瀬戸康史映画一覧

瀬戸康史が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のネタバレあらすじ結末

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらの紹介:2011年日本映画。「もしドラ」の愛称で大ヒットとなった岩崎夏海の同名小説を映画化したもので、病に倒れた親友の代わりに万年弱小の野球部マネージャーになった女子高生が、ピーター・F・ドラッカーの書いたマネジメント本を手に部の改革を進めていく姿を描いた青春ドラマです。
監督:田中誠 出演者:前田敦子(川島みなみ)、瀬戸康史(浅野慶一郎)、峯岸みなみ(北条文乃)、池松壮亮(柏木次郎)、川口春奈(宮田夕紀)、大泉洋(加地誠)ほか

「呪怨 黒い少女」のネタバレあらすじ結末

呪怨 黒い少女の紹介:2009年日本映画。呪怨シリーズ4作目。呪怨のオリジナルオムニバスストーリー。「白い老女」と話が繋がっている。少女の胎内に宿り、生まれなかった双子の片割れの怨念が呪怨と化して人々を狂わせる。
監督:安里麻里 出演者:加護亜依(裕子)、瀬戸康史(徹也)、中園友乃(綾乃)、高橋マリア(横田季和子)、松本花奈(横田芙季絵/黒い少女)、勝村政信(横田)

「僕は友達が少ない」のネタバレあらすじ結末

僕は友達が少ないの紹介:2014年日本映画。平坂読原作のライトノベル「僕は友達が少ない」を映画化した作品。友達の少ない青年を主人公にした、その心の葛藤や動きを表現した作品。青年に個性豊かな奇妙な友人が数少ないながらできますが、その友人たちに振り回されます。青春時代をドラマやアニメのようにきらきらと過ごした人にスポットをあてるより、青春を理想と現実に悩みながらもがき苦しんできた人の方が多いのではと思います。そういったきらきら青春映画と一線を引いた不思議な映画だとも言えます。
監督:及川拓郎 出演:瀬戸康史(羽瀬川小鷹)、北乃きい(三日月夜空)、大谷澪(柏崎星奈)、高月彩良(楠幸村)、神定まお(志熊理科)、ほか

「わたしのハワイの歩きかた」のネタバレあらすじ結末

わたしのハワイの歩きかたの紹介:2014年日本映画。日本での煩わしい日々に悩む主人公が、ハワイに行ったことをきっかけに、素敵な人達と出会い、いきいきと輝く姿を描いたラブ・コメディ。ハワイの豊かな自然や、素敵なお店などがたくさん登場し、まるでハワイに行ったかのような楽しさを味わえるハワイ好き必見の作品です。
監督:前田弘二 出演:榮倉奈々(小山田みのり)、高梨臨(吉村茜)、瀬戸康史(鎌田勉)、加瀬亮(阿部知哉)、池松壮亮(田嶋祐一)、安田顕(塚原聡)ほか

TOP↑