ロビン・ウィリアムズ映画一覧

ロビン・ウィリアムズが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「インソムニア」のネタバレあらすじ結末

インソムニアの紹介:2002年アメリカ映画。事件の応援で白夜のアラスカを訪れたロス市警のベテラン刑事が捜査中に誤って相棒を射殺したことから不眠症に陥り、事件の犯人からも追い詰められていくサスペンス。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:アル・パチーノ(ウィル・ドーマー)、ロビン・ウィリアムズ(ウォルター・フィンチ)、ヒラリー・スワンク(エリー・バー)、モーラ・ティアニー(レイチェル・クレメント)、マーティン・ドノヴァン(ハップ・エクハート)、ほか

「奇跡のシンフォニー」のネタバレあらすじ結末

奇跡のシンフォニーの紹介:2007年アメリカ映画。ニューヨーク郊外の孤児院で育ったエヴァンが、音楽の力を信じ、音楽に導かれて様々な人との出会い、数々のすれ違いを経て生き別れた両親と出会う感動のストーリーです。
監督:カーステン・シェリダン 出演: フレディ・ハイモア(エヴァン・テイラー/オーガスト・ラッシュ)、ケリー・ラッセル(ライラ・ノヴァチェク)、ジョナサン・リス=マイヤーズ(ルイス・コネリー)、テレンス・ハワード(リチャード・ジェフリーズ)、ロビン・ウィリアムズ(マックスウェル・“ウィザード”・ウォラス)、レオン・トマス三世(アーサー)ほか

「パッチ・アダムス」のネタバレあらすじ結末

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリーの紹介:1998年アメリカ映画。実在の医師パッチ・アダムスの半生を描いたヒューマン・ドラマ。自殺未遂で精神病院に入ったパッチは、ユーモアが人間の心を癒すと知り医学の道を志す。医学界の伝統を破るパッチのやり方は反発を招くが、彼は己が信じる情熱を胸に突き進んでいくのだった。
監督:トム・シャドヤック 出演者:ロビン・ウィリアムズ(パッチ・アダムス)、ダニエル・ロンドン(トルーマン)、モニカ・ポッター(カリン)、フィリップ・シーモア・ホフマン(ミッチ)、ボブ・ガントン(ディーン・ウォルコット)ほか

「ハッピー・フィート2」のネタバレあらすじ結末

ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊の紹介:2011年オーストラリア映画。「ハッピー・フィート」の続編として製作された本作は、タップダンスの名手であるペンギンの息子が、父の姿を見て成長していく物語。アメリカでヒットしているポップ音楽をふんだんに盛り込んでおり、映像の美しさは前作を超えるものに仕上がっている。サイドストーリーとして出演するオキアミの声はブラッド・ピットやマット・デイモンが務めた。
監督:ジョージ・ミラー 声優:イライジャ・ウッド(マンブル)、ロビン・ウィリアムズ(ラモン/ラブレイス)、ハンク・アザリア(スヴェン)、アレシア・ムーア(グローリア)、ブラッド・ピット(ウィル)、マット・デイモン(ビル)、ほか

「奇蹟の輝き」のネタバレあらすじ結末

奇蹟の輝きの紹介:1998年アメリカ映画。愛する妻を残して先立ってしまった夫が、子供たちや恩師の助けを借りながら、自殺して地獄へ堕ちてしまった妻を救おうと奮闘する愛の物語。死後の世界を油絵やアクリル絵の具で表現した映像で話題となり、1998年度アカデミー賞にて視覚効果賞を受賞した。
監督:ヴィンセント・ウォード 出演:ロビン・ウィリアムズ(クリス・ニールセン)、アナベラ・シオラ(アニー・コリンズ=ニールセン)、キューバ・グッディングJr.(アルバート・ルイス、イアン・ニールセン)、ロザリンド・チャオ(リオナ、マリー・ニールセン)、マックス・フォン・シドー(アルバート・ルイス教授) ほか

「いまを生きる」のネタバレあらすじ結末

いまを生きるの紹介:1989年アメリカ映画。厳格な全寮制エリート校に赴任してきた型破りな英語教師キーティング。彼の破天荒な教え方は、教科書通りに教えられてきた学生達の殻を打ち破り、自分の意思を自覚させていきます。従順だった学生達をそそのかしたとして、校長を始め、子供をエリートに育てたい親からも批判されるキーティング。反発するかのように意固地になっていく学生達と、校長・親との対立がやがて悲劇を生み、キーティングは学校を辞めさせられるのです。エンディングで、キーティングを慕う学生達が、机に立って敬礼する場面が心を打つ名作です。
監督:ピーター・ウィアー 出演者:ロビン・ウィリアムズ(キーティング)、ロバート・ショーン・レナード(ニール)、イーサン・ホーク(トッド)ほか

「ストーカー (2002年)」のネタバレあらすじ結末

ストーカーの紹介:2002年アメリカ映画。写真現像の仕事に誇りを持つサイは常連客であるニーナ・ヨーキンの写真が大のお気に入りで、ニーナのような家族に憧れていた。しかしサイの行動は憧れを超えどんどんエスカレートしていく。
監督:マーク・ロマネク 出演:ロビン・ウィリアムズ(サイ・パリッシュ)、コニー・ニールセン(ニーナ・ヨーキン)、ミシェル・ヴァルタン(ウィル・ヨーキン)、ディラン・スミス(ジェイク・ヨーキン)、ほか

「フィッシャー・キング」のネタバレあらすじ結末

フィッシャー・キングの紹介:1991年アメリカ映画。自らの発言が発端で銃乱射事件が起きた事から、すっかり落ちぶれてしまった元人気DJが、ホームレスとの出会いを通して人生と愛を見つめ直していくヒューマン・ドラマ。ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。
監督:テリー・ギリアム 出演者:ジェフ・ブリッジス(ジャック・ルーカス)、ロビン・ウィリアムズ(パリー)、マーセデス・ルール(アン)、アマンダ・プラマー(リディア)ほか

「ハドソン河のモスコー」のネタバレあらすじ結末

ハドソン河のモスコーの紹介:1984年アメリカ映画。ポール・マザースキー監督が描くソ連からの亡命者の物語。秀作であるにもかかわらず、「ソ連での配給の場面がオイルショック時の日本を想起させる」という馬鹿げた理由で劇場公開はされず、ビデオスルーとなった。
監督:ポール・マザースキー 出演:ウラジミール・イワノフ(ロビン・ウィリアムズ)、ルシア(マリア・コンチータ・アロンゾ)ほか

「ハッピーフィート」のネタバレあらすじ結末

ハッピーフィートの紹介:2006年オーストラリア,アメリカ映画。南極を舞台にしたコウテイペンギンのアメリカのアニメーション映画です。フルCGを使い美しい映像です。コウテイペンギンの白と黒の体は日本の学生服を思わせますし、みんな同じように育たなければ規格外にしてしまう教育体制の悪い面を指摘しています。それは日本だけでなく世界的にもしばしば見られる悪い面なのかなとも思います。教育関係に携わっている人や親子で見てほしい映画です。また音楽がすばらしいです。主題歌『Song of the Heart』は、2006年ゴールデングローブ賞主題歌賞を受賞しています。
監督:ジョージ・ミラー  声優: イライジャ・ウッド(マンブル)、ブリタニー・マーフィ(グローリア)、ヒュー・ジャックマン(メンフィス)、ニコール・キッドマン(ノーマ・ジーン)、ヒューゴ・ウィーヴィング(ノア)、ロビン・ウィリアムズ(ヒューゴ・ウィーヴィング)、ほか

「グリフィン家のウエディングノート」のネタバレあらすじ結末

グリフィン家のウエディングノートの紹介:2013年アメリカ映画。幼い頃養子に迎えた末っ子のアレハンドロの結婚式に集まったグリフィン家達。離婚した母エリーにに離婚寸前の姉のライラ、29歳にもなり童貞の兄ジャレドと彼らの父ドンとその恋人ビービーと問題ありの家族が久しぶりに集まった。そんな時にアレハンドロには一つの不安があった。彼は産みの親であるマドンナに育ての親であるエリーとドンの離婚を話していなかった。正直に話せばいいと言うドン達だったが結婚に支障が出るかもしれないと考えたアレハンドロは二人に幸せな夫婦を演じることを相談する。
監督:ジャスティン・ザッカム 出演:ドン(ロバート・デ・ニーロ) エリー(ダイアン・キートン) ライラ(キャサリン・ハイグル) アレハンドロ(ベン・バーンズ) メリッサ(アマンダ・セイフライド) ジャレド(トファー・グレイス) ビービー(スーザン・サランドン) モナハン神父(ロビン・ウィリアムズ) マドンナ(パトリシア・ラエ)

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のネタバレあらすじ結末

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの紹介:1997年アメリカ映画。素行不良から度々警察に補導されていたウィルだが、彼は天才的頭脳の持ち主だった。ひょんな事から彼の才能を見出した数学教授ランボーは、彼を更生させようと心理学者ショーンにカウンセリングを依頼する。しかしそのショーンもまた、妻を亡くし失意の日々を過ごしていた。心に傷を負った二人の再生を描いたヒューマンドラマ。脚本をマット・デイモン、ベン・アフレックが書き、ロビン・ウィリアムスは助演男優賞オスカーを受賞した。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演者:ウィル・ハンティング(マット・デイモン)、ショーン・マグワイア(ロビン・ウィリアムズ)、チャッキー・サリヴァン(ベン・アフレック)、スカイラー(ミニー・ドライヴァー)、ジェラルド・ランボー(ステラン・スカルスガルド)ほか

「ミセス・ダウト」のネタバレあらすじ結末

ミセス・ダウトの紹介:1993年アメリカ映画。離婚によって家族と引き離された売れない役者が、子供たちと一緒に過ごしたいがために家政婦に変装して元妻の家に潜り込んで騒動を巻き起こすハートウォーミング・コメディ。
監督:クリス・コロンバス 出演:ロビン・ウィリアムズ、サリー・フィールド、ピアース・ブロスナン、ハーヴェイ・ファイアスタイン

「ナイト ミュージアム2」のネタバレあらすじ結末

ナイト ミュージアム2の紹介:2009年アメリカ映画。自然史博物館の元警備員ラリーは、会社の経営者となり順調な日々を送っています。仲間である展示物たちの大半は、館のリニューアルのためスミソニアン行きになります。手違いであの石板も送られたため、スミソニアンの展示物まで動き出し騒動になります。ラリーは石板を取り戻すため、スミソニアンに乗り込みます。
監督:ショーン・レヴィ 出演者:ラリー・デリー (ベン・スティラー)、セオドア・ルーズベルト(ロビン・ウィリアムズ)、アメリア・イアハート(エイミー・アダムス)、ジェデダイア・スミス(オーウェン・ウィルソン)、マクフィー館長(リッキー・ジャーヴェイス)、ガイウス・オクタウィウス(スティーヴ・クーガン)ほか

「ナイト ミュージアム」のネタバレあらすじ結末

ナイト ミュージアムの紹介:2006年アメリカ映画。失業中のラリーが紹介されたのは博物館の夜警の仕事。初出勤当日、ラリーはパニックになります。この博物館は夜になると展示物がが動き出すとんでもなく不思議な職場なのです。
監督:ショーン・レヴィ 出演者:ラリー・デリー (ベン・スティラー)、セオドア・ルーズベルト(ロビン・ウィリアムズ)、ジェデダイア・スミス(オーウェン・ウィルソン)、マクフィー(リッキー・ジャーヴェイス)、ガイウス・オクタウィウス(スティーヴ・クーガン)ほか

1 2
TOP↑