最新映画一覧

「東京喰種 トーキョーグール」のネタバレあらすじ結末

東京喰種 トーキョーグールの紹介:2017年日本映画。東京喰種(トーキョーグール)はヤングジャンプで大人気連載中の石田スイによるダークファンタジー作品。原作者のデビュー作でありながら世界で発行部数3000万部を誇る大人気漫画。ヒトとして生きてきた主人公の金木研が半喰種となっていきていく事になった悲しく、そして苦悩を抱ききながら人間と喰種の共存を考えながら戦っていく物語である。
監督:萩原健太郎 出演者:窪田正孝(金木研/カネキ)、清水富美加(霧嶋董香/トーカ)、鈴木伸之(亜門鋼太朗)、桜田ひより(笛口雛実/ヒナミ)、蒼井優(神代利世/リゼ)、大泉洋(真戸呉緒)ほか

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」のネタバレあらすじ結末

ナミヤ雑貨店の奇蹟の紹介:2017年日本映画。大きな屋敷を飛び出し夜の街を走る敦也達3人。今しがたその屋敷で女性を縛り付け鞄をひったくった3人は一晩隠れるためとある空き家へと侵入する。そこはかつて雑貨店として構えていた今では廃墟と化している場所。しかしたった一晩過ごすつもりだったその場所に突然一通の手紙が舞い込んできた。それは過去と現代を繋ぐ奇蹟の手紙だった。日本を代表する小説家 東野圭吾原作の感動超大作。主演に国民的アイドルグループから山田涼介、そして西田敏行が抜擢、主題歌を山下達郎が担当している。
監督:廣木隆一 出演:山田涼介(矢口敦也)、村上虹郎(小林翔太)、寛一郎(麻生幸平)、成海璃子(皆月暁子)、門脇麦(セリ)、林遣都(松岡克郎)、西田敏行(浪矢雄治)、ほか

「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」のネタバレあらすじ結末

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1の紹介:2017年日本映画。12年の時を経て、テレビシリーズの製作陣が再結集。劇場版のために新たに製作された映像と12年前のテレビシリーズで使用されていた映像とを組み合わせて新たなエウレカセブンを作り上げた。私は行くよ。すべてを終わらせ、すべてを始めるために―― 地球をかけた人類が知的生命体スカブコーラルに対しての掃討作戦ネクロシス作戦が開始しようとしていた。作戦立案者であるアドロック・サーストンは作戦開始と同時に反旗を翻し人型コーラリアンであるエウレカとともにオリジネート・ゼロに乗り込み作戦の阻止に動き出す。そして10年後アドロック・サーストンが犠牲になったことにより救われた世界に残された息子レントンは一人荒野を歩きながら、一人の女の子との出会いを思い出す…
声優:三瓶由布子(レントン)、名塚佳織(エウレカ)、辻谷耕史(デューイ)、根谷美智子(タルホ)、小杉十郎太(チャールズ)、久川綾(レイ)、森川智之(ホランド)、古谷徹(アドロック)

「50年後のボクたちは」のネタバレあらすじ結末

50年後のボクたちはの紹介:2016年ドイツ映画。14歳のマイクはクラスメイトからサイコと呼ばれ変人扱いをされている。母親は愛情いっぱいにマイクと接してくれるが、アルコール依存症。父親は豊かな暮らしを与えてくれるが不倫中。密かに想いを寄せるタチアナからは相手にもされず毎日を退屈に過ごしていた。そんなある日、マイクの学校にチックと呼ばれる風変わりな転校生がやってきた。夏休み初日、チックはどこからか無断で借用してきたオンボロ車でマイクの家へやってきてドライブに誘う。目指すはドイツ語で未開の地を意味するワラキア。窮屈な生活を脱出し、これまでに見たことのない景色を目にしていく2人。旅の途中、警察に追われたりガス欠になったりとハプニングは続くが、様々な人たちとの出会いによって次第に2人は自分の居場所を見つけていく。原作はベストセラー小説『14歳、ぼくらの疾走』。世界三大映画祭を制覇したドイツの名匠ファティ・アキンが原作に惚れ込み完成させた作品。
監督:ファティ・アキン 出演:トリスタン・ゲーベル(マイク・クリンゲンベルク)、アナンド・チョローンバータル(チック)、メルセデス・ミュラー(イザ)、アニャ・シュナイダー(マイクの母)、ウーヴェ・ボーム(マイクの父 / ヨーゼフ・クリンゲンベルク)、アニヤ・ウィンデル(タチアナ)ほか

「スクランブル」のネタバレあらすじ結末

スクランブルの紹介:2017年フランス,アメリカ映画。高級クラシックカー専門の強盗団・フォスター兄弟が盗み出したのは、37年型ブガッティ。先日のオークションでも4100万ユーロで落札された超高級車だったが、兄弟はこの車を落札した残忍なマフィア、モリエールの怒りを買うことになってしまう。兄弟は自分たちの命と引き換えにある盗みの仕事をモリエールに提案する。それは、モリエールと敵対するマフィア、クレンプが所有する62年型フェラーリを一週間で盗むことだった。
監督:アントニオ・ネグレ 出演:スコット・イーストウッド(アンドリュー・フォスター)、フレディ・ソープ(ギャレット・フォスター)、アナ・デ・アルマス(ステファニー)、ガイア・ワイス(デビン)、ほか

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」のネタバレあらすじ結末

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールの紹介:2017年日本映画。中学生にして奥田民生に強い憧れを抱いた男コーロキ。30歳を過ぎ雑誌編集者となった今もその憧れは無くならないままだった。ある日仕事でアパレル会社へと向かった所、そこで働く広報の女性に一目惚れする。そしてとんとん拍子に付き合うことになり有頂天になる彼だが、その女あかりには秘密があった。「モテキ」「バクマン。」で絶大な評価を獲得する大根監督による漫画原作の実写映画化。
監督:大根仁 出演:妻夫木聡(コーロキ)、水原希子(天海あかり)、新井浩文(吉住)、安藤サクラ(美上ゆう)、天海祐希(江藤美希子)、リリー・フランキー(倖田シュウ)、ほか

「ナインイレヴン 運命を分けた日」のネタバレあらすじ結末

ナインイレヴン 運命を分けた日の紹介:2017年アメリカ映画。2011年9月11日、同時多発テロが起きたワールドトレードセンターに離婚調停中であった妻イヴといたジェフリー。テロは彼らが他3人とエレベーターに乗っている時に起き、彼らはエレベーターと言う密室の中で恐怖の時間を過ごすのだった。
監督:マルティン・ギギ 出演:チャーリー・シーン(ジェフリー)、ウーピー・ゴールドバーグ(メッツィー)、ジーナ・ガーション(イヴ)、ルイス・ガスマン(エディ)、ウッド・ハリス(マイケル)、オルガ・フォンダ(ティナ)、ジャクリーン・ビセット(ダイアン)、ほか

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」のネタバレあらすじ結末

ボブという名の猫 幸せのハイタッチの紹介:2016年イギリス映画。路上ミュージシャンをしていたホームレス同然だったジェームズは薬物中毒で死と隣り合わせの毎日を送っていた。そんなジェームズが一匹の茶トラの猫と出会ったことで人との繋がりを取り戻し、社会に復帰して、ベストセラー本とベストヒット映画を世に送り出すことになるまでの実話を元にした映画です。
監督:ロジャー・スポティスウッド 出演:ルーク・トレッダウェイ(ジェームズ・ボーエン)、ルタ・ゲドミンタス(ベティ)、ジョアンヌ・フロガット(ヴァル)、アンソニー・ヘッド(ジャック・ボーエン)、キャロライン・グッドオール(メアリー)、ほか

「ダンケルク」のネタバレあらすじ結末

ダンケルクの紹介:2017年イギリス,アメリカ,フランス映画。1940年、第二次世界大戦初期。フランス最北部ダンケルク海岸でドイツ軍に包囲され逃げ場を失った英仏連合軍。チャーチルはダイナモ作戦によってダンケルクから30万人以上の兵士を撤退させるよう命を下す。防波堤、トミー2等兵は自身の分隊が敵に銃撃され全滅。1人で逃げ、海岸へ逃げ込む。そこで無口なギブソンと出会い、行動を共にする。海では、ダイナモ作戦での民間船徴用のためドーソンが息子のピーターとピーターの友達ジョージと共に自身の小型船でダンケルクへ救出へ向かう。空では、英国軍パイロットのファリアとコリンズがスピットファイア戦闘機で、ダンケルクから出た駆逐艦を狙うドイツ空軍を追撃する。陸の一週間、海の1日、空の1時間をクリストファー・ノーラン監督が得意の時間のトリックを使い、実際に戦いのあったダンケルクで撮影。ノーラン監督初の実話をベースとした物語でCGをほとんど使わず撮られたことでも話題を呼んだ。映画ダンケルクはIMAXカメラで撮影されているため、通常の映画館では上下40%の画面範囲がカットされているため、IMAXシアターでの鑑賞がオススメとなっている。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:フィオン・ホワイトヘッド(トミー)、トム・グリン=カーニー(ピーター)、ジャック・ロウデン(コリンズ)、ハリー・スタイルズ(アレックス)、アナイリン・バーナード(ギブソン)、ほか

「甘き人生」のネタバレあらすじ結末

甘き人生の紹介:2016年イタリア,フランス映画。9歳の少年マッシモの母親が「楽しい夢を」ということばを残してある日突然いなくなる。30年後、ジャーナリストになった彼は真実に目覚めなければならなくなる。ジャーナリストのマッシモ・グラメリーニによる自伝小説を『愛の勝利を ムッソリーニを愛した女』等のマルコ・ベロッキオ監督が映画化した。
監督:マルコ・ベロッキオ 出演者:ヴァレリオ・マスタンドレア(マッシモ)、ベレニス・ベジョ(エリーザ)、グイド・カプリーノ(マッシモの父)、ニコロ・カブラス(マッシモ・幼少期)、ダリオ・ダル・ペーロ(マッシモ・少年期)、バルバラ・ロンキ(マッシモの母)、ほか

「エイリアン:コヴェナント」のネタバレあらすじ結末

エイリアン:コヴェナントの紹介:2017年アメリカ映画。人類移住計画の中、ある星へと向かう一隻の宇宙船コヴェナント号。アンドロイドのウォルターを1人船内に残し他乗組員を含む多数の人間は冷凍睡眠の中にあった。そんな時、船はある惑星の存在を捕らえた。本来の目的地よりも近く人類が生存可能な環境の星。希望を乗せ乗組員達はその星に降り立つもそこには謎の存在が蠢いていた。2012年公開「プロメテウス」から5年ぶりの続編となる本作。監督は前作に引き続きリドリー・スコット、キャッチコピーは「絶望の、産声」。
監督:リドリー・スコット 出演:マイケル・ファスベンダー(デヴィッド/ウォルター)、キャサリン・ウォーターストン(ダニエルズ)、ビリー・クラダップ(オラム)、ダニー・マクブライド(テネシー)、デミアン・ビチル(ロープ)、カーメン・イジョゴ(カリン)、ほか

「三度目の殺人」のネタバレあらすじ結末

三度目の殺人の紹介:2017年日本映画。弁護士の重盛のもとへ来た依頼者は、殺人の罪で捕まった1人の男。彼は何故か罪を認めており、そのうえで減刑を願っていた。さらに奇妙なことに会う度に供述を変えその真意は測れない。初めはあまり興味の無かった男の話、しかし次第に重盛は真実への興味を抱き始める。2013年に国内外で高い評価を得た「そして父になる」の是枝監督と福山雅治が再びタッグを組んだ日本の影に迫る本格サスペンス。三度目の殺人は第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に正式出品された。
監督:是枝裕和 出演:福山雅治(重盛朋章)、広瀬すず(山中咲江)、満島真之介(川島輝)、市川実日子(篠原一葵)、松岡依都美(服部亜紀子)、井上肇(小野稔亮)、斉藤由貴(山中美津江)、吉田鋼太郎(摂津大輔)、役所広司(三隅高司)、ほか

「スキップ・トレース」のネタバレあらすじ結末

スキップ・トレースの紹介:2016年アメリカ,中国,香港映画。香港刑事のベニーは殺されたパートナー、ヤンの犯人を追うことに人生をかけていた。ひょんなことから一緒に行動することとなったアメリカ人詐欺師のコナーが黒幕の悪事を暴けると知ると彼の協力を得て真相を突き止める。
監督:レニー・ハーリン 出演:ジャッキー・チェン(ベニー・チャン)、ジョニー・ノックスヴィル(コナー・ワッツ)、ファン・ビンビン(サマンサ)、エリック・ツァン(ヤン)、イヴ・トーレス(ダーシャ)、ヨン・ジョンフン(ハンサム・ウィリー)、ウィンストン・チャオ(ヴィクター・ウォン)、シー・シー(レスリー)、ほか

「ヒトラーへの285枚の葉書」のネタバレあらすじ結末

ヒトラーへの285枚の葉書の紹介:2016年ドイツ,フランス,イギリス映画。ヒトラー政府に反対する葉書を2年余りにわたって建物の階段に置き続けた職工夫婦の実話に基づくハンス・ファラダの小説『ベルリンに一人死す』の映画化。監督は『王妃マルゴ』等の俳優であるヴァンサン・ペレーズ。英語作品。
監督:ヴァンサン・ペレーズ 出演者:エマ・トンプソン(アンナ・クヴァンゲル)、ブレンダン・グリーソン(オットー・クヴァンゲル)、ダニエル・ブリュール(エッシャリヒ警部)、ミカエル・パーシュブラント(親衛隊大佐プラル)、カトリン・ポリット(エーファ・クルーゲ)

「関ヶ原」のネタバレあらすじ結末

関ケ原の紹介:2017年日本映画。豊臣秀吉の元へと引き取られた石田三成。誰よりも秀吉を想い、誰よりも国のことを想うあまり天下を狙う家康を酷く敵視していた。2人の因縁は次第に大きくなり、とうとう西軍、東軍に分かれての合戦が目の前へと迫ることになる。作家司馬遼太郎原作の「関ヶ原」を映画化、日本最大の歴史的合戦が豪華キャストにより現代に蘇る。
監督:原田眞人 出演:岡田准一(石田三成)、有村架純(初芽)、平岳大(島左近)、東出昌大(小早川秀秋)、北村有起哉(井伊直政)、滝藤賢一(豊臣秀吉)、松山ケンイチ(直江兼続)、役所広司(徳川家康)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 16
TOP↑