ロマン・ポランスキー監督映画一覧

ロマン・ポランスキー監督映画のネタバレあらすじ一覧です。ロマン・ポランスキー監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、ロマン・ポランスキー監督作品の一覧です。

「ゴーストライター」のネタバレあらすじ結末

ゴーストライターの紹介:2010年フランス,ドイツ,イギリス映画。名優、ユアン・マクレガーが挑む本格サスペンス作品。ゴーストライターである主人公に舞い込んできた一件の依頼。その依頼には、国家レベルの重大な秘密が隠されていた!?
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ユアン・マクレガー(ゴースト)、ピアース・ブロスナン(アダム・ラング)、キム・キャトラル(アメリア・ブライ)、オリヴィア・ウィリアムズ(ルース・ラング)、トム・ウィルキンソン(ポール・エメット)、ティモシー・ハットン(シドニー・クロール)、ほか

「ナインスゲート」のネタバレあらすじ結末

ナインスゲートの紹介:1999年フランス,スペイン映画。スペインの人気作家アルトゥーロ・ペレス=レベルテの小説「呪のデュマ倶楽部」をアレンジして映像化したもの。ポランスキーとしては名作「ローズマリーの赤ちゃん」以来のオカルティックな題材となった。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ジョニー・デップ(ディーン・コルソ)、フランク・ランジェラ(ボリス・バルカン)、ウィリー・ホルト(アンドリュー・テルファー)、レナ・オリン(リアナ・テルファー)、ほか

「ローズマリーの赤ちゃん」のネタバレあらすじ結末

ローズマリーの赤ちゃんの紹介:1968年アメリカ映画。訳あり物件のアパートに引っ越しをしてきた夫婦。その夫婦がおいつめられる恐怖を描く、ロマン・ポランスキー監督、ハリウッドデビュー作。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ミア・ファロー(ローズマリー・ウッドハウス)、ジョン・カサヴェテス(ガイ・ウッドハウス)、ルース・ゴードン(ミニー・カスタベット)、シドニー・ブラックマー(ローマン・カスタベット)、ほか

「死と処女」のネタバレあらすじ結末

死と処女(おとめ)の紹介:1995年アメリカ映画。アリエル・ドーフマンの同名戯曲に基づくサスペンス・ドラマ。原作の戯曲ではハッキリしなかった容疑者の正体をこの映画化では明確にしている。「死と乙女」のタイトルは映画の中で流れるシューベルトの曲名の引用。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:シガーニー・ウィーヴァー(ポーリナ)、ベン・キングズレー(ミランダ)、スチュアート・ウィルソン、ほか

「チャイナタウン」のネタバレあらすじ結末

チャイナタウンの紹介:1974年アメリカ映画。フィルム・ノワールを現代に蘇らせたポランスキー監督の傑作。ロバート・タウンの書いたオリジナル脚本はハードボイルド作家ロス・マクドナルドからの強い影響を受けたもので、アカデミー賞脚本賞を受賞した。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ジャック・ニコルソン(ジェイク・ギテス)、フェイ・ダナウェイ(イブリン・モーレイ)、ジョン・ヒューストン、バート・ヤング、ペリー・ロペス、ほか

「反撥」のネタバレあらすじ結末

反撥の紹介:1964年イギリス映画。「水の中のナイフ」に続くポランスキー監督の2作目の長編。ポーランドを離れてイギリスで撮影されたもので、彼のコスモポリタンとしての活躍の手始めとなった。ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:キャロル(カトリーヌ・ドヌーヴ)、コリン(ジョン・フレイザー)ほか

「フランティック」のネタバレあらすじ結末

フランティックの紹介:1988年アメリカ映画。パリを訪れたアメリカ人医師が、空港での荷物の取り違えが原因で誘拐された妻を助け出そうと、鍵を握る現地女性とともに奔走するサスペンスドラマ。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ハリソン・フォード(リチャード・ウォーカー)、エマニュエル・セイナー(ミシェル)、ベティ・バックリー(サンドラ・ウォーカー)、ジョン・マホーニー、アレクサンドラ・スチュワルトほか

「戦場のピアニスト」のネタバレあらすじ結末

戦場のピアニストの紹介:2002年フランス,ドイツ,ポーランド,イギリス合作。実在したユダヤ系ポーランド人のピアニストであるウワディスワフ・シュピルマンの体験記をもとに、第二次世界大戦で数奇な体験をした彼を重厚に、感動的に映画化しました。戦場のピアニストは第55回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞しました。アカデミー賞では7部門にノミネートされ、そのうち監督賞、脚色賞、主演男優賞の3部門で受賞した。主演のエイドリアン・ブロディはこの作品でアカデミー主演男優賞を受賞している。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン、エミリア・フォックス、フランク・フィンレーほか

TOP↑