堺雅人映画一覧

堺雅人が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「壬生義士伝」のネタバレあらすじ結末

壬生義士伝(みぶぎしでん)の紹介:2002年日本映画。第27回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した浅田次郎原作の同名小説を映画化した作品。とある田舎侍が新撰組に入隊し、武士としての義理、家族への愛をつらぬき幕末の時代を駆け抜けた姿を描いた作品です。
監督:滝田洋二郎 出演:中井貴一(吉村貫一郎)、三宅裕司(大野次郎右衛門)、夏川結衣(しづ)、中谷美紀(ぬい)、佐藤浩市(斎藤一)ほか

「ジャージの二人」のネタバレあらすじ結末

ジャージの二人の紹介:2008年日本映画。芥川賞作家・長嶋有の小説を原作とした映画です。キャッチコピーは「ワケあり父子の、何もしない夏休み」で、仕事が嫌いな父と無職になった息子との夏の北軽井沢の山荘でのアンチ・スローライフの日々を軽妙に描いたコメディ映画です。堺雅人と伝説のロックバンド“シーナ&ザ・ロケッツ”の鮎川誠出演で映画化された作品です。
監督:中村義洋 出演:堺雅人(息子)、鮎川誠(父親)、水野美紀(息子の妻)、田中あさみ(花子)、ダンカン(岡田さん)、ほか

「大奥 永遠[右衛門佐・綱吉篇]」のネタバレあらすじ結末

大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]の紹介:2012年日本映画。一人の女将軍に多くの男達が仕えるという男女逆転の異色な設定の大奥を舞台に、世継ぎの誕生をめぐり繰り広げられる権力争いや男女の愛憎を描いた作品。よしながふみの漫画が原作となっています。
監督:金子文紀 出演:堺雅人(右衛門佐)、菅野美穂(徳川綱吉)、尾野真千子(柳沢吉保)、柄本佑(秋本)、田中聖(玉栄)、要潤(伝兵衛)、堺正章(隆光)、宮藤官九郎(御台所・信平)、西田敏行(桂昌院)、ほか

「その夜の侍」のネタバレあらすじ結末

その夜の侍の紹介:2012年日本映画。「お前も殺して、俺も死ぬ」。妻をひき逃げ事故によって亡くした男の復讐劇。どこにでもいるはずの普通のおじさんの狂気と、ひき逃げ事故を起こした犯人の狂気が入り入り乱れる、誰も観たことがない、ダークな雰囲気ただよう作品。
監督:赤堀雅秋 出演:堺雅人(中村健一)、山田孝之(木島宏)、綾野剛(小林英明)、谷村美月(関由美子)、坂井真紀(中村久子)、新井浩文(青木順一)、ほか

「日輪の遺産」のネタバレあらすじ結末

日輪の遺産の紹介:2010年日本映画。『鉄道員』で直木賞を受賞した浅田次郎が「若書き」と評する長編小説 日輪の遺産(1993年)を原作にした映画。キャッチコピーは「いつか、この国が生まれかわるために」、「浅田文学の原点。復興に信念を貫いた4人の男と20人の少女たちの運命。」で、第2次世界大戦終戦末期に、マッカーサーの財宝を巡る極秘作戦を遂行した陸軍将校たちと20名の少女たちの運命が描かれた作品。監督は『半落ち』(2004年)などの佐々部清、脚本は『あなたへ』(2012年)などの青島武です。
監督:佐々部清 出演:堺雅人(真柴司郎/近衛第一師団・少佐)、中村獅童(望月庄造(座間五百一連隊・曹長))、福士誠治(小泉重雄/東部軍経理部・主計中尉)、森迫永依(久枝)、土屋太鳳(スーちゃん)、ミッキー・カーチス(マイケル・エツオ・イガラシ/元在日アメリカ軍司令)、ジョン・サヴェージ(ダグラス・マッカーサー/連合国軍最高司令官)、八千草薫(金原久枝)、ほか

「ひまわりと子犬の7日間」のネタバレあらすじ結末

ひまわりと子犬の7日間の紹介:2013年日本映画。保健所で働く職員と犬との絆を描いた、心温まる感動作。実話を元に制作されており、保健所の過酷な現状や、命の大切さについて深く考えさせられる作品となっています。
監督:平松恵美子 出演:堺雅人(神崎彰司)、中谷美紀(五十嵐美久)、でんでん(安岡)、若林正恭(佐々木一也)、近藤里沙(神崎里沙)、藤本哉汰(神崎冬樹)、ほか

「アフタースクール」のネタバレあらすじ結末

アフタースクールの紹介:2008年日本映画。中学の同級生だった30代の大人たちが巻き起こす、愛と友情のサスペンス・エンターテイメント。観ているものも思わず騙されてしまう予測できない展開に圧倒されてしまいます。
監督:内田けんじ 出演者:大泉洋(神野)、佐々木蔵之介(北沢)、堺雅人(木村)、常盤貴子(美紀)ほか

「クライマーズハイ」のネタバレあらすじ結末

クライマーズハイの紹介:2008年日本映画。クライマーズハイは横山秀夫による小説が原作でNHKでテレビドラマ化後、2008年に映画化された。日本航空123便墜落事故を題材として、群馬県の架空の地方新聞社を舞台に未曾有の大事故を取材する新聞記者の奮闘を描く。「クライマーズハイ」とは、登山者の興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態を意味する。
監督:堤幸彦 出演:堤真一(悠木和雅)、堺雅人(佐山達哉)、尾野真千子(玉置千鶴子)、遠藤憲一(等々力庸平)、滝藤賢一(神沢周作)、小澤征悦(安西燐太郎)、高嶋政宏(安西耿一郎)、山崎努(白河頼三)ほか

「ゴールデンスランバー」のネタバレあらすじ結末

ゴールデンスランバーの紹介:2009年日本映画。ひょんなことから、首相暗殺の容疑者に仕立て上げられた主人公が、友人や仲間たちの協力を得ながら、逃走を繰り広げるサスペンスドラマ。伊坂幸太郎の人気小説が原作となっています。
監督:中村義洋 出演者:堺雅人(青柳)、竹内結子(晴子)、吉岡秀隆(森田)、劇団ひとり(小野)ほか

「鍵泥棒のメソッド」のネタバレあらすじ結末

鍵泥棒のメソッドの紹介:2012年日本映画。堺と香川のかけあいがおもしろく、Wヒロイン広末涼子+森口瑤子とのやり取りが痛快なアクションコメディ。予想外の展開が繰り広げられる一瞬でも目が離せないストーリー展開を持つ作品。
監督:内田けんじ 出演: 堺雅人(桜井武史)、香川照之(コンドウ/山崎信一郎)、広末涼子(水嶋香苗)、荒川良々(工藤純一)、森口瑤子(井上綾子)ほか

「クヒオ大佐」のネタバレあらすじ結末

クヒオ大佐の紹介:2009年日本映画。実在した結婚詐欺師をモデルに、騙す男と騙される女の心理を描いた作品。次々と女性を騙すクヒオ大佐を、個性派俳優の堺雅人が見事に演じています。
監督:吉田大八 出演者:堺雅人(クヒオ大佐)、松雪泰子(しのぶ)、満島ひかり(春)、中村優子(未知子)、新井浩文(永野達也)、児嶋一哉(高橋幸一)、安藤サクラ(木下理香)、内野聖陽(藤原)ほか

「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」のネタバレあらすじ結末

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴの紹介:2007年日本映画。平家と源氏が西部劇となっているという設定で全編のセリフが英語という異色作であり、ヴェネチア国際映画祭にも出品された作品です。
監督:三池崇史 出演者:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、堺雅人ほか

「武士の家計簿」のネタバレあらすじ結末

武士の家計簿の紹介:2010年日本映画。激動の幕末を、算術の力で生き抜いた主人公と、それを支えた家族の絆を描いた作品。実話をもとにしており、借金返済に奔走する猪山家の人々を、ときにユーモラスに、あたたかい目線で描いた感動作です。
監督:森田芳光 出演 :堺雅人(猪山直之)、仲間由紀恵(お駒)、松坂慶子(直之の母)、中村雅俊(直之の父)、伊藤祐輝(直之の子、元服後)、大八木凱斗(直之の子、元服前)ほか

「ハチミツとクローバー」のネタバレあらすじ結末

映画 ハチミツとクローバーの紹介:2006年日本映画。美大に通う5人の大学生の、甘酸っぱい恋と友情を描いた青春ラブストーリー。登場人物全員が片思いをしているといっても過言ではなく、片思いをしている人必見のキラキラしたラブストーリーです。
監督:高田雅博 出演者:櫻井翔(竹本)、蒼井優(はぐみ)、伊勢谷友介(森田)、加瀬亮(真山)、関めぐみ(山田)、堺雅人(花本先生)ほか

「ツレがうつになりまして」のネタバレあらすじ結末

ツレがうつになりましての紹介:2011年日本映画。「ツレがうつになりまして」は現代には多い病気うつ病を題材にした映画です。主演はツレ役に堺雅人・ハル役に宮崎あおいが演じる。キャッチコピーは「頑張らないぞ!」「健やかなる時も、病める時も君と一緒にいたい」です。この映画は全国222スクリーンで公開され、初日2日間で1億2000万以上の興業収入を記録し観客動員ランキング初登場4位を記録した話題の映画です。
監督:佐々部清 出演:宮崎あおい 堺雅人 吹越満 津田寛治 中野裕太 山本浩司 ほか

1 2
TOP↑