劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)の紹介:2018年日本映画。平成仮面ライダーシリーズ第19作となる『仮面ライダービルド』の劇場版にして原作者・石ノ森章太郎生誕80周年記念作品でもある本作品はテレビ本編の第45話と第46話の間に起こった出来事を描き、これまでテレビ本編などで描かれてきた伏線を回収した内容となっています。新たな敵勢力の登場で窮地に追い詰められた主人公・桐生戦兎の孤独な闘い、そしてもう一人の主人公・万丈龍我との友情を、福岡県北九州市での大規模ロケを交えて描いています。「さあ、最後の実験を始めようか」
監督:上堀内佳寿也 出演者:犬飼貴丈(桐生戦兎/仮面ライダービルド:声/クローズビルド:声)、赤楚衛二(万丈龍我/仮面ライダークローズ:声/クローズビルド:声)、高田夏帆(石動美空)、武田航平(猿渡一海/仮面ライダーグリス:声)、越智友己(内海成彰)、小久保丈二(葛城忍)、木山廉彬(葛城巧)、藤井隆(郷原光臣/ゼブラロストスマッシュ:声)、松井玲奈(才賀涼香/シザーズロストスマッシュ:声)、滝裕可里(滝川紗羽)、水上剣星(氷室幻徳/仮面ライダーローグ:声)、前川泰之(石動惣一/エボルト:石動惣一擬態時)、金尾哲夫(エボルト:声/仮面ライダーエボル:声)、勝村政信(伊能賢剛/仮面ライダーブラッド:声)ほか