リチャード・ギア映画一覧

リチャード・ギアが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「愛と青春の旅だち」のネタバレあらすじ結末

愛と青春の旅だちの紹介:1982年アメリカ映画。自堕落な元兵士の父と、それに反発するかのように海軍に入隊する息子。ある海軍士官生の青春と成長を、士官養成学校での厳しい日々や育まれる仲間との友情、そして町工場の女とのロマンスを通じて描いた作品です。
監督:テイラー・ハックフォード 出演者:リチャード・ギア(ザック・メイヨ)、デブラ・ウィンガー(ポーラ・ポリフキ)、ルイス・ゴセット・ジュニア(エミール・フォーリー軍曹)、デヴィッド・キース(シド・ウォーリー)、ロバート・ロッジア(バイロン・メイヨ)ほか

「顔のないスパイ」のネタバレあらすじ結末

顔のないスパイの紹介:2011年アメリカ映画。ロシアと繋がりのあるアメリカ上院議員が暗殺され、旧ソ連の伝説の暗殺者が浮上するなか、現場復帰した元CIAエージェントがFBIの若手捜査官ともに事件を追うスパイサスペンス作品です。
監督:マイケル・ブラント 出演者:リチャード・ギア(ポール・シェファーソン)、トファー・グレイス(ベン・ギアリー)、マーティン・シーン(トム・ハイランド)、タマー・ハッサン(ヨハン・ボズロスキー)、スティーヴン・モイヤー(ブルータス)ほか

「ザ・ホークス」のネタバレあらすじ結末

ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男の紹介:2006年アメリカ映画。キャッチコピーは「伝説の大富豪“ハワード・ヒューズの偽りの伝記”を執筆した、ある作家の<真実の物語>」で、1970年代初頭、伝説の大富豪ハワード・ヒューズの偽りの自伝を執筆した作家クリフォード・アーヴィングによる実際に起きた詐欺事件の顛末を、自らがまとめた回顧録『ザ・ホークス 世界を騙した世紀の詐欺事件』を原作にした映画です。
主人公クリフォード・アーヴィングをリチャード・ギアが熱演、偽りが発覚しないように様々な手口を使って危機を切り抜けつつも、次第に追い詰められていく姿をスリリングに描いたヒューマン・コメディ映画です。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:リチャード・ギア(クリフォード・アーヴィング)、アルフレッド・モリナ(ディック・サスキンド)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(エディス・アーヴィング)、ホープ・デイヴィス(アンドレア・テイト)、ジュリー・デルピー(ニーナ・ヴァン・パラント)、ほか

「HACHI 約束の犬」のネタバレあらすじ結末

HACHI 約束の犬の紹介:2008年アメリカ映画。お馴染み忠犬ハチ公の話をベースにした、ハリウッド版リメイク作品。「ギルバート・グレイプ」や「サイダーハウス・ルール」など良質なドラマ作りに定評のある、ラッセ・ハルストレム監督が、犬と飼い主の深い愛情を丁寧に描いています。ハチ役を演じた3匹の秋田犬が、やんちゃで、健気で、とても愛しい。表情の切り取り方、犬の視点の演出が、観る人の心を魅了する、とても心温まる作品です。主演・プロデューサーを務めるリチャード・ギアが、愛犬家ならではのリラックスした良い表情を見せています。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:リチャード・ギア(パーカー教授)、ジョーン・アレン(ケイト)、サラ・ローマー(アンディ)、ケイリー=ヒロユキ・タガワ(ケン)、ジェイソン・アレクサンダー(カール)、ハチ(フォレスト/レイラ/チーコ)ほか

「背徳の囁き」のネタバレあらすじ結末

背徳の囁きの紹介:1989年アメリカ映画。ロサンゼルス市警に着任したエリート内務調査官が、暗躍する悪徳警官に挑発、翻弄されながらも悪事を暴いていくサスペンス。リチャード・ギアが初の悪役を演じた。
監督:マイク・フィギス 出演:リチャード・ギア(デニス・ペック)、アンディ・ガルシア(レイモンド ・アヴィラ)、ナンシー・トラヴィス(キャスリーン・アヴィラ )、ローリー・メトカーフ(エイミー・ウォーレス)、ほか

「ムービー43」のネタバレあらすじ結末

ムービー43の紹介:2013年アメリカ映画。ある映画製作会社に一人の男が現れる。男はその会社のプロデューサーにいくつかの映画の脚本を持参していた。しかしそのどれもが酷い出来でプロデューサーはことごとく却下。しかしそれが男をある行動に駆り立ててしまう。ヒュー・グラント、ケイト・ウィンスレットを始めとする豪華俳優陣が集結したコメディ。
監督:ピーター・ファレリー、グリフィン・ダン、ブレット・ラトナー、スティーブン・ブリル、エリザベス・バンクス、ジェームズ・ガン、ウィル・グラハム 出演:ケイト・ウィンスレット、ヒュー・ジャックマン、クリス・プラット、アンナ・ファリス、エマ・ストーン、ユマ・サーマン、クリステン・ベル、ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、ジョシュ・デュアメル、リチャード・ギア、クロエ・グレース・モレッツ、ナオミ・ワッツ、テレンス・ハワード ほか

「真実の行方」のネタバレあらすじ結末

真実の行方の紹介:1996年アメリカ映画。大司教の殺害容疑で捕まった19歳の少年アーロンは無実を主張している。彼は無実なのか・・・敏腕弁護士が挑みます。
監督:グレゴリー・ホブリット 出演:リチャード・ギア(マーティン)、ローラ・リニー(ジャネット検事)、エドワード・ノートン(アーロン)、ほか

「ミスター・グッドバーを探して」のネタバレあらすじ結末

ミスター・グッドバーを探しての紹介:1977年アメリカ映画。聾学校の教師として熱心に働く女性が、幼い頃に罹患した病の再発への不安から愛のないセックスとドラックに溺れ、破滅への道をたどる衝撃作。
監督:リチャード・ブルックス 出演:ダイアン・キートン(テレサ)、リチャード・ギア(トニー)、ウィリアム・アザートン(ジェームズ)、チューズデイ・ウェルド(キャサリン)、リチャード・カイリー(ダン)、トム・ベレンジャー(ゲイリー)、ほか

「わかれ路」のネタバレあらすじ結末

わかれ路の紹介:1994年アメリカ映画。妻と恋人、2人の女性の間で迷う男。どっちつかずの不安定な状態に下した決断の行方が、意外な結果を残す。フランス映画「過ぎ去りし日の…」のリメイク。
監督:マーク・ライデル 出演:リチャード・ギア、シャロン・ストーン、ロリータ・ダヴィドヴィッチ、マーティン・ランドー、デヴィッド・セルビー、ジェニー・モリソンほか

「ノー・マーシイ/非情の愛」のネタバレあらすじ結末

ノー・マーシイ/非情の愛の紹介:1986年アメリカ映画。相棒を殺害された刑事エディは、事件の証人であるマフィアの情婦ミシェルを捜します。エディは強引に、自分とミシェルを手錠で繋ぎ逃走します。孤独を抱えた二人は、いつしか惹かれあっていきます。
監督:リチャード・ピアス 出演者:リチャード・ギア(エディ・ジレット)、キム・ベイシンガー(ミシェル・デュバル)、ジェローン・クラッベ(ロサド)、ジョージ・ズンザ(ステムコウスキー)、ゲイリー・バサラバ(ジョー・コリンズ)ほか

「オータム・イン・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

オータム・イン・ニューヨークの紹介:2000年アメリカ映画。本気の恋愛をしたことがない主人公が、余命わずかのヒロインと恋をして、真実の愛を知っていく姿を描いた切ないラブ・ストーリー。秋のニューヨークの美しい風景も見どころの一つとなっています。
監督:ジョアン・チェン 出演者:リチャード・ギア(ウィル・キーン)、ウィノナ・ライダー(シャーロット・フィールディング)、ジリアン・ヘネシー(リン)、アンソニー・ラパリア(ジョン)ほか

「シカゴ」のネタバレあらすじ結末

Chicago シカゴの紹介:2002年アメリカ映画。映画シカゴは、ブロードウェイの同名ミュージカルを斬新な映像表現を用いて見事に映画化した作品。第75回アカデミー賞、60回ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞している。製作陣による印象的な画面作りもさることながら、豪華キャスト陣が自ら演じたミュージカルシーンにおけるダンスや歌の迫力も公開当時話題となった。
監督 :ロブ・マーシャル 原作:ボブ・フォッシー、フレッド・エッブ 出演:レニー・ゼルウィガー(ロキシー・ハート)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ヴェルマ・ケリー)、リチャード・ギア(ビリー・フリン)、クイーン・ラティファ(ママ・モートン)ほか

「プリティ・ウーマン」のネタバレあらすじ結末

プリティ・ウーマンの紹介:「マイ・フェア・レディ」の現代版として、大ヒットしたシンデレラストーリー、プリティウーマン。ジュリア・ロバーツの出世作で90年全米第一位となった作品。
監督:ゲイリー・マーシャル 出演:リチャード・ギア、ジュリア・ロバーツ、ローラ・サン・ジャコモ、ラルフ・ベラミー、 ジェイソン・アレクサンダー、ほか

TOP↑