ティム・バートン監督映画一覧

ティム・バートン監督映画のネタバレあらすじ一覧です。ティム・バートンが監督・製作総指揮を務めた、おすすめ映画から人気映画や最新作まで、ティム・バートン監督作品の一覧です。

「ビッグ・フィッシュ」のネタバレあらすじ結末

ビッグ・フィッシュの紹介:2003年アメリカ映画。アラバマ出身のある男の物語をファンタジックに描いた作品です。父と仲違い中であったウィルは病に倒れた父の元を3年ぶりに訪れます。父エドワードは自分の過去の物語をよくウィルにきかせていましたが、奇想天外な内容であるため父がウソの話をしていると考えていたウィルは彼の物語の地を訪れます。
監督:ティム・バートン 出演者:ユアン・マクレガー(若い頃のエドワード・ブルーム)、アルバート・フィニー(エドワード・ブルーム)、ビリー・クラダップ(ウィル・ブルーム)、ジェシカ・ラング(サンドラ・ブルーム)

「PLANET OF THE APES 猿の惑星」のネタバレあらすじ結末

PLANET OF THE APES 猿の惑星の紹介:2001年アメリカ映画。猿に支配された惑星に不時着した宇宙飛行士の奮闘と脱出までを描いた作品。1968年の映画『猿の惑星』のリ・イマジネーション作品であり、猿が人間を支配しているという基本設定だけを踏襲し、ストーリーはほぼ書き換えられている。最終的にティム・バートンが監督に起用されたが、他にアダム・リフキン/オリバー・ストーン/クリス・コロンバスの3監督が企画を行っていた。
監督:ティム・バートン 出演:マーク・ウォールバーグ(レオ・デイヴィッドソン大尉)、ティム・ロス(セード)、ヘレナ・ボナム・カーター(アリ)、マイケル・クラーク・ダンカン(アター)、ほか

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のネタバレあらすじ結末

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの紹介:2016年アメリカ映画。ジェイクは死んだ祖父がかつて過ごしたウェールズの島を訪れる。そこには様々な不思議な能力をもつ子供たちと、子供たちを庇護する強くて不思議な女性、ミス・ペレグリンがいた。だが、そこにも危機が迫っていた。子供たちが力を合わせて怪物たちと戦うファンタジーアクション映画。ティム・バートン史上最も奇妙な物語です。
監督:ティム・バートン 出演者:エヴァ・グリーン(ミス・ペレグリン)、エイサ・バターフィールド(ジェイク)、サミュエル・L・ジャクソン(バロン)、エラ・パーネル(エマ)、ジュディ・デンチ(アヴォセット)ほか

「9<ナイン> 9番目の奇妙な人形」のネタバレあらすじ結末

9<ナイン> 9番目の奇妙な人形の紹介:2009年アメリカ映画。9が目を覚ました世界は既に人間の滅びた荒廃した世界だった。街は荒れ果て所々で息絶えた人の姿が見える。そんな誰もいないと思われていたこの世界で9はある出会いをする。それは自分と同じ、まるで誰かに作られたかのような人形の姿をした仲間達だった。その出会いに喜ぶ9、しかしそれはすぐに絶望へと変わっていく。シェーン・アッカー監督の短編アニメーション「9<ナイン>」をティム・バートン製作シェーン・アッカー監督で長編アニメーション映画化。短編版「9<ナイン>」はアカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート。
監督:シェーン・アッカー 出演:9(イライジャ・ウッド) 8(フレッド・タタショア) 7(ジェニファー・コネリー) 6(クリスピン・グローヴァー) 5(ジョン・C・ライリー) 2(マーティン・ランドー) 1(クリストファー・プラマー)

「コープスブライド」のネタバレあらすじ結末

ティム・バートンのコープスブライドの紹介:2005年イギリス映画。結婚式の予行演習で大失態をしでかしたヴィクター。失意の底で森の中をさ迷いながら誓いの言葉を練習していた。そして木の枝を結婚相手ヴィクトリアとみたて指輪をはめ誓いの言葉を発する。すると彼の言葉と指環に反応した花嫁の死体が地面から飛び出してきた。彼はその花嫁エミリーに連れられ地下にある死者の世界へと連れて行かれる。ティム・バートン製作モーションストップアニメーション。アカデミー賞長編アニメーションノミネート。
監督:ティム・バートン、マイク・ジョンソン 声の出演:ジョニー・デップ(ビクター)、ヘレナ・ボナム=カーター(コープス・ブライド)、エミリー・ワトソン(ビクトリア)、ほか

「リンカーン/秘密の書」のネタバレあらすじ結末

リンカーン/秘密の書の紹介:2012年アメリカ映画。ティム・バートン製作。アメリカの偉大な第16代アメリカ合衆国大統領、エイブラハム・リンカーンが実はバンパイアを狩るハンターだったという奇想天外なストーリーが展開する映画です。
監督ティムール・ベクマンベトフ 出演:ベンジャミン・ウォーカー(エイブラハム・リンカーン)、ドミニク・クーパー(ヘンリー・スタージス)、アンソニー・マッキー(ウィル・ジョンソン)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(メアリー・トッド・リンカーン)、ルーファス・シーウェル(アダム)、ほか

「ダーク・シャドウ」のネタバレあらすじ結末

ダーク・シャドウの紹介:2012年アメリカ映画。魔女の呪いによってヴァンパイアに変えられ墓に閉じ込められた主人公が200年の時を経て復活、没落した子孫を助けるべく魔女と対決するファンタジック・コメディ。
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ(バーナバス・コリンズ)、ミシェル・ファイファー(エリザベス・コリンズ・ストッダード)、ヘレナ・ボナム=カーター(ジュリア・ホフマン博士)、エヴァ・グリーン(アンジェリーク・ブシャール)、ほか

「エド・ウッド」のネタバレあらすじ結末

エド・ウッドの紹介:1994年アメリカ映画。史上最低の映画監督」と言われたエド・ウッド。彼のその数奇な運命に彩られた半生と映画への情熱を彼の作品とともに鬼才ティム・バートンが描いた。
監督 :ティム・バートン 出演:エド・ウッド(ジョニー・デップ)、ベラ・ルゴシ(マーティン・ランドー)、ドロレス・フーラー(サラ・ジェシカ・パーカー)、キャシー・オハラ(パトリシア・アークエット)、アメージング・クリズウェル(ジェフリー・ジョーンズ)、バニー・ブレッキンリッジ(ビル・マーレイ)、ヴァンパイラ(リサ・マリー)ほか

「ビートルジュース」のネタバレあらすじ結末

ビートルジュースの紹介:1988年アメリカ映画。ある日突然死んでしまった夫婦が、売りに出された自分たちの家に引っ越してきた一家を追い出すために奮闘するブラック・コメディ。
監督:ティム・バートン 出演:マイケル・キートン、アレック・ボールドウィン、ジーナ・デイヴィス、ウィノナ・ライダーほか

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のネタバレあらすじ結末

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスの紹介:1993年アメリカ映画。この作品は、ティム・バートン原作原案によって作られた、少し不気味であり、ユーモアあふれるストーリーです。曲が耳に残りやすく、ハロウィンとクリスマスの両方がとても楽しみになります。ハロウィンタウンに住むジャック・スケリントンがクリスマスを知ったことから、クリスマスは大騒ぎに。今年のクリスマスはサンタクロース?それともサンディ・クローズ?大人も子供も楽しめる作品です。
監督:ヘンリー・セリック 出演:ジャック・スケリントン(クリス・サランドマン/市村正親)/サリー(キャサリン・オハラ/土居裕子)/フィンケルスタイン博士(ウィリアム・ヒッキー/三ツ矢雄二)/ブギー(ケン・ベイジ/小林アトム)/サンディ・クローズ(エド・アイヴォリー/永江智明)ほか

「スリーピー・ホロウ」のネタバレあらすじ結末

スリーピーホロウの紹介:1999年アメリカ映画。ワシントンアービングが書いた小説、スリーピー・ホロウ(首なし騎士)の伝説を元にして映画化した作品で、首なし騎士と殺人の謎が1人の刑事の活躍により明かされていきます。
監督:ティム・バートン 出演者: ジョニー・デップ(イカボッド・クレーン)、クリスティナ・リッチ(カトリーナ・ヴァン・タッセル)、ミランダ・リチャードソン(ヴァン・タッセル夫人)、マイケル・ガンボン(バルタス・ヴァン・タッセル)、キャスパー・ヴァン・ディーン(ブロム・ヴァン・ブラント)ほか

「チャーリーとチョコレート工場(詳細版)」のネタバレあらすじ結末

映画チャーリーとチョコレート工場の紹介:2005年アメリカ,イギリス映画。ウォンカのチョコレートはその美味しさから、みんなに愛される特別なチョコレートであった。大きなチョコレート工場で毎日沢山の人達が沢山のチョコレートを作っていたが、ある日突然全ての人が解雇になりチョコレート工場も閉鎖された。しかしついに工場が動き出した、しかも5人の子供達をチョコレート工場へと招待するという「金のチケット」入りチョコレートを作り上げたのだ。けれどそのチケットを手に入れた者には、恐ろしい試練が待っていたのである。
監督 :ティム・バートン 主演・キャスト:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デイビット・ケリー、ディープ・ロイほか

「チャーリーとチョコレート工場」のネタバレあらすじ結末

チャーリーとチョコレート工場の紹介:2005年アメリカ,イギリス映画。ジョニー・デップ主演によるブラック・ファンタジー、チャーリーとチョコレート工場。貧しい少年チャーリーが、チョコレート工場見学と特別なプレゼントがもらえる夢のチケットを手にいれ、幸せをつかむストーリー。話自体は、子供向けの内容ですが、ブラックな要素が満載なのは、ティム・バートンならでは。
監督:ティム・バートン
出演者:ジョニー・デップ(ウィリー・ウォンカ)、フレディ・ハイモア(チャーリー・バケット)、アナソフィア・ロブ(バイオレット)、ジュリア・ウィンター(ベルーカ)、ジョーダン・フライ(マイク)、フィリップ・ウィーグラッツ(オーガスタス)ほか

「アリス・イン・ワンダーランド」のネタバレあらすじ結末

アリス・イン・ワンダーランドの紹介:2010年アメリカ映画。ルイス・キャロルの世界的児童文学である不思議の国のアリスを題材にした映画で、原作を映画化したものではなく、その後日談のような語りで物語は進んでいきます。実写とモーションキャプチャーを融合しているのが特徴です。
監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」のネタバレあらすじ結末

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師の紹介:2007年アメリカ映画。ロンドンのフリート街で理髪店を営んでいたベンジャミン・バーカーは、家族との幸せな日々を過ごしていた。しかし、彼の幸せは、悪徳な判事の策略によって壊されてしまう。
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエンほか

1 2
TOP↑