アニメ映画のネタバレ

「ハウルの動く城」のネタバレあらすじ結末

映画ハウルの動く城の紹介:2004年日本映画。スタジオジブリアニメ。荒地の魔女の魔法で90歳の老婆にされてしまったソフィーは、呪いを解く為ハウルに会いに行く。ハウルは一見紳士的で素敵な男性だったが、本当は魔女から逃げる臆病者であった。
監督:宮崎駿 出演:倍賞千恵子(ソフィー)、木村拓哉(ハウル)、美輪明宏(荒地の魔女)、神木隆之介(マルクル)、我修院達也(カルシファー)、大泉洋(カブ)ほか

「忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段」のネタバレあらすじ結末

劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段の紹介:2011年日本映画。原作は尼子騒兵衛作「落第忍者乱太郎」。NHK教育テレビ放送アニメの劇場版。ストーリーは原作37巻の話にオリジナル要素を加えたもの。監督はテレビシリーズのキャラクターデザインも務める藤森雅也。
監督:藤森雅也 声の出演:猪名寺乱太郎(高山みなみ)、摂津のきり丸(田中真弓)、福富しんべヱ(一龍斎貞友)、山村喜三太(杉本沙織)、黒木庄左ヱ門(東さおり)、大間賀時曲時(河本準一)、手潟潔斎(田村亮)ほか

「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」のネタバレあらすじ結末

THE LAST -NARUTO THE MOVIE-(ザ・ラスト ナルト・ザ・ムービー)の紹介:2014年日本映画。第四次忍界対戦も集結し、世界はようやく訪れた平和を満喫していた。木の葉隠れの里でも、ナルトは英雄として尊敬され、そして女子にモテモテ。一方、ナルトを慕うヒナタはナルトに中々告白が出来ない。そんな中、ヒナタの妹ハナビが得体の知れない団体に攫われた。そして、月から大量の隕石が落下し始め、世界は存亡の危機に。
監督:小林 恒夫 声の出演:竹内順子、中村千絵、森久保祥太郎、日野聡、水樹奈々、井上和彦、杉山紀彰、福山潤、柚木涼香、伊藤健太郎、増川洋一、石田彰ほか

「おおかみこどもの雨と雪 (2012)」のネタバレあらすじ結末

おおかみこどもの雨と雪の紹介:2012年日本映画。おおかみ男と人間の女性から産まれた雨と雪。幸せな家族でしたが、お父さんのおおかみ男が突然亡くなってしまいます。おおかみ子どもの子育てに悩むお母さんは、二人の成長のために人里離れた田舎に越し、そこでの生活を描いた映画です。
監督:細田守 声の出演:宮崎あおい(花)、大沢たかお(彼)、黒木華(雪(少女期))、西井幸人(雨(少年期))ほか

「バケモノの子」のネタバレあらすじ結末

映画バケモノの子の紹介:2015年日本映画。バケモノの子は「おおかみこどもの雨と雪」から3年ぶりに細田守監督が送り出すオリジナル長編アニメ。バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く。一人ぼっちの少年九太は迷い込んだバケモノの世界で一人ぼっちのバケモノ熊徹の弟子になる。人間とバケモノの心の交流を描く成長物語。
監督:細田守 声の出演:役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、山路和弘、リリー・フランキー、大泉洋

「バケモノの子(2015年)」のネタバレあらすじ結末

映画バケモノの子の紹介:2015年日本映画。バケモノの子は「おおかみこどもの雨と雪」から3年ぶりに細田守監督が送り出すオリジナル長編アニメ。バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く。身寄りがなくなった少年が街をさまよっているとバケモノの世界に迷い込んでしまった。バケモノの世界で弟子を探していた嫌われ者のバケモノは渋々人間を弟子し、弟子と共にバケモノも成長していく。
監督:細田守 声優:役所広司(熊徹)、宮崎あおい(九太・少年期/蓮)、染谷将太(九太・青年期)、広瀬すず(楓)、山路和弘(猪王山)ほか

「借りぐらしのアリエッティ(詳解)」のネタバレあらすじ結末

借りぐらしのアリエッティの紹介:2010年日本映画。スタジオジブリアニメ。小人のアリエッティは父と母の三人暮らし、人間の家の床下にひっそりと暮らしていた。しかし「決して人に姿を見られてはいけない」という掟が小人達にはあったのだ。夜になるとこっそりと人間の家に忍び込み、生活に必要な物を少しずつ借りていた。
監督:米林宏昌 出演者:アリエッティ(声)志田未来、ホミリー(声)大竹しのぶ、ポッド(声)三浦友和、スピラー(声)藤原竜也、翔(声)神木隆之介ほか

「トイ・ストーリー2」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリー2の紹介:1999年アメリカ映画。人気アニメシリーズ・トイ・ストーリーの第2弾で、最初はテレビアニメ用に作られていたものを劇場用に編集しなおした経緯があります。この作品はゴールデングローブ賞を受賞しました。
監督:ジョン・ラセター 声の出演:トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック、ケルシー・グラマーほか

「トイストーリー」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリーの紹介:1995年アメリカ映画。トイ・ストーリーシリーズ1作目。こどもが遊ぶおもちゃを題材に、もしも動き出したらどうなるかを実際にアニメーションにした作品で、アメリカはもとより日本でも大ヒットを記録し、史上最高のアニメ50にも選ばれました。
監督:ジョン・ラセター 声の出演:トム・ハンクス、ティム・アレン、ドン・リックルズ、ジム・ヴァーニー、アニー・ポッツほか

「バケモノの子(細田守監督)」のネタバレあらすじ結末

バケモノの子の紹介:2015年日本アニメ映画。「おおかみこどもの雨と雪」から3年ぶりに細田守監督が送り出すオリジナル長編アニメ。バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く。身寄りがなくなった少年が街をさまよっているとバケモノの世界に迷い込んでしまった。バケモノの世界で弟子を探していた嫌われ者のバケモノは渋々人間を弟子し、弟子と共にバケモノも成長していく。
監督:細田守 声優:役所広司(熊徹)、宮崎あおい(九太・少年期)、染谷将太(九太・青年期)、広瀬すず(楓)、山路和弘(猪王山)ほか

「ドラゴンボールZ 復活のF」のネタバレあらすじ結末

劇場版ドラゴンボールZ 復活のFの紹介:2015年日本映画。復活の「F」の映画のポイントはなんといっても悪役として名が高い帝王フリーザの復活です。フリーザの復活は過去に復活のフュージョン、ドラゴンボールGTなどで2回ほど復活をしていますが脇役にすぎず、すぐに葬られましたが、復活のFではしっかりとしたドラマがあります。原作者である鳥山明が脚本もつとめた完全新作。
監督:山室直儀 原作/脚本:鳥山明 声優:野沢雅子(孫悟空/孫悟飯)、中尾隆聖(フリーザ)、山寺宏一(ビルス)、森田成一(ウイス)、堀川りょう(ベジータ)ほか 

「火垂るの墓」のネタバレあらすじ結末

火垂るの墓(ほたるのはか)の紹介:1988年公開アニメ映画。高畑勲監督によるスタジオジブリアニメ。「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」 で物語は始まる。両親、住家、すべての財産も戦争に奪われてしまった少年と妹の物語。日本人すべてが生きていくことに精一杯だった時代。幼い兄妹の面倒を見てくれる大人はなく行き場を失った2人は運命に押しつぶされる。飢えだけでなく死がすぐそばにあった。人間の命は蛍の光ほどに儚いものであるという現実を映し、戦争孤児となる少年の感情を描く。
監督/脚本:高畑勲 原作:野坂昭如「火垂るの墓」 声の出演:清太・辰巳努、節子・白石綾乃、清太の母・志乃原良子、親戚のおばさん・山口朱美ほか

「もののけ姫(詳細)」のネタバレあらすじ結末

映画 もののけ姫の紹介:1997年日本作品。スタジオジブリアニメ。平和に暮らしていたアシタカ達の元を、ある日「祟り神」と化したイノシシが村を襲う。「祟り神」には決して手を出したてはいけなかったのだが、村娘が危ない目に合いついに「祟り神」を退治してしまう。そして、「祟り神」の呪いにかけられたアシタカは、その謎を解く為に旅に出る。
監督:宮崎駿 声優:アシタカ/松田洋治、サン/石田ゆり子、エボシ御前/田中裕子、ジコ坊/小林薫、モロの君/美輪明宏、乙事主/森繁久彌ほか

「天空の城ラピュタ」のネタバレあらすじ結末

天空の城ラピュタの紹介:1986年日本アニメ映画。スタジオジブリ作品。父親が見た空の上に浮かぶ島「ラピュタ」を、父亡き後、自らの手で探し出そうと夢見ていた少年パズーは炭鉱で働きながら一人で暮らしていた。そんなある日、空から不思議な少女・シータがゆっくりとパズーの元へと降ってくる。運命に導かれた2人はラピュタへ向かうことに…。スタジオジブリのファンタジー超大作でいまでも人気が衰えない大傑作。
監督:宮崎駿 声優:田中真弓(パズー)、横沢啓子(シータ)、初井言榮(ドーラ)、寺田農(ムスカ)、常田冨士男(ポムじいさん)、糸博(ダッフィー)、おかみさん(鷲尾真知子)、ほか

「インサイド・ヘッド」のネタバレあらすじ結末

インサイド・ヘッドの紹介:2015年アメリカ映画。人間が持つ感情を主人公にして描いたピクサー・アニメーションのフルCG長編アニメ映画。ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリ(喜び、悲しみ、怒り、嫌悪、恐れ)の5つの感情と、ごく普通の家庭に生まれた女の子ライリーが繰り広げる脳内感情ストーリーです。
監督:ピート・ドクター、ロニー・デル・カルメン 声優:エイミー・ポーラー(ヨロコビ)、フィリス・スミス(カナシミ)、ルイス・ブラック(イカリ)、ミンディ・カリング(ムカムカ)、ビル・ヘイダー(ビビリ)、ほか

1 26 27 28 29 30 31 32
TOP↑