佐藤浩市映画一覧

佐藤浩市が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「文学賞殺人事件 大いなる助走」のネタバレあらすじ結末

文学賞殺人事件 大いなる助走の紹介:1989年日本映画。筒井康隆の小説「大いなる助走」の映画化作品。あるサラリーマンの青年が自分が勤務する会社の内情を暴露する小説を書いたことをきっかけに文学賞の受賞レースに巻き込まれていく物語。
監督:鈴木則文 出演者:佐藤浩市(市谷京二)、蟹江敬三(保又一雄)、中島はるみ(時岡玉枝)、中丸新将(賀茂正樹)、ポール牧(多聞伝伍) ほか

「陽気なギャングが地球を回す」のネタバレあらすじ結末

陽気なギャングが地球を回すの紹介:2006年日本映画。成瀬(大沢たかお)、響野(佐藤浩市)、久遠(松田翔太)、雪子(鈴木京香)のそれぞれ特別な能力を持った陽気な4人がチームを組み銀行強盗を企てるが、別の窃盗グループに強盗した4千万を横取りされて一度はチームを解散します。しかし雪子の息子慎一が連れ去られ1億円の要求をされた成瀬は再度チームを結成し、新たな銀行強盗を実行します。成瀬と雪子の恋の行方とともに話は展開していきます。
監督:前田哲 出演:大沢たかお(成瀬)、鈴木京香(雪子)、松田翔太(久遠)、佐藤浩市(響野)、大倉孝二(地道)、加藤ローサ(祥子)、ほか

「敦煌」のネタバレあらすじ結末

敦煌の紹介:1988年日本映画。井上靖の同名小説を基に日本・中国の合作で巨費を投じて製作された歴史ドラマです。戦乱の混乱期にあった11世紀のシルクロードを舞台に、敦煌の文化遺産を守ろうとした青年の奮闘を描いています。
監督:佐藤純彌 出演者:西田敏行(朱王礼)、佐藤浩市(趙行徳)、柄本明(呂志敏)、田村高廣(曹延恵)、中川安奈(ツルピア王女)ほか

「HERO(2015年)」のネタバレあらすじ結末

HEROの紹介:2015年日本映画。フジテレビ系列で放送された木村拓哉主演のTVドラマ『HERO』の映画版第2作です。キャッチコピーは「新たなる伝説が始まる」で、ある一人の若い女性の不審な交通死亡事故を発端に、常識にとらわれず自分の価値観で捜査をする検事・久利生公平と東京地検城西支部の個性的な仲間たちが、外交特権という高い壁に立ち向かっていく姿を軽妙なタッチで描いたサスペンス・ヒューマン映画です。この作品は、第33回ゴールデングロス賞(2015年)の日本映画部門・優秀銀賞を受賞し、出演した吉田羊は第40回報知映画賞助演女優賞しました。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(久利生公平)、北川景子(麻木千佳)、杉本哲太(田村雅史)、濱田岳(宇野大介)、正名僕蔵(井戸秀二)、吉田羊(馬場礼子)、松たか子(雨宮舞子)、佐藤浩市(松葉圭介)、ほか

「最後の忠臣蔵」のネタバレあらすじ結末

最後の忠臣蔵の紹介:2010年日本映画。池宮彰一郎の同名小説を原作とした時代劇映画。キャッチコピーは「生き尽くす。その使命を、その大切な人を、守るために」で、『忠臣蔵』で有名な赤穂浪士の吉良討ち入り事件で生き残っていた男2人の後日談です。その男の一人、密命を受けた瀬尾孫左衛門の武士としての生き様に焦点を当てて描いたヒューマンドラマです。
監督:杉田成道 出演:役所広司(瀬尾孫左衛門)、佐藤浩市(寺坂吉右衛門)、桜庭ななみ(可音)、山本耕史(茶屋修一郎)、風吹ジュン(きわ)、田中邦衛(奥野将監)、ほか

「うつつ」のネタバレあらすじ結末

うつつの紹介:2001年日本映画。突然見知らぬ女性にあなたの奥さんは私の夫と不倫をしていると言われた隆一は、その女の魅力に魅かれどんどん罠にはまってゆくというサスペンス映画です。
監督:当摩寿史 出演:佐藤浩市(池島隆一)、大塚寧々(池島公美子)、小島聖(斉藤陽一郎)、宮沢りえ(小原幾子)、大杉漣(長田勤)、ほか

「闇の子供たち」のネタバレあらすじ結末

闇の子供たちの紹介:2008年日本映画。タイで横行する子供の人身売買、臓器売買、売春を取材する記者とボランティアの行動を鋭く切りこんだ問題作です。タイでは上映禁止になったいわくつきの内容です。ノンフィクションとして宣伝するも、問題が多くフィクションとせざるをえなくなったという経過をもちます。
監督:阪本順治  出演者:江口洋介(南部浩行)、宮崎あおい(音羽恵子)、妻夫木聡(与田博明)、佐藤浩市(梶川克仁)、鈴木砂羽(梶川みね子)、豊原功補(清水哲夫)ほか

「愛の流刑地」のネタバレあらすじ結末

愛の流刑地の紹介:2006年日本映画。気の乗らない大学講師などをしている村尾菊治は処女作の恋愛小説のヒットで有名になったが、今は作品に恵まれず、以前のようなヒット作を出そうと、日々悶々としていた。そんな時に、友人から紹介された、人妻の入江冬香の清楚で慎ましやかでありながら、凛とした性格に、心を奪われてしまい、逢瀬を重ねる。菊治は彼女から新しい小説の意欲の高ぶりを感じ、冬香は彼から女としてのエクスタシーを目覚めさせられる。しかし、その情熱は究極の結末へと進む…。渡辺純一の恋愛小説。
監督:鶴橋康夫 出演:豊川悦司(村尾菊治)、寺島しのぶ(入江冬香)、長谷川京子(織部美雪)、仲村トオル(入江徹)、佐藤浩市(脇田俊正)、陣内孝則(北岡文弥)、ほか

「心が叫びたがってるんだ。(実写版)」のネタバレあらすじ結末

心が叫びたがってるんだ。の紹介:2017年日本映画。2015年公開の長編アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」を実写映画化。幼い頃のトラウマにより言葉を失った少女が、ミュージカルを通して心を開いていく姿を描く。NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の芳根京子、Sexy Zoneの中島健人、佐藤浩市の息子の寛一郎が出演。
監督:熊澤尚人 出演:中島健人(坂上拓実)、芳根京子(成瀬順)、石井杏奈(仁藤菜月)、寛一郎(田崎大樹)、西山潤(三嶋樹)、福山康平(山路一春)、石井杏奈(仁藤菜月)ほか

「起終点駅 ターミナル」のネタバレあらすじ結末

起終点駅 ターミナルの紹介:2015年日本映画。直木賞作家・桜木紫乃の短編小説の映画化で、北海道釧路市を舞台に、重い過去を背負った弁護士が若い女性との出会いを通じて、人生の終点を始発に変えて生きる希望を取り戻していく姿を描いています。
監督:篠原哲雄 出演者:佐藤浩市(鷲田完治)、本田翼(椎名敦子)、尾野真千子(結城冴子)、中村獅童(大下一龍)、和田正人(森山卓士)ほか

「許されざる者(2013年)」のネタバレあらすじ結末

許されざる者の紹介:2013年日本映画。クリント・イーストウッド監督・主演による西部劇映画『許されざる者』(1992年)を日本版にリメイクした作品で、キャッチコピーは「人は、どこまで許されるのか」です。時代設定は原作の設定と同時期の明治時代初期、舞台は蝦夷地で、江戸幕府の残党・「人斬り・釜田十兵衛」の生き様を描いています。主演・渡辺謙は第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しました。
監督:李相日 出演:渡辺謙(釜田十兵衛)、柄本明(馬場金吾)、柳楽優弥(沢田五郎)、忽那汐里(なつめ)、小池栄子(お梶)、佐藤浩市(大石一蔵)、ほか

「らせん」のネタバレあらすじ結末

らせんの紹介:1998年日本映画。鈴木光司の小説を映画化した「リング」の続編にあたるホラー映画です。息子を失った男の周りの人間が、見た者を一週間後に呪い殺すという「呪いのビデオ」による謎の死を遂げていきます。やがて男はビデオの主「貞子」の目論む計画に巻き込まれていきます。
監督:飯田譲治 出演者:佐藤浩市(安藤満男)、中谷美紀(高野舞)、真田広之(高山竜司)、鶴見辰吾(宮下)、佐伯日菜子(山村貞子)ほか

「壬生義士伝」のネタバレあらすじ結末

壬生義士伝(みぶぎしでん)の紹介:2002年日本映画。第27回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した浅田次郎原作の同名小説を映画化した作品。とある田舎侍が新撰組に入隊し、武士としての義理、家族への愛をつらぬき幕末の時代を駆け抜けた姿を描いた作品です。
監督:滝田洋二郎 出演:中井貴一(吉村貫一郎)、三宅裕司(大野次郎右衛門)、夏川結衣(しづ)、中谷美紀(ぬい)、佐藤浩市(斎藤一)ほか

「大鹿村騒動記」のネタバレあらすじ結末

大鹿村騒動記(おおしかむらそうどうき)の紹介:2011年日本映画。延江浩の『いつか晴れるかな』を原案に、南アルプスを望む美しい光景に囲まれた長野県下伊那郡の大鹿村で、300年以上続いている大鹿歌舞伎をテーマに、笑いあり涙ありの人々の様子を描いた人情群像喜劇映画です。第35回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞などを受賞し、主演した原田芳雄はアカデミー賞最優秀主演男優賞、会長特別賞を受賞、岸部一徳は同賞優秀助演男優賞を受賞。主演の原田はこの作品の公開3日後に死去したため、本作品が彼の遺作となってしまいました。
監督:阪本順治 出演:風祭善・景清(原田芳雄)、風祭貴子(大楠道代)、能村治(岸部一徳)、越田一平(佐藤浩市)、織井美江(松たか子)、大地雷音(冨浦智嗣)、柴山寛治・黒衣(瑛太)、重田権三・畠山重忠(石橋蓮司)、津田義一(三國連太郎)、ほか

「雪に願うこと」のネタバレあらすじ結末

雪に願うことの紹介:2005年日本映画。鳴海章の小説「輓馬」を原作とし、ばんえい競馬をテーマし、東京で事業に失敗した主人公がばんえい競馬を通じ、大切なものを思い出していくストーリー。
監督:根岸吉太郎 出演:伊勢谷友介(矢崎学)、佐藤浩市(矢崎威夫)、小泉今日子(田中晴子)、吹石一恵(首藤牧恵)、香川照之(小笠原)、椎名桔平(黒川)、ほか

1 2 3
TOP↑