ゾンビ映画一覧

ゾンビ映画のネタバレあらすじ一覧です。ゾンビが登場する映画には、コメディタッチのものから、正統派ホラー作品まで様々あります。感染者によるパニック作品も含めて、おすすめのゾンビ映画のネタバレあらすじを紹介しています。

「ガールズ・ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

ガールズ・ゾンビの紹介:2011年日本映画。ヤクザの下っ端のアキオが彼女の真希と友人のケンジと共謀して、兄貴分が盗んだ組の金を盗みますが、ケンジが裏切って殺し合いになりました。ケンジがアキオを殺し、真希がケンジを殺しました。しかしヤクザの兄貴分は殺し屋を雇って真希を追っていました・・・という話のエロチックゾンビホラー映画です。
監督:浅生マサヒロ 出演者:青山ローラ(真希)、西興一朗(アキオ)、南優(ケンジ)、川奈龍平(兄貴)、高田健一、大和屋ソセキ、中野裕斗(殺し屋)ほか

「チルドレン・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

チルドレン・オブ・ザ・デッドの紹介:2001年アメリカ映画。ゾンビ狩りの行われる田舎町で、死刑を執行されながらもゾンビとして蘇った殺人鬼アボット・ヘイズがゾンビを増やしながら住民を襲うという内容の、ジョージ・A・ロメロの名作『ゾンビ』から派生したような作品です。主演には『ゾンビ』でも大活躍した特殊メイクアーチストのトム・サビーニですが、冒頭10数分で死んでしまうと言う前代未聞の内容です。
監督:トア・ラムジー 出演者:トム・サヴィーニ(ヒューズ)、マーティン・シーフ(保安官)、ダミエン・ルヴァラ(社長の息子)、ジェイミー・マッコイ(ローリー)、サム・ニコテロ、ハイディ・ハインツマンほか

「バトル・ハザード」のネタバレあらすじ結末

バトル・ハザードの紹介:2013年アメリカ,シンガポール映画。バイオ工場から流出したウイルスによって関した市民がゾンビになった街から、この企業の会長の娘を救出せよと言う任務を受けたマックス少佐がゾンビ相手に大暴れするゾンビアクション映画です。主役のマックスには肉体派俳優のドルフ・ラングレンが演じています。
監督:クリストファー・ハットン 出演者:ドルフ・ラングレン(マックス・ガトリング少佐)、メラニー・サネッティ(ジュード)、マット・ドーラン(リース)、デビッド・フィールド(デューク)、リディア・ルック(リン)、ジェン・クオサン(エルビス)、オダ・マリア(アンナ)、エステバン・クエト(ヘルナンデス)ほか

「ワイルド・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・オブ・ザ・デッドの紹介:2007年アメリカ映画。アメリカの平原舞台にした西部劇ゾンビです。脱走兵とカウボーイそしてインディアン女性3人とゾンビ保安官率いるゾンビ軍団との戦いを描いたコメディホラーです。何でもゾンビ映画にしてしまうアメリカならではの作品ですが、ストーリーもしっかりしており要所要所はおさえた良作です。
監督:グラスゴウ・フィリップス 出演者:ジェームズ・デントン(エルマー)、クリス・カッタン(ルーク)、クリス・コッポラ、ナヴィ・ラワット(スー)、レスリー・ジョーダン、マット・ベッサー、ジェフ・チェイスほか

「バタリアン2」のネタバレあらすじ結末

バタリアン2の紹介:1987年アメリカ映画。コメディ要素が盛り込まれた新感覚ゾンビが多数登場する、ホラー作品。日本でも大ヒットした「バタリアン」の続編。シリーズはこれで終了と思われたが1993年「バタリアン リターンズ」が制作された。
監督:ケン・ウィーダーホーン 出演: トム・マシューズ(ジョーイ)、マイケル・ケンワーシー(ジェシー)、ダナ・アッシュブルック(トム)、マーシャ・ディートライン(ルーシー)、ジェームズ・カレン、サリー・スマイス、ほか

「処刑山 デッド・スノウ」のネタバレあらすじ結末

処刑山 デッド・スノウの紹介:2007年ノルウェー映画。雪山にバカンスを楽しみに来た医学生の男女7人が、かつてナチスの残党が隠していた財宝を見つけたため、ナチスの残党がゾンビとして蘇り若者たちを襲うと言うノルウェーのゾンビ映画です。血まみれの作品ですがコメディタッチで話は進みます。
監督:トミー・ウィルコラ 出演者:ヴェガール・ホール(マルティン)、ラッシー・ヴァルダル(ベガード)、ヤップ・ベック・ラウセン(アーランド)、スティッグ・フローデ・ヘンリクセン(ロイ)、ヤニ・スカヴラン(クリス)、シャーロット・フログナー(ハナ)、エヴィー・カセス・レステン(リブ)ほか

「鎧 サムライゾンビ」のネタバレあらすじ結末

鎧 サムライゾンビの紹介:2008年日本映画。一家4人が車で移動中に若い男を撥ねてしまいます。その男は強盗の片割れで仲間割れした強盗達に一家は捕まってしまいます。車が横転し歩きたどり着いたとこは廃墟となった村でした。そこにサムライゾンビが現れ決闘となります・・・という話です。
監督:坂口拓 出演者:植田浩望(次郎)、夏目ナナ(理沙)、やべきょうすけ(立石)、いしだ壱成(相原)、中島愛里(麻美)ほか

「人間解剖島 ドクター・ブッチャー」のネタバレあらすじ結末

人間解剖島/ドクター・ブッチャーの紹介:1981年アメリカ,イタリア映画。ニューヨークの病院で人喰い男が現れ自殺しました。男は南の島の出身で原因を探ろうと教授や女医が人喰い族のいる島に向かいました。その島は人喰い族以外にゾンビも存在していました・・という話です。ホラー映画ブームの最中の食人とゾンビの二つの要素を盛り込んだアメリカ映画です。
監督:フランク・マーティン 出演者:イアン・マカロック(ピーター)、アレクサンドラ・コール(ロリー)、シェリー・ブキャナン(ケリー)、ピーター・オニール(ジョージ)、ドナルド・オブライエン(オブレロ博士)ほか

「リンカーン vs ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

リンカーン vs ゾンビの紹介:2012年アメリカ映画。アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンを主人公に、リンカーンが増殖するゾンビ軍団に立ち向かうB級ホラーアクション映画です。フィクションに南北戦争などの史実を所々交えた内容になっています。
監督:リチャード・シェンクマン 出演者:ビル・オバースト・Jr(エイブラハム・リンカーン)、デボラ・クリテンドン(メアリー・トッド・リンカーン)、バーニー・アスク(エドウィン・スタントン)、クリス・ホロゼク(ジョン・マッギル)、ジェイソン・ヒューリー(ウィルソン・ブラウン)ほか

「斬撃 ZANGEKI」のネタバレあらすじ結末

斬撃 -ZANGEKI-の紹介:2009年アメリカ映画。ウイルスの蔓延した街で、ゾンビ退治をするゾンビハンター達がいました。彼らは第七区での非感染者を救出るのが目的でした。そのころ軍では第七地区を空爆する計画が実行されようとしていました・・・という話のゾンビアクション映画です。剣の使い手としてスティーヴン・セガールが主役で出演しています。
監督:リチャード・クルード 出演者:スティーヴン・セガール(タオ)、タノアイ・リード(タガート)、ジェナ・ハリソン(ドロシー)、リンデン・アシュビー(クロス)ほか

「デッド寿司」のネタバレあらすじ結末

デッド寿司の紹介:2012年日本映画。伝説の寿司職人の父の後を継ぐために修行を行うケイコでしたが、修行に耐え切れず家出し、温泉宿の仲居として仕事を始めますが、製薬会社の宴会が入ってたことでとんでも
無いことになってしまうというコメディホラーです。
監督:井口昇 出演者:武田梨奈(ケイコ)、 松崎しげる(澤田)、 須賀貴匡(野坂)、仁科貴(花巻 )、 亜紗美(花巻由美)、村田唯(柄本)、ジジ・ぶぅ(吾郎 )、島津健太郎(山田 )、手塚とおる(小松社長 )、津田寛治(土田 )ほか

「悪魔の毒々バーガー 添加物100%」のネタバレあらすじ結末

悪魔の毒々バーガー ~添加物100%~の紹介:2007年アメリカ,カナダ映画。南部の田舎町を旅行する父親と彼女、そして娘と彼氏という変なの2カップル4人がモーテル近くのハンバーガーレストランで、食事をしたことによりゾンビ達に襲われるという話です。邦題通りのコメディゾンビホラー映画です。
監督:ジョン・カランギス 出演者:ビリー・ゼイン(ジェイソン)、ショーナ・マクドナルド(モニカ)、ジョーダン・マドリー、マギー・キャッスル、エヴァン・チャールズ・フロック、マイケル・ローデス、マシュー・デスリップほか

「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ダイアリー・オブ・ザ・デッドの紹介:2007年アメリカ映画。大学の卒業映画の作成のためホラー映画を撮影していたメンバーたちが、蔓延するゾンビ達に襲われ、やがてホラー映画撮影が、ゾンビのドキュメント映画へと変わって行くPOV手法で撮影されたホラー映画です。
監督:ジョージ・A・ロメロ 出演者:ミシェル・モーガン(デブラ)、ジョシュ・クローズ(ジェイソン)、ショーン・ロバーツ(トニー)、エイミー・ラロンド(トレーシー)、ジョー・ディニコル(エリオット)、スコット・ウェントワース(アンドリュー)、フィリップ・リッチオ(リドリー)、クリス・ヴァイオレット(ゴード)ほか

「ハゲタカゾンビ 感染注射」のネタバレあらすじ結末

ハゲタカゾンビ 感染注射の紹介:2007年アメリカ映画。とある森の中の研究室でかつて天才と言われた医師が感染ゾンビ薬を発明し、人体実験をしていました。いかし感染ゾンビの遺体を野生のハゲタカが喰ってしまったことにより、ハゲタカを介した感染が広がり始めました・・・という話の感染型ゾンビ映画です。ふざけた題名ながら以外にしっかり作られた作品です。
監督:ロバート・カーツマン 出演者:アンドリュー・ディヴォフ(博士)、エリン・ブラウン(キャット)、レジー・バニスター(叔父さん)、ライアン・フックス(ジョシュ)、ショーン・セリーノ(ブリス)、レイチェル・シェアー(オリビア)、アンソニー・クラーク(ジェイ)、クリス・ネルソンほか

「ライフ・アフター・ベス」のネタバレあらすじ結末

ライフ・アフター・ベスの紹介:2014年アメリカ映画。不慮の事故で最愛の彼女であるべスを失ってしまった少年ザック。悲しみからふさぎ込んでしまい、べスの実家に通い続けては彼女の思い出に浸る毎日。ある日、自分に良くしてくれていたはずのべスの両親が急によそよそしくなり、家にも入れてくれなくなる。怪しんだザックが家の周りを監視していると、家にはべスの姿があった。べスはゾンビになって甦っていたのだ。
監督:ジェフ・バエナ 出演者:デイン・デハーン(ザック)、オーブリー・プラザ(べス)、アナ・ケンドリック(エリカ)、ジョン・C・ライリー(モーリー)、マシュー・グレイ・ガブラー(カイル)

1 2 3 4 5 6
TOP↑