岡田将生映画一覧

岡田将生が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」のネタバレあらすじ結末

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章の紹介:2017年日本映画。杜王町という平和な街へと越して来た広瀬康一。しかし平穏な生活はある青年東方仗助との出会いで無くなってしまう。街に身を潜む殺人犯、猟奇的な殺人事件。広瀬康一と彼の友人となる東方仗助は謎の青年の策略に飲まれていく。日本で大人気のコミックシリーズ「ジョジョの奇妙な冒険」の実写化。主演は数多くの実写化作品で人気を誇る山崎賢人。
監督:三池崇史 出演:山﨑賢人(東方仗助)、神木隆之介(広瀬康一)、小松菜奈(山岸由花子)、岡田将生(虹村形兆)、新田真剣佑(虹村億泰)、観月ありさ(東方朋子)、國村隼(東方良平)、山田孝之(片桐安十郎)、伊勢谷友介(空条承太郎)、ほか

「銀魂」のネタバレあらすじ結末

銀魂(ぎんたま)の紹介:2017年日本映画。カブト狩りから戻った銀時達を待っていたのは桂の連れであるエリザベス。彼(?)が言うには桂が突如姿を消してしまったということだった。その時同時に銀時宛てにある依頼が入る。刀鍛冶の村田からの依頼であり盗まれた妖刀「紅桜」を取り戻してほしいとのこと。その頃街には辻斬りが横行しておりかぶき町によからぬ風が吹き荒れていた。週刊少年ジャンプの大人気漫画「銀魂」初の実写映画化。監督は「勇者ヨシヒコ」でお馴染みの福田雄一が務め、笑って泣ける最高のエンターテインメントが誕生する。
監督:福田雄一 出演:小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、新井浩文(岡田似蔵)、吉沢亮(沖田総悟)、早見あかり(村田鉄子)、岡田将生(桂小太郎)、堂本剛(高杉晋助)、ほか

「エイプリルフールズ」のネタバレあらすじ結末

エイプリルフールズの紹介:2015年日本映画。4月1日、エイプリルフールにいろんな場所でつかれた嘘が繋がって奇跡を起こします。戸田恵梨香、松坂桃李をはじめとする総勢27人の豪華な登場人物にも注目のエンターテイメントです。
監督:石川淳一 出演:戸田恵梨香(新田あゆみ)、松坂桃李(牧野亘)、ユースケ・サンタマリア(接客係)、小澤征悦(オーナーシェフ)、菜々緒(麗子)、戸次重幸(ある夫)、ほか

「秘密 THE TOP SECRET」のネタバレあらすじ結末

秘密 THE TOP SECRETの紹介:2016年日本映画。死者の脳内映像から真犯人を追う警察部隊、通称第九。殺害された人物、および、殺人を犯した人物の脳内映像を自分の脳内に取り込むという危険な行為のため、警察はこの部隊の存在を公にはしてはいなかった。新たに優秀な刑事である青木も配属され、いよいよ第九は正式な舞台として認められようとしていた。しかし、死刑が執行された一家殺人犯の脳内をみたところ冤罪ということが発覚し刑事課と第九は争うことになる。
監督:大友啓史 出演:生田斗真(薪剛)、岡田将生(青木一行)、吉川晃司(貝沼清孝)、松坂桃李(鈴木克洋)、栗山千明(三好雪子)、リリー・フランキー(斎藤純一郎)、椎名桔平(露口浩一)、大森南朋(眞鍋駿介)、ほか

「偉大なる、しゅららぼん」のネタバレあらすじ結末

偉大なる、しゅららぼんの紹介:2013年日本映画。滋賀県湖畔の街を舞台に、先祖代々より神から授かった特殊な力を持つ一族が巻き込まれる奇想天外な騒動をコミカルに描いた作品。万城目学の同名小説が原作となっており、予想できない展開に最後まで目が離せません。
監督:水落豊 出演:濱田岳(日出淡十郎)、岡田将生(日出涼介)、深田恭子(日出清子)、渡辺大(棗広海)、大野いと(速水沙月)、ほか

「何者」のネタバレあらすじ結末

何者の紹介:2016年日本映画。「桐島、部活やめるってよ」で知られる朝井リョウの直木賞受賞作「何者」が原作。就職活動を通して自分が何者かを模索する学生たちを描く青春映画。ある目的を持ち集まった5人、それは「就活」。拓人もまたそんな5人の内の一人だった。日々就活に追われるあまり次第に周りが見えなくなる。そんな彼らの逃げ道の一つとして使われるのがSNS。情報を収集し発散させる、そうやって何かを得ようとしていた。しかしそれは時に情報となり凶器となり疑問へと変わる。
監督:三浦大輔 出演:佐藤健(二宮拓人)、有村架純(田名部瑞月)、二階堂ふみ(小早川理香)、菅田将暉(神谷光太郎)、岡田将生(宮本隆良)、山田孝之(サワ先輩)、ほか

「宇宙兄弟」のネタバレあらすじ結末

宇宙兄弟の紹介:2012年日本映画。週刊「モーニング」で連載の小山宙哉原作ベストセラー漫画を、小栗旬と岡田将生が主演で実写映画化。六太は宇宙飛行士である弟・日々人の後を追いかけ、宇宙飛行士の試験を受ける。二人で宇宙に行く夢をかなえるために・・・!
監督:森義隆 出演:小栗旬(南波六太)、岡田将生(南波日々人)、麻生久美子(伊東せりか)、濱田岳(古谷やすし)、新井浩文(溝口大和)、ほか

「アントキノイノチ」のネタバレあらすじ結末

アントキノイノチの紹介:2011年日本映画。複雑な過去により心を閉ざしてしまった若者たちが、遺品整理という仕事を通して再生していく姿を描く。原作となったのはさだまさしの小説。キャッチコピーは「それでも、遺されたのは未来」。題名からアントニオ猪木を連想するが、この作品とは一切関係なく、出演もしていないが、作品を最後まで観ると題名の意味がわかります。
監督:瀬々敬久 出演:岡田将生(永島杏平)、榮倉奈々(久保田ゆき)、松坂桃李(松井新太郎)、鶴見辰吾(古田)、宮崎美子(美智子)、原田泰造(佐相)、ほか

「僕の初恋をキミに捧ぐ」のネタバレあらすじ結末

僕の初恋をキミに捧ぐの紹介:2009年日本映画。青木琴美原作の少女漫画の実写化で岡田将生と井上真央が主演。20歳まで生きられない限られた命の少年と、献身的に彼を支えようとする少女のまっすぐで純粋な恋の行方が描かれる。
監督:新城毅彦 出演:井上真央(種田繭)、岡田将生(垣野内逞)、杉本哲太(垣野内稔)、森口瑤子(垣野内涼子)、細田よしひこ(鈴谷昂)、原田夏希(上原照)、堀内敬子(鈴谷良美)、窪田正孝(杉山律)、仲村トオル(種田孝仁)、ほか

「悪人」のネタバレあらすじ結末

悪人の紹介:2010年日本映画。朝日新聞に連載され、大佛次郎賞と毎日出版文化賞を受賞した吉田修一の話題作を映画化。保険外交員女性・石橋佳乃が遺体で発見された。彼女が片想いしていた大学生・増尾圭吾に容疑がかかるが、真犯人は佳乃が出会い系サイトで知り合った男性・清水祐一だと断定される。祐一に警察の捜査の手が伸びていくが、それを知った祐一は出会い系サイトで知り合い関係を持った女性・馬場光代と逃亡することに。
監督:李相日 出演:清水祐一(妻夫木聡)、馬場光代(深津絵里)、増尾圭吾(岡田将生)、石橋佳乃(満島ひかり)、清水房枝(樹木希林)、石橋佳男(柄本明)ほか

「ひみつのアッコちゃん」のネタバレあらすじ結末

ひみつのアッコちゃんの紹介:2012年日本映画。赤塚不二夫の人気コミック「ひみつのアッコちゃん」の実写映画版。鏡を大事にしていたアッコちゃんの前に鏡の精を名乗る男が現れ、アッコに、とある物を渡す。それは、なりたいものになれる魔法のコンパクトだった。アッコがひとめぼれした早瀬尚人の働く化粧品会社を立て直すため奮闘する姿を描く。
監督: 川村泰祐 出演者:綾瀬はるか(加賀美あつ子(アッコ))、岡田将生(早瀬尚人)、谷原章介(熱海専務)、吹石一恵(青山マリくん)、吉田里琴(少女のあつ子(アッコ))、香川照之(鏡の精)、ほか

「ホノカアボーイ」のネタバレあらすじ結末

ホノカアボーイの紹介:2008年日本映画。ハワイ島の北の端に実在する小さな町ホノカアに住む日系アメリカ人コミュニティを舞台にした映画。町の映画館で映写技師として働くことになった青年と、そこに暮らす人々の人間模様がつづられる。人気作家、吉田玲雄のホノカアボーイが原作。岡田将生の初主演映画。
監督:真田敦  出演者:岡田将生(レオ)、倍賞千恵子(ビー)、長谷川潤(マライア)、喜味こいし(コイチ)、正司照枝(みずえ)、蒼井優(カオル)、深津絵里(チャコ)、吉田玲雄(トム)、松坂慶子(エデリ)ほか

「謝罪の王様」のネタバレあらすじ結末

謝罪の王様の紹介:2013年日本映画。宮藤官九郎脚本のコメディ映画です。謝罪を生業とする主人公が様々な問題を解決していくストーリーです。幾つかの章に分かれて話しは進んでいきますが、いずれも何かしら関係する要素があり、一つ一つの伏線が回収されていくような展開になっています。
監督:水田伸生 出演:阿部サダヲ(黒島譲)、井上真央(倉持典子)、岡田将生(沼田卓也)、尾野真千子(宇部美咲)、竹野内豊(箕輪正臣)、荒川良々(和田耕作)、高橋克実(南部哲郎)ほか

「潔く柔く」のネタバレあらすじ結末

潔く柔く きよくやわくの紹介:2013年日本映画。それぞれ消えない過去の傷を持っている二人が出会い、その出会いから過去の傷を乗り越えようとする。それぞれの方法で過去の傷を乗り越えようとする二人。
監督:新城毅彦 出演者: 長澤まさみ(瀬戸カンナ )、岡田将生(赤沢禄)、 波瑠(川口朝美)、高良健吾(春田一恵)ほか

「ハルフウェイ」のネタバレあらすじ結末

ハルフウェイの紹介:2008年日本映画。片思いしていたシュウから夢のような告白を受けたヒロ。付き合うことになった二人は楽しい日々を送るけど、高校3年生の二人はそれぞれ希望する大学が違い、一緒にいる時間が少ない事実で悩む。
監督:北川悦吏子 出演者: 北乃きい(ヒロ)、 岡田将生(シュウ)、溝端淳平(タスク)、仲里依紗(メメ)、成宮寛貴(担任の高梨先生)、ほか

1 2
TOP↑