竹野内豊映画一覧

竹野内豊が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「人生の約束」のネタバレあらすじ結末

人生の約束の紹介:2015年日本映画。「池中玄太80キロ」などのテレビドラマを手掛けてきた石橋冠監督が初めて手掛けた劇場作品です。仕事一筋に生きてきた男が親友の死を機に、親友の故郷・富山の曳山祭の危機を救おうと立ち上がる中で、失ってきた大切なものを取り戻そうとする過程が描かれています。
監督:石橋冠 出演者:竹野内豊(中原祐馬)、江口洋介(渡辺哲也)、西田敏行(西村玄太郎)、松坂桃李(沢井卓也)、ビートたけし(岩瀬厚一郎)ほか

「at Home アットホーム」のネタバレあらすじ結末

at Home アットホームの紹介:2014年日本映画。平凡で幸せな家庭に見える5人家族の森山家は、実は血が繋がっておらず、父親は空き巣泥棒、母親は結婚詐欺師、長男はパスポートなどの偽造を行っていた。壮絶な人生の中で居場所を求めて出会った5人の絆を描いたヒューマン・ドラマ。
監督:蝶野博 出演者:竹野内豊(森山 和彦)、松雪泰子(森山 皐月)、坂口健太郎(森山 淳)、黒島結菜(森山 明日香)、池田優斗(森山 隆史)ほか

「シンゴジラ」のネタバレあらすじ結末

シンゴジラの紹介:2016年日本映画。シンゴジラは日本版ゴジラとしては12年ぶりの映画化作品で、ゴジラシリーズ第29作目。ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。目的も正体も分からないその生物ゴジラに翻弄される日本。そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つける。しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていた。
監督:庵野秀明(総監督) 樋口真嗣(監督・特技監督) 出演:矢口蘭堂(長谷川博己) 赤坂秀樹(竹野内豊) カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ) 大河内清次(大杉漣) 東竜太(柄本明) 志村祐介(高良健吾)ほか

「謝罪の王様」のネタバレあらすじ結末

謝罪の王様の紹介:2013年日本映画。宮藤官九郎脚本のコメディ映画です。謝罪を生業とする主人公が様々な問題を解決していくストーリーです。幾つかの章に分かれて話しは進んでいきますが、いずれも何かしら関係する要素があり、一つ一つの伏線が回収されていくような展開になっています。
監督:水田伸生 出演:阿部サダヲ(黒島譲)、井上真央(倉持典子)、岡田将生(沼田卓也)、尾野真千子(宇部美咲)、竹野内豊(箕輪正臣)、荒川良々(和田耕作)、高橋克実(南部哲郎)ほか

「さまよう刃」のネタバレあらすじ結末

さまよう刃の紹介:2009年日本映画。東野圭吾の小説を原作とする犯罪映画。最愛の娘を少年に殺された父親の復讐する姿を通して、法と正義のあり方を問う社会派作品。被害者遺族の心情がリアルに描かれており、少年法について深く考えさせられる作品となっています。
監督:益子昌一 出演者:寺尾聰(長峰)、竹野内豊(織部)、伊東四朗(真野)、岡田亮輔(菅野)ほか

「冷静と情熱のあいだ」のネタバレあらすじ結末

「冷静と情熱のあいだ」の紹介。2001年日本映画。この映画は原作を江國香織と辻仁成がそれぞれ女性からの視点・男性からの視点を小説にまとめられています。これを映画化したものです。阿形順正役を竹野内豊・あおい役をケリーチャンがダブル主演です。またサブ出演に当時役者としては無名のユースケサンタマリアと篠原涼子が起用されています。10年後の再会約束をした男女が、その後別れてしまい、別の生活や恋人を持つが、ずっと約束を大事に思い、10年後にイタリアで再会する恋愛物語。
監督: 中江 功  出演:竹野内豊(阿形順正)、ケリー・チャン(あおい)、ユースケサンタマリア(崇)、篠原涼子(芽実)、椎名桔平ほか。

TOP↑