竹中直人映画一覧

竹中直人が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「エイトレンジャー2」のネタバレあらすじ結末

エイトレンジャー2の紹介:2014年日本映画。エイトレンジャーとダーククルセイドとの闘いから5年が経った2040年、大鶴市長が進める「ゼロ・プロジェクト」によって犯罪発生率は0%という記録を達成し、エイトレンジャー達は街の救世主として祭り上げられ、裕福な生活をするようになっていました。しかしその中には渋沢(レッド)の姿はなく、犯罪発生率0%の陰で行方不明事件が多発していました。前作「エイトレンジャー」の続編でヒロインは前田敦子さんが担当しています。
監督:堤幸彦 出演:渋谷すばる(渋沢薫・レッド)、横山裕(横峯誠・ブラック)、村上信五(村岡雄貴・ナス)、丸山隆平(丸之内正悟・オレンジ)、安田章大(安原俊・ブルー)、錦戸亮(錦野徹朗(イエロー)、大倉忠義(大川良介・グリーン)、前田敦子(西郷純)、ベッキー(鬼頭桃子)、ほか

「グミ・チョコレート・パイン」のネタバレあらすじ結末

グミ・チョコレート・パインの紹介:2007年日本映画。大槻ケンヂの同名小説を盟友ケラリーノ・サンドロヴィッチが映画化した作品です。冴えない高校生がアンダーグラウンドなロックや憧れの同級生との出会いなどを経験していくストーリーです。
監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演者:石田卓也(大橋賢三)、黒川芽以(山口美甘子)、森岡龍(川本良也(カワボン))、金井勇太(小久保多久夫(タクオ))、大森南朋(現在の大橋賢三)ほか

「怪談新耳袋 劇場版」のネタバレあらすじ結末

怪談新耳袋 劇場版の紹介:2004年日本映画。恐怖の連鎖を描く複数の監督が手掛けたオムニバスホラー劇場。
出演者:竹中直人(上司)、林泰文(警備員スタッフ)、峰大輔(補助警備員)、坂井真紀(朋美)、坂上香織(朋美の同僚)、佐藤康恵(朋美の後輩)、高岡早紀(女)、大沢樹生(女の元恋人)、井上晴美(幼児の母)、北村一輝(幽霊の男)、内野謙太(高校生1)、上條誠(高校生2)、曽根英樹(やすひろ)、小野寺昭(やすひろの伯父)、鳥丸せつこ(ひさおの母)、堀北真希(由加里)

「ペコロスの母に会いに行く」のネタバレあらすじ結末

ペコロスの母に会いに行くの紹介:2013年日本映画。認知症の母と介護に奮闘する息子の日常を描いたコメディ&ヒューマン・ドラマ。母の症状は少しずつ悪化するが、家族は「ボケるとも悪か事ばかりじゃなかかもしれん」と前向きに認知症と向き合っていく。監督は「男はつらいよ フーテンの寅(1970年)」等で知られる森﨑東。岩松了とダブル主演を務めた赤木春恵が世界最高齢の映画初主演女優としてギネス世界記録に認定された。原作は岡野雄一の同名コミックエッセイ。
監督:森﨑東 出演者:岩松了(岡野ゆういち)、赤木春恵(岡野みつえ)、原田貴和子(若き日のみつえ)、加瀬亮(岡野さとる)、竹中直人(本田)ほか

「山形スクリーム」のネタバレあらすじ結末

山形スクリームの紹介:2009年日本映画。学校の歴史研究会の合宿で訪れた山形県の御釈ヶ部村はリゾート開発の真っ最中でした。その開発の為に壊された平家の落武者が眠るほこらから落武者が蘇り一大騒動に巻き込まれると内容のコメディホラー映画です。
監督:竹中直人 出演者:成海璃子(岡垣内美香代/光笛)、沢村一樹(葛貫忠経)、AKIRA(与藻須賀三太郎)、マイコ(勝海子)、竹中直人(山崎田内左衛門/今ラブイズオーバー薔薇男)
ほか

「東京日和」のネタバレあらすじ結末

東京日和(とうきょうびより)の紹介:1997年日本映画。写真家荒木経惟と妻陽子のフォトエッセイを原作とした竹中直人監督、主演の作品。第21回日本アカデミー賞で、優秀作品賞を始め、数々の賞を受賞している。写真家が亡き妻との日々のエピソードを振り返る内容になっている。コメディを得意とする竹中のひと味違った演技が見られ、ヒロイン中山美穂の素の美しさが光る作品である。
監督:竹中直人 出演:竹中直人(島津巳喜男)、中山美穂(島津ヨーコ)、松たか子(水谷)、三浦友和(外岡)、鈴木砂羽(宮本)、ほか

「アイス・エイジ3」のネタバレあらすじ結末

アイス・エイジ3 ティラノのおとしものの紹介:2009年アメリカ映画。「アイス・エイジ」シリーズの第3作品目に当たる本作は、3Dデジタル技術を新たに取り入れ、前作の「アイス・エイジ2」を超える興行収入を叩き出した。マニーとエリーとの間に出来た子供や、ティラノサウルスの家族を通して、子供が生まれることの素晴らしさや、子供を守る母親の強さを描写しており、子どもから大人まで楽しめるエンターテインメント性の高い作品に仕上がっている。
監督:カルロス・サルダーニャ 声の出演:レイ・ロマーノ/山寺宏一(マニー)、ジョン・レグイザモ/太田光(シド)、デニス・リアリー/竹中直人(ディエゴ)、クイーン・ラティファ/豊口めぐみ(エリー)、サイモン・ペグ/岩崎ひろし(バック) ほか

「アイス・エイジ2」のネタバレあらすじ結末

アイス・エイジ2の紹介:2006年アメリカ映画。アメリカのCGアニメーション製作会社ブルー・スカイ・スタジオの代表作である「アイス・エイジ」シリーズの第2弾として公開された本作は、興行収入が前作を超え、全世界で大ヒットした。マンモス、ナマケモノ、サーベルタイガーたちは迫り来る大洪水から生き延びられるのか…?オリジナルを含め、日本語吹き替え版のキャスティングの豪華さも話題になった。
監督:カルロス・サルダーニャ 声の出演:レイ・ロマーノ/山寺宏一(マニー)、ジョン・レグイザモ/太田光(シド)、デニス・リアリー/竹中直人(ディエゴ)、クイーン・ラティファ/優香(エリー)、ジョシュ・ペック/中島知子(エディ)、ショーン・ウィリアム・スコット/久本雅美(クラッシュ) ほか

「ジェリー・フィッシュ」のネタバレあらすじ結末

ジェリー・フィッシュの紹介:2013年日本映画。雛倉さりえ原作の惹かれ合う女子高生を官能的に描く青春ドラマ。思春期特有の繊細さ、残酷さ、同性愛への偏見があぶり出されていく。クラゲの水槽の前から始まった秘めた関係。戸惑いながらも気持ちを止めることができない二人。危うくも大切にしていくこの気持ちの行く先から目が離せない。
監督:金子修介 出演:大谷澪(宮下夕紀)、花井瑠美(篠原叶子)、川田広樹、川村亮介、奥菜恵、秋本奈緒美、竹中直人、ほか

「フリーター、家を買う。スペシャル」のネタバレあらすじ結末

フリーター、家を買う。スペシャルの紹介:2011年日本。フリーターの息子が、うつ病の母すみこのために家を買おうと奮闘、頑固な父とぶつかり合いながら、お母さんに笑顔が戻ってくる日が来るよう懸命に働きます。
出演:二宮和也(武誠治)、香里奈(千葉真奈美)、井川遥(永田亜矢子)、丸山隆平(豊川哲平)、井上正大(手島信二)、風吹ジュン(千葉小百合)、竹中直人(武誠一)、浅野温子(武寿美子)、ほか

「ピーナッツ」のネタバレあらすじ結末

ピーナッツの紹介:2005年日本映画。ウッチャンナンチャンの内村光良の初監督作品です。人数も集まらず試合も出来ない草野球チーム「ピーナッツ」が伝説のサードと呼ばれた秋吉が帰ったことによって再生していくというコメディ映画です。沢山の芸人さんが出演しています。
監督:内村光良 出演:内村光良(秋吉光一)、三村マサカズ(相良和雄)、大竹一樹(文野正樹)、ゴルゴ松本(勝田一鉄)、竹中直人(飲み屋の客)、桜井幸子(宮島百合子)、ベンガル(草野務)、ほか

「くちづけ」のネタバレあらすじ結末

くちづけの紹介:2013年日本映画。2010年に初演された宅間孝行の脚本による舞台劇を映画化したものです。舞台劇では「舞台史上一番泣ける」という話題を呼びました。この物語のモチーフは宅間が実際にあった新聞の小さな記事で、映画のキャッチコピーは「神さま、もう少しだけ、一緒にいさせてー」です。マコを演じた貫地谷しほりは、この作品で第56回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞しました。そして、この作品はイタリア・ウディネ・ファーイースト映画祭で、2013年4月20日に”ANGELHOME”という英題で上映されました。
監督:堤幸彦 出演:貫地谷しほり(阿波野マコ)、竹中直人(愛情いっぽん/阿波野幸助)、宅間孝行(うーやん)、田畑智子(宇都宮智子)、橋本愛(国村はるか)、ほか

「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」のネタバレあらすじ結末

劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間の紹介:2016年日本映画。死んだはずのアランの兄アルゴスが100人の英雄の魂を使って、この世の全ての人間をゴースト化しようと企む。その野望を阻止するためにはタケルは自身の肉体を消滅させなければいけない。タケルの選択は?「さよならオレ」
監督:諸田敏 出演:天空寺タケル/仮面ライダーゴースト(西銘駿)、月村アカリ(大沢ひかる)、深海マコト / 仮面ライダースペクター(山本涼介)、御成(柳喬之)、アラン/仮面ライダーネクロム(磯村勇斗)、深海カノン(工藤美桜)、仙人(竹中直人)、ユルセン(悠木碧)、宮本武蔵(唐橋充)、卑弥呼(平田裕香)ほか

「ワンピースフィルム ストロングワールド」のネタバレあらすじ結末

ONE PIECE FILM STRONG WORLD ワンピースフィルム ストロングワールドの紹介:2009年日本映画。ワンピースフィルム ストロングワールドは「ONE PIECE ワンピース」シリーズの劇場版10作目。金獅子のシキと名乗る男にナミを連れ去られ、さらに謎の浮かぶ島々に投げ出されたルフィ一行。凶暴な生き物がはびこるこの島でなにやら企むシキ。彼はある計画の為島の秘密を握っていた。そしてナミもまた自らの意志でシキの下へと行くことになる。
監督:境宗久 原作・製作総指揮:尾田栄一郎 声優:田中真弓(ルフィ)、岡村明美(ナミ)、中井和哉(ロロノア・ゾロ)、山口勝平(ウソップ)、平田広明(サンジ)、大谷育江(チョッパー)、北島康介(海賊キタジマ)、皆藤愛子(エバー)、竹中直人(金獅子のシキ)、ほか

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」のネタバレあらすじ結末

ぼくたちと駐在さんの700日戦争の紹介:2008年日本映画。イタズラ好きの7人組の高校生たちと駐在さんが繰り広げるイタズラの攻防戦を描いた抱腹絶倒のコメディー。1970年代の日本が舞台となり登場人物たちの人情味あふれるキャラクターに思わず引き込まれてしまう作品となっています。原作はブログ発の小説です。主題歌はファンモンことFUNKY MONKEY BABYSの「旅立ち」
監督:塚本連平 出演者:市原隼人(ママチャリ)、佐々木蔵之介(駐在さん)、麻生久美子(加奈子)、石田卓也(西条)、倉科カナ(和美)、加治将樹(孝昭)、賀来賢人(グレート井上)、冨浦智嗣(ジェミー)ほか

1 2
TOP↑