行定勲監督映画一覧

行定勲監督映画のネタバレあらすじ一覧です。行定勲監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、行定勲監督作品の一覧です。

「きょうのできごと」のネタバレあらすじ結末

きょうのできごと a day on the planetの紹介:2003年日本映画。柴崎友香の小説を映画化した作品です。友人の引っ越し祝いに集まった、今時の大学生のありふれた1日を、様々なエピソードを織り交ぜて描いた青春群像ストーリーです。
監督:行定勲 出演者:田中麗奈(真紀)、妻夫木聡(中沢)、伊藤歩(けいと)、柏原収史(正道)、山本太郎(山田)ほか

「遠くの空に消えた」のネタバレあらすじ結末

遠くの空に消えたの紹介:2007年日本映画。空港建設問題に揺れる田舎の村を舞台に、都会から来た転校生の少年が少女の夢を叶えるため、同級生と共に奮闘する姿を描いた青春ドラマです。
監督:行定勲 出演者:神木隆之介(楠木亮介)、ささの友間(土田公平)、大後寿々花(柏手ヒハル)、三浦友和(楠木雄一郎)、長塚圭史(赤星)ほか

「ナラタージュ」のネタバレあらすじ結末

ナラタージュの紹介:2017年日本映画。島本理生の同名恋愛小説を嵐の松本潤と有村架純のダブル主演で映画化したラブストーリーです。高校教師とかつての教え子との禁断の愛を、教え子の回想という形で描いています。
監督:行定勲 出演者:松本潤(葉山貴司)、有村架純(工藤泉)、坂口健太郎(小野玲二)、市川実日子(葉山美雪)、瀬戸康史(宮沢慶太)ほか

「北の零年」のネタバレあらすじ結末

北の零年の紹介:2004年日本映画。明治初期の北海道を舞台に、過酷な開拓時代を生き抜いた人々の苦闘の日々を豪華キャストと巨額の製作費を投じて描いたヒューマンドラマです。
監督:行定勲 出演者:吉永小百合(小松原志乃)、渡辺謙(小松原英明/三原英明)、豊川悦司(アシリカ/高津政之)、柳葉敏郎(馬宮伝蔵)、石原さとみ(小松原多恵)ほか

「真夜中の五分前」のネタバレあらすじ結末

真夜中の五分前の紹介:2014年日本,中国映画。原作は本多孝好の小説、「真夜中の五分前」です。美しい双子の女性を巡る、芸術的なミステリーです。双子の女性に翻弄される時計職人の役を、三浦春馬が好演しています。芸術的で独特な雰囲気で、映像もかなり美しいです。
監督: 行定勲 出演者: 三浦春馬(リョウ)、リウ・シーシー(ルオラン/ルーメイ)、チャン・シャオチュアン(ティエルン)、ほか

「クローズド・ノート」のネタバレあらすじ結末

クローズド・ノートの紹介:2007年日本映画。小学校の教員を目指す女子大生の香恵は、引っ越しをする。そこで、以前そこに住んでいた住人の忘れものと思われる一冊のノートを見つける。
監督:行定勲 出演者:沢尻エリカ(堀井香恵)、 伊勢谷友介(石飛リュウ)、 竹内結子(真野伊吹)、 黄川田将也(夏目涼)、 ほか

「世界の中心で、愛をさけぶ」のネタバレあらすじ結末

映画 世界の中心で、愛をさけぶの紹介:2004年日本映画。あなたは自分の初恋を完全に忘れられてますか?懐かしい初恋の思い出、故郷を旅しながら過去と現在を行き来するストーリーに改変されている。
監督:行定勲 出演:大沢たかお(松本朔太郎)、柴咲コウ(藤村律子)、長澤まさみ(広瀬亜紀)、森山未來(サク・高校時代の朔太郎)、山崎努(重蔵)、宮藤官九郎(大木龍之介)、津田寛治(ジョニー)、高橋一生(高校時代の龍之介)、菅野莉央(少女時代の律子)、杉本哲太(亜紀の父)、古畑勝隆(高校時代のジョニー)ほか

「GO」のネタバレあらすじ結末

GOの紹介:2001年日本映画。在日韓国人の高校生が、偏見や差別を乗り越え、日本人の女の子と結ばれるまでの経緯を描いた青春ラブ・ストーリー。金城一紀の同名小説が原作となっており、在日差別について考えさせられる内容となっています。
監督:行定勲 出演者:窪塚洋介(杉原)、柴咲コウ(桜井)、大竹しのぶ(杉原の母)、山崎努(杉原の父)ほか

「ピンクとグレー」のネタバレあらすじ結末

ピンクとグレーの紹介:2015年日本映画。大人気スター・白木蓮吾が、自殺をするシーンから始まる。彼の死体第一発見者は、白木の親友、河田大貴。そして、首を吊った白木蓮吾の側には、6通の遺書が…。
監督:行定勲 出演者:中島裕翔(白木蓮吾)、菅田将暉(河田大貴)、夏帆(サリー)、小林涼子、岸井ゆきの、千葉哲也、マキタスポーツ、柳楽優弥ほか

TOP↑