スカーレット・ヨハンソン映画一覧

スカーレット・ヨハンソンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「理想の女」のネタバレあらすじ結末

理想の女(ひと)の紹介:2004年イギリス,スペイン,イタリア,アメリカ,ルクセンブルク映画。文豪オスカー・ワイルドの戯曲『ウィンダミア卿夫人の扇』を原作に、舞台を1930年代のイタリアに置き換えて映画化した作品です。共にニューヨークからイタリアのリゾート地にやってきた二人の女性の愛憎劇を描きます。
監督:マイク・バーカー 出演者:スカーレット・ヨハンソン(メグ・ウィンダミア)、ヘレン・ハント(ミセス・アーリン)、トム・ウィルキンソン(タピィ)、マーク・アンバース(ロバート・ウィンダミア)、スティーヴン・キャンベル・ムーア(ダーリントン卿)ほか

「ゴースト・イン・ザ・シェル」のネタバレあらすじ結末

ゴースト・イン・ザ・シェルの紹介:2017年アメリカ映画。機会と人間が融合する義体化が一般的となった世界。一人の女性兵士が今まさに現場に潜入しようとしていた。彼女の生身の部分は今や脳だけ。それとほんの少しの過去の記憶。ある捜査の中でミラはテロリストの居場所を特定する。しかしそれは同時にミラの失くした記憶を思い出させることになる。士郎正宗原作「攻殻機動隊」の実写映画化。主演にアベンジャーズなどで活躍するスカーレット・ヨハンソン。日本人キャストに北野武と桃井かおりも参加。
監督:ルパート・サンダース 出演:ミラ・キリアン少佐(スカーレット・ヨハンソン)、バトー(ピルー・アスベック)、荒巻大輔(ビートたけし)、オウレイ博士(ジュリエット・ビノシュ)、クゼ・ヒデオ(マイケル・ピット)、トグサ(チン・ハン)、ダーリン博士(アナマリア・マリンカ)、ハイリ(桃井かおり)ほか

「タロットカード殺人事件」のネタバレあらすじ結末

タロットカード殺人事件の紹介:2006年イギリス,アメリカ映画。ジャーナリスト志望の学生サンドラはアメリカから友人を訪ねてロンドンへやってきます。しかし、やってきたマジックショーで凄腕ジャーナリストの亡霊に出会い、マジシャンのシドとともに話題の殺人によるタロットカード連続殺人事件の捜査をはじめます。
監督:ウディ・アレン 出演者:スカーレット・ヨハンソン(サンドラ・プランスキー)、ヒュー・ジャックマン(ピーター・ライマン)、ウディ・アレン(シド・ウォーターマン)、イアン・マクシェーン(ジョー・ストロンベル)ほか

「ブラック・ダリア」のネタバレあらすじ結末

ブラック・ダリアの紹介:2006年アメリカ映画。1947年に実際におきた未解決殺人事件「ブラック・ダリア事件」を元に作られたミステリー作品。元ボクサーの刑事バッキーとその仕事パートナーであるリーは残虐に殺された女優志望の女性エリザベスの事件を調べ始めます。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ジョシュ・ハートネット(バッキー・ブライカート)、スカーレット・ヨハンソン(ケイ・レイク)、アーロン・エッカート(リー・ブランチャード)、ヒラリー・スワンク(マデリン・リンスコット)ほか

「SING/シング」のネタバレあらすじ結末

SING/シングの紹介:2016年アメリカ映画。動物たちの歌唱オーディションに奮闘する様子を数々のお馴染みのヒットソングに乗せて描くミュージカルCGアニメ映画。経営困難に追い込まれていた劇場のオーナー、コアラのムーンは愛する劇場を守るため歌のオーディションを開催することにする。様々な困難がムーンに立ちはだかるが、彼は劇場を守り抜くことが出来るのだろうか。
監督:ガース・ジェニングス 声の出演:マシュー・マコノヒー(バスター・ムーン)、トリー・ケリー(ミーナ)、リース・ウィザースプーン(ロジータ)、スカーレット・ヨハンソン(アッシュ)ほか

「ママの遺したラヴソング」のネタバレあらすじ結末

ママの遺したラヴソングの紹介:2004年アメリカ映画。パーシーは幼い頃に分かれたきりの母親の死の知らせを聞いて、故郷ニューオーリンズの母の家に行きます。そこには母の友人と名乗るアルコール漬けの元英文学教授とその助手が住み着いており、成り行きで3人での共同生活が始まります。
監督:シェイニー・ゲイベル 出演:ジョン・トラヴォルタ(ボビー・ロング)、スカーレット・ヨハンソン(パーシー)、ガブリエル・マクト(ローソン)、デボラ・カーラ・アンガー(ジョージアナ)、デイン・ローデス(セシル)、ほか

「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」のネタバレあらすじ結末

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャーの紹介:2014年アメリカ映画。スーパーヒーロー軍団「アベンジャーズ」のメンバーであるキャプテン・アメリカ。ニューヨーク全土を巻き込んだアベンジャーズの戦いの後、国際平和維持組織シールドの内紛に巻き込まれたキャプテン・アメリカやブラック・ウィドウ、ニック・フューリーらは、事件の真相を探る中である意外な人物と出くわします。
監督:ジョー・ジョンストン 出演者:クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー)、アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)ほか

「her/世界でひとつの彼女」のネタバレあらすじ結末

her/世界でひとつの彼女の紹介:2013年アメリカ映画。そう遠くない未来、ロサンゼルスで代筆ライターとして働くひとりの男性が、肉体を持たない人工知能の彼女と恋に落ちるSFラブストーリー。第86回アカデミー賞5部門にノミネート、脚本賞を受賞。
監督:スパイク・ジョーンズ 出演者:セオドア・トゥオンブリー (ホアキン・フェニックス)、サマンサ (スカーレット・ヨハンソン)、エイミー (エイミー・アダムス)、キャサリン (ルーニー・マーラ)他

「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のネタバレあらすじ結末

スポンジ・ボブ/スクエアパンツの紹介:2004年アメリカ映画。カーニバーガー2号店のオープンの日。店長になれるとばかり思っていたスポンジ・ボブだったがその張り切りも虚しく子供だという理由でイカルドが新たに店長へと昇格した。しかしそんな時、海を支配するネプチューン王の王冠が盗まれるという事件が発生する。意気消沈するスポンジ・ボブだったが濡れ衣を着せられ凍らされてしまったカーニを救うため親友パトリックと王冠を探す旅に出る。人気アニメシリーズの劇場版。声優にはスカーレット・ヨハンソン等豪華俳優陣も参加。
監督:ステファン・ヒーレンバーグ 声優:スポンジ・ボブ(トム・ケニー/松野太紀)、パトリック・スター(ビル・ファッガーバッケ/長嶝高士)、カーニ(クランシー・ブラウン/奥田啓人)、イカルド(ロジャー・バンパス/納谷六郎)ほか

「ドン・ジョン」のネタバレあらすじ結末

ドン・ジョンの紹介:2013年アメリカ映画。顔も体も申し分なく女にも不自由しない男通称ドン・ジョン。そのプレイボーイな性格で毎晩女をとっかえひっかえ、一人と長い付き合いをすることはなかった。そんな彼だったがある日運命的な出会いをする。絶世の美女が現れたのだ。しかも彼女はジョンの誘いを断ってしまう。それ以来忘れることが出来なくなったジョン。そしてもう一つジョンには秘密があった。主演のジョセフ・ゴードン=レヴィットが監督・脚本も務めた恋愛コメディ映画。
監督:ジョセフ・ゴードン=レヴィット 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ジョン・“ドン・ジョン”・マテーロ・Jr.)、スカーレット・ヨハンソン(バーバラ・シュガーマン)、ジュリアン・ムーア(エスター)、トニー・ダンザ(ジョン・マテーロ・Sr.)、ロブ・ブラウン(ボビー)、ほか

「マッチポイント」のネタバレあらすじ結末

マッチポイントの紹介:2005年イギリス,アメリカ,ルクセンブルク映画。ウディ・アレンがイギリスを舞台に、上流階級の一員になろうとする元テニスプレイヤーの野心を描く。アレン自身の「重罪と軽罪 」を思わせる意外なラストとなっている。
監督:ウディ・アレン・出演:ジョナサン・リス・マイヤーズ(クリス・ウィルトン)、スカーレット・ヨハンソン(ノラ・ライス)、エミリー・モーティマー(クロエ・ヒューイット・ウィルトン)、マシュー・グード(トム・ヒューイット)、ブライアン・コックス(アレックス・ヒューイット)、ほか

「マーベル・スタジオの世界」のネタバレあらすじ結末

マーベル・スタジオの世界の紹介:2014年アメリカ映画。今や世界中で大ヒットしているプロジェクト「マーベル・シネマティック・ユニバース」。「アイアンマン」「インクレディブル・ハルク」から始まり多岐に渡る作品、そしてそこで描かれるキャラクター、さらに映画のクロスオーバー。その製作の裏側にスポットを当てたドキュメンタリー映画となっている。
出演:ケヴィン・ファイギ、ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、ジョン・ファブロー、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソンほか

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のネタバレあらすじ結末

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの紹介:2016年アメリカ映画。「アベンジャーズ2/エイジ・オブ・ウルトロン」の1年後、協力して地球を守っていたアベンジャーズの内戦やヒーロー同士の戦いを描くというショッキングな内容の作品です。 キャプテン・アメリカの個人シリーズ3作目ですが、アベンジャーズシリーズ同様の登場人物の多さを誇り、これまでの物語に重要な展開をもたらす作品といえます。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ 出演者:クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、ロバート・ダウニー・Jr.(トニー・スターク/アイアンマン)、セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ/ウインター・ソルジャー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ/ブラックパンサー)ほか

「ヘイル、シーザー!」のネタバレあらすじ結末

ヘイル、シーザー!の紹介:2016年アメリカ映画。コーエン兄弟が監督・脚本・製作を担当し、その豪華出演陣で話題を呼んだ作品です。1950年代のハリウッドの内幕をユーモラスに描いており、当時の作品や人物に向け、多くのオマージュを捧げています。
監督:ジョエル・コーエン イーサン・コーエン 出演:ジョシュ・ブローリン(エディ・マニックス)、ジョージ・クルーニー(ベアード・ウィットロック)、アルデン・エーレンライク(ホビー・ドイル)、スカーレット・ヨハンソン(ディアナ・モラン)、チャニング・テイタム(バート・ガーニー)ほか

「私がクマにキレた理由」のネタバレあらすじ結末

私がクマにキレた理由の紹介:2007年アメリカ映画。ひょんなことからセレブのベビー・シッターとなった主人公の視点で、一見幸せそうに見えるセレブの家庭の内情をリアルに描いたヒューマン・コメディ。アメリカでベストセラーとなった小説が原作となっています。
監督:シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ 出演者:スカーレット・ヨハンソン(アニー)、ローラ・リニ(ミセスX)、ニコラス・リース・アート(グレイヤー)、クリス・エヴァンス(ヘイデン)ほか

1 2
TOP↑