた実録サスペンス映画。
監督:ショーン・エリス 出演者:キリアン・マーフィ(ヨゼフ・ガブチーク)、ジェイミー・ドーナン(ヤン・クビシュ)、シャルロット・ル・ボン(マリー・コヴァルニコヴァー)、アンナ・ガイスレロヴァー(レンカ・ファフコヴァー)、ハリー・ロイド(アドルフ・オパルカ)、トビー・ジョーンズ(ヤン・ゼレンカ=ハイスキー)、ほか

「パターソン」のネタバレあらすじ結末

パターソンの紹介:2016年アメリカ映画。ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼は秘密のノートに詩を書きとめる詩人でもある。妻の隣で目覚め、出勤し、帰宅し、犬の散歩をしてバーでビールを飲む。そんな決まりきった生活をおくる彼の人生の中のある七日間のささやかな事件や意外な出会い。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演者:アダム・ドライバー(パターソン)、ゴルシフテ・ファラハニ(ローラ)、バリー・シャバカ・ヘンリー(ドック)、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー(エヴェレット)、永瀬正敏(日本の詩人)

「チア☆ダン」のネタバレあらすじ結末

チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~の紹介:2017年日本映画。福井県にある高校のチアリーダー部が、2009年にアメリカのチアダンス大会で優勝した実話がもとになった映画。チアダンス部高校生の女の子達と彼女たちを支えた顧問との絆を描いている。全米大会制覇に向けて女子高生たちが努力していく姿を描く。
監督:河合勇人 出演:広瀬すず(友永ひかり)、中条あやみ(玉置彩乃)、山崎紘菜(紀藤唯)、富田望生(東多恵子)、福原遥(永井あゆみ)、真剣佑(山下孝介)、ほか

「ブラッド・スローン」のネタバレあらすじ結末

ブラッド・スローンの紹介:2017年アメリカ映画。家族と幸せに暮らすエリートサラリーマン、酒酔い運転から刑務所送りになります。そこで、反省の日々を過ごすのでなく、囚人仲間から、犯罪のノウハウを学び、家族とのコミュニケーションも断絶、悪の世界へ入り込みます。出所後も、家族と和解するのではなく、犯罪者集団の極道の世界に入り込んでいく男の運命を描いた映画です。
監督:リック・ローマン・ウォー 出演:ニコライ・コスター=ワルドー(ジェイコブ・ハーロン)、オマリ・ハードウィック(カッチャー)、レイク・ベル(ケイト)、ホルト・マッキャラニー(ビースト)、ほか

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」のネタバレあらすじ結末

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣の紹介:2016年イギリス,アメリカ映画。バレエ界に現れた若き才能セルゲイ・ポルーニン。破天荒な彼の行動は常に世間を騒がす。しかし彼にはたった一つの願いがあった。英国ロイヤルバレエ団で名声を誇るも、たった数年で退団してしまったバレエ界の異端児セルゲイ・ポルーニンを追うドキュメンタリー映画。
監督スティーヴン・カンター 出演:セルゲイ・ポルーニン

「忍びの国」のネタバレあらすじ結末

忍びの国の紹介:2017年日本映画。のぼうの城で一躍、人気作家の一人になった和田竜の同名原作小説を、中村義洋監督によって実写映画化。大人気アイドル嵐の大野智が時代劇初主演!史実にある「天正伊賀の乱」を基にした一大戦国エンターテイメント。織田家VS戦国忍者軍団逆転劇の幕が開く。
監督:中村義洋 出演:大野智(無門)、石原さとみ(お国)、鈴木亮平(下山平兵衛)、知念侑李(織田信雄)、マキタスポーツ(長野左京亮)、平祐奈(北畠凛)、満島真之介(下山次郎兵衛)、伊勢谷友介(日置大膳)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 16
TOP↑