柳楽優弥映画一覧

柳楽優弥が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「許されざる者(2013年)」のネタバレあらすじ結末

許されざる者の紹介:2013年日本映画。クリント・イーストウッド監督・主演による西部劇映画『許されざる者』(1992年)を日本版にリメイクした作品で、キャッチコピーは「人は、どこまで許されるのか」です。時代設定は原作の設定と同時期の明治時代初期、舞台は蝦夷地で、江戸幕府の残党・「人斬り・釜田十兵衛」の生き様を描いています。主演・渡辺謙は第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しました。
監督:李相日 出演:渡辺謙(釜田十兵衛)、柄本明(馬場金吾)、柳楽優弥(沢田五郎)、忽那汐里(なつめ)、小池栄子(お梶)、佐藤浩市(大石一蔵)、ほか

「許されざる者(2013渡辺謙)」のネタバレあらすじ結末

許されざる者の紹介:2013年日本映画。第65回アカデミー賞作品賞受賞作品。クリント・イーストウッド監督・主演の西部劇『許されざる者』(1992年)をリメイクした日本映画。キャッチコピーは「人は、どこまで許されるのか」。時代設定は原作の設定と同時期の明治時代初期、舞台は蝦夷地で、江戸幕府の残党・「人斬り・釜田十兵衛」の生き様を描いています。監督・脚本は李相日。この作品で、主演・渡辺謙は第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、忽那汐里は新人俳優賞を受賞。
監督:李相日 出演:渡辺謙(釜田十兵衛)、柄本明(馬場金吾)、柳楽優弥(沢田五郎)、忽那汐里(なつめ)、三浦貴大(堀田卯之助)、佐藤浩市(大石一蔵)、小池栄子(お梶)ほか

「ディストラクション・ベイビーズ」のネタバレあらすじ結末

ディストラクション・ベイビーズの紹介:2016年日本映画。喧嘩に明け暮れる泰良、彼の野獣のような生き方に魅せられた高校生 裕也、キャバクラで働く少女 那奈。三人の出会いにより加速する暴力。愛媛県松山市で過激なロケーション撮影がされた。
監督:真利子哲也 出演者:柳楽優弥(芦原泰良)、菅田将暉(北原裕也)、小松菜奈(那奈)、村上虹郎(芦原将太)、池松壮亮(三浦慎吾)、北村匠海(健児)、ほか

「星になった少年」のネタバレあらすじ結末

星になった少年 Shining Boy & Little Randyの紹介:2005年日本映画。カンヌ国際映画祭で主演男優賞に輝いた柳楽優弥が主演。自らタイに渡りゾウ使いとしての道を志しながらも若干20歳で逝去した少年の半生を描く実話を基にした作品。学校でいじめにあっていた哲夢は、親の経営する動物プロダクションで購入した子供のゾウ・ランディと出会ったことで象使いになりたいと願うようになる。
監督:河毛俊作 出演:柳楽優弥(小川哲夢)、常盤貴子(小川佐緒里)、高橋克実(小川耕介)、蒼井優(村上絵美)、倍賞美津子(藤沢朝子)、ほか

「包帯クラブ」のネタバレあらすじ結末

包帯クラブの紹介:2007年日本映画。傷ついた人の心の傷を癒すために包帯を巻く行為を通じて、自分の心の傷に向き合い、成長していく青年たちの友情や絆を描いたヒューマン・ドラマ。天童荒太の小説が原作となっています。
監督:堤幸彦 出演者:柳楽優弥(ディノ)、石原さとみ(ワラ)、貫地谷しほり(タンシオ)、田中圭(ギモ)ほか

「ピンクとグレー」のネタバレあらすじ結末

ピンクとグレーの紹介:2015年日本映画。大人気スター・白木蓮吾が、自殺をするシーンから始まる。彼の死体第一発見者は、白木の親友、河田大貴。そして、首を吊った白木蓮吾の側には、6通の遺書が…。
監督:行定勲 出演者:中島裕翔(白木蓮吾)、菅田将暉(河田大貴)、夏帆(サリー)、小林涼子、岸井ゆきの、千葉哲也、マキタスポーツ、柳楽優弥ほか

「シュガー&スパイス 風味絶佳」のネタバレあらすじ結末

シュガー&スパイス 風味絶佳の紹介:2006年日本映画。山田詠美の小説『風味絶佳』を原作とする作品。恋をはじめて知った青年のほろ苦い初恋と失恋を描いたラブストーリー。オアシスが、楽曲を提供した初めての邦画ということでも話題となりました。
監督:中江功 出演者:柳楽優弥(志郎)、沢尻エリカ(乃里子)、高岡蒼甫(乃里子の元彼)、夏木マリ(グランマ)ほか

「誰も知らない」のネタバレあらすじ結末

誰も知らないの紹介:2004年日本映画。1980年代に巣鴨で母親が子供を置き去りにした事件を題材にした社会派映画。主演の柳楽優弥が、史上最年少でカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞したことでも話題となりました。
監督:是枝裕和 出演者:柳楽優弥(明)、YOU(けい子)、北浦愛(明の妹)、木村飛影(明の弟)、清水萌々子(明の妹)ほか

TOP↑