シガニー・ウィーバー映画一覧

シガニー・ウィーバーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ミッシングID」のネタバレあらすじ結末

ミッシング IDの紹介:2011年アメリカ映画。ある日、失踪児童サイトに自分の写真を見つけた高校生が、突如国家的陰謀に渦に巻き込まれ、謎の組織から命を狙われ、必死で逃走する中で真実の自らの出生の謎に迫っていく様子をスリリングに描いたサスペンス・アクション映画です。キャッチコピーは「偽りの日常か、真実の自分か。」
監督:ジョン・シングルトン 出演:テイラー・ロートナー(ネイサン)、リリー・コリンズ(カレン)、アルフレッド・モリナ(バートン)、ジェイソン・アイザックス(ケビン)、マリア・ベロ(マーラ)、ミカエル・ニクヴィスト(コズロフ)、シガーニー・ウィーヴァー(ベネット医師)、ほか

「穴/HOLES」のネタバレあらすじ結末

穴/HOLESの紹介:2003年アメリカ映画。無実の罪でひたすら穴を掘るという更生施設に送られた少年が、そこで不思議な運命に導かれ、一族に課せられたとされる呪いに立ち向かう。
監督:アンドリュー・デイヴィス 出演: シガーニー・ウィーヴァー(所長)、ジョン・ヴォイト(ミスター・サー)、シャイア・ラブーフ(スタンリー・イエルナッツ4世)、ティム・ブレイク・ネルソン(ドクター・ペンダンスキー)、パトリシア・アークエット(ケイト・バーロウ)、ほか

「ゴーストバスターズ2」のネタバレあらすじ結末

ゴーストバスターズ2の紹介:1989年アメリカ映画。大人気コメディSF作品ゴーストバスターズの第二弾。第一弾でヒーローになったものとばかり思っていたゴーストバスターズがまさかの解散を強いられていたという衝撃の事実から物語が始まる。
監督:アイヴァン・ライトマン 出演:ビル・マーレイ(ピーター・ヴェンクマン博士)、ダン・エイクロイド(レイモンド・スタンツ博士)、ハロルド・ライミス(エゴン・スペングラー博士)、シガーニー・ウィーヴァー(ダナ・バレット)、アーニー・ハドソン(ウィンストン・ゼドモア)、ほか

「アバター」のネタバレあらすじ結末

アバターの紹介:2009年アメリカ映画。アバターは3D映画の走りとも呼ぶべき作品で、世界歴代興行収入1位も獲得した名作。アバターとは人造生命体に人間の神経を接続し、操作できるようになった存在のことを指す。とある衛星へとやって来た人類と、その星の先住者たちの激しい戦いを、大迫力の映像で見せる。
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン(ジェイク・サリー)、ゾーイ・サルダナ(ネイティリ)、シガーニー・ウィーヴァー(グレース・オーガスティン)、スティーヴン・ラング(マイルズ・クオリッチ大佐)、ミシェル・ロドリゲス(トゥルーディ・チャコン)、ほか

「死と処女」のネタバレあらすじ結末

死と処女(おとめ)の紹介:1995年アメリカ映画。アリエル・ドーフマンの同名戯曲に基づくサスペンス・ドラマ。原作の戯曲ではハッキリしなかった容疑者の正体をこの映画化では明確にしている。「死と乙女」のタイトルは映画の中で流れるシューベルトの曲名の引用。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:シガーニー・ウィーヴァー(ポーリナ)、ベン・キングズレー(ミランダ)、スチュアート・ウィルソン、ほか

「キャビン」のネタバレあらすじ結末

キャビンの紹介:2011年アメリカ映画。友人カートの従弟が所有する山小屋へとやってきたデイナ達5人。それは楽しい週末になるはずだった。小屋の地下に奇妙な収集品があることに気付いた一行はそこである人物の日記を見つける。それを境に彼らは突如現れたゾンビの群れに襲われる。しかしそれは単なるゾンビ襲撃では終わらなかった。その背後には彼らをこの小屋へと導いたある組織が存在した。ホラー映画の常識を覆す新感覚ホラー。
監督:ドリュー・ゴダード 出演:デイナ・ポーク(クリステン・コノリー)、カート・ヴォーン(クリス・ヘムズワース)、ジュールス・ローデン(アンナ・ハッチソン)、マーティ・ミカルスキ(フラン・クランツ)、ホールデン・マクレア(ジェシー・ウィリアムズ)、ゲイリー・シッターソン(リチャード・ジェンキンス)、スティーブ・ハドリー(ブラッドリー・ウィットフォード)、館長(シガニー・ウィーバー)ほか

「宇宙人ポール」のネタバレあらすじ結末

宇宙人ポールの紹介:2010年アメリカ映画。SFオタクのイギリス人グレアムとクライヴがアメリカのUFOスポットを巡っていたところ、偶然自動車事故を目撃する。様子を見に近づいた2人に話しかけてきたのは、なんと本物の宇宙人だった。宇宙人ポールの帰郷に協力するグレアムとクライヴの元に政府の追っ手が迫る。果たしてポールは無事母星に帰ることが出来るのか。「未知との遭遇(1977年)」や「E.T.(1982年)」など、数多くの映画のオマージュを散りばめたSFコメディ。
監督:グレッグ・モットーラ 出演者:サイモン・ペッグ(グレアム)、ニック・フロスト(クライヴ)、セス・ローゲン(ポールの声)、ジェイソン・ベイトマン(ゾイル)、クリステン・ウィグ(ルース)、シガニー・ウィーバー(ビッグ・ガイ)ほか

「ゴーストバスターズ」のネタバレあらすじ結末

ゴーストバスターズ の紹介:1984年アメリカ映画。超常現象や幽霊・霊体の研究を行っていたピーター率いる三人の冴えない科学者が幽霊退治に賭けるホラーコメディ作品。続編も作られ、2016年8月には新作『ゴーストバスターズ』が公開。
監督・アイヴァン・ライトマン 出演:ピーター・ヴェンクマン博士(ビル・マーレイ)、レイモンド・スタンツ博士(ダン・エイクロイド)、イゴン・スペングラー博士(ハロルド・ライミス)、ディナ・バレット(シガニー・ウィーバー)ほか

「ワーキング・ガール」のネタバレあらすじ結末

ワーキング・ガールの紹介:1988年アメリカ映画。出世を夢見るOLが、仕事に恋に突き進み、成功を手に入れるサクセス・ストーリー。シガニー・ウィーバー、ハリソン・フォードなど豪華なキャストもみどころ。
監督:マイク・ニコルズ 出演:メラニー・グリフィス(テス・マッギル)、シガーニー・ウィーヴァー(キャサリン・パーカー)、ハリソン・フォード(ジャック・トレイナー)、アレック・ボールドウィン(ミック・デューガン)、ジョーン・キューザック(シンシア)ほか

「ハートブレイカー」のネタバレあらすじ結末

ハートブレイカーの紹介:2001年アメリカ映画。エイリアンのリプリー役などが有名であるシガニーウィーバーを主演に迎え、女詐欺師とその娘が引き起こす様々な詐欺の様子をコメディタッチで描いた作品です。
監督:デヴィッド・マーキン 出演:シガーニー・ウィーヴァー(マックス・コナーズ)、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット(ペイジ・コナーズ)、レイ・リオッタ(ディーン・カマノ)、ジーン・ハックマン(ウィリアム・B・テンシー)ほか

「WALL・E/ウォーリー」のネタバレあらすじ結末

WALL・E(ウォーリー)の紹介:2008年アメリカ映画。地球上がゴミで埋め尽くされた未来、人間達はより良い生活を求め世界へと飛び立った。地球にはBNL社のロボット達が残されゴミ収集を行っていた。しかしいつしかロボット達は壊れ、最後の一台となってしまったウォーリーがその任務を毎日こなしていた。そんなある日、空から宇宙船が舞い降り一台のロボットを置いて行く。
監督:アンドリュー・スタントン 出演者:ウォーリー(声/ベン・バート 横堀悦夫)、イヴ(声/エリサ・ナイト 園崎未恵)、艦長(声) ジェフ・ガーリン 草刈正雄)、アクシオムコンピュータ(声) シガニー・ウィーバー 小山茉美)ほか

「エイリアン4」のネタバレあらすじ結末

エイリアン4の紹介:1997年アメリカ映画。SFスリラーの金字塔「エイリアン」シリーズ第4弾です。前作から200年後の世界を舞台に、前作で死亡したリプリーがクローン人間として蘇り、復活したエイリアン、そしてエイリアンと人間のハイブリッド生命体「ニューボーン」との闘いに突入していきます。
監督:ジャン=ピエール・ジュネ 出演者:シガニー・ウィーバー(エレン・リプリー(リプリー8号))、ウィノナ・ライダー(アナリー・コール)、ロン・パールマン(ジョーナー)、ドミニク・ピノン(ブリース)、ダン・ヘダヤ(マーティン・ベレス)ほか

「エイリアン3」のネタバレあらすじ結末

エイリアン3の紹介:1992年アメリカ映画。SFスリラーの金字塔「エイリアン」シリーズ第3弾です。宇宙船スラコ号の乗組員で唯一生き残り、監獄惑星に辿り着いたリプリーが、囚人たちと組んでエイリアンに死闘を挑みます。
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演者:シガニー・ウィーバー(エレン・リプリー)、ランス・ヘンリクセン(ビショップ/マイケル・ビショップ(二役))、チャールズ・ダンス(クレメンス)、ブライアン・グローヴァー(ハロルド)、チャールズ・S・ダットン(ディロン)ほか

「エイリアン2」のネタバレあらすじ結末

エイリアン2の紹介:1986年アメリカ映画。巨匠リドリースコット監督が恐怖に満ちた第1作を手がけたことで、今度はターミネーター等のアクション映画監督で知られるジェームズキャメロンが制作し、テイストがガラリと変わります。ノストロモ号事件で唯一の生き残った二等航海士リプリーが乗った宇宙船は57年後にようやく発見される。エイリアンの存在と危険性を訴えるリプリーだったが、彼女を驚愕の事実が襲う。
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:シガーニー・ウィーヴァー(リプリー)、マイケル・ビーン(ヒックス)、キャリー・ヘン(レベッカ・“ニュート”・ジョーダン)、ランス・ヘンリクセン(ビショップ)、ポール・ライザー(バーク)、ジャネット・ゴールドスタイン(ヴァスクェス)、ほか

「エイリアン」のネタバレあらすじ結末

エイリアンの紹介:1979年アメリカ映画。巨匠リドリースコット監督が手がけたSF映画史に残る大傑作で、密室での恐怖感とともにあの生理的に受け付けない宇宙人は世界中で話題となりました。エイリアンシリーズ1作目。地球への帰途の途中、宇宙船ノストロモ号は謎の救難信号を受信し、ある惑星に着陸。そこには見知らぬ宇宙船があり、船内には大量の卵が存在していた。
監督:リドリー・スコット 出演:トム・スケリット(ダラス船長)、シガーニー・ウィーヴァー(リプリー)、ジョン・ハート(ケイン)、ヤフェット・コットー(パーカー)、ハリー・ディーン・スタントン(ブレット)、ほか

1 2
TOP↑