山田涼介映画一覧

山田涼介が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「鋼の錬金術師」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師の紹介:2017年日本映画。「鋼の錬金術師」は2001年から約10年間『月刊少年ガンガン』に連載された荒川弘の大人気コミック。アニメ化もされているこの作品が満を持して実写化された。監督は、「ピンポン」でもコミック実写化に成功している曽利文彦監督。錬金術は、物質を分解して新たなものに作り替える魔法のような術。物語はその錬金術が存在している19世紀ヨーロッパ風の世界が舞台。幼い兄弟が錬金術によって失った身体を取り戻すため、“賢者の石”を求めて旅をする壮大なファンタジーである。
監督:曽利文彦 キャスト:山田涼介(エド)、本田翼(ウィンリィ)、ディーン・フジオカ(マスタング大佐)、蓮佛美沙子(ホークアイ中尉)、佐藤隆太(ヒューズ中佐)、小日向文世(ハクロ将軍)、大泉洋(ショウ・タッカー)、夏菜(ロス少尉)、水石亜飛夢(アル:声)、松雪泰子(ラスト)、本郷奏多(エンヴィィ)、内山信二(グラトニー)、國村隼(ドクター・マルコー)、石丸謙二郎(コーネロ)、原田夏希(ヒューズ中佐の妻)ほか

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」のネタバレあらすじ結末

ナミヤ雑貨店の奇蹟の紹介:2017年日本映画。大きな屋敷を飛び出し夜の街を走る敦也達3人。今しがたその屋敷で女性を縛り付け鞄をひったくった3人は一晩隠れるためとある空き家へと侵入する。そこはかつて雑貨店として構えていた今では廃墟と化している場所。しかしたった一晩過ごすつもりだったその場所に突然一通の手紙が舞い込んできた。それは過去と現代を繋ぐ奇蹟の手紙だった。日本を代表する小説家 東野圭吾原作の感動超大作。主演に国民的アイドルグループから山田涼介、そして西田敏行が抜擢、主題歌を山下達郎が担当している。
監督:廣木隆一 出演:山田涼介(矢口敦也)、村上虹郎(小林翔太)、寛一郎(麻生幸平)、成海璃子(皆月暁子)、門脇麦(セリ)、林遣都(松岡克郎)、西田敏行(浪矢雄治)、ほか

「暗殺教室~卒業編~」のネタバレあらすじ結末

暗殺教室~卒業編~の紹介:2016年日本映画。週刊少年ジャンプ連載の松井優征による人気コミックの実写映画版の続編。地球を破壊する力を持ちながら、中学校の教師となった謎の生物、殺せんせーと政府からその暗殺を依頼された中学生たちが繰り広げるユニークな攻防を描く。
監督:羽住英一郎 出演者:山田涼介(潮田渚)、二宮和也(死神)、菅田将暉(赤羽業)、山本舞香(茅野カエデ)、椎名桔平(烏間惟臣)ほか

「グラスホッパー」のネタバレあらすじ結末

グラスホッパーの紹介:2015年日本映画。伊坂幸太郎の「最強」と名高い小説、グラスホッパーの映画化作品。ハロウィンの夜、渋谷のスクランブル交差点の事故で恋人を失った元教師の鈴木は、真犯人への復讐のためにある組織に潜入した。組織を取り巻く殺し屋たちと事件に巻き込まれていく。
監督:瀧本智行  出演者:生田斗真(鈴木)、浅野忠信(鯨)、山田涼介(蝉)、麻生久美子(すみれ)、波瑠(百合子)、菜々緒(比与子)、村上淳(岩西)、吉岡秀隆(押し屋)、石橋蓮司(寺原)、佐津川愛美(元教え子)ほか

「暗殺教室」のネタバレあらすじ結末

映画 暗殺教室(あんさつきょうしつ)の紹介:2015年日本作品。同タイトルマンガ『暗殺教室』の映画1作目。月を破壊した謎の生物 殺せんせーが、ある学校の落ちこぼれ学級の担任となり、生徒たちを自分を殺すための暗殺者として育てる中で、人間力も育てる学園青春ストーリー「暗殺教室」。
監督:羽住英一郎 原作:松井優征 出演者:山田涼介(潮田渚)、椎名桔平(烏間惟臣)、菅田将暉(赤羽業)、山本舞香(茅野カエデ)、橋本環奈(自律思考固定砲台)、加藤清史郎(イトナ)、二宮和也(殺せんせー)ほか

TOP↑