ロシア映画一覧

ロシア映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめロシア映画から、最新映画まで様々なジャンルのロシア映画を紹介しています。

「父、帰る」のネタバレあらすじ結末

父、帰るの紹介:2003年ロシア映画。母と共に静かに暮らしていた兄弟が12年間音信不通だった父と久しぶりに再会、共に旅に出て行く様子や親子の人間模様を描いた作品です。
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ 出演者:イワン・ドブロヌラヴォフ(イワン)、ウラジーミル・ガーリン(アンドレイ)、コンスタンチン・ラヴロネンコ(父)、ナタリヤ・ヴドヴィナ(母)ほか

「デイ・ウォッチ」のネタバレあらすじ結末

デイ・ウォッチの紹介:2006年ロシア映画。ナイトウォチに続く続編で、強大な力を持った二人のアザーズ、イゴールとスヴェトラーナはアントンを奪い合います。アントンは運命のチョークを使い闇の勝利を導いてしまう歴史を変えようと試みます。
監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演者:コンスタンチン・ハベンスキー(アントン)、マリア・ポロシナ(スヴェトラーナ)、ウラジミール・メニショフ(ゲッサー)、ガリーナ・チューニナ(オリガ)ほか

「ナイト・ウォッチ」のネタバレあらすじ結末

ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZORの紹介:2004年ロシア映画。モスクワを舞台に特殊能力を持つアザーズたちの光と闇の戦いを描いた台4作小説、第一作目の映画化作品です。特殊能力を不思議な映像美で表現したダークファンタジー作品です。
監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演者:コンスタンチン・ハベンスキー(アントン)、ウラジミール・メニショフ(ゲッサー)ディマ・マルティノフ(イゴール)、ガリーナ・チューニナ(オルガ)ほか

「Ⅲ」のネタバレあらすじ結末

Ⅲ(原題)の紹介:2015年ドイツ、ロシア映画。ある不思議な病原菌が原因で人々が亡くなっていくヨーロッパのある村で、妹が病気にかかったことで不思議な本を見つけ、その本を元に妹を治そうとする姉の姿を描いたホラー映画です。
監督:Pavel Khvaleev 出演:Polina Davydova(アイア)、Lyubov Ignatushko(ミラ)、Evgeniy Gagarin(ハーマン/神父)、Andrey Abramichev(医師)、ほか

「太陽 (2005年)」のネタバレあらすじ結末

太陽の紹介:2005年ロシア,イタリア,フランス,スイス映画。太平洋戦争終戦前後、最後に残った天皇の処遇。現人神としての天皇が、日本の未来と国の平和を望み下した決断とは。
監督:アレクサンドル・ソクーロフ 出演:イッセー尾形(昭和天皇)、ロバート・ドーソン(マッカーサー将軍)、佐野史郎(侍従長)、桃井かおり(香淳皇后)、つじしんめい(老僕)、田村泰二郎(研究所所長)、ゲオルギイ・ピツケラウリ(マッカーサー将軍の副官)、ほか

「牡牛座 レーニンの肖像」のネタバレあらすじ結末

牡牛座 レーニンの肖像の紹介:2001年ロシア映画。歴史を動かし、そして歴史に翻弄されたロシアの革命家レーニンの最晩年、暗殺未遂後の死の迫る中を這う姿をリアルに描き出す。
監督アレクサンドル・ソクーロフ 出演:レオニード・モズゴヴォイ(病人/レーニン)、マリヤ・クズネツォーワ(病人の妻/クルプスカヤ)、ナターリヤ・ニクレンコ(マリーヤ/レーニンの妹)、レフ・エリセーエフ(医師)、セルゲイ・ラジューク(客人/スターリン)、ほか

「ファウスト (2011年)」のネタバレあらすじ結末

ファウストの紹介:2011年ロシア映画。ゲーテの傑作ファウストを翻案に、ロシアの巨匠ソクーロフが独自の映像美で送る新たなファウストがここに誕生する。
監督:アレクサンドル・ソクーロフ 出演:ヨハネス・ツァイラー(ハインリヒ・ファウスト)、アントン・アダシンスキー(マウリツィウス・ミュラー(高利貸))、イゾルダ・ディシャウク(マルガレーテ)、ゲオルク・フリードリヒ(ワーグナー)、ハンナ・シグラ(高利貸の“妻”)

「エルミタージュ幻想」のネタバレあらすじ結末

エルミタージュ幻想の紹介:2002年ロシア,ドイツ,日本映画。ロシアの至宝エルミタージュ。幾たびも歴史の移ろいを見てきたその建物の中に眠る記憶を、語り部と案内人が紡ぎだす。
監督:アレクサンドル・ソクーロフ 出演:セルゲイ・ドレイデン(キュイスティーヌ)、マリヤ・クズネツォーワ(エカテリーナ大帝)、レオニード・モズゴヴォイ(間謀)、ダヴィッド・ギオルゴビアーニ(オルベリ)、ほか

「エレニの帰郷」のネタバレあらすじ結末

エレニの帰郷の紹介:2008年ギリシャ,ドイツ,カナダ,ロシア映画。とある映画監督が作る母の物語の映画、やがて母の過去の記憶と現在がオーバーラップし、物語は終焉へ向かう。テオ・アンゲロプロス監督の「20世紀3部作」の2作目で遺作となりました。監督は3作目の撮影中に事故で亡くなっています。
監督:テオ・アンゲロプロス 出演:ウィレム・デフォー(A)、ブルーノ・ガンツ(ヤコブ)、イレーヌ・ジャコブ(エレニ)、ミシェル・ピッコリ(スピロス)、クリスティアーネ・パウル(ヘルガ)、ほか

TOP↑