押井守監督映画一覧

押井守監督映画のネタバレあらすじ一覧です。押井守監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、押井守監督作品の一覧です。

「スカイ・クロラ」のネタバレあらすじ結末

スカイ・クロラ The Sky Crawlersの紹介:2008年日本映画。原作は、森博嗣のベストセラー「スカイ・クロラ」他、全6冊のシリーズ。思春期の姿のまま、永遠に生きることを宿命づけられた子ども達「キルドレ」。他者に殺されることでのみ、死を得られる特別な体で、戦闘機のパイロットとして空へ。無情に繰り返される同じような毎日の中で、それでも懸命に生き、誰かを愛し、運命を変えようとする子ども達の姿を描く物語です。ヴェネチア国際映画祭でデジタル賞を受賞した、臨場感あふれる3DCG映像にも注目です。
監督:押井守 出演者:菊地凛子(草薙水素)、加瀬亮(函南優一)、谷原章介(土岐野尚史)、栗山千明(三ツ矢碧)、竹中直人(マスター)、ひし美ゆり子(ユリ)、榊原良子(笹倉永久)

「イノセンス」のネタバレあらすじ結末

イノセンスの紹介:2004年日本映画。劇場版「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」のラストで、草薙素子が失踪してから3年後の2032年。政府直属機関・公安9課で起こる新たな事件を描いた作品です。少女の姿に作られた愛玩用アンドロイドが突然暴走し、持ち主を惨殺する事件が相次ぎます。公安9課の刑事、バトーとトグサが捜査を開始。暴走事故の背後にある、巨大な組織犯罪の真相に迫っていきます。第25回日本SF大賞受賞。第57回カンヌ映画祭コンペティション部門で上映されました。
監督:押井守 声優:大塚明夫(バトー)、山寺宏一(トグサ)、田中敦子(草薙素子)、大木民夫(荒巻大輔)、仲野裕(イシカワ)、榊原良子(ハラウェイ)、竹中直人(キム)

「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0」のネタバレあらすじ結末

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0の紹介:2008年日本映画。ハリウッドでも実写化を果たした大人気シリーズ『攻殻機動隊』の劇場版アニメ。今よりも未来の世界、より先進的な世界になった日本で起こる犯罪に立ち向かう攻殻機動隊の活躍を見逃すな。
監督:押井守 声優:田中敦子(草薙素子)、大塚明夫(バトー)、山寺宏一(トグサ)、仲野裕(イシカワ)、大木民夫(荒巻大輔)、玄田哲章(中村部長)、ほか

「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」のネタバレあらすじ結末

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊の紹介:1995年日本映画。2017年ハリウッドでの実写化が決定した攻殻機動隊シリーズ。90年代に制作されたとは思えない程のクオリティ、そして根強い人気を誇る。その漸進的なストーリーは、海外映画のマトリックスなどにも影響を与えたとされている。
監督:押井守 声の出演:田中敦子(草薙素子)、大塚明夫(バトー)、山寺宏一(トグサ)、仲野裕(イシカワ)、大木民夫(荒巻大輔)、家弓家正(人形使い)、坂本真綾(少女の義体)ほか

「Avalon アヴァロン」のネタバレあらすじ結末

Avalon アヴァロンの紹介:2000年日本映画。アヴァロンと呼ばれる仮想空間での戦闘ゲームを題材にした哲学的映画。ヘッドギアを装着して意識領域までゲームの世界へ入り込む設定。ポーランドで撮影されポーランド語での進行。
監督:押井守 声の出演:マウゴジャータ・フォレムニャック(アッシュ)、バルトウォミエイ・シフィデルスキ(スタンナ)、イェジ・グデイコ(マーフィー)、ダリウシュ・ビスクプスキ(司教)、ヴァディスワフ・コヴァルスキ(ゲームマスター)ほか

TOP↑