ドラえもんシリーズのネタバレ

「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太のワンニャン時空伝の紹介:2004年日本映画。のび太は川で助けた小さな子犬をペットとしてママに内緒で飼い始めます。「イチ」と名前を付けてとても仲良しになります。のび太は人間の都合で捨てられてしまった犬や猫たちを連れ、3億年前の世界へと向かいます。ドラえもんの秘密道具、進化・退化光線銃を使い、イチを進化させ、動物の国のリーダーにします。自分たちの時代へ帰っていたのび太たちが戻ってくるのを、のび太の思い出のつまったけん玉を大切にしながらイチはいつまでも待っているのですが、時空の乱れでのび太たちはイチのいる時代へと戻ることができなくなってしまいます。
監督:芝山努 出演者(声優):ドラえもん(大山のぶ代)・のび太(小原乃梨子)・しずか(野村道子)・ジャイアン(たてかべ和也)・スネ夫(肝付兼太)・イチとハチ(林原めぐみ)

「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太とふしぎ風使いの紹介:2003年日本映画。ふしぎでかわいい小さな台風の子どもと出会ったのび太はフー子という名前を付けて仲良くなります。広い場所でフー子と遊ぶためにどこでもドアで向かった先は広大な大地で風を使って生活をする風の民の村でした。風と共に生きる風の民と風の力を悪用しようとする嵐族の戦いにのび太たちも巻き込まれることになります。
監督:芝山努 出演者(声優):ドラえもん(大山のぶ代)・のび太(小原乃梨子)・しずか(野村道子)・ジャイアン(たてかべ和也)・スネ夫(肝付兼太)・フー子(かないみか)

「ドラえもん のび太と翼の勇者たち」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太と翼の勇者たちの紹介:2001年日本映画。人気アニメ「ドラえもん」の2001年に制作されたの劇場版作品です。今のような映像の美しさはありませんが、素朴でやさしいストーリー展開です。パラレルワードからやってきた鳥のグースケを中心にドラえもん達が大活躍します。テーマは「過去のトラウマ」からの脱却と、仲間を思いやる気持ち、日常をしっかり生きていないと国はおかしなことのなってしまうという、なかなか深いメッセージが描かれています。声優陣が一代目の方たちなので、とても懐かしい気持ちになります。声優の方々がキャラクターを愛しながら声を演じていたことがよく分かる作品です。
監督: 柴山努 声の出演: 大山のぶ代(ドラえもん)、小原及梨子(のび太)、野村道子(しずかちゃん)、たてかべ和也(ジャイアン)、肝付兼太(スネ夫)、頓宮恭子(グースケ)ほか

「ドラえもん のび太の太陽王伝説」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の太陽王伝説の紹介:2000年日本映画。ドラえもんのひみつ道具万能舞台セットを使って学校での劇・白雪姫の練習をしているのび太たちですが、なかなかうまくいきません。ジャイアンに万能舞台セットを奪われたのび太は取り返そうとタイムホールを使いますが、別の時空の世界へとつながってしまいます。古代の王国「マヤナ国」にはのび太と瓜二つの王子ティオという少年がいました。そっくりの二人は入れ替わって生活をしてみることになります。
監督:芝山努 出演者(声優):ドラえもん(大山のぶ代)・のび太(小原乃梨子)・しずか(野村道子)・ジャイアン(たてかべ和也)・スネ夫(肝付兼太)・ティオ(緒方恵美)

「ドラえもん のび太と鉄人兵団」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太と鉄人兵団の紹介:1986年日本映画。北極で偶然のび太が拾ったロボットの足を家へと持ち帰ります。かっこいいロボットにあこがれるのび太は他の部品を集めて、誰もいない鏡の世界でロボットを組み立てていきとても強そうなロボットが完成します。しかし、そのロボットは人間の世界の征服を企む「ロボット兵団」の物だったのです。謎の少女リルルと出会い、仲良くなりますがリルルもじつはロボット兵団の仲間でスパイだったのです。
監督:芝山努 出演者(声優):ドラえもん(大山のぶ代)・のび太(小原乃梨子)・しずか(野村道子)・ジャイアン(たてかべ和也)・スネ夫(肝付兼太)・リルル(山本百合子)

「ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」のネタバレあらすじ結末

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~の紹介:2014年日本映画。1982年3月13日に公開された映画「ドラえもん のび太の大魔境」のリメイク作品です。リメイク作品としてはクオリティが高く、前回のキャラクターに加えて新しいキャラクターを増やしていくという作り方ではなく、前回作り上げたキャラクターを原作に沿って深く掘り下げていくという職人気質な作風を感じます。
監督:八鍬新之介 原作:藤子・F・不二雄 声の出演: 水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(野比のび太)、かかずゆみ(しずか)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、小林ゆう(ペコ / クンタック王子)ほか

「ドラえもん のび太と銀河超特急」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)の紹介:1996年日本映画。ドラえもんが3日間も行列に並んで切符を買った銀河ミステリーツアーに参加するのび太達、しかし謎の生命体「ヤドリ」と遭遇、人間達を支配する企みを知る。のび太達に勝機はあるのか・・・
監督:芝山努 原作:藤子・F・不二雄 声優:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、肝付兼太(スネ夫)、たてかべ和也(ジャイアン)、ほか

「ドラえもん のび太の創世日記」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の創世日記の紹介:1995年日本映画。夏休みの自由研究で作られた世界では、地底で独自の進化を遂げた昆虫族が地上世界を取り戻すため、地上人に戦いの準備を進めていた。のび太達は彼らを説得し、戦争を食い止めることはできるのか・・・
監督:芝山努 原作:藤子・F・不二雄 声優:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、肝付兼太(スネ夫)、たてかべ和也(ジャイアン)、ほか

「ドラえもん のび太のアニマル惑星」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)の紹介:1990年日本映画。ひょんなことから言葉を話せる動物の暮らすアニマル星の存在を知るのび太達、しかしその星は「ニムゲ同盟」と呼ばれる秘密結社に侵略されようとしていた。のび太達はアニマル星を救うため立ち上がる。
監督:芝山努 原作:藤子・F・不二雄 声優:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、たてかべ和也(ジャイアン)、肝付兼太(スネ夫)、加藤正之(パパ)、千々松幸子(ママ)、田中真弓(チッポ)、ほか

「ドラえもん 2112年ドラえもん誕生」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん 2112年ドラえもん誕生の紹介:1995年日本映画。22世紀のとある工場で子守用ロボットが大量生産させていたが、その中の一体が静電気に当たりネジが抜けてしまう。他のロボット達と異なり個性的な性格となってしまったが、それこそがあのドラえもんであった。
監督:米谷良知 声優:大山のぶ代(ドラえもん)、横山智佐(黄色いドラえもん)、よこざわけい子(ドラミちゃん)、皆口裕子(ノラミャー子)、矢田稔(藤子・F・不二雄先生)、ほか

「ドラえもん のび太の宇宙漂流記」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の宇宙漂流記の紹介:1999年日本映画。宇宙漂流団の少年、リアンと偶然出会ったドラえもん一行、しかし、彼の父親リーベルトは、洗脳され地球侵略を企む独立軍の司令官となっていた。その野望を打ち砕き、地球を守るため、今立ち上がる。
出演者:ドラえもん(大山のぶ代)、のび太(小原乃梨子)、しずか(野村道子)、ジャイアン(たてかべ和也)、リアン(白石冬美)、フレイヤ(荘真由美)、リーベルト司令官(有本欽隆)、アンゴルモア(内海賢二)ほか

「ドラえもん のび太の魔界大冒険」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の魔界大冒険の紹介:1984年日本映画。のび太達は興味本位で魔法の使える世界に来てしまったが、そこでは悪魔達が地球制服を企んでいた。その世界では迷信と思われている科学を駆使して悪魔を倒そうとするドラえもん、勝機はあるのか・・・
声優:ドラえもん(大山のぶ代)、のび太(小原乃梨子)、しずか(野村道子)、ジャイアン(たてかべ和也)、スネ夫(肝付兼太)、満月美夜子(小山茉美)、満月博士(中村正)、大魔王デマオン(若山弦蔵)、ほか

「ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記の紹介:1997年日本映画。ドラえもんが福引で当てた小惑星に町を作ろうとしたのび太達、しかしそこへ凶悪脱獄犯、熊虎鬼五郎が潜入する。星の乗っ取りを企んでいる鬼五郎を地球に送り返し、平和を守ることはできるのか…。
声の出演:ドラえもん(大山のぶ代)、のび太(小原乃梨子)、しずか(野村道子)、ジャイアン(たてかべ和也)、スネ夫(肝付兼太)、ビープ、ブピー、種まく者(伊倉一恵・渡部猛)、熊虎 鬼五郎(内海賢二)ほか

「ドラえもん のび太とブリキの迷宮」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)の紹介:1993年日本映画。チャモチャ星ではロボットたちが反乱を起こし、人間たちは滅亡の危機に直面していた。のび太達とチャモチャ星の少年、サピオはそれを阻止することができるのか!
声の出演:ドラえもん(大山のぶ代)、のび太(小原乃梨子)、しずか(野村道子)、ジャイアン(たてかべ和也)、スネ夫(肝付兼太)、サピオ(皆口裕子)、ナポギストラー(森山周一郎)ほか

「ドラえもん のび太と雲の王国」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太と雲の王国の紹介:1992年日本映画。雲の王国を作ったドラえもん達だが、そこで本当に雲の上で生活している天上人に出会う。しかし、彼らは地上を洗い流す恐ろしい計画を企んでいた。地上世界の運命は…。
声の出演者:ドラえもん(大山のぶ代)、のび太(小原乃梨子)、しずか(野村道子)、ジャイアン(たてかべ和也)、スネ夫(肝付兼太)、ホイ(松尾佳子)、タガロ(高乃麗)、パルパル(伊藤美紀)

1 2 3 4

キーワードから探す

TOP↑