スティーヴン・キング映画一覧

スティーヴン・キング原作・脚本映画のネタバレあらすじ一覧です。スティーヴン・キングのおすすめ映画、人気映画や最新作まで、スティーヴン・キング作品の一覧です。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のネタバレあらすじ結末

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の紹介:2017年アメリカ映画。ホラーの帝王、スティーヴン・キングによる1986年のベストセラー小説「IT –イット-」。1990年にTVドラマシリーズ化されて人気を博し、今回が二度目の映像化となる。監督は、ギレルモ・デル・トロにその才能を見出され、「MAMA」(2013)で長編映画デビューを飾ったアンディ・ムスキエティ。もともとキングの小説の大ファンだというムスキエティは、90年版よりさらにホラー度をアップさせながらも、原作のイメージを損なうことなく、よりスタイリッシュな“IT”像を作り上げた。アメリカの小さな田舎町で、子供ばかりが失踪する謎の事件が多発。弟が行方不明になっている少年ビルは、仲良しの友人達と共に事件の真相を突きとめようとする。ストーリーの鍵を握るITを演じるのは、スウェーデン出身の若手俳優ビル・スカルスガルド。90年版では「ロッキー・ホラー・ショー」(1975)のティム・カリーが不気味なITを演じているが、見比べてみるのも面白い。
監督:アンディ・ムスキエティ 出演者:ジェイデン・リーバハー(ビル)、ビル・スカルスガルド(ペニーワイズ)、ジャクソン・ロバート・スコット(ジョージ―)、ソフィア・リリス(ベバリー)、ジェレミー・レイ・テイラー(ベン)、フィン・ウォルフハード(リッチー)、ジャック・ディラン・グレイザー(エディ)、ワイヤット・オレフ(スタンリー)、チョーズン・ジェイコブス(マイク)、ニコラス・ハミルトン(ヘンリー)ほか

「ゴールデンボーイ」のネタバレあらすじ結末

ゴールデンボーイの紹介:1998年アメリカ映画。スティーヴン・キングの同名小説を映画化したサスペンスで、スポーツ万能で成績優秀な高校生が潜伏中のナチス戦犯との出会いを機に“悪”に目覚める過程を描いています。
監督:ブライアン・シンガー 出演者:ブラッド・レンフロ(トッド・ボーデン)、イアン・マッケラン(アーサー・デンカー/クルト・ドゥサンダー)、デヴィッド・シュワイマー(エドワード・フレンチ)、マージョリー・ラヴェット(アグネス・ボーデン)、ブルース・デイヴィソン(リチャード・ボーデン)ほか

「IT/イット」のネタバレあらすじ結末

IT/イットの紹介:1990年アメリカ映画。スティーヴン・キング,原作によるTV映画。実在した児童連続殺人犯ジョン・Fゲイシーをモデルにした映画で、子どもの弱点につけ込み襲い掛かる殺人ピエロ“IT”と子ども時代に遭遇し、時を経てピエロと対決する大人達の、トラウマとの決別の物語。この作品は2017年に「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」としてリメイクされています。
監督:トミー・リー・ウォーレス 出演:ティム・カリー(ペニー・ワイズ)、リチャード・トーマス(ビル・デンブロウ)、ジョン・リッター(ベン・ハンスコム)、アネット・オトゥール(ベバリー・マシュー)、リチャード・メイサー(スタンリー・ユリス)ほか

「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ダイアリー・オブ・ザ・デッドの紹介:2007年アメリカ映画。大学の卒業映画の作成のためホラー映画を撮影していたメンバーたちが、蔓延するゾンビ達に襲われ、やがてホラー映画撮影が、ゾンビのドキュメント映画へと変わって行くPOV手法で撮影されたホラー映画です。
監督:ジョージ・A・ロメロ 出演者:ミシェル・モーガン(デブラ)、ジョシュ・クローズ(ジェイソン)、ショーン・ロバーツ(トニー)、エイミー・ラロンド(トレーシー)、ジョー・ディニコル(エリオット)、スコット・ウェントワース(アンドリュー)、フィリップ・リッチオ(リドリー)、クリス・ヴァイオレット(ゴード)ほか

「ペット・セメタリー2」のネタバレあらすじ結末

ペット・セメタリー2の紹介:1992年アメリカ映画。スティーヴン・キングの原作小説を映画化したホラー映画「ペット・セメタリー」(1989年)の続編です。死体が再び甦えるという伝説を持つインディアンの墓「ペット・セメタリー」から甦った死者が主人公らに襲い掛かります。「ターミネーター2」に出演で話題となった美少年エドワード・ファーロングが主演したホラー映画。
監督:メアリー・ランバート 出演者:エドワード・ファーロング(ジェフ)、アンソニー・エドワーズ(チェイス)、クランシー・ブラウン(ガス)、ジャレッド・ラシュトン(クライド)、ルネ(ダーレーン・フリューゲル)ほか

「黙秘」のネタバレあらすじ結末

黙秘の紹介:1995年アメリカ映画。原作は、スティーヴン・キングの長編小説「ドロレス・クレイボーン」。アメリカはメイン州の小さな島で暮らすドロレスに、富豪の未亡人ベラ殺害の容疑がかかる。ドロレスと長年疎遠だった一人娘セリーナは、その知らせを聞いてニューヨークから駆けつける。しかし、ドロレスは何かを隠していて、それは18年前に死んだセリーナの父親の恐ろしい秘密にも関係していた。「ショーシャンクの空に」と並ぶ、キング原作によるノン・ホラーの傑作。
監督:テイラー・ハックフォード 出演者:キャシー・ベイツ(ドロレス)、ジェニファー・ジェイソン・リー(セリーナ)、ヴジュディ・パーフィット(ベラ)、クリストファー・プラマー(マッケイ警部)、デヴィッド・ストラザーン(ジョー)、エリック・ボゴシアン(ピーター)ほか

「シークレットウインドウ」のネタバレあらすじ結末

シークレットウインドウの紹介:2004年アメリカ映画。スティーヴン・キングの小説『秘密の窓、秘密の庭』を原作とした作品です。キャッチコピーは「なぜ追われる、なぜ終われない」。人気作家のモート・レイニーは離婚問題のおかげでスランプになってしまいます。さらに彼の作品が盗作だという謎の男ジョン・シューターが現れ、盗作であることを認め世間に公表するように脅迫されます。身に覚えのない盗作疑惑でモートの周囲に影が落ち始めます。
監督:デヴィッド・コープ 出演:ジョニー・デップ(モート・レイニー)、ジョン・タートゥーロ(ジョン・シューター)、マリア・ベロ(エイミー)、ティモシー・ハットン(テッド)、ほか

「ビッグ・ドライバー」のネタバレあらすじ結末

スティーヴン・キング ビッグ・ドライバーの紹介:2014年アメリカ映画。ミステリー作家として活躍するテスはある日講演会に呼ばれる。無事にその講演会を終えるとテスに理事長が帰りの近道を教えてくれた。来た道とは少し違う森の中を抜ける道。しかししばらく進むと落ちていた釘を踏んでしまいタイヤがパンクしてしまう。立ち往生するテスだったが運よくそこに一台のトラックが止まった。しかし止まったトラックに乗る男は別の目的を持っていた。スティーブン・キング原作「ビッグ・ドライバー」のテレビ映画化。
監督:ミカエル・サロモン 出演:
ウィル・ハリス、マリア・ベロ、オリンピア・デュカキス、ジョーン・ジェット、アン・ダウド、ほか

「ドリームキャッチャー」のネタバレあらすじ結末

ドリームキャッチャーの紹介:2003年アメリカ映画。スティーヴン・キングの同名小説に基づく異色のSF。「ミザリー」「アトランティスのこころ」など、キング作品の脚色者としてお馴染みのウィリアム・ゴールドマンが、この作品でも監督のローレンス・カスダンと共同でシナリオを担当。
監督:ローレンス・カスダン 出演:モーガン・フリーマン(アブラハム・カーティス大佐)、トーマス・ジェーン(ヘンリー・デブリン博士)、トム・サイズモア(将校オーウェン・アンダーヒル)、ジェイソン・リー(ビーバー)、ダミアン・ルイス(ジョンジー)、ほか

「セル」のネタバレあらすじ結末

セル(原題:Cell)の紹介:2016年アメリカ映画。スティーブン・キング原作小説の映画化。ジョン・キューザックとサミュエル・L・ジャクソンが出演するパニックスリラー映画で、ある日突然携帯電話を使っていたために凶暴化した人々と、その人たちから逃走しようとする人々の恐怖が描かれます。
監督:トッド・ウィリアムズ 原作:スティーブン・キング 出演:ジョン・キューザック(クレイトン/クレイ)、サミュエル・L・ジャクソン(トーマス/トム)、イザベル・ファーマン(アリス)、オーウェン・ティーグほか

「1408号室」のネタバレあらすじ結末

1408号室の紹介:2007年アメリカ映画。ベストセラー作家のスティーブンキング原作の短編小説、1408号室を映画化した作品で、ある心霊作家が体験する不可思議な現象を最新VFXで再現した映像が見ものです。
監督:ミカエル・ハフストローム 原作:スティーヴン・キング 出演:ジョン・キューザック(マイク・エンズリン)、サミュエル・L・ジャクソン(オリン支配人)、メアリー・マコーマック、トニー・シャルーブ、ほか

「シャイニング」のネタバレあらすじ結末

シャイニングの紹介:1980年イギリス映画。スティーブンキング原作の小説を映画化した作品で、ジャックニコルソンの狂気に満ちた顔が有名であり、その場面だけで撮影を2週間以上行ったとされます。
監督:スタンリー・キューブリック 出演:ジャック・ニコルソン(ジャック・トランス)、シェリー・デュヴァル(ウェンディ)、ダニー・ロイド(ダニー)、スキャットマン・クローザース(ディック)、バリー・ネルソン(スチュアート)ほか

「キャリー(1976年)」のネタバレあらすじ結末

キャリーの紹介:1976年アメリカ映画。ホラー小説の有名作家、スティーブンキングの小説、キャリーを映画化した作品で、作品が公開されたアメリカでは大ヒットを記録しました。友人からも母親からも嫌われている女子高生キャリー。しかし彼女には怒りを引き金に念動力を発揮する能力があった。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:シシー・スペイセク(キャリー)、パイパー・ローリー(マーガレット)、ウィリアム・カット、ジョン・トラヴォルタ、エイミー・アーヴィング、ナンシー・アレン ほか

「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」のネタバレあらすじ結末

スティーヴン・キング ファミリー・シークレットの紹介:2014年アメリカ映画。結婚記念日パーティーを開き幸せ一杯の妻のダーシーと夫のボブとひたりの子ども達ボブは妻が魚星だけに魚のピアスを妻にプレゼントし妻は幸せを感じていました。そんな幸せな毎日を贈る一方で、最近ニュースで騒がれている、殺人ニュースーがまさかこの夫婦に関係しているのを知るよしもない。
監督:ピーター・アスキン 出演:ジョーン・アレン(ダーシー)、アンソニー・ラパリア(ボブ)、カーラ・ブオノ(ベッティ)、クリステン・コノリー(ペトラ)、マイク・オマリー(ビル)、スティーヴン・ラング(ホルト)ほか

「キャリー(2013年)」のネタバレあらすじ結末

キャリー(2013年)の紹介:2013年アメリカ映画。1976年にブライアン・デ・パルマ監督が手がけた映画キャリーのリメイク作品。人気ホラー作家スティーヴン・キングの代表作。超能力に目覚めたいじめられっ子のキャリー。学年一のハンサムに誘われプロムへ向かうが、そこには罠が。暴走した超能力が会場を恐怖に落とす。
監督:キンバリー・ピアーズ 出演: クロエ・グレース・モレッツ(キャリー・ホワイト)、ジュリアン・ムーア(マーガレット・ホワイト)、ジュディ・グリア(デジャルダン)、ポーシャ・ダブルデイ(クリス)、アレックス・ラッセル(ビリー)ほか

1 2
TOP↑