リメイク映画一覧

リメイク映画のネタバレあらすじ一覧です。過去に製作されたオリジナル映画が原案となった同じ設定やストーリーになっている映画や、リブート映画などの、原作は同じでも設定やストーリーに変更が加えられている映画もあります。

「THE JUON/呪怨」のネタバレあらすじ結末

THE JUON/呪怨の紹介:2004年アメリカ,日本映画。『呪怨』の清水崇監督がハリウッドでリメイク。和の空間での恐怖というジャパニーズホラーの恐さをコンセプトにした清水監督の希望で、日本での撮影が行われ、伽椰子・俊雄もオリジナル版の呪怨と同じく藤貴子と尾関優哉が演じる。
監督:清水崇 出演者:サラ・ミシェル・ゲラー(カレン)、ジェイソン・ベア(ダグ)、クレア・ヴァル(ジェニファー)、ウィリアム・メイ・ポーザー(マシュー)、ビル・プルマン(ピーター)、石橋凌(中川秀人刑事)、松永博史(五十嵐陽介刑事)、真木よう子(関根洋子)

「ジャッカル」のネタバレあらすじ結末

ジャッカルの紹介:1997年アメリカ映画。1973年公開の映画「ジャッカルの日」をリメイクしたアクション・サスペンスです。正体不明の超大物殺し屋“ジャッカル”と、彼を追うIRAの元テロリストとの闘いを描いています。
監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ 出演者:ブルース・ウィリス(ジャッカル)、リチャード・ギア(デクラン・マルクィーン)、シドニー・ポワチエ(カーター・プレストン)、(ヴァレンチーナ・コスロヴァ)、マチルダ・メイ(イザベラ・ザンコーナ)ほか

「デューン 砂の惑星」のネタバレあらすじ結末

デューン 砂の惑星の紹介:2000年アメリカ,カナダ,ドイツ映画。長寿と宇宙旅行に用いるスパイスを巡り、惑星デューンの覇権争いが起こっていた。デューンに住まうフレメンの民は救世主が現れるという予言を信じその存在を待っていた。時の皇帝シャダムは公爵レトの人気が自分の身を滅ぼすと危惧し、宿敵ハルコネン家に暗殺を依頼する。超能力を操る母の血ジェシカの力を受け継ぎ、レトとジェシカと共にデューンへ舞い降りた息子ポールは、否応なしにこの戦いに巻き込まれていく…。
監督:ジョン・ハリソン 出演:ウィリアム・ハート、アレック・ニューマン、サスキア・リーヴス、イアン・マクニース、ラズロ・I・キッシュ、ほか

「メカニック」のネタバレあらすじ結末

メカニックの紹介:2011年アメリカ映画。アーサーはメカニックと呼ばれる殺し屋でその凄腕だった。ある日彼は、友人の暗殺を依頼され、仕方が無く遂行する。その友人には息子が居て、償いをするようにアーサーは彼を弟子にする。しかしその友人の暗殺には不義がある、それを知ったアーサーは制裁を決意する。だがその時、自分が友人を殺した事を息子にも知られてしまう。名作クライムサスペンス映画をジェイソン・ステイタム主演でリメイクした一作。
監督:サイモン・ウェスト 出演者: ジェイソン・ステイサム(アーサー・ビショップ)、ベン・フォスター(スティーブ・マッケンナ)、ドナルド・サザーランド(ハリー・マッケンナ)、トニー・ゴールドウィン(ディーン・サンダーソン)、ジェームズ・ローガン(ホルヘ)、ミニ・アンデン(サラ)、ほか

「シャーロットのおくりもの(2006年)」のネタバレあらすじ結末

シャーロットのおくりものの紹介:2006年アメリカ映画。1匹の子ブタをめぐって人間の少女と賢くて心優しいクモが奇跡を起こすファンタジー。アニメにもなったロングセラー児童書を実写版で映画化。
監督:ゲイリー・ウィニック 出演: ダコタ・ファニング(ファーン・エラブル)、ジュリア・ロバーツ(クモのシャーロット)、スティーヴ・ブシェミ(ネズミのテンプルトン)、ケヴィン・アンダーソン(Mr.エラブル)、エシー・デイヴィス(Mrs.エラブル)、キャシー・ベイツ(牛のビッツィー)、ロバート・レッドフォード(馬のアイク)、ほか

「遙か群衆を離れて(2015年)」のネタバレあらすじ結末

遙か群衆を離れての紹介:2015年イギリス映画。19世紀のイギリス、おじから受け継いだ農場を経営する女性バスシェバ・エヴァディーンが、羊使いガブリエル、軍曹のトロイ、隣人のボールドウッドの3人の男性から求婚され、真実の愛を最後に知るというドラマ映画。
監督:トマス・ウィンターベア 出演者:キャリー・マリガン(バスシェバ・エヴァディーン)、マイケル・シーン(ボールドウッド氏)、マティアス・スーナールツ(ガブリエル・オーク)、トム・スターリッジ(フランク・トロイ)ほか

「マイアミ・バイス」のネタバレあらすじ結末

マイアミ・バイスの紹介:2006年アメリカ映画。1984年から1989年にかけてアメリカで放映していた大ヒット刑事ドラマ「特捜刑事マイアミ・バイス」を映画化したもので、マイアミ警察の刑事二人が巨大な麻薬密輸組織に決死の潜入捜査を決行する姿を描いた作品です。
監督:マイケル・マン 出演者:コリン・ファレル(ジェームズ・ソニー・クロケット)、ジェイミー・フォックス(リカルド・タブス)、コン・リー(イザベラ)、ナオミ・ハリス(トゥルーディー・ジョプリン)、キアラン・ハインズ(ジョン・フジマ)ほか

「おとうと (2009年)」のネタバレあらすじ結末

おとうとの紹介:2009年日本映画。巨匠・山田洋次監督が、市川崑監督の同名作品(1960年公開)へのオマージュとして製作したものです。小さな薬局を営む姉と、やんちゃな風来坊の弟との交流が姉の一人娘の視点から描かれます。
監督:山田洋次 出演者:吉永小百合(高野吟子)、笑福亭鶴瓶(丹野鉄郎)、蒼井優(高野小春)、加藤治子(高野絹代)、小林稔侍(丹野庄平)ほか

「22年目の告白 私が殺人犯です」のネタバレあらすじ結末

22年目の告白 私が殺人犯ですの紹介:2017年日本映画。2017年のある日、日本全国民が震撼する。その日会見に現れたのは一人の男。彼は一冊の本を手に衝撃的な言葉を口にした。22年前に起きた5人の連続殺人、その犯人だと。男の名前は曾根崎雅人、いつまでたっても警察が捕まえに来ず時効を迎えたため自ら公の場に姿を現した。そしてその日から全国民が彼に惑わされることになる。そんな彼を険しい顔で見つめるのは警察官でありかつて彼を捕まえ損ねた牧村刑事(伊藤英明)。韓国で大ヒットを飛ばした「殺人の告白」を藤原竜也と伊藤英明のW主演で入江悠監督がリメイク。キャッチコピーは「すべての国民が、この男に狂わされる。」
監督:入江悠 出演:藤原竜也(曾根崎雅人)、伊藤英明(牧村航)、夏帆(岸美晴)、野村周平(小野寺拓巳)、石橋杏奈(牧村里香)、竜星涼(春日部信司)、早乙女太一(戸田丈)、ほか

「キングコング」のネタバレあらすじ結末

キングコングの紹介:1976年アメリカ映画。特撮映画の金字塔である「キング・コング」(1933年)のリメイクとして製作された作品で、舞台設定を公開当時の1976年に設定、南の島からニューヨークに連れてこられたキングコングが世界貿易センタービルを舞台に暴れ回ります。
監督:ジョン・ギラーミン 出演者:ジェフ・ブリッジス(ジャック・プレスコット)、チャールズ・グローディン(フレッド・ウィルソン)、ジェシカ・ラング(ドワン)、ジョン・ランドルフ(ロス船長)、ルネ・オーベルジョノワ(バグリー)ほか

「トランスポーター イグニション」のネタバレあらすじ結末

トランスポーター イグニションの紹介:2015年フランス映画。映画トランスポーター4作目のシリーズで主役をエド・スクレインに変えたアクション映画です。リュック・ベッソンが制作、脚本を務めた注目作品です。主役が変わったことで賛否両論ありますが、前作同様、スリリングな運び屋の仕事を描くスタイルは変わっていません。美しい街並みと、かっこいい車、美女がたくさん出てくるので、男の人は好きな映画かもしれません。
監督: カミーユ・ドゥラマーレ 出演者: エド・スクライン(フランク・マーティン)、レイ・スティーヴンソン(フランク・シニア)、ロアン・シャバノル(アンナ)、ガブリエラ・ライト(ジーナ)、タティアナ・パイコビッチ(マリア)、ウェンシア・ユー(キャオ)、ほか

「あやしい彼女」のネタバレあらすじ結末

あやしい彼女の紹介:2016年日本映画。大ヒットした韓国映画「怪しい彼女」のリメイクで、舞台を日本に置き換えて制作したコメディ映画です。73歳の老人がひょんなことから20歳の姿に若返ってしまったことから騒動に巻き込まれていきます。
監督:水田伸生 出演者:多部未華子(大鳥節子/20歳の瀬山カツ)、倍賞美津子(73歳の瀬山カツ)、小林聡美(瀬山幸恵)、北村匠海(瀬山翼)、志賀廣太郎(中田次郎)ほか

「私は貝になりたい(2008年)」のネタバレあらすじ結末

私は貝になりたいの紹介:2008年日本映画。元陸軍中尉である加藤哲太郎の手記の一部分を基に製作された戦争映画。平凡な主人公が戦争に翻弄されて、理不尽な裁判の末に処刑されるまでの拘置所での生活や、残された家族との愛を描いている。豪華なキャストが話題を呼び、特に主人公を演じた中居正広による迫真の演技は、映画関係者を含めて多くの人々に評価された。
監督:福澤克雄 出演者:中居正広(清水豊松)、仲間由紀恵(清水房江)、笑福亭鶴瓶(西沢卓次)、草彅剛(大西三郎)、上川隆也(小宮教誨師) 、石坂浩二(矢野中将) ほか

「グリーン・ホーネット」のネタバレあらすじ結末

グリーン・ホーネットの紹介:2011年アメリカ映画。カトー役にブルース・リーが挑み一躍活躍することとなった作品グリーン・ホーネットのリメイクで、出版社の社長の息子で贅沢な生活をしていたブリットは父親の死を起点に心を入れ替えます。格闘技の達人カトーに出会い二人は町の犯罪者をさばくヒーローになることを決めます。
監督:ミシェル・ゴンドリー 出演者:セス・ローゲン(ブリット・リード)、ジェイ・チョウ(カトー)、キャメロン・ディアス(レノア・ケース)、クリストフ・ヴァルツ(ベンジャミン・チュドノフスキー)、トム・ウィルキンソン(ジェームズ・リード)ほか

「ことの終わり」のネタバレあらすじ結末

ことの終わりの紹介:1999年イギリス,アメリカ映画。戦時中のロンドンで不倫関係にあった2人の男女が見えざる力によって翻弄されるその愛の行方を描く。グレアム・グリーンの小説が原作であり2度目の映画化。
監督:ニール・ジョーダン 出演:レイフ・ファインズ(モーリス)、ジュリアン・ムーア(サラ)、スティーヴン・レイ(ヘンリー)、ほか

1 2 3 4 5 6
TOP↑