リヴァー・フェニックス映画一覧

リヴァー・フェニックスが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「旅立ちの時」のネタバレあらすじ結末

旅立ちの時の紹介:1988年アメリカ映画。夭折したリヴァー・フェニックスの演技面での代表作(アカデミー賞助演男優賞にノミネート)。身元を隠して生きざるを得ない家族の苦悩をヴィヴィッドに描き、シドニー・ルメット監督にとっても久々の秀作となった。
監督:シドニー・ルメット 出演:リヴァー・フェニックス(ダニー)、クリスティーン・ラーチ(アニー)、マーサ・プリンプトン(ローナ)、ジャド・ハーシュ(アーサー)、ジョナス・オブリー(ハリー)、ほか

「マイ・プライベート・アイダホ」のネタバレあらすじ結末

マイ・プライベート・アイダホの紹介:1991年アメリカ映画。ガス・ヴァン・サントのポートランド3部作のひとつ。リバー・フェニックスが繊細な役を美しく演じています。感情移入して見入ってしまうほど素晴らしい演技をしています。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:リバー・フェニックス(マイク)、キアヌ・リーブス(スコット)、フリー(バド)、キアラ・カゼッリ(カルミラ)、ウド・キア(ハンス)

「殺したいほどアイ・ラブ・ユー」のネタバレあらすじ結末

殺したいほどアイ・ラブ・ユーの紹介:1990年アメリカ映画。三面記事を元に、「スター・ウォーズ」シリーズの脚本で知られたローレンス・カスダンが監督したブラック・コメディ。いくら殺そうとしても中々死なないスーパーマン的な亭主を名優ケヴィン・クラインが演じている。
監督:ローレンス・カスダン 出演:ケヴィン・クライン(ジョーイ・ボカ)、トレイシー・ウルマン(ロザリー・ボカ)、リヴァー・フェニックス(ディーヴォ)、ジョーン・プロウライト(ナージャ)

「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」のネタバレあらすじ結末

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦の紹介:1989年アメリカ映画。考古学者インディに、父親で同じ考古学者のヘンリーが、学術調査中に行方不明になった事が知らされる。それを知らせきた大富豪にして支援者ドノヴァンは、ヘンリーの捜索と彼が生涯を掛けた、かのキリストの聖杯に関する調査を引き継ぐよう依頼してくる。ナチスの影が見え隠れする中、インディは十字軍のごとく聖杯探索に挑む。ヘンリー役にショーン・コネリーが抜擢された大人気考古学アクションアドベンチャー映画インディジョーンズシリーズ第3弾。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード(インディアナ・ジョーンズ)、ショーン・コネリー(ヘンリー・ジョーンズ教授)、デンホルム・エリオット(マーカス・ブロディ)、アリソン・ドゥーディ(エルザ・シュナイダー)、ジョン・リス=デイヴィス(サラー)、ジュリアン・グローヴァー(ウォルター・ドノヴァン)、リヴァー・フェニックス(若き日のインディ・ジョーンズ)、ほか

「スニーカーズ」のネタバレあらすじ結末

スニーカーズの紹介:1992年アメリカ映画。ハッカーのマーティンは過去、FBIに追われ、友人を見捨てて逃げる。現在、企業のセキュリティーチェックを生業にしていた彼に、その過去を盾にある機密を盗みだせという依頼が舞い込むが、それは国家的陰謀へと発展し、彼とその仲間達を追い詰めていく。現在で言うサイバー犯罪を扱ったクライムサスペンス映画の先駆け的作品。
監督:フィル・アルデン・ロビンソン 出演:マーティン・ビショップ(ロバート・レッドフォード)、ドナルド・クリース(シドニー・ポワチエ)、ダリル・“マザー”・ロスコー(ダン・エイクロイド)、アーウィン・“ホイッスラー”・エメリー(デヴィッド・ストラザーン)、カール・アボガスト(リヴァー・フェニックス)、リズ(メアリー・マクドネル)、コズモ(ベン・キングズレー)、バーナード・アボット(ジェームズ・アール・ジョーンズ)

「モスキート・コースト」のネタバレあらすじ結末

モスキート・コーストの紹介:1986年アメリカ映画。優秀な発明家にして国粋主義者、そして理想家であるアリー・フォックスは、国に金欲と物欲が蔓延したと感じて嫌気がさし、中米ホンジュラスのモスキート・コーストへの移住を行う。それは、物質文明への決別となり、新天地での新世界創造に成る筈だった。人間の持つ文明社会を痛烈に批判する社会派映画。ハリソン・フォード、今は亡き天才子役リバー・フェニックス競演。
監督:ピーター・ウィアー 出演者:アリー・フォックス(ハリソン・フォード)、アリーの妻(ヘレン・ミレン)、チャーリー(リバー・フェニックス)、ジェリー(ジャドレーン・スティール)、エイプリル(ヒラリー・ゴードン)、クローバー(レベッカ・ゴードン)、ハディ(コンラッド・ロバーツ)ほか

「スタンド・バイ・ミー」のネタバレあらすじ結末

スタンド・バイ・ミー (STAND BY ME)の紹介:1986年アメリカ映画。スタンドバイミーはスティーヴン・キングの非ホラー短編をもとにR・ライナーが少年時代の想い出を描いたノスタルジックな青春ドラマ。真面目な性格のゴーディは、何故か家庭環境に問題のあるクリスとテディ、そしてお調子者で太っちょのバーンといつもツルんでいた。ある日バーンから聞かされた話が元で、4人で2日間の大冒険へと出る事となる。そしてそこで体験した事は、生涯忘れられないものとなる。
監督:ロブ・ライナー 出演:ウィル・ウィートン(ゴーディ・ラチャンス)、リバー・フェニックス(クリス・チェンバース)、コリー・フェルドマン(テディ・デュチャンプ
)、ジェリー・オコンネル(ヴァーン・テシオ)、キーファー・サザーランド(エース・メリル)ほか

TOP↑